« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

つれづれに・・・

 タイトルの言葉が思い浮かばないと「つれづれに」。
きょうも、昨日ほどではありませんが暑い一日でした。

近くの郵便局までと思っても、暑くて歩く気も無くて、同じバス券でならと、つい街まで出かけます。
ついでに、あれもこれもと用事を済ませてお昼頃には帰宅します。

昨日まで賑やかだった「おたる潮まつり」、今朝はもう、すっかり後片付けも終わっていました。
小樽運河近くの小樽郵便局へ行き、運河も覗いて来ました。
運河の傍に、又、ホテルが建築されているようで、様変わりしています。
年内には、高速道路も余市まで延伸されますし、新幹線の鉄路工事も進められているようです。
2030年には、小樽市天神町に新小樽駅が出来て東京から札幌駅までは5時間と謳われて
います。
はぁ~~?わたしゃ後12年経ったら95歳、生きているかなぁ(笑)。
いろいろ考えると可笑しくてひとり笑いしています。

まぁ、長生きして来て一番感じるのは、交通の便利になったこと。
昭和30年頃は小樽駅から札幌駅まで1時間5分はかかりました。
今は、この時間内で新千歳空港駅まで行きますね。
札樽バイパスも極めて便利になり、人口が減っているにしては、どんどんと、新住宅も増えています。

小樽運河界隈も変わりましたし、かってはウオール街と言われた地域も、銀行の建物はそのままですが、
変身しています。
これからの小樽はどうなるのでしょうか?おりしも8月末は市長選挙。
4人の市長立候補予定と言いますから、しっかり考えて投票します。
市議会議員も変わらなければ、誰が市長になってもおんなじ!と言う人もいます。
ほんとに!どうなるのでしょう。

  7/30(月)  小樽運河界隈。

                午前10時30分頃、浅草橋の温度計が29.4℃。

Dscn8733

                夏空の小樽運河。

Dscn8737

                北運河を観光ボートが行く。

Dscn8742

Dscn8743


               義妹から貰った花苗が育ちました。名前を聞くのを忘れたワ
                         
   (ジャコウアオイ)と遠音さんが教えて下さいました。感謝です。8/1

Dscn8746

2018年7月29日 (日)

急に暑くなりました!

 低温で気になる日々が続きましたが、急に夏らしくなりました。
きょうの気温33℃。27日(金)から「第52回おたる潮まつり」が29日(日)迄でしたので、
晴れていて本当に良かったと思いますが、暑くて大変でしたでしょう。

今回は都合で「潮まつり」を覗き見ることも出来ませんでしたが、まぁ、来年はゆっくりと
楽しみたいと思いますから、来年のお天気もどうか晴れでありますようにと祈っています(笑)。
パソコン桟敷、You Tobe で観ておりました。踊る人も観る人も暑くて大変でしたね。
でも、夏まつりですもの!暑くて幸いでした。
小樽で「潮まつり」の最中に、西日本で12号颱風の被害が放映されていました。
つくづく、小樽は自然災害の少ない所と思いました。

昼間、家で過ごしておりますと涼しい風が通り抜けて、ベランダを通して海が見えます。
お天気の続く日は、遠くの増毛連峰は霞んでいるのか見えません。
時々、ヨットの帆走、はっきり分別が付きませんが船の往来を眺めています。
夏は夏らしく、暑くても小樽の気温は知れたもの!8月ももうすぐ!
やはり夏はいいですねぇ。

  7/29(日) つれづれに・・・

Dscn8729_2

Dscn5693

Dscn5722

Dscn5752

2018年7月25日 (水)

食改善見学会&親睦会

 久しぶりに夏日となり、きょうは食改善の年一度の見学会。今年は隣町余市町の
「余市ワイナリー」へバス旅行でした。40人近くの見学希望者、懇親会もかねていましたので、
楽しく過ごしました。
ワイナリーは、葡萄収穫時期迄、生産作業はお休みですが、ワインは静かに熟成中。
地元の葡萄、製造も余市の「余市ワイン」、小樽にも「小樽ワイン」があり、どちらも好きです(笑)。

昼食を赤井川「Hopi Hills」で。若い人と同じく食べましたが、初めての経験メニユー。
目を白黒して食べました(笑)。サンドゥイッチにも色々あるもので良い経験でした。

余市町、仁木町、赤井川村を訪問しましたが、秋の豊かな実りを期待されます。
小樽に近い町村、何時行っても豊かさを感じる所で好きな町村です。

  7/25(水) 見学バス旅行。

                余市ワイナリー

Dscn8710

                見学コースから。               

Dscn8712

                ワイナリー前の広場

Dscn8714

                すぐ近くに稲が秋の実りを待っています。

Dscn8717

                余市町のシンボル、シリパ岬がみえました。

Dscn8718

                こちらは寄り道した赤井川村「道の駅」の裏。気温30℃に子供達は水遊び。

Dscn8721

                昼食に寄った「Hopi Hills」。

Hopi1

                ボリュームあるサンドゥイッチ!他にもいろいろありますよ。

Hopi2

 

Hopi3

                暑さを避けて、お馬ちゃん休養中。

Hopi4

2018年7月24日 (火)

赤いフサスグリ

 昨日は埼玉・熊谷市で41.1℃の猛暑気温を記録、驚いています。
小樽は長いこと低温続きで、それでもきょうは23℃。日蔭の部屋に居ますと寒い位です。
昨日は日中でも19℃で、このまま7月も終わってしまうのかなぁと心配です。

低温続きですから、畑の物はさっぱり大きく成りません。
孫達が幼い頃夏になると楽しみにしていた「アカフサスグリ」も、この頃ようやく色付きました。
採って来て焼酎に漬けようか・・・、シロップにするか・・・、眺めているところです。

大人だって「おやつ」を食べたい。「牛乳かん」を作り冷蔵庫で冷やしています。
夕食後にデザートとにしましょう。

今朝は早起き(4時起床)して、先日の草刈や桜の枝の始末をし、2階の物置から不用品を
下の物置に移し、涼しいので片付けをしました。
自分で出来るだけの事はして置かなければと、妙に気がせきます。
いよいよお迎えが来るかなぁと、フト思ったりして・・・。


来月はお盆、つかの間の夏も気忙しく過ごしています。
明日は食改善の方々と、余市ワイナリーへ行って来ます。
一緒に行く友達が、飲み過ぎに気を付けてとメール(笑)。

 7/24(火)

               アカフサスグリ。枝を切って挿して置くと増えますね。

Husasuguri1


 

                まだ、熟していないのですが採りました。

Husasuguri2

                牛乳かん。ミカンの小缶詰やキウイでも飾って一緒に食べようかなぁ。

Kanten

2018年7月22日 (日)

久し振りの明るいニュース

 午前中は雲低くたなびき、やがて小雨。午後になってようやく日が少し射しはじめました。
気温20℃。何という夏でしょう。猛暑で連日悲しい事件も起きているところもありますのに・・・・・。

 お天気が思わしくなくて、海水浴もままならぬ小樽に、久しぶりに明るいニュースが流れました。
高校野球南北海道大会決勝大会が札幌円山球場できょう(7/22)午後1時から、苫小牧支部の駒沢苫小牧高校と小樽支部の北照高校の試合で小樽北照高校が優勝しました。
5年振りの優勝、第100回全国大会(甲子園)へ出場が決まりました。
強豪・駒沢苫小牧高校も頑張って決勝まで漕ぎ着けましたね。
若い監督さんの元、これからも更に強くなることでしょう。
どちらも勝たせたかったチームでした。

お相撲も関脇御嶽海が初優勝決まりましたねぇ。
きょう午後は、どっぷりテレビに釘付け。

小樽は、7月27日(金)~29日(日)まで、第52回「おたる潮まつり」。
少し気温も上がって、暑い!夏になって欲しいものです。

  7/22(日)

                高校野球南北海道大会・・・札幌円山球場・テレビ映像から。

Img_2330_2

                 喜びの北照高校チーム。おめでとう!
Img_2328

                雨模様のお天気には、紫陽花がいいですねぇ。

Azisai1

Azisai2

Azisai3

Azisai4

Azisai5

Azisai6

                艶やかな紫陽花と並んで、少し控えめな「蝦夷がくあじさい」。

Azisai7

2018年7月21日 (土)

お見舞い・・・

 連日の猛暑にお見舞い申し上げます。
豪雨に続く暑さ、報道を知るたびに心が痛みます。又、颱風が近づいているのですが、
どうか被害の出ませぬようにと祈るしかありません。

 小樽は2日程、28℃近くになり、昨日は土用丑の日で暑いと汗を拭う人もおりましたが、
38℃を越す東西日本の方々は、どんなにか暑いのか・・・想像しておりました。

 木曜日、金曜日と少し気忙しく過ごしましたが、車で郊外へ、帰りは電車で・・・いつも
海を見ながらの移動に気に入った所をでパチリしました。
小樽市内は月末「潮まつり」開催されますので、その準備に、幟や提灯の飾りつけが始まっています。
雨にならないようにと願っているところです。

