« ピザ | トップページ | 大雪・ドカ雪! »

2016年12月 9日 (金)

月日の流れ・・・

 今年ほど月日の流れを早く感じたことはありません。12月も、もう 9日。
順調に予定通りのことが済んでいたら、このように感じることもないのでしょうけれど・・・。
やり残しのことが多くて、未だに冬支度も終わっていない状態。
もう諦めて、年末の大掃除を始めよう。他はどうにかなるでしょう。

我が家でもそうですが、親戚もみんな年を取って・・・。
義姉(97歳)が入院したと言うので、昨日、隣町の余市町迄行って来ました。
お見舞いと言うよりも、心配する夫に代わって、お顔を覗いて来ただけですけれどね。
思っていたよりお顔色もよく、まだまだ大丈夫と思って帰りました。

病院の近くに北星高校があり今、存続が云々されていますが・・・広い敷地の校舎。
全国から集まる生徒達、自然豊かな土地で伸び伸びと学生生活を送って欲しいものです。
それにしても余市駅からでもバスで小樽方面から通う生徒には遠いところにあるなぁ~と、
でも、廃校だけはしないで欲しいですね。

帰り、積丹から来るバスに乗りましたが、余市駅前で2~3人乗客が降りますと、
途中蘭島まで私ひとり。余市駅前から小樽駅前まで430円のバス代。
夏の観光期が終わると、とたんに乗客の少ない路線。さまざまなことが気になります。

いろいろなことを思いながら、ぼんやりと冬の海を眺めて帰宅しました。

 camera バスの窓越しに・・・忍路(おしょろ)付近の路線から・・・

            鉛色の海・・・

 

Dscn6340

              いつもは穏やかな忍路の海も・・・

Dscn6341_2

« ピザ | トップページ | 大雪・ドカ雪! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今朝のニュースでは小樽は雪がひどいようですが、
まだ本格的な冬の前触れでしょうか?
雪害には慣れてみえるかと思いますが、ご自愛ください。

忍路の海も鉛色ですね。 昨日ネイパル厚岸へ行って来て
途中で赤い橋を渡りながら 下を見ると 岸壁すれすれに海面が・・
ちょっと恐いようでした。

余市の高校 必要な子が居る限り存続して欲しいですね!

好好爺様 ご心配ありがとうございます。
今朝の雪には驚きました。山側ですので45㎝から 50㎝は積もっていました。
この時季はまだ、湿った重たい雪ですから除雪には骨が折れます。
融雪機に雪を捨て入れて、1時間30分はかかったでしょうか。
まだまだ止むことなしに降り続いています。札幌市はまだ酷いとのこと。
路面電車、JRも後志、石狩はストップ。新千歳空港発着の飛行機にも支障が
出ています。この時季の大雪は多分、久しぶりの事です。
雪を待っているスキー場は喜んでいるでしょう。
これからの長い冬、覚悟はしているものの、年寄には辛いことです。
まぁ、足元、気を付けて、雪を楽しまなくては・・・と、やせ我慢しています。

 六花さん 今朝の雪は大雪!除雪のし甲斐がありましたよ~!
この冬は大雪と覚悟はしていますけれど、辛いですねぇ。
そちらは、晴れのマークですね。
厚岸のあの長い赤い橋、歩いて何度も渡りましたが、ちょっと恐ろしかったですよ。
あの橋を渡ると「冬景色」を歌いたくなりました。
きっとお掃除も順調に進んで、気持ちが好いでしょう。
ご無理なさらずに、お元気でお過ごし下さいね。
余市の北星高校、プロテスタントの高校ですから、白い十字架の目立つ素敵な校舎です。
必要とする生徒がいるのですから、夢を壊さずにと願っています。
国道 5 号線から入ると、すぐかと思って居ましたが、高校までは遠い。
これから吹雪にでもなりますと、大変だなぁと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピザ | トップページ | 大雪・ドカ雪! »