« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

同期会

 9月26日(土)、中学卒業の同期会・・・市内在住者でのささやかな同期会があり参加しました。
昭和26年卒業ですから、来年で卒業70周年になるそうで、何時もお世話役のHさんのお話。
この会は、もう45~46年続いているようで丁寧にその時々の
記念写真と一緒に参加者の名前も、、
残されています。残念ながら、私は30年近く小樽にはいなかったので出席できませんでした。

同期生は、全国に散らばっていますから、会の名前は26年卒業で仁禄会(にろくかい)。
東京、札幌、小樽と、夫々に「東京仁禄会」「札幌仁禄会」「小樽仁禄会」として、会を開催。
小樽は奇数月の26日、集まることにしています。会場も時間も決めていますから、連絡ナシでも
都合のつく同期生は集まりお昼ご一緒しています。
私はひそかに「お達者確認の会」と言っていますが楽しみにしております。

終戦から3年経って、学校の制度も変わり、新制中学と言われましたね。中学校入学当時は、
3年生は全員男性ばかり。旧制の中学時代に入試で合格の生徒達。
みなさんとても立派に見えました。
新制中学入学から73年・・・お互いに同期生も年を取りました。

 📷 昔の写真。

 

入学した中学校。講堂やプールあり、
新制中学生には恵まれた環境でした。
今は、この校舎はありません。

Img002
各クラスに50人位の生徒。1学年5クラスありましたねぇ。
全体で300人余り。教室は机が後ろ壁までびっしり。
生徒の足元。下駄、はだし、靴も色々。終戦後3年の記録です。

Img001_20200930162601



 

2020年9月28日 (月)

秋雨に・・・

 午前中雨、少しの晴れ間に家回りをみましたら、何と!雑草の生い茂ったこと!
明日は外回り仕事だなぁ・・・と、考えてみればもう枯れて来るからなぁ・・・。
ホッタラカシにと思ったけれど空き家もあり、我が家も草ぼうぼうではねぇ~。

明日晴れたなら草抜きにしよう。10月に入ると冬支度。窓の雪囲いもあるし忙しくなる。
急に気温が低くなり、深まりゆく秋・・・それにしても1年は早い。

📷 9/28(月) 我が家の雑草園から

  *9月29日・・訂正1件。 オランダアネモネは、ジャパニーズ アネモネ です。ごめんなさい。

Img_1694

                     イチイの赤い実。・・・オンコの実

Img_1683

今一番咲いているジャパニーズアネモネ。
オランダアネモネを訂正いたします。
Img_1686

種がこぼれてあちこちに咲く。
Img_1688

キ ク
Img_1690

お隣から侵入のアケビ。
Img_1677

2020年9月25日 (金)

季節の変わり目に

 不安定な天候に、急に涼しさを超して寒さを感じる季節になりました。
所によってはイチョウの色付きもみられますが、そんなに秋が進んでいるようにも見えないのですが、
いつの間にか、服装は秋の装い。きょうはパソコン塾あり出かけましたので、出かける時になって
服装に困惑しました。薄手のウールのアンサンブルにしましたが、スカートを履きましたら、
足元が寒い。もう、そのような季節になって来たのですねぇ。
これから秋も深まり、紅葉黄葉も美しくなって来るでしょう。楽しみでもあり、又、その後の冬!
雪の心配も頭をよぎりますねぇ。

今年予定の様々な催事が新型コロナ騒動で中止となり特に「町内会・寿会例会」や旅行、
「おしゃべりサロン」が無いので、寂しいのですが昨年、お昼のお弁当持参で皆さんと団らん。
楽しかったことを想い出します。籠り暮らしも長くなりますと飽きてしまいますね。
声も嗄れてしまいます。退屈することはないのですが、どこか・・・変調をきたしますね。

 📷 季節の変わり目に

パソコンでお洒落研究(笑)。

1_20200926040501

昨年持参した弁当。中身は同じものばかりでしたが、
又、皆さんと一緒にたべたいなぁ。
Img_7385
Img_7582_20200926040501
Img_7721
Img_7969

 

2020年9月23日 (水)

秋分の日に

 「秋分の日」の昨日、積丹半島の中ごろにある古平町・禅源寺へお詣りでした。
小樽駅前ターミナルから9時発、神威岬行き乗車。4連休の最後の日とあって結構、神威岬迄の
観光客も乗り合わせました。好天に恵まれ、私も途中下車せずに終点まで行きたかったなぁ~。
少人数でのお彼岸法要でしたが、先ずは今年も無事に参加できました。

行く前の晩の寝不足で、バスに乗りましたら途中居眠りしてしまい、慌てました。
1時間10分くらいで着くのですが、乗り心地、揺れ心地・・・眠りを誘いますねぇ。
小樽市蘭島から短いトンネルをくぐると余市町。フゴッペ海岸でサーフィン・グループが
波乗りしていました。写真に撮ったのですが人影が見えない。この頃、つくづく写真の写し方、
研究しなくてはと・・・お恥ずかしい写真を載せています。私は、コンデジ又はスマホ。
みなさん、本当に立派なカメラお持ちです。羨ましい~!

 📷 9/23(水)

 

余市町・フゴッペ海岸

Img_1648

古平町・禅源寺本堂
Img_1650

お寺の壁面に飾られている油絵の五百羅漢。
Img_1651

小樽郵便局の花壇。
Img_1639
*ふきのとう様へのコメントで、公設墓地とありますが、市設共同墓地と訂正させていただきます。

  

 

2020年9月21日 (月)

気ままな祝日

 きょうは爽やかな祝日でしたねぇ。午後少し雨も降りましたけれど、歩きには丁度良い。
午前中は行きつけの美容院でカット&ブロー。9月15日から21日迄、高齢者に無料となっている
市の施設・・・文学館、美術館、博物館・・・回りました。博物館は運河近くの「運河館」へ。
お昼は良く行く「好(はお)」で、ひとり健康で今迄生きてきたことに感謝(笑)。

友達を誘おうかなぁ、妹に連絡しようかなぁと思ったけれど、それぞれ予定もあるだろうし、
まぁ、ひとりでのんびりしよう。元気なうちだよね。と、独り言。(笑)。

 📷 9/21(月) 楽しかった祝日!

小樽運河、観光の方々も賑やかでした。
やはり、いいですねぇ。ひと時新型コロナも忘れてね。

Img_1612
浅草橋の上で。蔦の葉も少し色付きましたね。
Img_1619
今迄、ひとりも見なかったこともありましたが、
きょうは、運河遊覧船の乗客が大勢待っています。見えるかしら・・・。
Img_1623
いつも行く中華料理の「好(はお)」。
自分で主菜を選ぶのですが迷って、美味しいのはどれでしょうと、聞いてしまいました。
美味しかったですよ!!
Img_1628
旧手宮線跡。美術館、文学館の傍。旧日本銀行小樽支店、小樽郵便局、小樽運河に近いし
今も通っていたらどんなにか便利だったでしょうね。
Img_1643

 

2020年9月20日 (日)

海を眺めながら・・・

 午後から最寄りの商業施設へ買い物で出かけましたが、人出の多いのに驚きました。まぁ、私も
その中のひとりでしたが。マスクをしていなかったら普通の休日と同じでしょうね。
近くの市場も混み合っていました。ここで買うものはいつも決まっているし、お店も魚屋さんと
野菜・果物。リュックサック持参せず後悔。メモした全部を買えなかったけれど、明日近くの
スーパーで買おうか!・・・ヨッコラショとばかり持ち替えながら坂道を上って帰宅。

途中休み休み、坂道の傍に咲く野の花を観ながら・・・この20年程ですっかり草木も変わりました。
坂道でひと休みの時、日陰を作ってくれた白樺並木、いちい、桑の大木、可愛い実をつけた
マユミ、いちいの林から聞こえたせせらぎ・・・。立派な住宅地に替わりました。
地域としては今は、小樽築港駅前発の高速札樽道へ乗り入れるバスもありますから、札幌中心街迄
45分。便利になりました。
浜に近く、山に近く、まぁ、もう少し?40年も若かったら新しい家を建てたかったなぁ (笑)。

 📷 9/20(日) 小樽マリーナ

整列しているヨット

Img_1588
小樽マリーナ傍にあった「石原裕次郎記念館」は無くなった。
Img_1581
休日でヨットの帆走も。
Img_1577
これは、春の楽しみ「ウド」です。
Img_1601
似たような花がいろいろ咲いていますが、これは何でしょう?
Img_1598
コルチカム、2日経ったら開花。春には青い葉が出て、
枯れると秋にはこの花が咲く。
Img_1608

 

2020年9月18日 (金)

雨あがり

 昨夜の天気予報で、きょうは午後から晴れる予報だったから買い物の支度をしていたが、
気が晴れぬ。
裏の雑草園に出てみると、植物は生き生きしている!雑草もまぁ~酷い!

お彼岸に妹へ「菊が咲いたら持っていくから」と連絡していたけれど・・・思うようには
咲いて来ないのでガッカリ。もっと秋深くに咲く菊だったのかな?
この春、秋用にと苗を入れたのだけれどね。このところ気温も低い日もあったから仕方がない。
後々、咲いたら持参するからとLINE。オレンジ色の綺麗な菊なのよ~!
冷蔵庫を覗いたら、何とか食べる物はあるし、まぁ、いいか。

ということで、午後の外出は取りやめ。誰と約束した訳でもないけれど、ちょっと寂しい。

 📷 9/18(金) 我が家の雑草園の中から。

ニラの花・・・種が出来てこぼれると増えるわね!

Img_1569
雨の後、コルチカムは大きくなるのが早い。この位が綺麗だと思う。
Img_1566
マイヅルソウの赤い実。
Img_1568
先日、我が家の仏さんへと切り花にして、その後、なかなか咲かずに。
妹のところへ持参しようと待っているのですがね。
Img_1572
オレンジ色の綺麗な菊が咲く予定(笑)。
Img_1573

 

 

2020年9月16日 (水)

恐縮でございます。

 きょうは新しい首相が決まりましたねぇ。皆様、私よりもお若い!頑張って下さるでしょう。
つくづく、自分の年齢を思い知らされました。


そんなことを考えていましたら、町内会から一足早く長生きしてお祝いいただきました。
老舗の菓子舗からの贈り物。例年、75歳・77歳・80歳・85歳・88歳・90歳以上の
年齢に達しますとお祝いの会を催していただいていましたが、今年は新型コロナ騒動で中止。
お菓子を配ったのですが、小樽は道内でも65歳以上は41パーセントと高いのですから、
町内会でも相当な人数だったことでしょう。係の方達、お忙しかったでしょうね。
誠に恐縮しております。「祝 敬老」となっていまして、尚、恐縮。ありがとうございました。

 📷 9/16(水) 

祝って下さった贈り物。

Img_1545
美味しいお菓子をいただき恐縮です。
Img_1550
最寄りの小学校グランド傍に「リンゴサンナシ」・・・子供の頃食べたけれど。
Img_1538
草むらに咲いていたけれど、紫色が綺麗に撮れなかった。
Img_1540
ポツポツと、コルチカム頭をもたげる。
Img_1543

 

2020年9月14日 (月)

秋の夜長に

 きょうは、気忙しい一日でしたね。これから世の中どのようになって行くのでしょう。
しっかりとした考えをを養わなければと思います。

しばらく音沙汰ナシの友人ヘハガキを出しているのですが、私の年代では電話が通じなければ
ハガキか手紙出しています。元気なら良いのですが、ご主人やその他ご家族からの連絡で一喜一憂、
もう、みんな高齢者ですものね。仕方がないと思います。

片付けで面倒なのは、書類整理。もう必要ないと思ったものは、「捨てるに2年待つ」なんて
大きくマジックペンで書いてダンボールへ納める。
本当に必要なものはファイルに。後はごちゃごちゃ・・・細かくして燃えるゴミ出しに。
なかなか難しいものです。

秋の夜長に読む本を重ねて・・・まぁ、生きてる間に読みましょうと、読みだすと寝る間もナシ。

 📷 9/14(月) 友達へのハガキ、ワードで作成

ダリアを入れて。

Dariya

windows 10 にしてから、少し手間取ったけれど先ずは1枚。
Photo_20200915100901

写真の淵をぼかして作成してみた。
Photo_20200914233602

 

2020年9月13日 (日)

9月も半ば

 今年も9月半ば・・・早いですねぇ。きょうは雨模様で日暮れも早く感じました。
気温も低い。今夜はストーブに火を入れましたよ。寒いですね~!
今から灯油を・・・これからが心配です。

きようは、友達ヘハガキを出しに600m往復しただけ。家にいますと、することが多くて
気分転換にご近所散策。地域は住宅街なので、家の周りにはいろいろな草木が多く、
ちょっと失礼してパシャリ!我が家の雑草園とは雲泥の差。

ただ、ご立派な住宅、お家回りのお手入れが雑草だらけですと、どうしたのかと気になりますね。
近くでも、訪ねてお聞きする訳にもいかないし・・・こんな時、煩いイナカもいいのかな?と、
ふと思いますね。・・・小樽、イナカだべさ!と言われることもありますけれどね。
最近は、変わっていますよ。

 📷 9/13(日) ハガキを投函に出たついでのパシャリ。

栗が大きくなっている。小樽が北限と言います。

Dscn4095
ハギ
Dscn4100
ビールに使うホップ。このまま枯らしてしまうようです。
もったいないなぁ~。
Img_1511
綺麗な紫色なのですが、なかなか撮れない。
Img_1531

2020年9月12日 (土)

「花手水」秋の彩

 どんよりした空模様、今朝は異常に気温低くなり16℃。これから追々に秋も深まるのでしょう。
8月24日で終わってしまったと気落ちしていた住吉神社の「花手水」、9月も10月も各月1回
観られると言うので、早速視て来ました。

9月は11日(金)~9月22日(火)迄。
10月は9日(金)~10月19日(月)迄。
お彼岸と、ひと月早い七・五・三 にも、開催中に観ることが出来ますね。
神社のお隣がお寺ですから都合いいですね。

ガーベラ、秋の彩をお考え下さったようで、とても綺麗です。
なにかと気ぜわしいこの頃・・・、ひと時、憂さを忘れてスマホで撮って来ました。

 📷 9/12(土)小樽・住吉神社の「花手水」。

ガーベラ

Img_1483
Img_1486
Img_1499
Img_1490
Img_1495
Img_1505

2020年9月10日 (木)

Go To トラベル・・・夢

 今年初めに私の年齢から考えて、ひとり旅は、今年決行しなくては出来なくなると
思っていた矢先、新型コロナ騒動勃発!2月頃から身近な町内会の集まりさえも中止の連続。
未だになんの音沙汰もありません。感染しましたら大変ですもの仕方ありませんね。

道内では道東をぐるっと巡りたい。関東へはフェリーで新潟へ行って考える。又は新千歳空港から
飛んで行ってもいいかなぁ・・・と、いろいろ考えて楽しんでいた。

最近は、Go To トラベル。支援対象となっている様々な案内。あぁ~ため息が出ますね~。
「おひとり歓迎」と出ているけれど、実際に申し込んだら、旅行会社で断られるかもしれないな。
等と不安にもなる。

まぁ~・・・夢のトラベルだなぁ・・・と半分諦める。
8月末に融雪機のメンテネンスあり、見てもらったら、なんと!!一部、部品の取り換え!
見積もって貰って〇万円!   ヒェ~! GoTo トラベル夢と消える!

 📷 9/10(木)

八重咲の秋明菊(シュウメイギク)

Img_1481
夕焼け・・・雲が不思議?
Img_1479

 

2020年9月 9日 (水)

家で自粛生活。

 家で一人暮らしも、私は退屈することはありません。お行儀悪くのんびりしています。
次から次から野暮用に追われますので、水曜日はことのほか、ゆっくりしていることにしています。
どなたか見えたらどうしよう!片付けもなかなか捗らないし困ったものですよ。

