« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月30日 (木)

つれづれなるままに・・・

 ひと雨毎に寒くなってくる秋の雨。颱風16号の影響ではないのですが予報通りに雨降りです。
暑かった夏が懐かしいですねぇ。時々ストーブに火を点けて暮らして居ます。

新しい「総裁」も決まって、又、期待しての暮らし。コロナウイルスの緊急事態宣言も明日から解除。
10月からは、どうなるのでしょう。
郵便物「手紙・はがき・ゆうメール」のサービスが一部変更。土曜日の配達がなくなりますから、
投函に気を付けなければね!

10月の予定が並びますが、まぁ、楽しみにしましょう。
月半ばには、雪のちらつくこともありますもの。元気出して来る冬にも備えなくては。
つれづれなるままに・・・年寄の独り言。

 📷 9/30(木)

古い本を整理中、挟んであったハガキが出て来て。
昭和47年、48年頃は、はがき代が10円。お年玉付きはがき8+1円。

今は、はがき63円。

Img_4825
スーパーで見かける冊子。無料なので頂きますが、お料理も様々。
新しい調味料や野菜の食べ方も載っていて面白い。
Img_4826

 

2021年9月24日 (金)

爽やかな秋晴れ

 昨日はお彼岸のお中日でしたが雨振りとなりました。
昨朝は小樽駅前ターミナルから「9時発:神威岬行き」のバスに乗りましたが、雨も降らず
天気予報は外れかな?なんて考えていましたが、お寺でお参り・・・帰る頃は酷い雨。
家の辺りも相当降ったようで道路には小石も随分と転がっておりました。

 きょうは爽やかな秋晴れ!外回りを掃除しましたが、ついでに細かな雑草抜きも。
南蛮も今年の収穫に感謝して?土を払いました。
これから秋咲きの菊類が楽しみです。

 話が飛びますが・・・お彼岸は「おはぎ・ぼたもち」これにはいろいろと思い出が有ります。
実家や
夫の家のおはぎ、それに幼いころの頂いたおはぎ・ぼたもちの思い出。
子供の頃、沢山作ったおはぎ・ぼたもち、何処の家でも作っていたのですが、なぜか?少し
お裾分けするのに、ご近所へ運びの手伝い。それでまた、同じものを貰って来たり、
おだちん頂いたり・・・こんなに年取っても懐かしく思い出します。
「ぼたもち」と言っていました。
「おはぎ」と言うと、気取って嫌な響きでした。土地柄でしょうね。
糯米で漉し餡のしっかりした「ぼたもち」、潤米を少し混ぜた柔らかい小豆の見える「ぼたもち」、
柔らかな餡に転がしたような「ぼたもち」(笑)。
どれも美味しかったけれど、各家庭の作品いろいろでしたねぇ。
昔は、50個も作りましたが、今は1~2個、私がいただくだけで。
年取ると「おはぎ・ぼたもち」も食べられなくなるのですね。
私だけかしら・・・。大好きなのに・・・。

📷 9/24(金)

昨日の「おはぎ」お寺のお土産。 

Img_4803
きょうの石狩湾。少し波有り。
Img_4811
遠くの増毛連峰。白波(うさぎ飛んでる)。写真下側は札樽高速道。
Img_4813

 

2021年9月21日 (火)

中秋の名月

 今夜は「中秋の名月」。
昼間曇りがちでしたから、夜になってお月様みられるかな?と思っていました。
9時ころになって窓を開けてみましたら、なんと!「十五夜お月様」!!
スマホですが観たまんま!パチリ。8年ぶりの「中秋の名月」と言うのですが・・・何時もまん丸い。

 3連休は家に籠り、ミシン掛けに没頭。もう、35年前の古いスーツを手直ししました。
リホームですよね。肩幅が広く、肩パット入り。着てみますと体になじまない。
何処をどうして直そうか・・・。あまり面倒にならない様に、袖付けの縫い目をほどきパットを抜き、
着てみて、肩幅を1センチ程、狭くすればいいか・肩にダーツを入れて狭めようか・・・。
考えた末に、袖山を中方へ入れて狭める。袖ぐりを目立たぬように胸に添わせる。・・・。
ズボラな私の仕事・・・なるべく面倒の無いように、どうにか仕上げました。ばんざ~~い!
これで、10月末のある記念式に来て行こう!1着、得をした気分です(笑)。

11月になりますと満2歳を迎える曾孫の写真、関東に暮らす孫息子から昨日の祝日にLINEで受信。
コロナ騒動でまだ会っていない曾孫。落ち着いたら会いましょう・・・と、楽しみです。

 📷 9/21(火)

我が家の窓からみたまんま!中秋の名月

Img_4793
ウールで軽く着やすい。
Img_4761_20210921224201
最近は、乗り物に興味あるらしい。近くの機関車展示場かな?
Img_4760
コルチカム満開。
Img_4768_20210921223001

 

2021年9月18日 (土)

秋模様の雑草園

 きょうから3連休の方もおられることでしょう。
毎日が日曜日のような私でも「休み」は魅力ですが「敬老の日」・・・私には関係ないようです。
敬られるような年寄ではなくて「不良老人」です(笑)。

 今朝も家の周りひと巡り。何時の間にか我が雑草園も秋模様。
これから菊類が咲き、食用菊の酢の物を食するのが楽しみです。毎年、手入れの行き届かない雑草園、
それでも、来年は苗や花の種の500円玉貯金しておいて、あれこれ想像して楽しみです。
コロナウイルス、インフルエンザに罹らないようにして、もう少し長生きできますように(笑)。
欲張りばぁさん、お蔭で元気です。

 📷 9/18(土)我が家の雑草園から

 

コルチカム。右下に芽を出しましたが、春には青い葉の出る不思議。

Img_4736
コルチカム。秋を呼び込みます。
Img_4737
八重咲のシュウメイギク。
Img_4738
ジャパニーズ・アネモネ・・・増えて増えて困りものです。
Img_4749
アズマギク・
Img_4751
イチイに赤い実がついてきました。こちらでは「オンコの実」。
Img_4753

 

2021年9月14日 (火)

行合の空

 そこここに秋の気配を感じるようになりました。
ベランダから見ていますと薄曇りながらも、海のかなたには積雲もあり、夏と秋の雲が混在する…
この様な雲の様子を「行合の空(ゆきあいのそら)」と言うそうで、先日、
先輩メル友様からのお便りで知りました。
集く虫の音、ススキ、コスモス・・・山に暮らしていますと四季の移ろいがはっきりいたします。

 9月11日(土)から23日(木)迄、住吉神社で「花手水」開催しています。
市内のお花屋さんのご厚意で楽しませていただいています。
昨年も観ましたが、何時も趣の違う「花手水」。毎日のお花の手入れも大変でございましょう。
「緊急事態宣言」の中、1日も早くコロナ騒動終息を切にお願いしてお詣りしました。

 📷 9/13(月)住吉神社・9月の「花手水」。

Img_4721
Img_4722_20210914084901
Img_4723
Img_4724_20210914084901
Img_4727
Img_4726
Img_4728
Img_4729_20210914084901

 

2021年9月12日 (日)

静かな日曜日

 午後になって1時間ほど雨が降り助かりました。
静かな日曜日。さっと片付けしただけで、のんびりと日曜日を過ごしました。
休む時には休まなければ・・・?  毎日日曜日なのに?
自問自答しながら過ごしました。

あぁ・・・。9月も中旬、今年もコロナ騒動に明け暮れしましたねぇ。デルタ株・・・ギリシャ語。
今年も覚えるのも面倒に横文字が多く、まぁ、面倒なことは覚えなくていいか。
気楽に暮らすことにしました。

*HP「四季折々に」http://shaga.a.la9.jp/  
       「秋編
」に変更しています。こちらもご覧いただけましたら幸いでございます。

 📷 鶏ガラスープだけで煮込んでみた「ロール・キャベツ」。昨夜も食べて、きょうのお昼にも食す。

写真に撮ろうと思って少し綺麗に。
机の上は何時も仕事場なのよ~。スープもたっぷりね。(笑)。

Img_4718_20210912153701

 

2021年9月10日 (金)

秋の風

 雨マークが付きましても、なかなか降らない雨。お天気が好くて結構なのですが、ひと雨欲しい。
毎日の水遣り、ちょっと怠ると野菜など心配になるこの頃です。
長いホースを引っ張って、思い切り水を跳ね飛ばすと秋の風も・・・気持ち良いですね。
手元の操作で、いろいろ変えて、咲いている花々には優しく霧状にしたり、樹木には根本に直水。
ホースの捻じれを直そうと思ったら、勢い良くわが身に!ぅわー!ずぶ濡れ。

 9月5日にパソコン塾の先輩、90歳になられたT氏がお亡くなりになりました。
講師と一緒に事務連絡係の私と葬儀に参列いたしました。
繊維関係のお仕事で、主に呉服を扱っておられて、小樽はひと頃、呉服問屋が多く、多くは
北海道中の呉服を扱っていた時期がございました。一線でご活躍の後、定年後はご夫婦で俳句も
嗜んでお世話役も引き受けておられました。惜しい方・・・寂しくなりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

 12日迄と思っていた「緊急事態宣言」が今月末迄、延長されることになり又、引き籠り暮らしです。
家のベランダで海を眺めながら、秋風に、秋の雲に心を癒しましょうか・・・。
ホームページも「秋の風」に変更しなくてはと気になりながら、なかなか捗らずに溜息をついています。

 📷 9/10(金)

八重咲のシュウメイギク。

Img_4710
ヤブランの紫の花が綺麗。
Img_4712
ゼラニウムの花が沢山咲きました。
Img_4714

 

 

2021年9月 6日 (月)

灯り

 2018年9月6日の胆振東部地震から3年経ったのですねぇ。
道内では初めて震度7を記録、犠牲者44人、厚真町では土砂崩れなどで37人の方が亡くなったのです。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
それに道内全地域で停電!驚きましたねぇ。小樽は7日夜9時ころ点きましたが、電気のありがたさ、
灯りの何と嬉しかったことでしょう。
停電で外へ出た時、夜空を眺めたときの星の美しさにも驚きました。断水の所も有ったようですが
幸、小樽では免れました。

 災害の少ない小樽ですが、何時どうなるか判らない・・・と思ったのもこの時。
防災の準備など深く考えたことも無かったのですが、さすがに・・・私も準備しました。
それに灯りの事。長く停電など思いもつかず、懐中電灯やローソク有るしと思っていたものです。
今は、便利な「灯り」沢山出回っていますねぇ。1個買い求めましたが、停電も無く、階段下の物置に
便利に使っています。・・・何時、何が起こるか。心していなければと、きょう改めて考えています。

 📷 9/6(月)

灯り

Img_4657

きょうのお昼。冷やしラーメン。 大根のサワー漬。
新鮮な大根なので、早く水が上がり美味しくなった。
Img_4654

 

2021年9月 3日 (金)

目まぐるしいですねぇ。

 朝夕に目まぐるしく気忙しい1日でしたねぇ。
政局の一大事・・・トップが代わってもコロナ騒動は、暫く続くでしょう。
専門家によっては4~5年?いや、もっと続くと言われていますから、みんなが心を引き締めて
コロナウイルス問題を考えなくてはならないでしょう。
買いだめして籠り生活、大方の予定は中止、みんな頑張って3密・マスク・手洗いは実行していると
思うのですけれど・・・。

 我が家の雑草園の南蛮、きょう麹とお醤油で漬け込みました。辛いのね。
温かいご飯でいただくのが好き。塩分が多いけれど、そんなに沢山食べるわけでもないしね。
それと、大根が1本・1㎏もあるのが、昨日は90円。重たいから1本買って来たけれど、欲出して
3本も買って来れば良かったと後悔。きょうは190円でした。
大根のサワー漬けをしました。砂糖、酢、塩、焼酎。
秋大根、これから美味しいのね。「おでん」も、これからチョクチョク献立に加わるでしょう。
せめて、美味しい物でも作って食べましょうと言うものの夕食はさらさらとお茶漬けでした(笑)。

 📷9/3(金)

我が家の収穫…南蛮は細く小口切り。麹、醤油、焼酎を少し。

Img_4648_20210903201201
ミズヒキ(タデ科)雑草園の珍客。写し方がヘタですが、細かな赤い花。
何か珍しい葉っぱと思って・・・抜かずに置きました。
Img_4651

2021年9月 1日 (水)

9月・・・長月

 9月・・・。20日「敬老の日」「お彼岸の入り」、21日「十五夜」、23日「秋分の日」「お彼岸の中日」・・・。
カレンダーを見ながら、お団子続くなぁ、と独り言。
装いも秋めいて、朝夕はすっかり涼しくなりました。

きょうは、幼友達から届いた暑中見舞いがとても綺麗な印刷なので、使用したハガキの種類を聞きたくて
メールしたところ、快く教えてくれて手持ちのハガキをテスト用にいただくことになり出掛けました。
パソコンを買い替えてから、プリンターと相性が悪いのか、私の腕の悪さを棚に上げてお恥ずかしい。
小樽運河近くですので、ついでに運河散策。


「緊急事態宣言」発令中、だぁれも居ない!運河クルーズも休業。
北海製缶第3倉庫の保存に目途が付いたようで先ずは安心。
陽は照っていても風強し。ニシキギの生垣、薄っすらと赤く色づいて秋の気配。

 📷 9/1(水) 小樽運河

竜宮橋から望む。

Img_4639
高いマンションの間に天狗山見える。
Img_4636
ご近所のホップ。
Img_4640
今朝、食する前にパチリ。トマト美味しかった!
Img_4624

 

 

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »