« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

雪が!

 今朝、寒いと思って起きましたら、窓の外は雪。シャーベット状の雪が
ヒメシャガやヤブランを覆っていました。いよいよ雪を迎える季節です。
明日はもう11月。早いですねぇ。

きょうは10月31日で「ハロウィーン」なのだそうで、東京・渋谷辺りの賑やかさに警官まで
出動していました。
「ハロウィーン」?検索してみましたら、宗教に関係あり収穫のお祝いや悪魔祓いとか。
クリスマスと同じように、はっきり解らずながら秋の行事になりつつありますね。
日本にだって、かっては神嘗祭や新嘗祭がありました。瑞穂の国、厳かに。
昔の新嘗祭の11月23日が「勤労感謝の日」になりました。

「ハロゥイーン」のカボチャ、あの大きな黄色や朱色のカボチャは、幼い頃に、
家の近くにあった豚舎に、秋になるとゴロゴロと運ばれて来て、ブタカボチャと言っていましたが、
あのカボチャと同じものなのでしょうね。
時代が変わり、面白く刳り貫かれたり、絵の具で顔を描かれたりして面白いですね。
又反対に、小さないろいろな形をしたカボチャ、可愛いから2個位、飾りにいいですね。
「カボチャ祭り」と言う国もあるそうです。いろいろに変装するのはどうしてでしょう。
商店街も「ハロウィーン」の飾りで華やかでしたが、今度はクリスマス。賑やかですね。
平和で良い時代です。

  10/31(火) 雪が!・・・今朝の雪。

               ヒメシャガにシャーベット状の雪。

Dscn7681

                今朝の雪。いよいよ寒くなって来る。               

Dscn7682

2017年10月29日 (日)

秋の彩・小樽運河

 颱風22号の接近で、しばらく続いた好天も、そろそろ崩れて来る気配。
きょうは鈍よりとした空模様ながら、風も無く小樽運河で見た気温は16・2℃。
この時季としては暖かな日曜日でした。

小樽市文化祭をはじめ、町内会のこじんまりとした「文化祭」の催しもあって、
最寄の町内会館と小樽美術館へと出かけました。
町内会の文化祭は「第7回文化祭」で、私も協力して拙い写真2点を展示しました。
油絵、水彩画、書道、他に、手仕事で・・・
器用な方達の作品が並んでいました。

小樽美術館では、各流派による花展。他に、小樽ガラス展で若者の斬新な作品、
繊細なガラスのテアラなど、感心致しました。

美術館から足を延ばしますと、すぐ「小樽運河」。秋の彩、小樽運河をパチリしてまいりました。
明日からお天気は崩れるようです。一雨ごとに寒くなりますねぇ。

  10/29(日) 小樽運河

Canal1

Canal2

Canal3

Canal4

Canal5

Canal6

Canal7

2017年10月28日 (土)

久し振りに料理教室

 このところ好いお天気が続いています。
きょうは久しぶりに食改善の手伝いで出掛けました。食改善1地区担当の今年最後の行事。
「若者・働き世代の料理教室」。取り込み事があって、しばらく参加できなかったのですが、
誘われて思い切って出かけました。

生活習慣病の予防は若いうちから・・・ということで、最近は食育が叫ばれ親子料理教室も、
幼稚園や小中学校でも年中行事として取り入れているようです。
人集めも、並々ならぬ苦労があるようで、係りの方達は苦労されますから、せめて手伝いをと
思います。
でも、きょうは、つくづく年令を思い知らされて・・・大したこともしないのに疲れました。

幸いにも、私と同じ調理台の若者は、積極的に動いてくれて、さすがに、一人暮らしや、
祖母と母親にお料理担当をしているそうで、楽しいひと時でございました。私の孫と
同じ様な年令。嬉しく思いました。ありがとうございます。

 *食改善:小樽食生活改善協議会。 全国的な組織です。

  10/28(土) 小樽市総合福祉センター・調理室

               減塩推進スキルアップ事業。汁物の塩分も測りました。

Syoku1

          今日使用の食材。

Syoku2

               1)キーマカレー。2)コンソメスープ。3)さわやかサラダ。4)牛乳かん。Syoku3

          会長の挨拶のあと、食改善1地区長の献立説明を聞く、参加者。

Syoku4


          減塩の話等・・・食改善会長と参加の若者と和やかな会話。

Syoku5

2017年10月26日 (木)

北海道開拓の村

 きょうは全国的に晴れでしたねぇ。秋晴れの素敵な一日でした。
思い切って「北海道開拓の村」へ出かけました。

最寄りの小樽築港駅を 9:36 快速新千歳空港行きへ乗車。10:14 新札幌駅下車。
バスターミナル北 レーン 10番乗り場から 10:30 開拓の村行き。15分程で到着します。
えぇ~!こんなに近くだったんだ~!と、驚きました。
山々の紅葉・黄葉は、もうそろそろ落ち葉ですが、平地は見頃ですね。
新札幌から開拓の村への途中、森林公園、開拓博物館も通りますが、秋色に染まった
樹木の間を眺めながらの往復、満足でした。
今回は、(旧手宮駅長宅・旧北海道新聞社屋、近藤医院・古平)など撮影。
懐かしい建物が並んでいて壮観でした。

 * 小樽築港駅から新札幌駅まで、片道840円。新札幌駅から開拓の村まで、JRバス代 210円。
    開拓の村 入場料 65歳以上は無料。 お昼は「おむすび」持参がよろしい。
    北海道開拓の村:札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
  開拓の村・・・写真は許可を得なければならないようですから、差しさわりないようなところで。

               開拓の村で下車しますと、飛び込んでくる管理棟。旧札幌停車場(明治41年)

Dscn7628

               旧札幌停車場。管理棟で入口。

Dscn7629

               旧青山家漁家住宅・主屋(大正8年・小樽)。テレビでも見ましたね。マッサンの朝ドラでね。

Dscn7642

              「開拓の村」入口から奥へ進みますと、海と、池に見立てた所あり、紅葉が美しい。

Dscn7649


               入場手続きの折、頂いたパンフレット。買い求めた「ふくろう」のキーホルダー。

Img_1283

2017年10月23日 (月)

寝不足・・・

 昨夜は、衆議院・議員選挙の結果待ちや大型21号颱風の進路が気になって、
今朝は寝不足気味ですが、いかがでしたでしょうか。

これからの日本、どうなって行くのかと心配ですが、まぁ、政治に関しての記述はよしておきましょう。
今回は、高校3年の孫息子が、初めて選挙に臨みました。
若い票も結構な数と思います。
孫息子たちが、成人して社会人になるころはどうなっているのかとても心配です。

颱風の影響は、小樽は朝からそぼ降る雨となりましたが、風も無く、たいした影響は無くて
済みました。
札幌や、北見など、雪模様でしたね。いよいよ冬を迎えますね。
2~3日前には、小樽市内の天狗山(532.4m)の黄葉が綺麗でしたが、きょうバスの中から見ましたら、
秋の色合いも薄れて、もう、雪を迎えるような気配でした。
そろそろ、天狗山スキー場の準備も始まることでしょう。

今年ももうすぐ後2か月となりますね。どうか暖かな話題で過ごせますようにと思っております。

  10/20(金)  天狗山の黄葉。

               きょうは、いつもより大きめの画像で、テストしてみました。

Dscn7620

               第一展望台から小樽市内を望む。

Dscn7621

               時は黄昏・・・一面、茶褐色に見える。

Dscn7622


               どちらを見ても、秋の色深く。間もなく雪を迎えることでしょう。              

Dscn7623

2017年10月21日 (土)

台風だ!選挙だ!

 日本列島、これから大型台風の接近との事。あす22日に控えた衆議院・議員選挙、
どちらも嵐が吹き荒れるようで気がかりですね。
期日前選挙を済ませていますから、先ずは結果を待つばかりです。

きょうはお天気好く、市内に暮らす弟夫婦を誘って、お昼を共にしました。
弟夫婦の孫娘が来年早々に結婚しますので何かと気ぜわしいようです。
同じ市内に暮らしますので、何かあるときとても助かります。5月に夫の亡くなった折も
世話をかけてしまいました。

食事後、朝里川温泉宏楽園の紅葉が見ごろと言うので、車に便乗し観て来ました。
春は桜の名所ですが、秋もまたなかなか風情があります。
桜の葉の紅葉も綺麗なものですねぇ。

  10/21(土) 朝里川温泉・宏楽園の紅葉。家の周りに咲く「ホトトギス」など。

               北海道は黄葉が多いのですが、紅葉は一際、目を引きます。

Img_1200

               桜並木の秋の色・・・春の桜も綺麗ですが、落ち着いた風情があります。
Img_1196

               宏楽園の前庭の紅葉。
Img_1187

Img_1205

               池の周りの紅葉。

Img_1210

               我が家の雑草園に咲く「ホトトギス」。

Hototogisu2

               友人に切り花で頂いて、挿して置いて根付いたものです。

Hototogisu

               我が家の「サラサドウダン」の紅葉。

Doudan


               秋になるまで咲いている「ガクアジサイ」。今はビロードのような、造花のように美しい色合いになっている。

Azisai

2017年10月16日 (月)

元気なうちに・・・

 きょう天気情報を視ていましたら、東京よりも北海道の気温が少し高かったですねぇ。
「内地は温かくていいねぇ」とは、良く言いますが、北海道もまだ、暖かい日もございましのよ(笑)。
きょうは秋晴れで気持ちの好い一日でした。

 古平・禅源寺で「釈尊成道会」が午前11時からありまして、今回は妹と行って来ました。
管内のお寺からお坊様をお迎えし盛大でした。私には、この年になって物珍しく・・・。失礼ですね。

 昨日は「北海道米と地元食材を使った地域振興 i n 小樽」へ参加いたしました。
「お米と観光・地域づくり」 林 美香子様
「北海道米の消流と食べ比べ」  千野米穀店 社長・徳永善哉様
「お米の栄養と特性 小樽ちらし寿司」  坂下美樹様
お三人の講演を拝聴いたしました。

最近は北海道米が美味しいですねぇ。
これは、ここ15年のことで、それまでは、美味しくないお米は北海道米と言われていました。
北海道の人達が消費する米、最近は北海道米98%にもなったそうです。
まぁ、各家庭の好みもありますが、「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」「きたくりん」・・・
いろいろあって驚きました。

どなたかがおっしゃっていましたが、日本のお米に関わる行事で、お正月のお餅、お雑煮。
七草粥、小豆粥。雛祭りのちらし寿司、端午の節句の柏餅やべこもち、夏のうな丼、春秋お彼岸のぼたもち、七五三のお祝いでお赤飯、新嘗祭の新米。まだあるのですが・・・
確かに、私共の子供のころには、母親や祖母が忙しいながらも必ず作っていましたね。
とても反省しながらお話しを聴いておりました。

お米の味比べ、後志の食材だけで作ったお寿司も試食いたしました。
参考にしたいと思っております。

このところ出かける事が多く・・・まぁ、元気で歩かれるうちよ!なんて理由をつけています(笑)。

  10/15(日) 10/16(月)

               小樽経済センタービル7階ホールでの講演。

Img_1153

               お米の味比べ。アンケートに記入。???

Img_1159

               お米もその他食材も後志の産。

Img_1167

                 古平・禅源寺の鐘楼。

Dsc_0219

2017年10月15日 (日)

定山渓・紅葉かっぱバス

 紅葉・紅葉の季節。北海道の樹木は黄葉が多いようです。
ところどころに紅葉をみますと、とても映えて美しいですねぇ。

今一番の見どころと、友人と定山渓温泉街、紅葉・黄葉を観に行って来ました。
幸いにも、期間限定で運行している「紅葉かっぱバス・500円」に乗り合わせました。
10月1日(日)~10月22日(日)迄、定山渓の紅葉の見どころを地元ガイドが車内で
案内して下さいます。

普段は滅多に行くことも無い温泉街の紅葉穴場・・・。
特に定山渓は豊平川の上流と言うこともあって支流に掛かる橋梁も多く、美しい名前も付いています。
錦橋、紅葉橋、時雨橋、ルートには外れますが二見吊り橋など趣があってそこから眺める
紅葉・黄葉、川のせせらぎ・・・。
「紅葉かっぱバス」では「アイヌ文化交流センター」小金湯温泉の方まで回っております。
楽しく秋の一日を堪能致しました。

  10/14(土) 定山渓「紅葉かっぱバスに乗車して。

               錦橋から。カヌーを楽しんでいる・・・。

Nisikia

                錦橋・反対側の景色。

Nisikib

               紅葉、剝きだしている岩肌が面白い。錦橋から。

Nisikic

               アイヌ文化交流センターの外部で。ピリカ コタン

Ainua

               チセに掛かっていた「イランカラプテ・ご挨拶板」。

Ainub

               こちらは小さいチセの内部。

Ainuc

             アイヌコタン近くから見える「八剣山」。

Ainud

                  紅葉橋から。

Momizia

             時雨橋から

Sigurea

               定山渓大橋の上で。

Oohasi

               かっぱバスのコースには外れますが、二見吊橋の上から。

Hutami

2017年10月 9日 (月)

「ゴッホ展」札幌展

 きょうは、とても暖かな一日でした。
体育の日、3連休の最後の日で、道立近代美術館で開催中の「ゴッホ展」を観てまいりました。
大勢の観客、当日入場券を購入の人並・・・。
幸いにも、道新から招待券を頂いておりましたので、すぐ、入ることが出来ました。

絵のことなど、お恥ずかしい乍、ただ、観るだけですが、ゴッホについては、小学5年の時、
担任が油絵を嗜む先生でしたので、お手持ちの画集からゴッホの「ひまわり」の絵など
見せて頂きました。
もう、70年も前の事でしたが、今になりますととても、ありがたいことでした。

 フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)と日本との関係を紹介する「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」。
ゴッホの油彩はもちろん、ゴッホに影響を与えた浮世絵、ゴッホから影響を受けた日本人画家の作品など約180点を通じて多角的にゴッホに迫る内容になっています。
ゴッホの人となりも、度々マスコミで紹介されていますので、興味深く拝見いたしました。

他に展示室Aでは、道立近代美術館・開館40周年記念「近美コレクション第Ⅱ期名品選」も開催中です。

林竹治郎「朝の祈り」。神田日勝「室内風景」。田辺三重松「昭和新山」。
他に、岩橋英遠(日本画)、一原有徳(版画)、佐藤忠良(彫塑)など。
有意義な美術鑑賞でございました。

 ゴッホの入場券

Img_1137

 

2017年10月 6日 (金)

写真作品展

 芸術の秋・・・。と言うことで私の所属するパソコン塾「NPO小樽 ひまわりくらぶ」でも、
10月いっぱい、北陸銀行小樽支店 ロビーをお借りして写真作品展を開催しております。
パソコン塾の講師が、小樽肢体協会のカメラ教室もお世話しておりますので、共同で
展示しています。

使用のカメラはいろいろですが、自由な課題、額も様々ですが、みんな自慢の作品です(笑)。
昨日「コマーシャル?」へ挿入を忘れましたので、きょう 載せました。
銀行の営業時間内ですから、お近くへお出かけの折、覗いて頂けましたら幸いでございます。

  写真作品展

Tenzi

2017年10月 5日 (木)

コマーシャル?

 きょうは日は照っていましたが寒い一日でした。寒い?まだ早いかな?
2日~4日迄、思いがけず登別温泉へ行って来ましたが、胆振の山の中ですし
寒いと思って居ましたら、お天気も好かったので・・・それに温泉の地熱でしょうか、
とても暖かでした。

創業約160年の老舗旅館、第一滝本館へ連泊しましたが、ゆっくり、のんびり・・・
日頃の憂さを・・・。

この旅館へは、14歳頃に来たことがありますが、他の宿へ泊まっていて
大きなお風呂、それも混浴と言うので訪れたことあり、それ以来、憧れの温泉で、
今回初めて宿泊しました。7種の温泉、大浴場です。
温泉の歴史については、第一滝本館のHPでご覧いただけます。
また、元気なうちに行って見たいと思って居るところです。

札幌駅バスターミナルから第一滝本館へ直行のバスに乗り、途中、
樽前山を遠くに眺めながら登別迄。
樽前山にも若い頃は登山したものです。支笏湖畔へキャンプも・・・懐かしい。
あの頃、何を考えていたのか・・・。私にも若い時があったのだと思いながら・・・。

話しは変わりますが、10月いっぱい、北陸銀行小樽支店ロビーをお借りして、
「NPO 小樽ひまわりくらぶ」と「小樽肢体協会」の有志の写真作品展を開催中です。
自由に撮った写真・・・コンデジでもスマホででも、好きな額に収めて展示しています。
お近くまでおいでの節、ご覧頂けましたら幸いと思います。
コマーシャルですね~(笑)。

  思い出の記録・・・

            樽前山・・・懐かしい。

Tarumaezan

               第一滝本館を出て、近くの地獄谷へ・・・鬼が!

Dscn7461

               木道が出来ていて、地獄谷も安心です。

Dscn7474

Dscn7488

               紅葉を眺めながらの朝食。

Img_1094

                  大きな金棒。時間毎にびっくりする音響!Jアラートかと!

Img_1121

               食事席は自由ですが、連泊する人には2日目夜、席を取って置いてあります。                                                   

Img_1127

2017年10月 4日 (水)

登別温泉・地獄谷

 きょうはもう10月4日。今夜は十五夜でしたねぇ。
小樽は生憎の雨でお月様を拝むことはできません。残念です。
どうと言うことも無いのですが、十五夜に雨はがっかりいたしますね。
それに今夜は寒くて、ストーブを使っております。小さくして点けています。

なにかと気ぜわしいのですが、遠縁に当り、お世話になった方の50年忌で、
偲ぶ会をと言うことで、登別温泉・第一滝本館へ集まることになりました。私にも
案内を頂いたので、2泊3日で行ってまいりました。
札幌駅バスターミナルから登別温泉・第一滝本館へは直行の便がありますから、
午後2時に乗りますと2時間で着きます。とても便利です。
翌朝早く、旅館近くの「地獄谷」を散策。地熱で汗ばむ程でした。
アジア系の観光客も大勢でした。

  10/3(火) 登別温泉・地獄谷

Jigokudani

1_2

3


2


1

5

6

7

8

9

10

11

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »