« 春の装い | トップページ | おしゃべり会 »

2019年3月11日 (月)

さすがに坂の街

 あれから8年。きょうは東日本大震災のあった日ですね。
この時季になりますと、いつ起こるか判らない地震の怖さを思います。
犠牲になられた方々のご冥福を心から祈ります。

 幼い時からの友人が具合が悪いというので、お見舞いに行きました。
前回会った時には元気だと言っていたのですが、どうしたことでしょう。
入院している訳ではないのですが、心配になって行ってみました。

彼女の家は富岡ニュータウン。
市内にはこの40年ばかりの間に望洋台、祝津・かもめヶ丘、富岡ニュータウンなど拓けましたが・・・
どこも、とにかく高い?山の上にありますよね。

小樽駅の裏側・・・高い山の上にありますから、駅前からハイヤーで行くので億劫でなかなか行かないでおりましたが、
思い切って、船見坂を上って行ってみました。
久しぶりに行きましたが新しい家が、素敵な家が並んでいます。
小樽港を望む位置に建っている家なら、見晴が素晴らしいでしょうねぇ。
富岡ニュータウンに入ってしまいますと、平らで歩きやすいのですが、船見坂は年寄には
地獄坂です。
小樽には商大への坂も地獄坂。他に税務署のあった坂も地獄坂。
手宮公園への坂も地獄坂ですが「励ましの坂」と言うようです。

友人は思いの外、元気でしたので安心しましたが、買い物は最近「とどっく」へ頼むらしい。
近くの商店へ出かけるのに「ゆるくない」そうで、私は、取りあえず必要なものを聞いて
リュックを背負って坂道を上ったけれど、私だって同じ年齢の年寄!(笑)。
暖かくなったら元気が出るよ!と、おいとましたけれど、一人暮らしで寂しくなったのでしょうね。
極めて庶民的な彼女には向かないニュータウンの暮らしかなぁ。又その内行ってみようと思って帰りました。
船見坂・・・下がるのも大変よ~!

  3/11(月) 船見坂

                  小樽駅前から国道5号線沿いに余市・積丹へ方面へ進む。直ぐの坂道。

Img_4368

                上って途中で振り返る。

Img_4373

                小樽には、この様な石積みの上に建つ家を良く見かける。

Img_4376

                富岡ニュータウンからの眺望。

Img_4381

Img_4383

                小樽港の左側。写真中ほどに、廃校の市立色内小学校が見える。

Img_4385

                今は雪で隠れているけれど長い階段。それでも足跡が!

Img_4391

                帰りに見る船見坂。

Img_4394

                我が家の近くの勾配標識。16%。坂道には慣れているけれどね。

Img_4407

                私もツルハシで氷割り!

Yukiwari

« 春の装い | トップページ | おしゃべり会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ki ki さん こんばんは。
梅の花、綺麗でしょうねぇ。こちらは朝方雪がチラついて道路が白くなっていました。
まだ3月ですから、これからまだ心配ですよ。
ストレッチ講座、良かったですね。お出かけして楽しむのは健康に良さそうですよ。
友人は出かけるのが嫌いですから、家の中であれこれ思い悩む人で困ってしまいます。
「もう、のんびりと自分が楽しむことにしたらいいよ」と、私なんか無責任なことを言って来ますが、
真面目な人なのでしょうね。人生、真面目に暮らすことは悪いことではありませんから・・・、でもね。
きょうの気温昼間は4℃。朝方はまだ、マイナスが付きます。
ki ki さん、お元気でお過ごし下さいね。

小樽は本当に坂が多いんですね。
だから海の景色も見えるわけですね。
お友達 御元気で安心しましたね。
hiroさんの行動にいつも前向きの姿勢で感心してます。
家々を見ますと、雪がところどころに残っていますね。
こちらで雨の時はもしかして雪なのかも・

もう1回で6ヵ月してました地域のストレッチ体操が終わります。
自分ながらよく続いたと思っているんですよ。

今 こちらは梅の花が満開できれいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の装い | トップページ | おしゃべり会 »