« 星置・緑地・・・ | トップページ | さいた!さいた!さくらがさいた! »

2018年4月23日 (月)

辛夷の蕾、ふくらむ頃に。

 山々を見渡しますとまだ残雪。ヤマザクラが咲き出す前に、一番に目を引くのが
辛夷(コブシ)ですが、ようやく蕾がふくらんできたようです。
このところ、気温差が激しくて、同じ北海道でも暑い所もあれば、小樽の様に
きょうは日中で12℃、朝方は3℃。未だにストーブは欠かせません。

買い物がてら歩き道に咲く野の花々を探しますが、キクサキイチゲが咲いています。
この地に暮らし始めた30年も前には、スミレもエンレイソウもエゾエンゴサクも沢山
咲いていたのですが、年ごとに少なくなりました。
桑の木も白樺の木も、いつの間にか消えてしまい、今は新しい住宅が建ち並んでいます。
暮らし易い土地ですからシカタガナイ。と、思います。

きょう、黄色の小さな「キバナノアマナ」を見つけました。きっと、長橋なえぼ公園でも
咲いているでしょう。昨年、みつけたので今年も咲いているかどうか・・・。

昨日(22日(日))、古平・禅源寺で夫の一周忌を済ませました。

  4/23(月) 歩き道で

                                   人家の少ない山里で、白い雪の下からの蕗の薹。
                                    キツネやタヌキが通るから、エキノコックスが
                                    心配と言う。がっかり!古平で。

Img_1753

                キバナノアマナ・・・小樽・桜町で。4/23

Img_1786


                辛夷も膨らんで北国の春。5/23・・・小樽・桜町

Img_1783

« 星置・緑地・・・ | トップページ | さいた!さいた!さくらがさいた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星置・緑地・・・ | トップページ | さいた!さいた!さくらがさいた! »