7月に入って、雨模様の日が続きましたので、これからは少しでも晴れて、気温も夏並みに・・・なりますように。
今の気温22℃、濃霧で涼しい小樽です

  7/19~7/20

                小樽市張碓(はりうす)。高台にある喫茶店から。恵比寿岩

Ebisuiwa

                午後5時過ぎ・・・遠くにフェリーが見える。新潟か?敦賀か?へ。
                函館本線朝里駅付近で車窓から。

Hueri

                朝、驚くような朝焼け。急いでカメラのシャッター。
                増毛の山々もくっきりと!我が家の窓から。

Asayake

2018年7月17日 (火)

オオウバユリ

 明日から気温が上がるらしいのですが、きょうの小樽は20℃。朝方は16℃。
このまま夏は過ぎてしまうのかしら・・・と心配です。
時には狭く、時には広い日本の国土、天候の違いも酷いものです。
自然のなせる業と一言では片付きませんねぇ。
豪雨、酷暑、熱中症・・・、まだ7月、颱風だってこれからも・・・。
どうか早く、落ち着きますようにと、只々願って居るだけです。

歩き道に「オオウバユリ」が咲いていました。背の高い「イタドリ」の間にも沢山咲いています。
「ヒメジョオン」は、手折って花瓶に入れています。「ヨツバヒヨドリ」も見かけるようになりました。
自分で植えたものは成育が悪く、手入れが悪いのか。まぁ、今のところは悪天候のせいにしています。

  7/17(火)

                オオウバユリ

Img_2259


Img_2268

                ヒメジョオン

Img_2126

                チシマアザミ(エゾアザミ)

Img_2146







 

2018年7月15日 (日)

フェリー・あざれあ

 新日本海フェリー運航の「あざれあ」乗船体験をしました。
「らべんだあ」「あざれあ」が新造船就航Ⅰ周年を迎え、今回、「あざれあ」で記念乗船。
小樽・積丹ディクルーズに参加。
丁度15日は日曜日、16日の「海の日」の前日、雨模様で心配でしたが、午後2時の出航のころは、
曇りながらも雨は止み、波穏やかな乗船体験日和となりました。
500人からの乗船客、楽しいひと時を過ごしました。

  7/15(日) フェリー・あざれあ

               パンフレットと乗船券

Dscn8700

          「別れのテープ」を経験しましたが、テープが舞い上がって来て!

Azarea

               濃霧に霞む天狗山を望む。

Azarea_5

               船上からフェリー近くの街並み。

Azarea_8

               船上で・・・。

Azarea_9

               赤白灯台、いつもは並んで見えるのですが、離れていることを確認((笑))。

Azarea_12

               中心辺り、赤い勝納大橋。

Azarea_14

               赤白灯台を通り抜け中。

Azarea_18


               小樽市祝津・・・水族館やホテル展望台のある辺り。

Azarea_23

               ホテル、日和山灯台、鰊御殿。ヨットも帆走中。

Azarea_26

               オタモイの窓岩と思われる。・・・右側。

Azarea_27

          船内の売店。

Azarea_33

               ゴム風船オジサンの手元を見つめる子供達。何が出来上がるかな??              

Azarea_34

               ピアノ弾き語りライブも。

Azarea_44


          勝納埠頭(かつないふとう)のフェリーターミナル。あっという間の3時間でした。

Azarea_40


 * 「あざれあ」・・・新日本海フェリー

全長:197.5m  
総トン数:14.125t
航海速力:25ノット
旅客定員:600名
車両掲載台数:トラック・150台。乗用車・22台

新潟、敦賀間運航。
スタッフの方々、ありがとうございました。

2018年7月11日 (水)

東京フィルハーモニー交響楽団・・・近くの中学校で

 7月11日(水)午後1時半から小樽市立桜町中学校でオーケストラ公演がありました。
これは、平成30年度文化芸術による子供の育成事業として巡回公演、文化庁の催事です。

今回は7月9日から道内5カ所の小・中学校で演奏をいたしますが、既に、豊富町立豊富小学校(9日)、
増毛町立増毛小学校(10日)、小樽市立桜町中学校(11日)その後、札幌市立資生館小学校(12日)、
札幌市立あいのさと西小学校(13日)と団員の方々も本当にお疲れでございましょう。

中学校での演奏は小樽市の中学校一校で、幸いにも近くに住まいしているものですから、町内一般参加者として
お聞きする機会を得ました。
身近に、それも寛いで東京フィルの演奏を聴くことが出来、解説も解りやすく大変有意義なひと時でした。

円光寺 雅彦氏の指揮、今回演奏の団員は80名。
ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲より「スイス軍の行進」
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番・・・他。
オーケストラの楽器紹介、生徒の指揮者経験等など、興味深く拝聴いたしました。

終戦後、私の中学校時代も、名立たる演奏家の学校公演を思い出しておりました。
きっと生徒達の脳裏にも、良い思い出を残して下さったことでしょう。
年間約60万人の方々が演奏を聴いているとのことです。

*  東京フィルハーモニー交響楽団・・・
 1911年(明治44年)創立の日本一長い歴史を持ち、団員約130名。

  演奏の前に・・・小樽市立桜町中学校体育館で。

M



 

2018年7月10日 (火)

サクランボ山へ

 この一週間は暗いニュースが続きましたねぇ。
北海道でも石狩川や雨竜川の氾濫で被害が出て心配でしたが、西日本の豪雨、
155人もの方々がお亡くなりになり、まだ不明の方も居られて・・・。
自然のなせる業とはいえ、本当にお慰めの言葉もございません。

タイの洞窟へ閉じ込められた13人が無事に救出されたそうで、どんなにか喜んでいるでしょう。
何時までも尾を引く暗いニュースもあり、本当に他人事でなく考えさせられる一週間でした。

 きょうは小樽肢体協会の「野外カメラ教室」の最後で後志管内仁木町の「サクランボ山」へ行って来ました。
24人位でしたか…、大型バスで出掛けました。
途中の余市町もそうですが、仁木町も果樹園や農作物の豊穣な土地柄。
ご苦労も大変なことと思います。
昨年、同じ果樹園農家の「ブドウ狩り」へ出かけたところですが、今回は「サクランボ」。
外国からのお客も大勢でした。
お昼は、この農園内の食事処でみんなで「成吉思汗とおにぎり」を頂きました。
食事しながらのおしゃべりも楽しいですね。幸せなひと時でした。
お世話役のみなさま、ありがとうございました。

  7/10(火) 仁木町「サクランボ山」。

                不安定な天候を心配しましたが、綺麗に色付いたサクランボ。

Dscn8644

Dscn8645

Dscn8648

                観光のために開かれたサクランボ園。

Dscn8649

                白樺とラベンダー、サクランボ山の一角で。

Dscn8658

                秋には見事に実る「ぶどう棚」の下で成吉思汗鍋を。

Dscn8659_edited1

2018年7月 8日 (日)

きょうは浜開きですが・・・

 豪雨に遭った西日本の様子、テレビで視ていますがお慰めの言葉もみつかりません。
近年はこの時季に豪雨の災害が酷く、地球はどうにかなっているのではないかと心配です。
北海道も梅雨が無いと言われていましたが、もう、この頃は変化して来ているのだそうで
毎年毎年の天候が気にかかりますねぇ。

小樽は今朝、久しぶりにお天道様を仰ぎました。きょうは近くの浜開きですが、気温が低く
海へは入れないでしょう。
ひところ浜開きになりますと、男の子も女の子も自転車に乗って坂道を転がるように走って
下って行きましたが、そのような様子は見なくなりました。
東小樽海水浴場、通称「熊碓の浜」ですが、函館本線を渡ることなく遠回りですが道路も立派になりました。
市内にあって一番身近な海水浴場。
短い夏を楽しみ、特に小さなお子様には想い出となる経験をさせたいものです。

家の周りの雑草の繁ったこと!きょうは少し手を入れなければと思いましたが、どうなりますか!
今朝咲いていた残りバラや、ミヤコワスレなど写真に撮りましたが、スルーなさってくださいませ。

  7/8(日) 雨上がりに・・・。

                残りバラ。もう、30年以上は毎年咲いている。

Dscn8636_edited1

                ギボウシ。種類が多く、これも名前があるのでしょうが。

Dscn8637

                ギボウシ(2) 白い花が咲く。

Dscn8638

                ミヤコワスレ。5本のミヤコワスレを土に挿し置いて増えたもの。

Dscn8639

                アルケミラモリス。これも土に挿して増やした。

Dscn8640

2018年7月 4日 (水)

お寺巡り

 相変わらず雨模様の天候でしたが、きょうは「お寺巡り」しました。
小樽仏教鑽迎会主催で、初めて参加しました。

小樽には大小66か所のお寺があるそうで驚きましたが、今年は北海道150年に当りますから、
旧いお寺を巡ってみるのも、この様な機会が無ければ、なかなか訪れることもありませんので、
丁度、行ってみたいお寺もありましたので嬉しく参加しました。

朝9時15分迄に小樽典礼前集合、55名か2台のバスに分乗して9時半出発(少し遅れましたが・・・)。
先ず最初は小樽市奥沢1丁目の「慈恩山 蓮心院 専名寺」。
宗派:真宗三門徒派。
明治25年創設。建物自体は平成26年から新しく10年計画で建立事業中。
広くて近代的なお寺と思いました。住職様のお話も楽しいものでした。

続いて2件目は、「無漏山 不動院」。小樽市奥沢3丁目。
宗派:高野山 真言宗。
明治16年創設。
護摩を焚き、初めての経験でした。お昼はここで頂きました。

最後は、小樽市石山町の「高嶋山 浄応寺」。
宗派:真宗東派。
寛永7年(1630年)創設。歴史あるお寺です。私は、一度訪れてみたいと思って居たお寺です。
小樽駅前の通りを真っ直ぐ元市立色内小学校傍の坂を上り、石山町に差し掛かった所に
建つ旧いお寺です。
まぁ~!小樽にもこのようなお寺があるんだ!素直な感想です。
旧い中国から伝わった絹の衣(僧衣というのでしょうか?)拝見いたしました。
小樽に住んでいても、何にも知らずに暮らして居るものです。
ありがとうございました。

  7/4(水)お寺巡り

                記念写真・・・ぼかしております。

Terameguri11

                不動院で。

Terameguri2

Terameguri21

                浄応寺で。住職のご説明で絹の衣を拝見。

Terameguri3

                美しい緑がかった僧衣でしょうか・・・。

Terameguri31



 

2018年7月 3日 (火)

雨の日

 もう4日、雨が続いています。昨日ときょうは、止むことなく・・・。
昨日は、特に雨脚が強く、新聞には小樽59mmと載っていました。
すごい雨だと思いましたが、200mm~300mmも降ったらどんなことでしょう。

留萌~上川方面は雨竜川や石狩川の一部氾濫で被害が出ているようです。
前線の停滞に因るのだそうですが、田畑の冠水が心配です。
列車の運休、土砂崩れ・・・自然の猛威は計り知れません。

颱風7号も沖縄、九州で猛威を振るっていますから、長崎市に暮らす義弟家族が気になります。
関東は猛暑と言いますし、この頃は確かに異常気象ですね。

サッカー日本代表も、惜しかったですねぇ。
原口、乾両選手の活躍で2点先制していましたのに、ベルギーに勝ち越されました。
いつもは、何所が勝っても負けても気にならないのですが・・・
西野監督が、埼玉で暮らした孫達の卒業した高校の先輩と聞いていましたので、
応援に熱が入りました。
選手のみなさま、立派でした!

タイの少年達13人が洞窟で生存が確認されて、良かったですねぇ。
一日も早く救出されますように。この地も雨だったのですね。

桂 歌丸さん、81歳でしたら私よりもお若いのに・・・。
つい最近までご活躍でしたね。ご冥福を祈ります。

雨の一日・・・。又、雨が止んだら草引きの仕事が待っています。

  7/3(火)

                いわみざわ公園のバラ、無事でしょうか・・・

Dscn8553

                サッカー日本代表、頑張りました。西野監督、ありがとうございました

Kantoku

 

2018年7月 1日 (日)

熊碓神社のお祭り

 きょうは雨のお祭りになりました。Ⅰ週間前から町会役員の方々が、広範囲の町内の
あちらこちらに熊碓神社の幟を立てて歩いておられましたがお疲れだった思います。
昨日の宵祭りは、どうにか雨を免れましたが、きょうは朝から雨。
夕方、雨は止みましたが、どんよりとした空模様でした。

同じ所番地に住んでいますから、覗いて来ましたが、まぁ~、お祭りを楽しみに待っていた人達で賑やかでした。
相変わらずの「綿あめ」をはじめ、食べ物、飲み物の屋台がずらり!何件だったのでしょう。
大人も子供も楽しそうでした。本当にお祭り好きが多い土地柄です。
お天気でしたら、どんなにか良かったことでしょう。
カラオケのコンクールもあるそうで、ご近所の奥様もお出かけでした。
旧い漁師町、自宅車庫で焼き肉、美味しそうな匂いが漂って・・・。
お祭りに親族集まって賑やかに酒盛り、長く同じ土地に暮らしていた人達は羨ましいなぁ~と、この時季思います。

我が家の子供達・・・と言ってももう皆50代ですが、転勤族でしたからお祭りはどのように
思い出すのか・・・。
幼い頃に過ごした町、まだ若かった叔母達と「おたも」を着て楽しかったお祭り、なぜか
非常に懐かしく思い出しておりました。

*HP「四季折々に」 http://shaga.a.la9.jp/

  7/1(日) 熊碓(くまうす)神社のお祭りに・・・。

Img_2104

Img_2110

                花の名前、調べ中。

Dscn8569

 

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »