« 秋の気配 | トップページ | 難しい世の中 »

2022年8月17日 (水)

住吉神社の「花手水」

 昨日の雨が嘘のように、きょうは晴れ! 朝うっすらと白みかけた4時半に起床。
暫くだらけて居た体に活を入れて、サッサッと朝の片付けをして路線バスで12~3分で着く
住吉神社へ「花手水」を観に行って来ました。

5月から続いているのですが、夏場は続けて「花手水」の作成催事を行っているようです。私は、
2回程、観に行きませんでしたが残念でした。思い切ってきょう、ようやく観てまいりました。
「ヒマワリ」がメイーンの「花手水」。昨年とは又、違った趣あり興味深く鑑賞。

小樽鎮守の森には、街の中に有って様々な樹木あり、向かって左側の坂を上りますと「ウバユリ」
「笹の葉」・・・これは七夕の「♪ ささのは さらさら 軒端にゆれる・・・」の珍しい笹が有ります。
若ければ、一段毎に数えながら階段を上りたいけれど、無理せずにね。
涼しいうちに「花手水」綺麗でした。

 📷 8/17(水) 住吉神社の「8月最後の花手水」。22日(月)迄。

Img_6537
Img_6540
Img_6546
Img_6547_20220817134701
Img_6550
Img_6549
Img_6543
Img_6552
Img_6551
Img_6561

 

« 秋の気配 | トップページ | 難しい世の中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ふきのとう様 
「花手水」は3年目になりまして、観光客も見えています。
ヒマワリは力強く、頼もしいお花ですね。子供達が幼かったころ、
道東で大きなヒマワリを植えて、楽しんでおりました。最近は、
小ぶりのが仏花にも組まれて販売されています。
お盆も過ぎますと、どんなに暑くても秋の兆し。
若いころ、「あぁ、8月も末だね~。そろそろ石炭を入れなくてはねぇ」と、
立ち話したものです。今は灯油。この冬の灯油価格が気になるこの頃です。
静岡は、これから長い秋の景色を楽しめますね。黄金色の稲穂!富士山!
お宅の周りを想像しております。お元気でお過ごしくださいませ。

いつもながらの花手水、目に優しくとてもいい気分です。朝ははっきりしなかった空模様も午後には青空が見えて。
早くも立秋ですね「光陰は矢よりも速やかなり」修証義の一節、正しくそのとおり、コロナに振り回されつつも、夏は過ぎ去りますね。

 稲さん こんばんは。
 先日話した「花手水」、ようやく住吉神社まで行って来ました。
朝早くですから、誰もいないかと思いましたら、旅行客の方も2~3人おいででしたよ。
早く、自由に旅行できるようになると良いですね。今は制限無ですが、毎日の新型コロナ罹患者数をみますと、
心配ですもの。私も元気なうちに、稲さんにお会いしたいと思います。
今度は、お待たせしないわ~!過日は、すっかり失礼してしまい申し訳なく思っています。
昨年は、7月に「ヒマワリの花手水」でした。不安定な天候・・・お気をつけてお過ごしくださいね。

花手水のお写真待ってましたー。
ひまわりがたくさんで、元気が出ますね(^-^)

そうだ小樽に行こう。

安心して、旅行に行けるようになりたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の気配 | トップページ | 難しい世の中 »