だらだらしていてボケが進んでは大変と、きょうは、自分のためにオヤツのクッキー作りました。
一番簡単な作り方ね。4㎝の筒形に作って冷凍します。食べたいときに切って焼きます。
ジャンブルですよね。もう少しカッコイイのにすればいいものを、まぁ、お粗末です。
でも、お紅茶で美味しいですよ。

裏の畑のピーマン大きくなって今朝とってきました。捥いで来たのよね。
今夜、炒めて付け合わせにしよう。お肉もあるし・・・。秋サケの切り身もあるし・・・。
夕方、6時前には陽が沈む。きょうは増毛連峰全く見えず。お天気が好いからなのね。
気温28℃。9月としては暑いです。まぁ~、とりとめもなく。

 📷 9/9(水) 家でのんびり。

オヤツ作り

Img_1477
自分で春に苗を植えたピ-マン。
Img_1475
ダリヤ?ダリア?
Dscn2294
オランダアネモネ
Syuumeigiku2

 

 

 

2020年9月 7日 (月)

回転寿司

 きょうは久し振りに近くの総合商業施設内の回転寿司を食べました。
妹に誘われていて、私は金曜日以外は都合良しと連絡しましたら直ぐに、では月曜日にお店の前で
11時30分待ち合わせ。路線バスを利用しますと家から15分で着きますので助かります。

毎年お盆には、妹宅で子供達夫婦や孫達が集まりますが、泊りの孫達と何か食べに行こうと、事前に
割引食券を購入したのですが、例の新型コレラ騒動で静かだったそうで、使用期限もあるとのこと、
お相伴に与りました。まぁ、お昼時でもありますがよく食べました(笑)。

孫達が学生だった頃、夏冬休みに来ると行きましたけれど、この頃は離れていますし機会も
なくなりました。
市内のお寿司は何処も美味しいですよね。月曜日にも関わらず結構混んでいました。

小樽は、きょうも好いお天気でしたが・・・、台風10号の被害酷いですねぇ。
呑気に、このようなブログ載せていいのかなぁ。ごめんなさい。

 📷 9/7(月) 小樽築港駅界隈で。

小樽港マリーナ

Img_1457
勝納公園から高島・祝津を望む。フェリー停泊中。
Img_1467
Img_1470
小樽築港駅の海岸寄り。マンションが建ち並び市内では1番変化したのでは。
Img_1468
2人で美味しく食べた寿司皿。
Img_1449
わが家のピーマン。1本に10個大きくなっている。明日の料理に使おう。
Img_1471

2020年9月 6日 (日)

小樽は好いお天気ですが・・・

 テレビ画面に映し出される台風10号の荒れ狂う様子、どうか被害を大きくしないで
通り過ぎますように。進路に当たる朝鮮半島にも中国にも一般市民は暮らしているのですよね。
どうかどうか、みなさんご無事でと祈ります。 

9月6日、2年前に北海道・胆振東部地震・・・いきなりの停電。まだ秋の入り口でストーブも
必要なかったからまだ幸いだったものの、寒い時季でしたらどうだったでしょう。
過ぎたことはすぐ忘れるから、続いた停電期間はどうして過ごしたか・・・。
早寝早起きはしました。夜空の星の綺麗だったこと!あぁ、いつもこんなに輝いているのねぇ。と、
夜中に起きたとき眺めた記憶があります。まだ、復興途中。でも、稲穂の実りにほっと致します。

きょうも小樽は、とても好いお天気。居間から海を観ますと増毛連峰もはっきり見える日でした。
連峰がはっきり見えると荒れてくると言いますから心配です。

 📷 9/6(日) きょうの海

石狩湾、増毛連峰はっきり見えます。

Img_1441

ぽつんとヨット。
Img_1443

踏み台から双眼鏡で覗きますと石狩新港の方も、風車も見えます
今時季は良いけれど、冬を思うと(涙)。
Img_1445

キンミズヒキ
Dscn8874

 

2020年9月 5日 (土)

台風10号

 台風10号、心配ですねぇ。長崎市に親戚家族がいますから台風の進路みています。
どうか被害の大きくならないように・・・神頼みです。毎年台風は大きくなり被害も酷いですね。

黄昏時に空を仰ぎ見ながら、荒れ狂うう台風を想像しますが・・・、小樽は静かな夕暮れ。
6時2分の日没ですが、今年は夕焼けを観ないですねぇ。
何年か前に、真っ赤な夕焼けに驚いたことがありましたが、その後、見ませんねぇ。

 📷9/5(土) 暮れなずむ秋の夕暮れ

夕暮れは西方を観ますが、我が家の窓からは東方に海が見えますので。

Img_1436

いつも同じ写真ですが・・・。
Img_1434
Img_1433

春に植えた秋咲きの小菊。
Img_1390

擬宝珠(ギボウシ)。この白い花咲くギボウシは一番遅く咲く。
Img_1384

2020年9月 3日 (木)

青い覆い・・・小樽運河

 きょうの気温昼間31.2℃。そんなに暑くなるとは思わずに出掛けましたら暑くて草臥れました。
食改善会長宅は隣町で歩いても近くなのですが、きょうは、明日も出かける予定あり路線バスで。
望洋台は、今、街路樹がとても綺麗です。用事を済ませて引き返し戻って来るバスで、
小樽駅近く迄。ここでも用事を済ませて最近、外装の綺麗になった市立小樽美術館で
観たいと思っていた故・白江正夫画伯の水彩画を拝見しました。
いつもパソコン塾で利用する小樽市勤労女性センターにも先生の水彩画ございます。

ここまで来たからには近くの小樽運河も散策とテクテク足を延ばしましたが、小人数の修学旅行生?
珍しくベンチで休んでいました。ひと頃の賑わいはありませんが、ぼつぼつ散策の方も。
残念なのはこの時季に、倉庫は青い覆い。カトリック小樽教会富岡聖堂も外装工事で、
覆われているのですねぇ。工事が終わりましたら立派に綺麗になることでしょう。

台風10号はどうなるでしょうか。被害で青いシートで覆われることのないように願いたいですね。

 📷 9/3(木)

小樽運河・青いシートで覆われている倉庫。浅草橋で。

Img_1367_20200903150801

少ないけれど散策を楽しむ人も。
Img_1370

中央橋からの小樽運河。
Img_1371

小樽市望洋台・こうろぎ公園前停留所で。並木はナナカマド。
Img_1360

住宅の傍にリンゴの木。望洋台で。
Img_1362

 

 

2020年9月 1日 (火)

尺貫法

 9月になりましたねぇ。閏年は台風が多いと言いますから心配です。
きょうは台風10号発生したそうで、日本列島横断するとか・・・驚かさないでよね~!
新型コロナ騒動もままならずのうちに、今度は、大事な舵取りは何方に決まるのか。私が
気をもんでもどうにも
なりませんが、気になります。明るい話題の9月になりますように。

2日間続いた異常な肌寒さ、きょうは少し暖かでしたね。
食改善へ提出の栄養計算、久し振りにしていました。
若かった頃、この計算ばかりの仕事でしたが、今でもうんざりします。食べ物は、美味しけりゃいい、
うまいものを作れと、一方では言われましたしね。ホントはそうなのですけれど、気を付けなければ
病を招き、メタボにもなりますしね。分かっているけど面倒です。

仕事に就いたころ今から60何年か前ですが、仕入先の納品伝票はみんな1貫目何百何匁と
記入してきますから
それをkgに書き直して書類を作るのですよね。
栄養計算もソロバンで。まぁ、想い出しても大変でした。

終戦後、色々な過程を過ごしてきて、長さの単位は今も「尺」を使うところあり着物の寸法などには
迷いませんよ。

高齢になって、いろいろ覚えていて良かったなぁと思うときもありますね。
電卓を使っても、栄養計算は本当に嫌いです(笑)。

 📷 9/1(火)

 

石狩湾を挟んで増毛連峰がはっきり見える。
昨日、我が家から写したのですが、又荒れ模様になるのでしょうか。

Img_1340

尺貫法を想い出しながらの栄養計算。
読むにはとても面白いですよ。
Img_1352

このお花は、ヨメナかな?アズマ菊かな?我が家の雑草園から
Img_1349
HP 「四季折々に」もご覧いただけましたら幸いでございます。

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »