« 惜別 | トップページ | 雪灯り »

2017年2月 2日 (木)

吹雪

 日中でも-6度。朝方は-9度・・・さすがに寒い一日でした。
朝の除雪もあり、凍てつく寒さの中、ご近所の方が寄せて下さった雪を除雪機に放り込んで
2時間はかかったかなぁ。体を動かすとぽかぽかと暖かくなってきて、かじかんだ手も
いつの間にか暖かくなっていました。

午後、買い物に出かけたけれど、帰り道、久しぶりに吹雪に遭いました。
吹雪は小さい時分から経験済みだけれど、今は町の中、家並の中を歩くのですから
目だけ出して肩をすぼめて・・・。ふと昔、家へ向かう山道を思い出していました。
吹雪いて、すっかり消されてしまった道。遥かにぼんやりと見える電柱が頼り。
そこまで着くと、又、次の電柱が吹雪の中に見える。
小学校1・2年生ころですから6~7歳位。母の編んでくれたボッコ手袋・・・戦時中のこと、
長靴など履いていたのだろうか・・・。と、懐かしくもあり物寂しくもあり・・・。
同じような坂道を上りながら思い出していました。

 亡くなった叔父は1週間も待っての葬儀とのこと。大都会に暮らしていると、
聞いてはいるものの、こちらでは考えられないことがありますねぇ。

いまごろ、何所をさまよっているのだろうか・・・。いつもは思ってもみないことを
吹雪で腰をかがめて歩きながら叔父の事を思い出していました。

 camera 雪に埋もれて・・・

Dscn4547

             雪の芸術。吹き付けられたような雪の花。

Dscn4550

            これは昨年の「小樽雪あかりの路」。今年は明日3日から始まる。

 Dscn4593

« 惜別 | トップページ | 雪灯り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 惜別 | トップページ | 雪灯り »