« 家族 | トップページ | 悲喜こもごも・・・ »

2019年1月12日 (土)

雪の坂道

 昨日11日(金)から私もお正月気分から抜けて、元の暮らしに戻りました。
この様に書き込みしますと大袈裟ですが、パソコン塾も始まり、道新の小梅太郎さんのブログに関するお話「小樽の魅力発見講座」も、月1回(1月から3月)ですがお聞きすることにしています。

きょうは第一回目で、10時から12時まで。
東京のお勤めの後、出身地の小樽へ戻られて、こよなく小樽を愛し、
毎日、小樽の街を、あれこれブログへ載せていらっしゃいます。
小梅太郎というお名前はブログ上のネームでしょう。このお名前からして、きっと小柄な初老の方かと
想像していましたが、なんと!お若い!なかなかの好男子!
出席確認の後、講師自己紹介、小樽の坂について写真を見ながらのお話でした。
坂を上る・・・、又、向こう景色に坂が見える、小樽はそうですね!

上るか下るか・・・、私も改めて坂の街を認識しました。
坂に名前があり、又、名も無い坂もあります。励ましの坂、地獄坂、赤坂・・・。
坂の名前も随分あるものです。
雪の多い小樽にしては、細い階段(石段)もあって、上ったならばどこへ出るのだろう、又、
その反対も・・・。
春になりましたら、行って観たいという所が出来て楽しみです。

帰り道、私も身近にある坂道を撮って見ました。
雪の坂道ですが、近く小中学校の3学期が始まりますので、昨夜は多分夜のうちに除雪作業をしたのでしょう・・・。
路肩に高く積み上げられていた雪が、きょうは綺麗に歩きやすくなっていて驚きました。

 camera 1/12(土)雪の坂道

                  左端に海が見えるでしょう。

Img_3721

Img_3719

                  横道へ入ると道路傍は雪山。でも今年は少ない。

Img_3716

                  除雪されて歩きやすくなった桜中学校通り。                  

Img_3712

                上ると左側・道営住宅への道路はロードヒーテング。

Img_3709

                  桜ロータリー付近。

                  望洋台・朝里川温泉・熊碓神社、中学校通り、何所へ行くにも坂道。

Img_3708

                昨日迄、山になってあった雪が、除雪されました。

Img_3674

* HP「四季折々に」  http://shaga.a.la9.jp/

 

 

« 家族 | トップページ | 悲喜こもごも・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hiroさん、こんばんは。小梅太郎です。
講座を受講していだだき、どうもありがとうございます!!
コメントを頂いた際に、ブログのリンクがあったので、お邪魔させていただきました。
hiroさんもブログを書かれているのですね!!
坂の話はどうだったでしょうか。楽しんでもらえたなら嬉しいです。
hiroさんの周りも、やっぱり坂ばかりなんですね(笑)
次回もまた、よろしくお願いいたします!

 小梅太郎様 こんにちは。
お忙しいのにコメント誠に恐縮でございます。
ありがとうございます。
なにせ路線バスの非常に少なかった時代を知っていますから、
良く歩きました。今もここを通ったならばどこへ出るかなんて思いながら
歩いています。今のところは足の丈夫な「ばぁさん」です。
「小樽の坂道」の講座を受講して、早く春にならないかと待っていますが、
まだ、1月14日!!これから春まで長いですねぇ。
テキストに載っている坂道は、殆ど判ります。通っています。
「赤坂」の名前は初めて知りました。
家の近くは坂道で、家の前も坂ですが、家の居間から海が見えるので
我慢して暮らして居ます。
この次は「踏切」のお話ですね。楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族 | トップページ | 悲喜こもごも・・・ »