« 吹雪 | トップページ | 小樽雪あかりの路 »

2017年2月 3日 (金)

雪灯り

 

 きょう(3日)から「第19回 小樽雪あかりの路」の催事が始まりました。
12日(日)まで、夕方5時から9時まで開催中です。

小樽運河会場、旧手宮線の跡地、朝里川温泉会場、他に小樽市内のどこかしこに
小さな灯りが点ります。

 高齢者のパソコン教室でお世話になる「小樽市勤労女性センター」前にも、
ほっこりとした温かみのある小さな雪灯りが点っておりました。

「雪だるま」は、何と言っても「元祖雪像」ですね。思わずニッコリいたします。
放課後児童クラブへ通う子供達も楽しいことでしょう。

きょう学習した額縁作成・・・無料でダゥンロードできる「JTrim」を使って作成しました。
難しかったですが、講師の方にお教えいただいてようやく出来ました。

きょうは「節分」・・・子供のころ大豆を煎って、神棚にお供えして、父が豆まき。
幼かった弟達と年の数だけ拾って食べました(笑)。
わ~~!今、自分の年令分、お豆拾ったら・・・こんなことを思って可笑しくなりました。
明日は「立春」。春待ち遠しいですねぇ。

* 昨夜「立春」を「春分」と間違い記載していました。お読み下さった方お詫び致します。

 camera 2/3(金) 勤労女性センター前の「雪灯り」。

             雪だるま・・・可愛いですねぇ。元祖雪像(笑)。      

Dscn6468

              昨夜からバケツに水を汲み置き作ったのでしょう。

Dscn6470

            小樽市勤労女性センター前の雪あかり。静かな佇まいの灯り・・・

Dscn6476


                 春よ来い 早く来い♪・・・春になって咲く楽しみな花々・・・
                パソコン教室での学習(JTrimを使って・・・)

Flower

« 吹雪 | トップページ | 小樽雪あかりの路 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

春よこい!はーやくこい!確かに節分過ぎれば立春、暦の上では春を感じますが、
北国の春はまだまだ先のことですね。
1列に行儀よく並んだ氷の灯籠が、まるでガラスで作ったような透明感でとてもきれいですね。きっと係りの人が前日から用意されるのでしょうか、寒くいやな季節を、北国の方は、上手に楽しんでおられるのでしょうね。

 凜太郎様 こんばんは。
立春のきょうは、昼間プラス1度、気になっていた外階段の氷が融けて
助かりました。やはり立春!と思い嬉しくなりました。でも、まだまだまだまだ・・・
春は遠いですねぇ。
雪国で雪に従うというか、服従するというか・・・、寒さに負けず雪を楽しむ行事を
考えた先人達・・・。お蔭さまで雪に悩まされながらも、時には雪を楽しんで暮らしております。
「小樽雪あかり・・・」、運河の浮き灯りも、ワックスボールの押し花の美しい灯りも、又、
カトリック富岡教会の灯も日時を調べて行って見たいと思っております。
ヘタな写真ですが、また、ご覧下さいね。コメントありがとうございます。

勤労女性センターはやはり建物が変わって居ましたね。
手話を習いに行っていたのは30代ですものね・・

雪明かりのまつりは 雪深いところでの楽しみ・・
転ばないでね~~

 六花さん こんばんは。
勤労女性センター変わっていましたか。私は40代に3女が中学時代に
料理で行くことがありましたが、久しぶりに入りまして、以前はどうだったか・・・
覚えていないのです。
手話をなさっておられましたか。感心いたします。
毎日、午前と午後の講座があって、受講で大勢通っているようです。
今夜、雪あかり・・・行って来ました。プラス0.2度。穏やかな夜道でした。
この2~3年、もうこれで来るのを止めよう・・・と思いながら観て来ます。
この催事も、いつまで続くか・・・心細いです。snow

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吹雪 | トップページ | 小樽雪あかりの路 »