« 冬のてすさび | トップページ | 毎日の事ながら・・・ »

2018年2月 1日 (木)

雪深く・・・

 久しぶりに太陽の暖かさを感じた一日でした。
昨夜は皆既月食で、寒い中をじっと見つめているのも・・・と、除雪しながら眺めました。
赤味を帯びた月。ニュースでは、世界中で観られたようで平和を願った方々も、
多いことでしょう。

きょうは、隣町のようなところまで所要で出掛けましたので・・・、昼間のお天気は
小樽はどうだったのか。市内も街中はロードヒーテングされたところは綺麗なのですが
そうでないところがあって、デコボコデコボコと、歩きずらい!時には、どっこらしょ!なんて、
年寄り染みた掛け声を出して歩かなければなりません(笑)。
東京都内、5cmも降ると報じられ騒いでいる様ですが、雪深い所はどうしてくれるんだ!と、
ここで怒鳴ってもしょうがないですねぇ。

春告げ魚と言われている「ニシン(鰊)」がこの時季小樽の浜も豊漁なのだそうで近くのスーパーで、
お刺身のパック詰めになり出ていました。私は「ニシンのお刺身」は食べたことが無いので
今度食べてみようと思って居ます。焼き魚や、かまくら、切りこみ漬、ぬか鰊、身欠き鰊、かずのこ・・・・・・
昔の味が懐かしいです。

もうすぐ立春とはいえ、まだまだ雪深い小樽。2月になって雪に関する催事が始まります。
今年は「小樽雪あかりの路」も第20回目なのだそうです。
2月9日(金)~18日(日)まで。運河会場、手宮線会場、朝里川温泉会場がありますが、
他にも市内では所々に「灯り」を見られます。今年は、天狗山へ夜行って観たいけれど・・・
年寄りだから止めておこうか。

雪深い小樽。雪が降ると除雪は朝の一仕事。なんでこんなところに暮らしているのだろう。
ふと、思うこともあるけれど・・・今更遅いわね~!。

 雪の降った日にご近所で撮ったもの。

Dscn1164

Dscn1166

Dscn1168


Dscn1167

Dscn1326

Dscn1330



« 冬のてすさび | トップページ | 毎日の事ながら・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 遠音さん コメント頂いていて失礼いたしました。
昔の雪の多さからしますと少ないと思います。、除雪車も主要な道路は入りますから
たいして気にならないのですが、我が家の方は深い雪です。
中央バスも路線で、小樽駅から、緑、入船方面を循環する「山手中通線」というのは、雪で
道幅が狭くなって除雪が追い付かず、2日、3日は運休しました。
この路線は保健所や市役所を通り緑町へ抜けるので、途中図書館や市民会館、体育館へ
とても便利です。遠音さんのお住まいのころは無かったと思います。
今朝NHK総合テレビで「自然百景」で厚岸が放映されていましたが、赤い大橋懐かしかった!
あの上を何度も歩きました。もう少ししますと迷い込んだ流氷の間を白鳥がね、今でも目に浮かびます。
JR花咲線も釧網線も今年は通りたいと考えているのですよ(笑)。
道東は冷えるでしょうけれど、晴れの日も多くて、雪も少なくていいですねぇ。
お元気でお過ごし下さいね。

ひえ~って思うほどの雪なんですね・・
もう忘れていました。 毎日の晴天に 
いまが何の季節か分からなくなっています。

北海道は デッカイドーなんですよね。
スパーで鰊見ました。 留萌かな?って思いましたが
小樽かも・・ですね・・なつかしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬のてすさび | トップページ | 毎日の事ながら・・・ »