« 我が町散策 | トップページ | 心配な気配 »

2020年10月 5日 (月)

ためらう・・・

 きょう晴れていたら家回りの少しばかりの木々の枝払いをする予定だったけれど生憎と雨。
午後、少し晴れ間もあったので、どうしようかと思ったけれど、家の中も片付けがあるし・・・。
ためらっているばかりでもいられない!と、旧い手紙やハガキの整理を始めました。

最近は年賀状と暑中見舞いハガキをいただくだけですが、5~60年前でしたら家に電話も無かったし
携帯電話もパソコンも無かったから専ら、手紙かハガキ。急ぐ時だけ電話をお借りしてました。
まぁ~、便利になりましたが、後で読むという楽しみもなくなりましたね。
毎年今頃整理しようと出してくるのですが、今年も又ためらい多く、またまた袋にしまい込みました。
郵便切手、10円、ハガキ5円と言う時代も・・・筆、万年筆、ペン、筆跡もなつかしいですねぇ。

 📷 10/5(月) ためらいながら・・・

旧い手紙や葉書

Img_1736

茗荷の梅チソ漬け。暖かいご飯に美味しい!
Img_1731

 

« 我が町散策 | トップページ | 心配な気配 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
世の中、便利になりましたが古いしきたりが無くなって
行くのは寂しいですね。
年賀状も省略して最近はスマホやPCで・・・なんてのも
多くなって昔の良き時代が懐かしいです。
何事も便利が一番じゃ無い、昔からのしきたりも大切に
したいものです。
自筆のハガキや手紙等を見る度に当時の想い出か蘇る
のは年を重ねた精でしょうか。
団体旅行で行動が縛られるのは好きでなく、最近の旅は
個人旅行が殆どです。 
当初は航空機を使った北海道への旅でしたが、最近は
新幹線と特急の乗り継ぎで車窓の風景も楽しみです。
何年か後には小樽へも新幹線が開通するようですね。
不便で何も無くても子供の頃の生活が懐かしいです。
*PCの設定不備でhiroさんのブログ更新を知るのが
 遅くなりました。


 michi 様 こんばんは。
旧い手紙やハガキ・・・57年前に夭逝した弟からのハガキや54年前に42歳で亡くなった
義姉からの手紙など今年も又しまい込みました。何時までも私の中では生きているのね。
そうかと思うと、音沙汰無くてどうしたのかと気になっていましたら、「結婚したから、こちらへ来たら、
拙宅へお寄りください。ワイフ共々歓迎します。」なんて言うハガキも破らずにありますよ(笑)。
若き日のほろ苦い思い出です。もう、90歳に近い筈。生きているかしら(笑)。
手紙も、父母や弟妹からも良くもらいました。捨てがたく取ってありますが、私は、3人の娘には
何にも書かず・・・PCやスマホで切り口上。孫達は尚のこと・・・。
時代が変わり、これでいいのかなぁと考えているのです。
いつもコメントありがとうございます。

茗荷の梅酢漬け、美味しいですね。細かく刻んでご飯に混ぜて食べています。耳慣れなかった「断捨離」と言う言葉も当たり前のように日常を制しています。「後で見る楽しみ」確かに!たしかに!私事ですが婚約時代の4年間、夫とは東京~静岡、大阪~静岡と離れていましたから、固定電話を持たない暮らしの中での疎通は宛ら手紙でした。文箱一杯遺された手紙は置いてけぼり私の慰めにもなりました。この先、行動範囲も狭まりますから益々私の傍らで慰めてくれるものと思っています。捨てる気も有りませんでしたが、今では私の「宝物」となりました。感傷的なつまらないことを記しましたことお詫び致します。

 ふきのとう様 おはようございます。
早くにコメントいただいておりましたのに大変遅くなって失礼いたします。
ご主人様とのお手紙のやり取り、今は「宝物」とのこと。夜長に読み返して懐かしむもいいですね。
固定電話、僻地で暮らすことが多く、手回しで電話交換手お出ましで「何番へ?」と言う時代もありました。
わが家に取り付けられたのは昭和51年頃でした。小学生だった3女が、電話前に座って待っていて、
「おかあさん、電話ならないねぇ~」と欠伸。「あら!まだ何処へも番号知らせてないからね!」と急いで
実家へ連絡、母から掛けてもらったことあり思い出しました。
茗荷の梅酢漬け、ふきのとう様も召し上がりますか!美味しいですねぇ。
又、台風14号の進路気になります。無事通過を願っております。お体おいといくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が町散策 | トップページ | 心配な気配 »