« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月28日 (月)

今年も半分に・・・

 あと2日で、今年も半分終わりますね。コロナ騒動の中あたふたと・・・ワクチンが行き渡ったら
終息するのかしら・・・。漠然とした不安を抱えながらの毎日です。
晴耕雨読なんておおげさですが、まぁ、どうにか毎日を大切に過ごしているつもりなのですよ(笑)。

 最近は「京都ぎらい」井上章一(朝日新書)を読みました。娘が読んで置いていったのでしょう。
この頃は、ゆっくり読めまして幸。読もうと買った本も積みあがっていましたから時間の許す限り
読破。何せ、緊急事態宣言中は図書館も休館でしたから困ったものですね。
読書家ではないのですが、このような機会に読む楽しみを知ったようなものです。

 住吉神社の「花手水」花材がデルフィニュウム・・・このお花、北海道にこそ相応しいのだそうで
驚きました。名前は聞き覚えで知っていたのですが、お花を見たのは「花手水」で初めて。
ひと頃、北海道新聞社で月に2回発行していた「花新聞」に載っていました。
来年、植えてみようと思いますが・・・さて?  長生きしなければ (笑)。

 きょうは、本棚整理。本ばかりではなく、切り抜きやなにかにと詰まっていますから
明日のゴミ出しに。終活なんて言葉は嫌いだけれど・・・でもどうにかしなければ。
少しすっきりしました。気温、22℃になっても寒く感じて・・・年なのでしょう。

 📷 6/28(月)

Img_4221
Img_4224
夏小菊
Img_4217

 

2021年6月25日 (金)

小樽・住吉神社の6月の花手水

 少しでも気温が上がりますと気分がいいですねぇ。きょうは昼間で22℃。
住吉神社で、28日迄「青い花の花手水」を開催中です。
花材は主に、デルフィニュム。青い綺麗なお花です。小樽でも植えたら育つのかしら・・・。
パソコンで画像の検索しましたが、私には珍しいお花にみえました。
名前は聞いたことがあるのですけれどね。
茅の輪も2か所にありますが、お作法があるのですよね。私は丁寧にお辞儀してまいりました。
ワクチンの効果が出て、1日でも早くコロナ騒動が収まりますように祈念。

 📷 6/25(金)小樽・住吉神社の花手水。

社務所そば茅の輪

Img_4164
Img_4173
Img_4165
Img_4176
青いデルフィニュウム
Img_4169
願い事を絵馬に。
Img_4177
今年、新しく本殿前の茅の輪
Img_4191
本殿を背にして上ってきたところを振り返る。
Img_4202

 

 

2021年6月24日 (木)

バラが咲いた!

 6/22 第1回目のコロナワクチン接種、無事に終わりました。
昨日は、のんびりして過ごしましたが、接種した左腕、少々痛みましたが、もう痛くありません。
掛かりつけ医、4月から接種日時を知らせて来ましたので、私は申し込みの煩雑さに巻き込まれず
受けることが出来ました。第2回目は 7/13 です。
何せ、1,000余人からの患者を診ているのですから、大変な事だったと思います。
ありがとうございます。

 夜来の雨に我が雑草園を心配して見ましたら、バラが咲き出していました。
ひと頃、沢山咲いて大事にしていたのですが、側溝の工事で無残な姿に・・・。
残りの部分を育てましたら、2年程前から咲きだして嬉しいことです。香り好く色も好き。
子供の頃、実家の庭のバラにそっくり。

 📷 6/24 (木)

バラが咲いた!バラが咲いた ♪

Img_4153
Img_4155
Img_4151
Img_4152
薄紫のミヤコワスレ。昨年、挿し置いて根が付き咲き出す。
Img_4163

 

 

 

2021年6月21日 (月)

