« 春ウララ | トップページ | 3月も終わりますねぇ。 »

2021年3月27日 (土)

早い雪解け

 今朝早く、ハガキ1枚投函に600程の坂道往復しましたが、思っていたよりも早い雪解けに
驚きました。
今月4日だったでしょうかねぇ、大雪で4月初め迄に溶けるだろうかと心配でしたけれど
この春は、氷割も少しで老いた身には大助かり!いよいよ早春を迎えたという感じです。

昔と言いますと笑われますけれど、私の幼かった頃は、3月末から4月初めは泥んこ道で、
ゴム長靴は必需品でしたねぇ。戦時中、国民学校時代は配給。藁沓(わらぐつ)も履きましたよ。

直ぐしたの弟が大学入学時、4月中頃でしたが母はモンペを履き、従弟も同じく大学生になったので
叔母も一緒にモンペ姿で、喜んで出かけた記憶があります。
当時はまだ、馬車の轍によろよろして、転んでしまったら泥んこ!
除雪方法の進歩、つくづく良い時代になったものだと思います。

北国は、これからまだ雪の日もあるでしょう。油断できません。
でも、きょうは暖かな陽射し!嬉しいですねぇ!
空も海も、春の気配です。

 📷3/27(土)

家のベランダから。
石狩湾の向こうに増毛連峰。3/27

Img_3262_20210327142801
Img_3269
Img_3267

 

 

« 春ウララ | トップページ | 3月も終わりますねぇ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 michi 様 おはようございます。
テレビで横浜の桜を見ておりました。満開も過ぎて花筏も楽しめる頃でしょうか。
お天気模様、気になりましょう。
家から見える増毛連峰、はっきり見えますと必ず、1~2日内に海は荒れてくると言われます。
「白兎が飛んでる」という状態。漁師は面白いことをいいますね。
長く生きていますと、世の中の移り変わりに驚きますよね。まぁ、良い経験を積んだと思っています。
大勢の子供の外遊びは殆ど見られなくなりました。スマホを使い、ゲームに無心に指を動かしているのを
みていますと、私の子供の頃、小川で遊んだり、ヨモギを摘んだり、タンポポで花冠を作って遊んだことが
懐かしく思います。でも、これからの子供達、外国語もパソコンの扱いも、自由に使いこなすように
育つのでしょうね。きょうは15℃位の気温になるようです。

 ふきのとう様 おはようございます。
わが家は居間て石狩湾を眺めることができます。坂を上って・・・海抜どれ位なのか?
まだ上の方に住宅があります。ただ、高い所でも家の建て込みで海は見えない所もありますので、
わが家は条件が良いようです。「小樽に居て海が見えるのは最高!」と、移り住んだ頃、友達に
羨ましがられましたけれど、暮らしてみますと大変な不便もあり、年を取りましたら尚の事、
これからどうしようかと思うことが多いのですよ。暖かくなりますと、冬の困難もすっかり忘れて、
木々の緑、野の花の咲くのを楽しみにしております。増毛の山々、まだまだ雪があるようです。

hiroさん、おはようございます
北国の方にとっては待ち遠しい雪融けですが今年は早そうで
花の季節も間もなく訪れそうで楽しみですね。
街中の雪も殆ど溶けたでしょうか。 坂道の街?小樽だから、
雪が溶けるとお出掛けもし易くなりますね。
家からの風景、石狩湾の後方に横たわる雪を戴いた増毛連峰
何と素晴らしい絶景でしょうか。 日々お楽しみの事でしょう。
時が流れて便利になった事は嬉しいですが、物資も十分で無か
ったものの、子供時代の生活も貴重でしたね。
今思うに今の世の中よりも子供時代に自然と戯れた時の方が
良かったような気もします。 
・・・と言う事は歳を取ったと言う事でしょうか。

窓から海が見えますからhiroさんのお宅は小高いところにおありでしょうか。水平線の彼方に幽かに見えるのは雪を被た山々でしようか。何にでも言えることと思うのですが待たないで来るよりも心待ちにして到来するものにはひとしおの喜びがあります。待ち遠しいことでございましょうが「春」もまたその一つでしょう。楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春ウララ | トップページ | 3月も終わりますねぇ。 »