« まだお若いのに・・・ | トップページ | 四十九日でお寺へ »

2017年6月12日 (月)

小樽手宮緑化公園へ

 もう6月も中旬というのに、久しぶりに晴れていたのですが昼間の気温14℃。
朝夕はストーブを使っています。全国的に低温のようですね。
この様な日は、寒いからといって冬まかないをする訳にもいかず、困ります。
街へ出ましたら、服装はまちまち・・・半袖姿の人もいましたから、私だけが寒いのかなぁ。

街へ出ついでに、バス券も倹約とばかりに寄る所をメモして、晴れを待って行こうと思って居た
小樽手宮緑化公園へも足を延ばしました。長雨で目指す「牡丹」は無残な姿に(涙)。
本当に残念でした。それでも遅咲きの「牡丹」が何本か咲いていました。
月曜日は休園ですから、人はまばら。静かな公園内。
初めて「サンザシ」の花をみました。大きな木ですねぇ。樹木には説明、キャプションと言いますか、
付いているのですが、見落としましたので、後ほど調べてみましょう。

 camera 6/12(月)  小樽手宮緑化公園で。足の向くまま撮りました。

              黄色の大きな牡丹。

Dscn7045

              こちらも小ぶりながら遅咲きの黄色い牡丹。

Dscn7049

              一株の中に、一輪だけが遅咲きで咲いていた。             

Dscn7051

              牡丹園から小樽港を望む。

Dscn7053

              エゾヤマザクラの実が赤く色付いていた。熟れると黒い実に。

Dscn7057

              手前の「サラサドウダン」越しに小樽港を望む。

Dscn7060

              気温は低いけれど、初夏の 陽射し。             

Dscn7063

              「サンザシ」の木。初めて知った。

Dscn7065

             「 サンザシ」の花。

Dscn7069

              緑化公園から手宮公園への路。木漏れ日が綺麗だった。

Dscn7082

 今回は、所要の後、桜町~高島3丁目行バスの途中、小樽駅前停留所で乗車。
湯の花温泉が見えたら下車。厩町の坂を山へ向かって上り、厩稲荷神社へ。
そこからですと手宮緑化公園内「牡丹園」が近い。
帰りは、手宮公園を抜けて、手宮地獄坂を下り、手宮バスターミナルで乗車。
我が町へ帰る。私の大好きな散策コースです(笑)。

« まだお若いのに・・・ | トップページ | 四十九日でお寺へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

良ーく分かるコースです。笑)

ぼたん咲き遅れねーこの種類 今日開くところです。

それから サラサドウダンね こんなに大きな木になるんですね~
家のはまだ私の背丈の半分です でも健気に妖精の帽子ちゃん
付けてくれました。
ささやかに幸せです。
今日も一日良い日に!

遠音さん 貴女も手宮公園界隈の路は詳しいでしょうね。
近くに小樽緑化手宮公園が整備されてから、とても綺麗な佇まいとなりました。
今度は、お天気の状態をみて、天狗山へ行って見ようと思います。
思い切って、遠出もしたいのですが・・・そのうちにね。
少し片付け事があって、落ち着きましたら小樽港からのフェリーに乗って出かけよう!なんて
夢に終わらないようにと思って居ます。
とにかく、歩けなくてはね。遠音さんもお元気でsign01

今日は長袖を着てますよ。
朝のうちはストーブをつけるときがあります。
まだ東北は梅雨には入っていないんですが、昨日は雨が降りました。
小樽市内 広いんですね。
自由にバスに乗って、あちこち散策できるなんて良いですね。
海にも憧れます。
きれいなお花も咲き、でも終わりかげんのお花も・・・
天気によって左右されますね。
今日は友達とランチをし、帰り我が家によってまたお喋りです。

kiki さん、お元気で何よりです。
お友達とおしゃべり、楽しいですねぇ。やはりお若いです。私の友達は、
親しかった2人が認知症、真面目な主婦でしたが・・・どうしたものでしょう。
もう友達もみんな80歳を越しましたので、いろいろなことがあります。
元気なうち!楽しく過ごしたいと思います。
こちらは15℃~17℃位の気温で、カーディガンも毛糸物羽織りたいくらいです。
小樽も、札幌もお祭り時季ですが、こうも寒いと閉口です。子供神輿も可愛そう。
楽しみにしていたでしょうにね。
これから「あじさい」が咲きだしましたら、小樽も行って観たいところがあり楽しみです。
お体大切にお過ごし下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだお若いのに・・・ | トップページ | 四十九日でお寺へ »