« 北海製缶第3倉庫 | トップページ | 年末あれこれ・・・ »

2020年12月 8日 (火)

忘れない日

 12月8日・・・昭和16年12月8日、真珠湾攻撃で大東亜戦争が始まったのですね。
忘れもしない!! 間もなく30歳の父や叔父(叔母の連れ合い)に赤紙・・・。
4人と間もなく生まれる子供達を残して叔父は戦死。他に親族では4人の戦死者。
父は、運よく復員しました。戦中戦後の苦しく貧しい暮らし・・・忘れもしません!!
この頃は、国政に携わる人も終戦後生まれ。昭和20年生まれで75歳でしょうか。
そのうちに、昭和16年12月8日、思い出す人も無くなるのでしょう。

きょうもいろいろありましたね。宇宙のことは・・・
今は新型コロナウイルスの事がどうなるのか・・・考えるともう、疲れました。

 📷 12/8(火)

 お昼に「鍋焼き蕎麦」を食べながら、
戦時中の食べ物を思い出していた。

Img_2440

 

« 北海製缶第3倉庫 | トップページ | 年末あれこれ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 遠音さん 大事なことを・・・
ぴよんちゃんのことご心配でしたね。どうか早く治って又、
元気に活躍なさるように祈ります。  hiro

 michi 様 こんばんは。
14歳離れて妹がいるのですが、戦後生まれ・・・でももう71歳で、私の暮らした時代とは
随分違っていて羨ましい時があります。戦時中の事を話すことは殆どありません。
恐ろしいほどに、みんな上に従っていましたから、小さい弟達が3人もいて、隣組の防空壕作りに
参加できなかったおり、母が「爆弾が落ちて死ぬときには家族一緒に死んだ方がいい」と言いましたら、
回りまわって「しょっぴかれた」そうです。イナカでしたからよそ者は大変だったようです。
間もなく終戦となり、今夜からゆっくり休める!と安堵したものです。
新型コロナ・・・どうなるのでしょう。 先ずは罹らないように充分気を付けましょう。

 遠音さん こんばんは。
東京大空襲の後、小樽へも子供疎開が親族を頼って来て多くなりました。私の家族も
父が出征で居ないと言うことで、祖父母の家で暮らしました。大勢の家族で私は楽しかったのですが
子供ですねぇ。夜の怖かったこと。サーチライト、高射砲の音・・・今でもはっきり覚えています。
20代で戦時中を過ごした叔母も叔父も誰ももういなくなりました。

hiroさん、お変わりありませんか
「ニイタカヤマノボレ」当時の事は知りませんが、無謀な戦いをしたものですね。 
どれだけ多くの国民が苦しんだか・・・、 hiroさんご家族も多くの犠牲者を出され
何年過ぎても心が痛みますね。 我家は戦死者は出なかったようです。
コロナでは全国的に感染者、重傷者、死亡者も増え、太平洋戦争以来の危機
の感がします。 旭川の病院等では危機的状況で、全国医師会会長初め多く
の人たちがGO TOの一時停止と一時的に人の移動を止める様訴えていますね。 
政府も本腰を入れて防止対策を取って欲しいものです。 
寒い時にはなべ焼きそばはご馳走ですね。 私もなべ焼きうどん大好きですよ。
益々寒さに向かう折、hiroさんもくれぐれもお気を付けてお過ごし下さい。

hiroさん思い出すのさえ辛いですね・・今再放送の「純情きらり」を見ました。
場面は3月10日の東京大空襲です。
戦争は遠くになりましたが・・遠くに置いて消して終わぬようにしたいと
思っています。 ただ語る相手がいなくなりましたね~~
hiroさん お元気でいて下さいね。

 ふきのとう様 こんにちは。
戦争前と、戦中戦後の暮らしはすっかり変わりました。農家の祖父母の傍でしたので、
他からしましたら恵まれていましたけれどね。子供心にも勝つと信じて頑張っていました。
終戦時10歳、国民学校4年生。このころの事しっかり覚えています。
今でも、サイレンの唸りを聞きますと当時のことが思い出されます。グラマンが夢に出てきたりするのですよ。

鍋焼き蕎麦、いつもながら丁寧に料理されて、とても美味しゅうございました。父はは独身時代と結婚後の二度の戦争に出征し、兄は油送船に乗っていましたが二人共に生還しました。伯父はガダルカナルで玉砕に遭い、遺骨は無く、軍靴と眼鏡が遺品として祖母の手に届き、村葬の席で来賓を前に、祖母は「立派なお葬式を上げていただきましたが、私は皆さんにお礼が申せません」と言ったそうです。辛うじて防空壕の記憶が残っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海製缶第3倉庫 | トップページ | 年末あれこれ・・・ »