日記・コラム・つぶやき

2017年8月20日 (日)

盂蘭盆施食会

 今年はお寺に縁を得て、20日、古平・禅源寺の「盂蘭盆施食会」へ参加しました。
日頃、不信心の私ですが、夫が帰りたかった故郷のお寺です。

先日、お坊さんが家へおいでになった時、1年の行事予定をお知らせ下さいました。
主な行事は5回。3月4月の行事は終わっていますので、8月20日の盂蘭盆施食会、
9月秋彼岸施食会、10月16日の釈尊成道会とあります。

きょうの盂蘭盆施食会は、午前11時から、管内同門の曹洞宗僧侶がご先祖様の霊を
弔うということです。13人だったか・・・僧侶の方々の読経が静かに流れました。

禅源寺は、世界で一つという油絵の五百羅漢のあるお寺です。
林 竹治朗(1871~1941) 「朝の祈り」を描いたクリスチャンです。約、20年、200人からのモデルを使って描いた五百羅漢。お寺の壁面を飾っております。
不謹慎ですが・・・読経の始まる前に、僧侶がお席へつく前に撮らせて頂きました。

お盆も終わって、いよいよ秋を迎えます。涼しくなりました。

 camera 8/20(日) 廿日盆に。

               古平・禅源寺本堂に飾られた五百羅漢(林 竹治郎)

Dscn7343

               帰りのバス窓から・・・豊浜海水浴場付近。多分、神威岬も積丹ブルー。

Dscn7348

               余市・白岩町・・・ろうそく岩               

Dscn7350

               余市・浜中町・・・海水浴場。

Dscn7351

               小樽市・桃内付近。

Dscn7358

 

2017年8月18日 (金)

積丹・神威岬

 8月は、例年になく涼しいと思いましたが、このまま秋を迎えますと農作物に影響が
心配されています。毎年、異常気象を言われるようになり気になることです。

さて、孫娘の夏休み帰省も2日となってしまった昨日(17日)、思い切って孫娘、娘、私と
3人で積丹半島・神威岬迄行って来ました。

朝9時の生活路線バス・小樽駅前ターミナルから神威岬に乗車。約2時間半のバス旅行と洒落ました(笑)。
平日ながらも込み合っていて、早めに家を出て乗車に一番前に並んで好かったと思います。
美国迄は良く乗りましたが、先日は島武意海岸を覗き、今回は何年振りかで神威岬方面へ向かいました。
トンネルも道路もすっかり整備されていて、観光客の中には幼い子供連れも多く驚くばかりでした。

お天気は曇り空。積丹ブルーではなかったのですが、涼しくて歩きやすく年寄には
助かりました。

 ◎小樽駅前ターミナルから神威岬まで片道料金大人:1,780円。

camera 8/17(木) 積丹・神威岬

                       神威岬の案内板。路順を説明しています。

Dscn7320

               孫娘と娘。記念に。

Dscn7323

               女人禁制の地、神威岬・・・と記されている。

Kamui

               細い通路、登ったり下ったり・・・・

Dscn7331

               途中でひと休みして、岩内方面を望む。

Dscn7332

               神威岬へ向かう途中に崖下を覗く。

Dscn7337

                途中にいろいろな植物をみましたが、カワラナデシコが可憐。

Dscn7341

               もうすぐ神威岬!

Img_0826

               美国方面を望む。

Img_0838


               美国方面とは反対の岩内方面を。

Img_0842



   

2017年8月16日 (水)

孫娘の夏休み

 昨日8月15日は「終戦記念日」。終戦時10歳でしたからその当時のことは
良く覚えています。あれから72年。どうか平和が続きますように祈ります。

このページは、夏休みで帰省中の孫娘が、スマホで撮った写真を載せています。
若者の目線で捉えた写真。お盆中でなかなか一緒に外出できないので、1人で
市中散歩、ババとしては、ひ弱だった孫娘がもう21歳。これからのことが心配です。
残りの学生生活を有意義に過ごして欲しいと切に願っているところです。

 camera 8月、夏休み写真。  孫娘のスマホ撮影。

               小樽運河

1502888876128

                    ニトリ美術館のステンドグラス

1502888941430

                    総合博物館の辺り。

1502889067252

                    ニトリ美術館のステンドグラス
1502888963564

               ウイングベイ付近。

1502889076291


                    旧国鉄手宮線。綺麗に整備されました。

1502889098690

2017年8月13日 (日)

お盆

 きょうはお盆の中日。
一昨日辺りから国道5号線を通る路線バスに乗っても倍近くの時間がかかります。
13日の中日を避けてのお寺やお墓のおまいり、また、里帰りの方達で車の渋滞が続いています。
小樽は日本一、寺社の多い所と聞いております。
我が家から最寄のバス停から小樽駅の間20分弱・・・その間だけでも6軒かなぁ、その中には
小樽で大きなお寺も2軒あります。今日の気温22℃、涼しいのでお寺やお墓まいりには助かりますね。

昨日は、父方の祖母の祥月命日。幼い頃一緒に暮らしたり、近くでしたので、お寺まいりは、
何時も連れて行ってもらいました。懐かしく思い出します。従兄たちは亡くなってしまいましたから
祖母の顔を思い出すのは、私だけになりました。
農家ですから良く働いた祖母でした。あぁ、何歳で亡くなったのかしら・・・。私は幼い
3人の娘達を連れて、網走から葬儀に来たと言う記憶があります。末の叔父も今年、
90歳で亡くなりました。

今年は義姉(99歳)、叔父(90歳)、義弟(72歳)・・・亡くなっています。
我が家の夫も(88歳)で5月に亡くなり新盆を迎えております。お盆が身近なものに感じます。

 camera 8/13(日)

               キイチゴでしょうか。祖母の畑の傍で良く食べました。
               今は取って食べる子供達も居ない。甘酸っぱい。

Img_0784


               我が家のピーマン。ピザの材料に活躍。

Img_0721


2017年8月 9日 (水)

気忙しい8月

 心配した颱風5号も温帯低気圧に変わりましたが、のろのろと蛇行しながらの進路、
被害に遭われた方達、心からお見舞い申し上げます。
その後の残暑。東京都心で37.1℃・・・。小樽は22℃でしたから15℃も高いのですねぇ。
川崎から帰省中の孫娘は、寒いと言ってカーディガンを羽織っていました。
8月9日は「長崎原爆の日」。72年前・・・忘れてはなりません。

きょうは、私的には母の祥月命日。早いものでもう27年になります。
曾孫を抱いて嬉しそうな写真がありますが、その曾孫も、もう1歳9か月になる子のパパです。

5月に亡くなった夫も、きょうは百か日。明日からは、この地方のお盆に入ります。
ご近所の知り合いから、ササゲ、キュウリ、オクラなど沢山頂いて恐縮です。
もう30年暮らした所、冬の雪の酷さが頭をかすめます。

なかなか離れがたい所です。

 camera 8/9(水) 夫の百か日に妹からの供花。

Photo

2017年8月 7日 (月)

夏休み

 颱風5号の進路が気になりますが、今のところ小樽は、好天続きです。
きょうも29℃迄、気温上昇するらしい。

 

昨日は広島に原爆が落ちて72年。あの恐ろしい状況を知る人も少なくなり、未だに
核兵器の脅威に世界中が曝されているのです。自然災害も毎年毎年・・・・・。

 

きょうは「立秋」。8月のお盆ももうすぐです。
夏休みに孫娘帰省。賑やかに過ごしております。
昨日は、娘と、孫娘、浴衣を着て「おたる堺町ゆかた風鈴まつり」へ行って観たいと言うので、
着なれない「浴衣」を着て出かける2人に付き添ってシブシブ出かけました(笑)。
小樽は「まつり好き」が多いと言いますが確かに。昨日もメルヘン広場は大勢の市民や
観光客で賑やかでした。
つくづく・・・・平和を感じておりました。

 camera 8/6(日) 堺町ゆかた風鈴まつり。

               市長もお忙しい。

Sityou

               ゆかた風鈴祭まつり会場のメルヘン広場。

Dscn7290

                 素敵なママ?このかたは賞をいただいた。

Dscn7293

               ユニークなゆかた風鈴まつり。ゆかたのイメージは年寄には理解し難い・・・

Dscn7301

              娘と孫娘の後からついて歩くババ(笑)。右に見える建物は「オルゴール堂」。

Musume

2017年8月 2日 (水)

8月を迎えて

 潮音頭で賑やかな「第51回おたる潮まつり」も、好天のうちに終わってしまいました。
写真の一枚も撮ると良かったのですが、今年は家でごろごろ過ごして、最終日の花火大会も、
遠花火の音を聞いてのんびり過ごしました。町内会の子供花火大会はお盆に、すぐ目の前で
綺麗な火の花を咲かせますから、我が家で居ながら眺めることにしますが楽しみです。

8月は鎮魂の月。終戦記念日もあり、若くして散った叔父達や家族、戦中戦後の暮らし・・・
終戦から72年経ってその頃、一緒に暮らしていた家族も大方亡くなっています。
あのころの事を、何故かはっきりと覚えていて、やはり戦争の影響は何時までも陰を落とします。

きょうはもう8月2日。小樽は秋を思わせる風。
家の周りは、夏草繁る。うんざりで~す。秋になったら枯れるを待つか・・・。

  camera 8/2(水) 我が家の雑草の中から。

              これは、ヤマアザミでしょうか。

Dscn7279

               アカフサスグリ(実物大)

Dscn7280

              ヤブカンゾウ

Dscn7281


              ようやく大きくなってきたピーマン。

Dscn7284

2017年7月26日 (水)

積丹半島・島武意海岸を覗く・・・

 心配したお天気が、きょうは晴れの夏日和。
賛助会員になっている「小樽市障害者福祉センター内・肢体協会カメラ教室」の
バス旅行で、積丹半島・島武意海岸を覗いてまいりました。

覗いて・・・?。ひと頃、島武意海岸への坂道は崖崩れ状態で海岸までは下ることが
不可能でしたが、きょう行って観ましたら健脚の方達は下の海辺まで行くことが出来るようになっていました。
まぁ、下ってみたかったのですが、年寄はねぇ、遠慮いたしました。
トンネルを潜って、島武意海岸を覗くのですが、トンネル内は、デコボコが無くなって、
歩きやすくなっていました。積丹町も観光にお金を使っています。周りの案内板や、
トイレ等、随分、見やすく綺麗になっています。途中の道程は、山間を行きますから、
何時になったら海が見えてくるか・・・と、心細い気もいたします(笑)。

引き返して「日本海ふるびら温泉しおかぜ」へも寄りました。
ここは、かって北海道古平高等学校の跡地ですが、遠方からの観光客や近隣町民の
憩の場となっています。もう少し、椅子席が多くても・・・と、勝ってな思いですが・・・。
とても温まる良い温泉です。

肢体協会では、年3回の「カメラ教室」を開いていますが、この次は9月の予定。
また、お天気でありますようにと祈りながら帰途につきました。

カメラ教室の先生、お世話役の方々、本当にありがとうございました。

 camera 7/26(水) 積丹半島・島武意海岸まで

               ろうそく岩(余市町)

Dscn7267_2

               セタカムイ岩(古平町)。主人の帰りを待つ「犬」の化身?               

Dscn7238


               トンネルを抜けて辿り着く「島武意。海岸までは崖を下る。

Dscn7247

               島武意海岸を覗く。積丹ブルー!              

Dscn7249

               島武意海岸、白い砂浜が見える。小さいけれど坂を下る人も・・・

Dscn7253

               記念撮影をしている観光客。

Dscn7255

               島武意のトンネルへ向かわずに、右坂を少し上って見える景色。

Dscn7258

               「日本海ふるびら温泉しおかぜ」。

Dscn7264

               「古平温泉しおかぜ」内で憩う「カメラ教室」参加のみなさん。

Img_0684

              古平港の一隅から・・・遠くに「ろうそく岩」が見えるのですが・・・

Dscn7266

                忍路海岸・夏景色。

Dscn7272_2

2017年7月24日 (月)

かけ もり ざる わりご?

 このところ豪雨の被害が大きく、北九州に続いて、この度は東北、北陸と・・・
秋田県の被害が大きくて本当にお気の毒としか言いようがございません。
お見舞い申し上げます。これ以上に被害が出ませぬように願います。

はっきりしないお天気模様、暑かったり寒かったりしますから、食欲もさっぱりで、
一人でおりますと、お昼はソーメンやお蕎麦で簡単に済ませることも多いこのごろです。
栄養の事を考えると、これでは年寄はだめになる・・・と思いながらも簡単に済ませますねぇ。

小樽は、お寿司も美味しいけれど、お蕎麦も美味しいと言われます。街へ出ました時に
入るお店は何となく決まっていますから、「もり」とか「ざる」と言って注文しますが、それが!
良く間違う!困ったものです。「ざる」と「もり」、どちらがどうだったか?どちらに「海苔」が
かかっていたのか・・・咄嗟には間誤付く(笑)。時々間違ってしまい期待しない「お蕎麦」が
目の前に運ばれる(笑)。

それで、間誤付いた時には、特に何方か一緒の時には「かけそば」を注文。
暑くても我慢して頂くことになります。「かけそば」は好きですから良く注文いたします。

ところで、お店によっては「わりこそば」と言うのがあって、あの重なった3段とか、5段とかのね!
「わりこそば」「割り子そば」とありますから、広辞苑で調べましたが「割り子そば」の
説明はないですね。
辞書の近くに「破篭(わりご)・・・」の意味あり、読んでみますと、「食物を入れてある破子・・・
お弁当箱のことでしょうかね。又その食物。とあります。
これは、3段とか5段で、お蕎麦の上に筋子や生ウニ、なめこ、とろろに納豆などのっていますから、
「お蕎麦弁当」なのかしら?と勝手に考えていますが、お高いのでそのうちに食べてみようと思います。
お勉強のつもりでね。因みに、3000円~。
「わりこそば」、お蕎麦屋さんで、どう言う意味か聞いてみよう。嫌われるかも・・・。

 camera 写真はお借りしています。

                お蕎麦の説明は間違いますから失礼いたします(笑)。

Kakesoba

Morisoba

Warigosoba

Zarusoba

2017年7月23日 (日)

久し振りの「小樽運河」

 もう秋風が吹いているような涼しい土曜日。気温24℃。
久し振りに「小樽運河」界隈を散策しました。所要で出掛け、近くでしたから足を延ばしました。

市立小樽美術館へ行きましたが、小樽郵便局や小樽運河と・・・心地よい風に運河迄。
運河の傍を歩いて、小樽駅下の小樽運河プラザ(旧小樽倉庫)迄、ゆっくり歩いて、
年寄りには好い散策路です。観光のお客様で相変わらずの賑わい。
殆どが東洋系の方々で、楽しそうですねぇ。とても平和な感じです。

美術館では、小樽水彩同好会、燦の会水彩画展の作品展を開催中。同じM講師の指導で
東京の展覧会でも入選の人達がでていますので、見応えある作品展です。

「第51回 おたる潮まつり」も、7月28日(金)から3日間、開催です。
北国の短い夏のひと時、市内も賑やかになることでしょう。

 camera 7/22(土) 小樽運河

Dscn7225

Dscn7227

Dscn7229

Dscn7230

Dscn7232

Dscn7233

Dscn7234

より以前の記事一覧