« 坂の町・1万歩 | トップページ | 小樽運河も秋めいて »

2020年10月13日 (火)

冷たい雨

 きょうは雨降り。この時季降る雨は冷たい感じですねぇ。
昨日は裏の雑草畑の片付けをしましたが、ドクダミ、まぁ~!良く次から次と生えて来ます!
雪の降る前に来年の為に雑草も抜いて置こうと思ってね。

お向かいから、生きのよいホッケ(𩸽)頂きました。綺麗に捌いてくださって恐縮しました。
「食べるか~い!」と、気さくに届けてくださる。大きい(30㎝位)のを5匹。
有難く、味噌醤油に漬けたり、フライ用に冷凍したり、1匹は「かまぼこ汁」にしました。
美味しくいただきました(写真にパチリ)。

ほっけ(𩸽)は使い道があって、我が家では重宝な魚で、1番美味しいのは3%の塩水に漬けて
天日干しにして焼いて食べる。ひと頃は糠漬けにして冬に備えることもありました。
50年近く「いずし(飯鮨)」も
作って食べた思い出の「ホッケ様様!」でした。
忙しい思いでしたがお正月には、無くてはならない食べ物でした。

道東にいたとき、ローソクボッケ、ニシン(鰊)のように捌いて軒下に干して置き、
お酒の肴に味噌付けて食べて賑やかだったころのこと思い出しました。
あの頃、お仲間だった方達も・・・懐かしかったり寂しかったり・・・。みんな同じに高齢者です。

 📷 10/13(火) 雨の日に。

ホッケ(𩸽)のかまぼこ汁。

Img_1826

先日の山道歩きの折、見つけたのですが・・・?
Img_1753

やはり、山道歩きの時の写真。小樽フェリー・ターミナルも見えます。
Img_1776

山道歩きの時にお宅の前に咲いていたシュウメイギク(赤)。
Img_1775

潮見台町の八百屋さん。懐かしい店構え!
Img_1787

龍徳寺の柳と銀杏。鐘楼。
・・・先日、写真の枚数制限で載せられなかったので。
Img_1795
道立小樽潮陵高校の坂を下ると、龍徳寺の鐘楼です。
右側が国道5号線。これから銀杏の色付きが楽しみ。

 

« 坂の町・1万歩 | トップページ | 小樽運河も秋めいて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かまぼこ汁、お出しが効いて美味しかったことでしょう。当地で言う「つみれ」にも似ています。ほっけは現地で食べるとずいぶん美味しいようですね。夫が美唄に出張するとほっけの話が出ました。赤い実の植物なんでしょうね、ムサシアブミではないかと。こ蒟蒻も花の仕舞にも似ています。我が家のシュウメイギクも二輪ほどほころびました。

 ふきのとう様 こんばんは。
赤い実の名前「ムサシアブミ」、さっそく調べました。初めて知りました。
ありがとうございます。
かまぼこ汁は、「つみれ」と同じようなものです。ホッケは、フードプロセッサーの持っていなかった昔は、
すり鉢で作りました。今は、横着で、すり身を作って、鶏卵、でんぷん、酒、みりん、砂糖、塩を入れて
グルグル~!今回はお醤油味でしたが、味噌味にして、土鍋に白菜、大根、人参、水菜、しめじ、しらたき、
豆腐など入れていただきますと美味しいです。この度は、あっさりしたのが食べたくて、しめじ、三つ葉で。
ホッケは、ご主人様が北海道へいらして召し上がったことがあったのでしょうね。
寒くなり、天気予報で山や峠でマイナス気温、雪の所もあると報じておりました。
いつも、コメントありがとうございます。

龍徳寺 なつかしいです。 ホッケね色々にして食べました。
ローソクホッケ 軒先に干してね・・ぬかずけも美味しかったですね・・
考えてみれば そうやって主婦は家族を支えていた・・いまは?
こんな事してるんだわ~後戻りできないしね・・

 遠音さん こんにちは。
寒くなりましたね。そちらも同じでしょうか。お天気が悪い日続きます。
道東のお魚、オヒョウ、あの大きなお魚・・・懐かしい。
こちらでは、見られないお魚ありましたね。ホッケも羅臼のシマボッケ、美味しいのねぇ。
サンマも鮭も道東のが美味しいでしょう。カキやトウダイツブ懐かしい味です。
今は、魚の切り身で、まぁ!何とお粗末でしょう。
お体、お大事にお過ごしなさいますように。

こんにちは
ホッケのかまぼこ汁、初めて知りました
当方でのホッケは殆どが少し乾燥したのが主流ですが
私も好きな魚で焼いてよく食べます
ホッケの汁物なんて知りませんでしたよ
お汁も透きとおっていてあっさり味で美味しそうですね
お向さんの「食べるか~い!」なんて言葉、とても
ほのぼのとして素敵な雰囲気、好きですね
八百屋さんの雰囲気も素敵! 小樽では未だこんな
雰囲気が味わえるのですね
昔懐かしい風景が変わって行く今、街も人情も
いつまでも大切に残したいですね。

 michi 様 こんばんは。
ホッケ、そちらへは、きっと焼き魚として少し干したのが出回るのでしょうか。
美味しい魚で、生ですと私は「かまぼこ」にもして食べています。いろいろと加工されます。
旬は何時なのかと思うほど、年中見かけます。
お向かいさんは気さくな方で、助かっているのですよ。
この頃は個人商店も市場も段々少なくなりました。
昔は、ちょっと足りなくなったとき、お借りしてね。助けられました。
お付き合いも、段々と変わって来ています。
お忙しい所、コメントありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂の町・1万歩 | トップページ | 小樽運河も秋めいて »