« 手紙を出しに | トップページ | 秋も深まって »

2018年10月17日 (水)

札幌へ

 今朝は、全道的に11月上旬並みの寒さとなった。
短い秋も、もう終わったのか・・・。バス停へ向かう途中、樹木の雪囲いをしている家があり、
あぁ~~!もう冬支度か…とため息が出た。

昨日は、古平町の禅源寺で11時から「釈尊成道会」あり、娘と行った。
余市町→古平町へのバス中から見える景色は紅葉もまだこれからというのに、
石北峠では雪が積もったと新聞に載っていた。羊蹄山も冠雪とのこと。

 きょうは札幌へ。北海道近代美術館で開催中の「極と匠・京のかがやき」を拝見した。
「京都国立近代美術館名品展」で、胆振の地震で会期が変更になり、9月29日(土)から
11月14日(水)の間に、作品は前期と後期に分かれて展示される。
きょう拝見したのは前期展示の作品。大きく分けて日本画、工芸となっていますが、
さらに細かく分類されている。
画集でしか見たことの無い本物を拝見。へたな感想など書かないことに。

明治40年代、大正3年代に描かれた「上村松園の花のにぎわい、舞支度」、
明治41年「土田麦僊の罰」、子供の目の表情が面白いと思った。
工芸で「そっくり」項目あり「明珍の蛇自在置物・江戸~明治時代」同じく「明珍の手長海老」。
いずれも「「鉄」ながら、蛇などは柔らかなくねりで、今にも動きそうな表現・・・驚いて見入った。
染織、金工、陶芸、漆芸、木工・・・素晴らしい作品。ゆっくり感銘を受けながら鑑賞できた。
民放・STV創立60周年記念、北海道新聞へ応募して招待券を頂いた。感謝です。

 camera 10/17(水) 美術館内は撮影出来ないので、近くの知事公邸を写してきた。

                北海道近代美術館

Dscn8951

                バス通りに見える「極と匠」の説明板。

Dscn8952

                北海道知事公邸

Dscn8955

Dscn8958

                知事公邸裏側広場。

Dscn8954

                知事公邸の周りには樹木の説明があり、アンズの木は初めて見た。

Dscn8956

                アンズの葉っぱは、松に似ているのねぇ!

7

*******************************************************************************

                10/16(水) 古平への途中、余市栄町付近から。バス車窓から。 

Img_2817

                小樽へ帰ってからニュー三幸での昼食。一人分1,300円。

Img_2826
* 「極と匠」・・・きわみ と たくみ

« 手紙を出しに | トップページ | 秋も深まって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙を出しに | トップページ | 秋も深まって »