落ち込む・・・

 昨年に続いて、この町で友達になった方が亡くなり、あまりにも急な事なので・・・落ち込んでしまいました。
早く亡くなる方は、何かしら強い印象を残して逝ってしまうのですよね。
近くだけに、あまり深入りしては…と思いながらのお付き合いでしたので、こんなことならもっと、いろいろと
話もしたかったと後悔します。私よりも、2~3歳はお若いのに・・・。
もう、80歳代ですから何時かは訪れるのでしょうけれど残念でなりません。‣・・・・合掌・・・・・

********************************************************************************

 苗物を買いに行きました折、綺麗な花々に魅せられて、手ごろな値段のついた「ゼラニューム」と
ちょっと変わった「マーガレット」購入。気分が少し和らいで・・・紅茶をすすりながら眺めています。

明日は、第1回目のコロナワクチン接種。チクり!  ステッタなんてなりませぬように願います。

*追記* 今日は夏至ですねぇ。早いなぁ~! 緊急事態宣言は解除ですが、まだまだ油断なりませぬ!

 📷 6/21(月)

     ゼラニュウム(トスカ)                     右 マーガレット(スイートピンク)

Img_4140 Img_4143

     サンカヨウ・・・青い実に。                  右 アルケミラモリス。緑の花が素敵。

Img_4138 Img_4139  

 

2021年6月17日 (木)

季節の食べ物

 小ぶりですが、マイカが出回るようになり、きょうは「イカ飯」を作りました。
冷凍技術も進歩し、又、輸入品も有り、年中「イカ」は手に入りますが、今は「マイカ」の旬。
やはり美味しいですね。

きょうは、タケノコをいただいたり、薄紫のミヤコワスレを沢山もらってしまい嬉しいことでした。
タケノコは、「ササタケ」というのでしょうか。これが美味しいのよねぇ。 
ササタケご飯、お煮しめ、若竹汁・・・あれこれ楽しみです。

薄紫のミヤコワスレ、我が家と違って大き目の花、沢山いただいたので、あちこちに飾りました。
ミヤコワスレは、土に挿しますと根付き良く、来年も楽しめます。 長いので切ったところは
明日朝、土に挿して置こう。   私欲張りね (笑)。

緊急事態宣言・6/20迄」が「まん延防止・7/11迄」に移行。
でも、相変わらずに自粛生活なのでしょう。

 📷 6/17(木)

いかめし

Img_4129

ササタケ
Img_4131

薄紫のミヤコワスレ
Img_4135

色が綺麗に出なかった!
Img_4136

 

2021年6月16日 (水)

梅漬け

 店頭に「南高梅」が並ぶ季節に入り、もう、1週間になりましょうか。
今年はどうしようかと考えていましたが、やはり「梅漬け」を作ることにしました。

もう63年も続けてきました。「南高梅」を使うのは昨年から。
それまでは、余市や仁木町での「あんずうめ」。出回るのが8月だったか・・・それも、見逃して
しまうことが多かったので、「南高梅」にしたのです。
「あんずうめ」ぽってりして美味しいですよね。

昔からの方法で、梅・3升に塩・1升。姑に教わった通りに漬けています。
縮赤紫蘇の葉、塩で良く揉んで、赤黒い汁を捨て、固く絞って前年の梅をつぶして加えると、綺麗な
紫蘇になりますよね。梅に塩をかけ、水が上がって来ましたら塩揉みした屠蘇をかぶせる方法でした。

実家の母は、土用になると干して梅干し。まぁ、嫁してはなんとか、姑の「梅漬け」に従っています
梅の出回る時期になりますと、紫蘇の葉を1枚1枚丁寧にみて、手伝った頃の若い日々・・・。
まぁ!
、なんと若かったのでしょう (笑い)。

 📷 6/16(水) 梅漬けの記憶。

「南高梅」

Img_4128
ミヤコワスレ。
Img_4126
ようやく、お花も買わずに済む。
Img_4125

 

 

 

2021年6月14日 (月)

着 物

 きょうは気温16℃ですから、寒い! 暑かったり寒かったり不安定な天候模様です。
蝦夷梅雨というのでしょうね。まだ、6月半ばですもの。暑ければ、もう夏と言いますけれど、
北海道は初夏でしょうかね。
コロナ騒動がなければ、14日、小樽は水天宮、札幌は北海道神宮の宵宮祭りですね。
きょうは道庁前の広い通りで、関係者以外は締め出しで「オリンピック聖火引き渡し式」です。

昨日、ブログ友達の遠音さまのブログ開けて驚きました!
古布・・・私も丁度今でなければと思い、引っ張り出して眺めていたところだったのです。
母の着ていた着物の端切れ、夫が長いこと着ていた久留米絣の解きもの。
昔に買った古本を眺めて、久留米絣の「うわっぱり」に縫って、外仕事の折に着ようかなぁ、
少し「ばばくさいかなぁ」・・・なんて思案していたところでした (笑)。

姑がまだ達者だったころ、息子達3人に「形見に」と言って絣の対の着物を縫ってくれました。
82歳で亡くなって、もう・・・44年前でしょうか・・・。しっかりした針仕事。
とてもとても力及びません。・・・さて、私は何にも残すもの無いなぁ・・・。
躾のままです。夫は汚すから「あずましくない」
と言って着ないでしまいました。
「だれか孫でも着たらいい』と言うので長女の息子へと考えています。
今、大学生ですからいいかなぁ・・・と。
桐の日和下駄もある。もらってくれるかなぁと心配です。我が家は、古いものだらけ。
でも、私の元気なうちに、どうにかしなければ・・・・・。

 📷 6/14(月)

絣の着物、羽織、襦袢も一揃い。

Img_4109
綺麗な針仕事。
Img_4111
解きもの。和裁という講談社からの教則本。S31年に購入。
Img_4110
ようやく咲き出した「ミヤコワスレ」。
Img_4114
「独活の大木」お隣の裏に沢山ウドがあり、美味しそうと眺めていましたが
大木になってしまいました。クイシンボウはもったいないと思う!
Img_4118
マムシグサ・・・ちょっと気味悪い!
Img_4119

 

2021年6月13日 (日)

静かな日曜日

 温度差が激しくて、一昨日は31.9℃、昨日は体感温度20℃。きょう今は22℃。23/16の予報。
まぁ~、静かな日曜日です。

市内の大きな市場2軒が17日迄と23日迄休業。コロナ騒動も身近になり怖いですよ。
今一番好い季節なのに残念ですね。
不義理承知で、家に籠り暮らしです。緊急事態宣言は20日で解除となるかどうか・・・。

山の幸、海の幸、一番おいしい時季・・・。市場が開いたらウニ買っ来て「ウニ丼たべるぞ~!」。
だぁれもいない部屋で、ひとり叫んでいます (笑)。

 📷 6/13(日) スマホでパシャパシャ。

ヒメツルニチニチソウ。

Img_4101

蔓が延びて、毎年秋には切ってしまいます。こちらは?
Img_4093

裏の空き家の裏に咲く・・・
Img_4102

細かなハーフクロス・ステッチで刺したポーチ。
Img_4103

カット・ワークの敷物。ミラー・ワークのポーチ。習作。
Img_4105

ちょっとお出かけに重宝なバック。ミラー・ワーク。
Img_4120
HP・四季折々に http://shaga.a.la9.jp/

 

2021年6月 8日 (火)

型板ガラス

 昨日、NHK総合テレビ「シブ5時」をみていましたら、私が「クモリガラス」と言っていたガラス
「型板ガラス」と言うのだそうです。最近は作られていないのでしょうか・・・。
古い我が家は、この「型板ガラス」だらけです。 
最近、雪害で窓を修理しました時は、新しい型のものですけれどね。厚めの素ガラス。
「型板ガラス」を使って、素敵に作成された作品に、我が家のガラス、見直したのです (笑)。

 📷 6/8(火) 型板ガラス

改めて見直しますと面白いですね。

Img_4055
Img_4060
Img_4056
Img_4059
Img_4074
近所の家の庭の木の名前?
黄色い藤のようなお花 キングサリ でしょうか。
Img_4078

 

2021年6月 6日 (日)

穏やかな日曜日

 世の中、新型・異型株コロナ、ワクチン、それに差し迫るオリンピック・・・・・
どれひとつ取り上げても穏やかな問題ではありません。
せめてお天気だけでも・・・今朝は、穏やかな日曜日です。

自粛で外出もままならず、何か食べるものがあると出かけずとも苦にはならないのですが、
働き盛り、大勢のご家族ですと大変ですよね。
スーパーは朝の開店時間を待って並んでいるのを見かけますと、3密も気にかかります。

ハガキ1枚投函に、700m往復。運動になるからまぁいいか!と下りよいよい上りはコワイ。
コワイ・・・方言でしょうね。疲れたいう意味に使いますが。

 📷 6/6(日) ツツジも散ってしまって・・・。


咲き始めたクリンソウ

Img_4029
隅っこに咲いているオダマキ
Img_4022
アルケミラモリス
Img_4027
アカフサスグリ・・・前回は白い花が咲いていました。
Img_4040
麦秋をイメージのリボン刺繍。
Img_4054

 

2021年6月 4日 (金)

雨降り

 朝から雨降り。ひどく降らないようにと願う。
夏ミカンと寒天で寄せ物を作りおやつに食す。夏みかんに少し砂糖を振りかけてから作ると良かった。
でも、酸味が効いて美味 しかった。

ホームページを開いていますと、季節の節目に更新を心掛けたいと思いますが、最近は所用で
小樽運河界隈ばかり歩いて、天狗山へもロープウェイが緊急事態宣言で、運行停止中。
街はひっそりして、一休みの場もない状態。言い訳が過ぎますが・・・・・
ホームページは、春から夏編へ変更。過ぎし日の思い出ばかりになりました。

 *HP 「四季折々に」  http://shaga.a.la9.jp/

📷6/4(金)・・・

昨日お天気だったので咲き出しました。
ヒメシャガ

Img_4012
寒天の寄せ物・・・
Img_4019

2021年6月 2日 (水)

もう 6月!!

 月日の流れ・・・早いですねぇ。もう 6月!何にもしないうちに・・・。
昨日(6/1)は、晴れていましたが体感温度10℃。
小樽運河界隈へ所用で出かけましたが、街を歩く人もまだ冬の装いに近く・・・かく言う私も (笑)。

幸い、小樽運河プラザは開いていましたが、何処も休業!閉鎖!
長崎屋の何時もは満席の広場も、全部椅子使用禁止。昨日から又、緊急事態宣言延長ですもの
ね。

ひと休みして持参の水を飲みたいと思いましたが、帰りのバス停の椅子が空いていて大助かりです。
なんていう世の中…と思いながらも、行き帰り歩いた歩数:8,764歩。 
これでくたびれているのですから年取ったものです。

 📷 6/1(火)小樽運河通りも歩いてみました。

新緑の美しい季節となりました。
右に位置する木骨石造の旧大家倉庫は、明治24年(1891)建造。
小樽市指定歴史的建造物・第一号です。

新旧建物の混在ですね。天狗山も見えます。

Img_3981

今話題になっている北海製缶第3倉庫。
どうなるのか・・・

Img_3976

北海製缶第3倉庫を背にして小樽運河を望む。
Img_3978

左に澁澤倉庫。運河傍の花植えも今一番綺麗ですのに・・・
誰もいない。
Img_3993

倉庫に纏わる蔦の葉、ようやく元気を取り戻しているようです。
Img_3998
運河案内のわきの水道栓。我が家と同じサラサドウダン満開。

Img_4003

浅草橋から小樽運河を望む。
Img_4004

旧第一銀行小樽支店。大正13年(1924)鉄筋コンクリート4階。
ウオール街にあってこちらも、渋沢栄一関係。まだ、所々に
渋沢栄一の足跡が残っています。
Img_4007

日本銀行旧小樽支店。第一銀行の上近くです。今は金融記念館。
コロナで休業中
Img_4008

旧国鉄手宮線跡地。散策路です。右に図書館と美術館あります。
Img_4011

 

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »