« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月19日 (水)

だらだら日記

 暑い日が続いて、3日程雨模様・・・。「海の日」は雨でした。
きょうは今正午で23℃。もう、秋風が吹いているようです。
昨日は家で、薄物の毛のカーディガンを羽織りました。
これから大暑(23日)や土用丑の日(25日)を迎えるのに何としたお天気でしょう。
暑くも無いのにだらだらと・・・なまけもので暮らしています。

老人の暮らしのお手本のような「日野原重明先生」がお亡くなりになり、新聞記事を
読んでいますと、私は何とだらだらしているのでしょう。
これではダメよ!と、喝を入れても、今朝から何をしたか・・・だらだらと過ごしているだけ。

午後は反省して少し、体を動かさなくては!家周りの雑草も秋になれば枯れるさ・・・ではねぇ。
することは山ほどなのだけれど、まぁ、休み休み始めるか。
やはり、年を感じるこの頃です。クシュンshock

 camera 歩き道で。・・・涼しい山の暮らし。

              名前を調べるのにスマホで撮ったもの。スルーなさってくださいね。

Img_0605

              オオウバユリ(別名:エゾウバユリ)             

Img_0610

              「オオウバユリ」が咲いている。

Img_0616

              これは?直径7~8㎝くらい。

Img_0626


              ご近所の「ラベンダー」。

Img_0649

2017年7月17日 (月)

大雨

 一昨日(15日)の猛暑から一転して、昨日は小樽でも大雨に見舞われました。
お昼近くには、ひと時1時間に80mm、その後50.5mmに・・・。短時間の豪雨に
家電量販店とその界隈で冠水。家電量販店へは近くなので良く行きますから本当に
お気の毒です。排水等で今日は休業でしょうか。お見舞い申し上げます。
ちょっと低めの地域ですから、水が集中して流れ込んだのでしょう。

我が家の前が川のようになって雨水が流れて行きましたが、雨が止むと小石があちこちに
残っていました。あぁ~、恐ろしや!です。
北九州地方の豪雨被害を思い出していました。まだ行くへ不明の方がおられるようです。
毎年、猛暑と豪雨と・・・地球は本当にどうなったのでしょう。

 camera 7/17(月) ヤマグミ

          この地へ暮らすことになった頃、お祭りの夜店で手に入れたグミの木。
          今は大きくなって沢山の実を今年もつけた。幼い頃、衣服をよく汚して母を困らせた想い出の木。

Dscn7217

              オオヤマグミ・・・実物大。

Dscn7218

              オオヤマグミとヤマグミの大きさ比べ。なにやってんの~(笑)。

Dscn7222


              「バジル」と同じ日に種蒔きして、バジルに遅れること10日。
              ようやく芽をだした「イタリアンパセリ」。↓

Baziru

2017年7月13日 (木)

今日も真夏日

 今朝、4時頃に起床。真っ赤な太陽が昇る。きょうも真夏日30℃の予報。
小樽では滅多に30℃に上ることはないので、きょうは熱中症に気を付けなければ。
明日から住吉神社祭、夫が存命だったころ、暑さに向かうからなのか・・・この時季、
体調が思わしくなくて昨年の今頃も、神社に近い小樽市立病院で検査入院だったなぁ。
暑い中、病院へ通い、顔を覗くのも大変だった。ふと、今思い出した。

この6月は雨の日が多くて、最近の記録としては最高だったそうで、冷夏を心配しましたから、
まぁ、夏は夏らしく、暑いのはいいでしょう。北国は8月に入ると、すぐに秋風が吹き始める。
孫息子が、明日から宗谷方面へバイクで走るので、函館から来て小樽で一泊したいのでと、
メールが届いている。この暑い最中に!バカけが!と、ひとりぼやいている。ばばバカ(笑)。

 camera  最近撮りためた写真・・・

              1週間前に天狗山で咲いていた「オオカメノキ」でしょうか?

Dscn7197

              義妹の節子さんからの贈りもの「バラ」。

Dscn7213

              小樽郵便局傍に咲いている「紫の小花」。君の名は?

Img_0588

              小樽バインの入口を飾っている花々。

Img_0595
              ひとり、贅沢にひと休み。オーセント・ホテルの紅茶が美味しくて。

Img_0598

2017年7月11日 (火)

穏やかな海を見ながら

 メル友からのお便りによりますと、福島で37.7℃の猛暑。わ~sign01あっついでしょうねぇ。
北海道でも、真夏日が続いて、水遊びに興じている子供達の映像が放映されて、今は
夏、真っ盛りでしょうか。暑中お見舞い申し上げます。

今朝の小樽は、どんよりとしていて、気温22℃。今のところ涼しいです。
昼間で27℃の予報

昨日(7/10/月)は、急ぎの用事で近くの商業施設へ出かけましたら、私の思い違いで
10時からの開店。仕方なく・・・海辺の通路で待つことに。
丁度、ヨット・ハーバーの見えるところで待ちました。

静かな海・・・幸いにも沖には「らべんだあ」らしき船体。時々、漁船かなぁ・・・。
15分ほど海を眺めながらのんびり過ごしました。
近くの「石原裕次郎記念館」は、8月いっぱいで閉じられるそうで、遠くからもわざわざ
お出でのフアンも多いとか・・・。幸せな裕ちゃんですねぇ。
海を眺めているかぎり、平和で長閑な世の中です。

 camera 7/10(月)小樽マリーナ近くで。

              日本海フェリーの「らべんだあ」かな?

Dscn7204

              小樽マリーナに係留する「ヨット群」。

Dscn7205

               ひしめきあっている「ヨット」お金持ちが多いなぁ・・・。             

Dscn7206

              3匹のお犬を引き連れてのお散歩。

Dscn7209

              ヨットかな?動き出した。

Dscn7210

              10時の入港待ちをしているのかなぁ。港外のフエリー。

Dscn7211


            観ていると、結構に動きがある。

Dscn7212

2017年7月 8日 (土)

真夏日の天狗山

 久しぶりに、昨日は小樽も真夏日になりました。と言っても、28℃。
まぁ、暑いと言いましても、30℃を越していないので涼しい方でしょう。
小樽市内でも、街へ出ますと暑い。我が家では、滅多に暑いことはありません。

夕涼みではありませんが、夕方、お天気が好いので天狗山へ行きました。
丁度、日本海フェリーの「らべんだあ」の出航時・・・。穏やかな日本海へ・・・。
きっと乗船のお客様は、日本海の海原で素晴らしい夕日をご覧になったことでしょう。

天狗桜、今年は桜の時季を逃しましたが、今、緑の美しい姿でした。
第3展望台から眺めますと、旧奥沢水源地には少し、水が溜められた様子。
素敵な市民の憩いの公園実現するでしょうね。楽しみです。
写真の中ほどには、余市までのバイパスの工事の様子がみられます。
久し振りに天狗山からの眺め、堪能いたしました。

 camera 7/7(金)・・・小樽・天狗山(532.4m)

              天狗山で。

Mteng7

              小樽市内、ボーッと霞んで見えました。単に腕の悪いせいでしょう。

Mteng1

              遠くに増毛連峰が見えないのは、明日もお天気の証拠とか?

Mteng2

              天狗桜・緑も美しい姿。来年は桜の時季に来たいものです。

Mteng3

              霞んでいる小樽市内。天狗山は涼しいが少し風が強い。

Mteng4

            「 らべんだあ」の出航・・・夕方5時

Mteng5

              余市までのバイパス工事。天神町辺り。

Mteng6

2017年7月 7日 (金)

つれづれに・・・

 朝、新聞に目を通しますと驚くことばかりです。
九州地方北部の豪雨、お見舞い申し上げます。経験したことの無い豪雨といいますから
近年は、世界中が異常気象の様子・・・地球はどうなっているのでしょう。
地震、颱風、旱魃・・・これに何としても防げたい核兵器、原子力発電事故。

高齢者が道内一と言う小樽。人口が120,220 と言うのですから住んでいる私としても
気が気でありません。今の季節は好いのですが、冬の事を考えますと逃げたくなりますものね。
山の高いところにまで住宅が建ち、マンションも次々と建築されますが・・・人口は減少。私も、
これからどうしたら好いものかと思案中。なかなか難しいものです。自身で体の動くうちに、
決めなくてはなりません。さりとて・・・先立つものは・・・・・。

いろいろ考えますと大変なことばかりの毎日ですが、先ずは身辺の整理をして、すっきり
暮らしたい。

この家に住んで、裏へ置き忘れたように咲いていた「薔薇」が今年も咲きました。
もう、何年咲いて来たのでしょう。側溝の工事をしたときに傷んで咲かなくなったのを、
どうにか手入れして、今年は少しですが咲きました。何とも嬉しいですねぇ。
牛乳の空き箱へ、遅蒔きながらの「バジル」芽が出そろいました。
もう少し大きくなりましたら、ピンセットで間引きしたり、別鉢に移植したり、Ⅰ本立てにしたり、
夏休みに来る孫達の食卓にと思って居ます。ささやかな楽しみです。

 camera 7/7(金)七夕・・・小樽は8月7日が七夕行事です。

 

              咲いた「薔薇」。匂いが「薔薇」当たり前のようで懐かしい。

Dscn7188

              嬉しくて大写しに。

Dscn7189

              お行儀よく、指定場所に芽を出した「バジル」。

Dscn7191



2017年7月 4日 (火)

颱風 大雨 真夏日・・・

 颱風3号が長崎へ、義弟家族が暮らしていますから心配です。
ブログ書き込み終わりましたら電話してみようと思っています。

雨の情報も酷いですねぇ。新潟地方がテレビで放映されていますが、本当に酷い。
人身に被害の及びませぬように願っています。

昨日も、きょうもなのでしょうか・・・真夏日の気温で、東京都心で32℃。
こちらの冷気をお送りしたいです。小樽の気温は高くなって20℃ですから、朝方は
ストーブを使いたいくらいでした。本当に天候不順ですねぇ。

我が家は、取り込み事ですっかり出遅れて、買ったままになっていた種物を、今頃
出して種蒔きをしています。
バジルは、牛乳の空き箱利用で種蒔きして、今朝覗きましたら「芽」が出ていました。
また、イタリアンパセリも、明日になったら「芽」が出ているかもしれません。そんな兆しが・・・。

ピーマンは、ご覧の通り・・・生育状態が思わしくありません。日照が少しありますと随分と
変わって来るのですけれどね。持ち歩いて陽当たりのよいところへと移動を考えて
地植えせずにおります。何時になったらピーマン、口にはいるかな~です。

先日、弟宅からお花を根こそぎ貰いました。お花の名前が判らない。
今夜でも、ゆっくり調べます。
歩き道にも、野に咲く花が目につきます。もう、7月ですもの。少し夏らしくなってほしいですねぇ。

 camera 7/4(火) 我が家の植物。

              上がイタリアンパセリ、下の芽がバジル。

Baziru

              哀れなピーマン。何時になったら「おがるかなぁ」(笑)。

Pman

              最近はいろいろな色のマーガレットあるのですねぇ。

Dscn7154

              弟宅の紫色の花。似た様なのがいろいろあるのですが・・・

Dscn7157

              切り花にしてもいいですね。すこし分けてもらいました。

Dscn7163

              我が家の薔薇も、もうじき咲きだします。弟宅の薔薇。

Rose

2017年7月 1日 (土)

札幌市手稲・山口緑地「バッタ塚」

 昨日見学した「手稲山口バッタ塚」について、説明文が読み取れなくて、
写真をお借りして載せてみました。

 

0a221e0c18d5f20eafc6a54edb515aaa

 札幌市指定史跡  手稲山口バッタ塚

 

  飛蝗:こう、おう、いなご

 

 バッタ科の昆虫が群飛して移動するもの。広大な草原地帯で発生し、通過地域の農作物は、
被害を受ける。生息密度が低いときは群飛しないが、高密度になった世代では形態上、生理上に、
著しい変化が起こって群飛化する。ーーー広辞苑よりーーー

農耕が広く行き渡る前の北海道にも何十年置きかに飛蝗が発生したことをアイヌの人たちは語り継ぎましたが、
記録に残っている限りでは、明治13年に十勝に発生して、日高、胆振、後志、渡島などへ広がり、
同18年までに農作物などに被害を与え、開拓に着手した農家に深い絶望感を与えた
トノサマバッタの飛蝗は、最大規模のものでした。

 

明治政府は開拓農家を励まし、又、飛蝗が津軽海峡を越えて本州へ侵入するのを防止するために
当時のお金で年額5万円を支出して飛蝗の駆除に努めました。

 

当初はアメリカ、ヨーロッパ、中近東で行われていた防除方法を参考にして、捕えた幼虫成虫等は穴に埋め、
土で覆ったバッタ塚を各地に沢山造らせましたが、現在では殆ど残っていません。

 

札幌教育委員会で作成の説明文をお借り致しました。

 

http://www.city.sapporo.jp/ncms/shimin/bunkazai/bunkazai/syousai/33c_batta.html

 

青空の美しい日に

 昨日は珍しく風も穏やか、何よりも久し振りの青空に友人からの誘いにドライブ!
パソコン教室も無い日でしたので喜んで出かけました。

一路「札幌百合が原公園」へ。途中、手稲の山口緑地で「バッタ塚」もみました。
そういえば、近頃「バッタ」も見なくなりましたね。開拓時代には、バッタの襲来に出会い
ご苦労の時代もあったということでしょう。

札幌百合が原公園は、6月17日から、来年1月末ごろまで、センター棟は休館ですが、
他は開いており、公園一周の電車(リリートレイン)も運転しています。高齢者施設のお客で満杯。
お天気が好いので、きっと楽しいバス旅行だったでしょうねぇ。

私共は若いつもりで、日本庭園や中国庭園を巡りました。
これから「ユリ」も綺麗に咲くでしょう。蕾がいっぱいに出そろっていました。

 camera 6/30(金) 手稲山口緑地。さっぽろ百合が原公園

              手稲山口緑地の「バッタ塚」・・・逆光ではっきりせず↓に拡大して。

Dscn7170

              「バッタ塚」の碑

Dscn7171

              手稲山口緑地。緑陰を求めてのドライバーが結構来ていた。

Dscn7172

              青空がとっても綺麗だったのでパチリ!

Dscn7173

              札幌百合が原公園・日本庭園の一部。

Dscn7174

              日本庭園四阿でひと休み。

Dscn7175

              札幌百合が原公園・中国庭園入口。

Tyuugoku

              異国情緒を満喫・・・

Dscn7176

Dscn7178

Dscn7180

« 2017年6月 | トップページ