« 雨あがり | トップページ | 気ままな祝日 »

2020年9月20日 (日)

海を眺めながら・・・

 午後から最寄りの商業施設へ買い物で出かけましたが、人出の多いのに驚きました。まぁ、私も
その中のひとりでしたが。マスクをしていなかったら普通の休日と同じでしょうね。
近くの市場も混み合っていました。ここで買うものはいつも決まっているし、お店も魚屋さんと
野菜・果物。リュックサック持参せず後悔。メモした全部を買えなかったけれど、明日近くの
スーパーで買おうか!・・・ヨッコラショとばかり持ち替えながら坂道を上って帰宅。

途中休み休み、坂道の傍に咲く野の花を観ながら・・・この20年程ですっかり草木も変わりました。
坂道でひと休みの時、日陰を作ってくれた白樺並木、いちい、桑の大木、可愛い実をつけた
マユミ、いちいの林から聞こえたせせらぎ・・・。立派な住宅地に替わりました。
地域としては今は、小樽築港駅前発の高速札樽道へ乗り入れるバスもありますから、札幌中心街迄
45分。便利になりました。
浜に近く、山に近く、まぁ、もう少し?40年も若かったら新しい家を建てたかったなぁ (笑)。

 📷 9/20(日) 小樽マリーナ

整列しているヨット

Img_1588
小樽マリーナ傍にあった「石原裕次郎記念館」は無くなった。
Img_1581
休日でヨットの帆走も。
Img_1577
これは、春の楽しみ「ウド」です。
Img_1601
似たような花がいろいろ咲いていますが、これは何でしょう?
Img_1598
コルチカム、2日経ったら開花。春には青い葉が出て、
枯れると秋にはこの花が咲く。
Img_1608

 

« 雨あがり | トップページ | 気ままな祝日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コルチカム、美しく開きましたね。海あり丘あり好条件にお住いです。私の住む町も3K先に駿河湾を控えていますがそちらに比べますとスケールが違います「富士山の見えるところに家を」が夫の希望で、叶いましたが50年以上も経ちますと工場の進出により景色も変りましたが、居ながらにして富士山は見えます。幼いころから富士山は私の守護神でもあります。

hiroさん 私ねお買い物・・背中に背負うのは肩がこります。
それでこの数年 九州へ行くときも引っ張って歩く車輪つきを利用しています。
大きさも空港では自分の席に持参できますし とても楽なんです。
普段はスパーにも 本をお借りするのに郵便局へも引っ張っていきます。
色も大きさも色々あって 軽いですし是非試してみて下さい。

こちらも人手がかなりです。 JR利用も諦めました。
釧路がだんだん遠くなります。

今はお彼岸ですね。1昨日子ども 孫たちが来てお墓参りをしてきました。
小樽の見どころ 沢山あって羨ましいですよ。
石原裕次郎記念館にも行きましたよ。あの時は利尻 礼文島に行った時でした
1500円でした。今はなくなって寂しいですね。
でも時代の流れなんでしょうね。
今住んでる桜町 坂があり上から見える景色は素晴らしいでしょうね。やはり海あり
山あり何もかもそなえられているんですね。。
今はきれいなお花が咲いて心を和ませてくれますね。
今日は天気になっていますが、あまり暑さは感じず、過ごしやすくなりました。

 ふきのとう様 富士山を眺めてお暮らしなのですねぇ。何せ日本一のお山!いいですねぇ。
ところで、きょうのニュースで初冠雪なのだそうですねぇ。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、
これから秋も深まってまいりましょう。茅ヶ崎市に甥家族が暮らしていますが、やはり富士山を
眺めらながらの生活、いいわねぇ~と言っていましたが、貴女様も!羨ましい!
今の景色、何時までも観て暮らせますように祈ります。

 遠音さん 
買い物は、大方近くのスーパーでするのですが、チラシ見て長崎屋や南樽市場、新南樽市場へ
出掛けます。南樽生協へも度々まいります。それぞれ特徴がありますね。
バスへ乗るときは、なるべく片手で持てる程度にと思っているのですが、時には欲張って
背負って買いたくなります (笑)。まぁ、坂道が多いから背負っても引いても苦労です。
良い安い美味しいもの見つけて、営業車で帰宅もねぇ。
今度は、がらがら引きながら買い物しますね。私も古いけれど持ってはいるのですよ。
つい億劫で・・・後悔しながら暮らしております。
きょう小樽運河の方へ行きましたが、賑やかさが戻って来ました。
連休が終わって新型コロナ罹患者、増えないように願っております。

ki ki さん
19日、お彼岸の入りでしたね。明日22日はお彼岸の中日、秋分の日で連休も終わりですね。
いつもお子様、お孫様、揃ってのお墓詣り羨ましいですよ。
ご主人もさぞお喜びでしょう。私は明日、積丹半島・古平町迄お寺詣りします。
山坂で今のところは景色も良く、のんびりしたところなのですが、冬の雪のことを考えますと
うんざりします。まぁ、1年の内、12月~3月迄、じっと春を待つのも大変ですけれど、暖かくなりますと
すっかり冬のことなんか忘れるのね!
石原裕次郎記念館へもおいででしたか。ki ki さんの年代でしたらまだ覚えていらっしゃるでしょうねぇ。
若い方達には知らない方もおります。時代が変わっていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨あがり | トップページ | 気ままな祝日 »