« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月29日 (土)

失敗も又楽しいパン作り

「また籠り暮らしだね~」と、同町内に暮らす友達からの電話で「お互いに作って集まってみない?」
と言うことになり、「パン作り」をすることになりました。私は不器用なので自信がなかったけれど
今週の月曜日NHK[みんなのきょうの料理」で放映の「甘酒ヘたパン」に挑戦することにしました。
ポリ袋(M)に材料を入れていき、振り揉み繰り返して焼くのですが、これならできるかも知れない。

昨日は試験的に試し作り。失敗したり、うまくいったかな?を繰り返して、どうにかブログへも載せて
みました。お笑いください。

2月3日は「恵方巻」を作ろうと、鱈で「そぼろ」も作ってお裾分け。
きょうはお昼に友達が来て一緒にパンの試食。お互いに美味しくできて満足。
暫くの間「まん延防止策で会えないけれど、また、パン作りに挑戦ね」と約束しました。
除雪もあり、腰の痛みもあり・・・でも、有意義なこともして「籠り暮らし」を過ごさなければと、
友達と話しあって別れました。楽しいひと時でした (笑)。

 1/29(土) パン作り

美味しくできた「甘酒へたパン」

Img_5452

試 食
Img_5453

ちょっと失敗の作・・・揉み方が少なかったか!
Img_5454
義母から教わった鱈の「そぼろ」。
Img_5457_20220129140301

 

 

2022年1月28日 (金)

籠り暮らしとなる

 「まん延防止等重点措置」、道内も27日(木)から発令。
新異変種のオミクロン株の罹患者が、毎日最多記録。恐ろしさを感じます。
ようやく落ち着いて暮らせると思っていたのに・・・残念なことです。
又々、籠り暮らしとなりました。

昨日、所用で小樽駅近くまで出かけ、ついでに運河方面まで行ってみましたが、観光客も見えず
静かな佇まい。除雪も追いつかず・・・道路わきには雪壁が出来ていました。
今回は、通り道にある金融資料館(日本銀行旧小樽支店)や美術館・文学館が開いていますので
助かります。2月に予定の「第24回 おたる雪まつり」は、例年の催事は中止。
街・町の「灯り」を保つ「ローソク」の配布はしているようです。
今年は、たっぷりの積雪で「かまくら
」も出来ますから私も童心にかえり「雪穴掘るかな!」なんて
思いますが (笑)。どうかコロナ騒動早く収まりますようにと祈るしかありません。

 📷 1/27(木) 小樽運河界隈

日銀通り・・・丁度、北洋銀行小樽中央支店入口向かいに
ホテル建設中。


Img_5430

金融資料館(日本銀行旧小樽支店)
Img_5434_20220128073001

浅草橋から小樽運河を望む。
Img_5435

浅草橋の雪山。0℃は温かいのよ!
Img_5438

浅草橋すぐ近くの旧い倉庫。
5月ころには美術館に生まれ変わる。
Img_5442

我が家へ向かうバス停で。国道5号線から外れての市道。
毎年雪の山で気になるのです。小樽駅前。
Img_5443

 

2022年1月23日 (日)

静かな日曜日

 今朝も10㎝位積もっていましたが、ご近所の方が道路わきへ寄せてくださっていて助かりました。
灯油タンクへ、いっぱいに入れて貰いましたので、昨日は無理して融雪機フル稼働。
それでも、目だって綺麗に除雪をしたようには見えない (涙)。疲れました。
きょうは、休養(笑)。

ひと時、新型コロナ騒動も収まって。今年は落ち着いて暮らせるかと思っていましたけれど、またまた、
異変種のオミクロン株が猛威を振るって、北海道も「まん延防止策・・・」の適用を受けることに。
本当に困ったことです。早速町内会の行事も中止。今年は!と、寿会の活動も楽しみでしたが残念。
これからの残り少ない人生の中で、中止!中止!は本当に悔しいですよね。そのうちに、出掛けるのも
億劫になり、認知症になるのではないかと心許ないですね。精々ヘタなブログを書き込んでの予防。
愚痴をこぼしてもどうにもなりませんが・・・。

 

新しいカレンダーになって早23日。1月は何故か長く感じて、懐も寂しくなってきたからかな?(笑)。
まだまだ冬は長い!関東の友人から寒桜や梅の蕾も赤みを帯びてきたとのメール、なんと羨ましい!

📷1/23(日)雪深い小樽から。

屋根の雪が心配な空き家。

Img_5408
我が家のわきの雪の山。今日は日曜なので静かにしておこう。
Img_5409
私の机の上のカレンンダー。
Img_5414
妹から貰ったカレンダー。お花の不足な時期には重宝です。
Img_5417

 

 

2022年1月20日 (木)

大寒

 二十四節気・大寒の日。小樽は現在曇り、零下7度。
外へ出てみましたが、指先がすぐに冷たくなりました。道東で零下21度を経験していますが冷たい!

きょうは、次女の誕生日ですが、やはり大寒の寒い朝に、車も通れない雪道・・・ソリに荷物を積んで
産院へ行ったことを思い出します。長女がいましたから、小樽の実家へ行っていたのですよね。
まだ、両親、弟(4人)や妹、みんな揃っていて懐かしい思い出です。昭和38年1月。
お相撲も大鵬柏戸時代。全盛期でしたねぇ。

今朝は除雪しなくても良いようですが我が家の前は雪の山!
除雪車は入らないし、灯油タンクも空に近し。定期に灯油は入れて貰っているからもう、入る予定。
嵩張る灯油代にウンザリ。早く温かくならないかなぁ・・・。ため息の大寒でもあります。

*1/20

追記:午後から待ちに待った除雪車が入りました。明日は灯油もタンクいっぱいに入ります。

📷 1/20(木)大寒に

久し振りに我が家のベランダから増毛連峰。
午前中に映した写真。

Img_5393
*午後から晴れて、増毛連峰も美しい雪景色。
Img_5397
*除雪車が入り、我が家の前も平になって安心。
Img_5404

2022年1月19日 (水)

利口なカラス

 昨日の朝も今朝も、サット降っただけの雪で助かりました。まぁ~、毎日の除雪で草臥れたので
助かりました。腕も、腰もひと休みです。

昨日の朝、家の前の雪を少しばかり片付けていた時、カラスが一羽、私のすぐ近くで「カァカァ」と。
カラスは嫌いだけれど、どうも鳴き声が気になり「カラス占い」を、何時からかするようになって、
その日いち日、外出する日等は、火の用心、鍵・・・特に念入りにしているのです。

昨日は、健診日でしたので、何か検査の結果でも悪いのかなぁ・・・とか、予約の帯状疱疹予防接種
受けられないのかなぁ・・・と、心配して出かけたのです。
クリニックでの結果はすべて良好、予防注射も終えて安心しました。この次の健診日3月22日(火)に、
第3回目のコロナウイルス・ワクチンの予約もして帰りました。

ところが・・・!郵便物の中に、見慣れないお名前のハガキ。中学同期生の、N・ユウコさんが
大晦日に亡くなったというお知らせ。本当に驚きました。心筋梗塞だったそうです。
ご一緒に、つくば市で暮らして居たご子息からのハガキでした。ご冥福を祈ります。

昨年12月には、千葉に暮らして居た、やはり同期生。もう、昔なら米寿となる年齢。
何が起きても不思議ではないのだとつくづく思います。

それにしても「カラス占い」。私は妙に気になるのです。・・・きょうは仏滅。

明日は「二十日正月」。大安。次女の誕生日。何時の間にか彼女も来年は還暦。
月日の経つのは、本当に早いです。ボヤボヤしているうちに、このブログも書かれなくなる日が・・・。
明日朝は、小豆粥を食べて、今年のお正月もお終いにしましょう。
ちなみに、麦飯にトロロ芋をかけても・・・。我が家は、小豆粥をいただきます。

📷 1/19(水)昨年の写真です。

小樽市祝津。展望台にて。
日和山灯台と鰊御殿。今年は、もっとひどい雪。

Img_3050

 

 

 

2022年1月13日 (木)

北海道の吹雪模様

コロナ騒動も又、オミクロン株に・・・急に罹患者が多くなってきて、今年も心配になってきました。
年末から年始めの人の移動なのでしょうか。それにしても酷いですね。どうなるのかと不安です。
今年も又、予定を立てても実行出来ないという事態も生じるのでしょうかね。
今年こそは!と、欲張って計画しているのですが・・・。

北海道の吹雪、陸・海・空の交通機関が未だに続いていますから、長い荒れ模様ですよねぇ。
寒くて雪の多い年明け。今朝も除雪でしたが、朝方随分降ったようで雪を寄せるだけで草臥れました。
午前・午後も除雪しましたが、気温0℃になりますと屋根からの雪も滑り落ちます。
「老婆、雪にうずもれて・・・」なんてニュースになったら大変ですからウズタカク積み上げて
きょうの除雪は途中半端に終えました。小樽は停電にならなかったので幸いでした。

写真も出かけずに、家の周りは雪の山ですから、いつも同じ写真。
買い置きの食品を大事に食しています。せめて、除雪車が入ると良いのですけれどねぇ。
久し振りに、雪に埋もれての毎日。春はまだまだ・・・2月も3月もありますものね。うんざりです。

 📷 1/13(木)吹雪の朝に。

朝方吹雪いたのでしょう。我が家のところは

風の向きで吹き溜まり。

Img_5389
我が家の前から写しましたが、ご近所の方々も除雪です。
Img_5390

 

2022年1月10日 (月)

成人の日

 今日は「成人の日」。毎日雪降りでしたが、きょうは晴れの好き日のようです。
でも、昨夜降ってこれから除雪ですから、うんざり!!
毎日家におりますと、土曜日から3連休の方もいると知って驚くのですが・・・。私は以前の15日
「成人の日」が好いと思っています。私の成人式は参加しないでしまいました。もう昔の話です(笑)。

曾孫の成人式は、見たくても見られないですねぇ。良くもまぁ、長生きしているものです。
お年賀状も毎年投函、又、元旦早々にお年賀状の配達を楽しみにしていますが、何時も
いただく方の賀状が入っていないと心配になります。今年もお3人から届かず気にしていました。
案の定・・・お体の具合が・・・。どうかお元気になられますようにと祈るばかりです。

家の周りは雪の山。融雪機へ入れて溶かすのも、灯油の目減りがひどくて考えています。
除雪車は入らないし、困ったものです。

嘆いていても、どうにもなることではありません。そのうち春の兆しが見えましたら自然に溶けて
寒い冬のことなど、すっかり忘れるのよねぇ。同じことの繰り返し、これで安泰なのかもしれません。
あまり暗くなることは考えずに、のんびり過ごそうと単なる希望をもって暮らしたいと考えています。

 📷 1/10(月)成人の日の朝に・・・

気になる屋根の雪・・・我が家の前から。

Img_5379
6月ころになると咲く、サラサドウダン。
Img_5381
零下10℃でも、健気に芽は!
Img_5385

 

2022年1月 3日 (月)

正月三が日

 お正月も、きょうは3日。寒くて雪降りに追い回されて今朝もこれから除雪です。
正月三日は、暮れに作り置きのお節料理で過ごし、掃除・洗濯しない、四方拝なんて思い出します。
火も使わないということもあるのですが、暮れから新年にかけての火事のニュース報道を聞きますと、
昔からの
言い伝えに納得してしまいます。

 この頃は、お節料理も自分の好きな物を作るだけすが、除雪が多い今年は随分と助かります。
食べて力を蓄えて、きょうも、これから除雪です。
幸、ご近所の方が雪を道路わきに寄せてくださいますので、私は融雪機に運び溶かすだけ。
雪を寄せる仕事は大変と力が入ります。申し訳なくありがたいことです。
今年も健康に気を付けて暮らしたいとつくづく思います。

 📷 1/3(月)

 
まぁ~!良く積もること!

Img_5367

今年も何とか作っていただきました。
今は何でも売っているのですが、作って楽しむのも好きな事です。
Img_5366

2022年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

R4nenga
皆様、お健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
今年こそはコロナ騒動も収まって、自由に行動出来ますように願いたいですね。
皆様のご健康を切に祈念いたします。
今年も拙いブログでございますがお付き合い宜しくお願い申し上げます。
又、ホームページも学習中でございます。
ご覧いただけましたら幸いでございます。
管理人:hiro 
 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