« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

大晦日

 とうとう大晦日を迎えました。先ずは特別変わったことも無くこの1年も過ごして
良かったと思います。来年は・・・又、平穏無事でと願っているところです。

北海道は、大晦日にご馳走をいただきますが、昔の大家族で集まることなど
ありませんから、ありきたりの「おせち」も随分作る量が少なくて、ナマケモノの私でも、
どうにか一通りは作りました。夫は鯨汁に秋味(塩鮭)焼いたもの、大根なます、金平牛蒡、
旨煮、数の子、茶碗蒸し、お口取り・・・。娘はすき焼き食べたい・・・。
まぁ、何でもご希望通りに致しましょう・・・と言うもんで朝からばたばた過ごしました。
2日には函館から孫息子が来ます。ステーキ食いたい、と。トホホ(笑)。

拙いブログへお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
心から篤くお礼申し上げます。
ご訪問いただいた皆様もどうか佳いお年をお迎え下さいませ。
来年も宜しくお願い申し上げます。

camera 12/30・・・小樽・住吉神社前で。

            来年の干支「酉」。皆様佳いお年をお迎えください。

Dscn6381

            神社前のお蕎麦屋さんで、一人のんびりと(笑)。

Dscn6383


 

2016年12月24日 (土)

年の瀬に・・・

 いつもなら「クリスマスはホワイト・クリスマス」がいいわねぇ」なんて言っていたけれど
今年は大雪!小樽も随分積もりました。
札幌はもう1m近くも降り積もって、50年振りの大雪。
全道荒天の3連休となって、交通も麻痺状態です。
連休を利用して、北海道へ観光旅行へおいでの方も多いでしょうに・・・
2晩も空港のロビーで夜明かしとは・・・本当にお気の毒です。

除雪も朝に夕に融雪機へ放り込むのですが、灯油タンクのメモリを気にかけながら・・・
本当に草臥れました。今朝外を覗きましたら、又、除雪しなければなりません。うんざり!

新潟・糸魚川大火、30時間もかかってようやく鎮火。この寒空に被災された方々
どうしていらっしゃるでしょう。年の瀬はとかく火事が多いと親の代からの言い伝え。
気を付けなければと改めて思います。

今夜は静かな夜となりますように。

 camera 12/24(土) 小さなお菓子。

            除雪の後、ちょっとつまんでひと休み。

Dscn6370_2
           嵐の後の静かな風景。増毛連峰。

Dscn6379

2016年12月17日 (土)

仕事納め

 ちょっと大袈裟ですが・・・私の仕事納め。
パソコン教室は昨日16日(金)で今年の受講は終わりました。1か月に4回の
受講を予定していますが、今年も講師に大変お世話になりました。
もう11年間・・・ボランティァで教えて下さいます。感謝です。

数えてみますと・・・もう40年近く、初めは習い事でしたがが、その後、
友人と細やかに刺しゅうを続けていました。最近は高齢化が進み、度々ですが
出来上がった作品を持ち寄って楽しんでおりました。
40年の間には、友人の家庭でも我が家でも、様々なことがあって、本人が亡くなったり、
ご主人や息子さんを亡くされたり・・・集まると子供達が高校や大学進学だ・・・
結婚、孫の誕生と喜んでいたころが幸せだったなどと・・・話題は尽きません。
今年こそは出来上がらせようと思って手がけていましたが、ランジェリーケースは
どうにか出来上がりましたが、テーブル・クロスは途中まで。
これで今年は思い切って私の「仕事納め」です。まぁ~考えると幸せなことです。

これから家の中の片づけや、何かにと・・・。
除雪も滞って、雪の山。頑張らなくては!!

 camera 12/17(土)

            融雪機へ放り込んで除雪。昨夜は天狗山のスキー場が
           ライトアップされて、いよいよスキー・シーズン。

Dscn6364

            以前から刺していた「ランジエリー・ケース」や「テーブルクロス」。
           「テーブル・クロス」は今年も途中。

Dscn6369

2016年12月11日 (日)

大雪・ドカ雪!

 この時季としては18年振りの大雪。昨日の朝は驚きました。
小樽は44㎝、札幌は54㎝の積雪と報じていましたが、実際には夕方までに
10㎝は多く積もったでしょう。

融雪機を稼働、1時間半もかかって除雪に汗を流しましたら、今朝は背中が痛い。
交通網も大幅な乱れ、土日とあって通勤通学の利用は少なかったにせよ、
新千歳空港からの発着の遅れや欠航は旅人への影響も大きかったことでしょう。
これからの天候、気になる大雪・ドカ雪でした。

 camera 12/10~12/11

            家の前に積もった雪。これからドンドン積もる!

Dscn6354_2





            12/11(日)降り続いた雪が止んで。

Dscn6360_2

             窓越しに石狩湾を望む。

Dscn6361_2

          つらら

Dscn6362_2

            近くの唐松林

Dscn6363_3

2016年12月 9日 (金)

月日の流れ・・・

 今年ほど月日の流れを早く感じたことはありません。12月も、もう 9日。
順調に予定通りのことが済んでいたら、このように感じることもないのでしょうけれど・・・。
やり残しのことが多くて、未だに冬支度も終わっていない状態。
もう諦めて、年末の大掃除を始めよう。他はどうにかなるでしょう。

我が家でもそうですが、親戚もみんな年を取って・・・。
義姉(97歳)が入院したと言うので、昨日、隣町の余市町迄行って来ました。
お見舞いと言うよりも、心配する夫に代わって、お顔を覗いて来ただけですけれどね。
思っていたよりお顔色もよく、まだまだ大丈夫と思って帰りました。

病院の近くに北星高校があり今、存続が云々されていますが・・・広い敷地の校舎。
全国から集まる生徒達、自然豊かな土地で伸び伸びと学生生活を送って欲しいものです。
それにしても余市駅からでもバスで小樽方面から通う生徒には遠いところにあるなぁ~と、
でも、廃校だけはしないで欲しいですね。

帰り、積丹から来るバスに乗りましたが、余市駅前で2~3人乗客が降りますと、
途中蘭島まで私ひとり。余市駅前から小樽駅前まで430円のバス代。
夏の観光期が終わると、とたんに乗客の少ない路線。さまざまなことが気になります。

いろいろなことを思いながら、ぼんやりと冬の海を眺めて帰宅しました。

 camera バスの窓越しに・・・忍路(おしょろ)付近の路線から・・・

            鉛色の海・・・

 

Dscn6340

              いつもは穏やかな忍路の海も・・・

Dscn6341_2

2016年12月 8日 (木)

ピザ

 毎日、寒中並みの寒さ。
きょうは1941年12月8日に米ハワイ・真珠湾攻撃から75年、太平洋戦争が
勃発した日。あの日の朝、父の肩越しに「いよいよ始まったか~」と言うため息交じりの声は
今でも思い出す。父は31~32歳。翌年召集令状が来た。

 今は何でも手に入る平和な時代。昔は食べたことも無い「ピザ」、遅ればせながら
試行錯誤で作ってみている。昨日は、甘酒を試して、今度は又、仕込んである。
今の平和がいつまでも続きますように。

camera 12/7(水) ピザを作る。

Dscn6336

2016年12月 7日 (水)

甘酒

 今朝の寒いこと!-7℃。昼間でも-2℃。寒中のような寒さ。
ゴミ出しに行って、手が手袋をはめていてもかじかんでしまった。

昨日、夕方仕込んだ「甘酒」。出来上がっていた。
味見。美味しく出来上がった!飲む美容液とか・・・・・。

寒い朝の一杯、体が温まるだろう。
これから「ピザ」を作る。凝りだすと止まらない(笑)。

 camera 12/7(水) 甘酒

Dscn6335

2016年12月 6日 (火)

喪中の「はがき」

 昨日まで降ったり消えたりしていた雪が無くなって、足元も軽くなったと
喜んでいたけれど、やはり12月。今朝起きましたら外は真っ白。
夕方までに15㎝は降ったでしょうか。雪道も好いのですが、又、
暖気で溶けて、朝のつるつるした道路には、本当に骨が折れます。
これからは降ったら30㎝、50㎝と積もって来るのでしょう。

 年の暮れ・・・喪中の「はがき」が届いて、どなたが亡くなっても悲しいけれど、
50歳過ぎて気の合う友人、特に趣味の刺しゅうで出会った友人の訃報は悲しい。
3年前には、けい子さん、今年は13歳は年上だったけれど、青森の出身で
器用な方だった。仕事が丁寧なので、出来上がった作品は、お金があったら
彼女から買い取りたいと思ったほど。93歳でお亡くなりになったけれど、
少し前に息子さん2人が先に旅立ち、娘さん家族とお暮しだった。
もう一度お会いしたかったなぁ~。
娘さんから、ご丁寧な「喪中のはがき」を頂いた。
お元気だとばかり思って、来年春になったらお会いしたいと年賀状に書こうと
思って居たのに・・・。ご冥福をお祈りします。

 camera 12/6(火) 雪の花が咲いた。

Dscn6332

Dscn6333


2016年12月 4日 (日)

悲しい思い出の月・・・

 12月になると、ブログへ何度か書き込んだけれど、私は12月は悲しい月。
きょう4日は、48歳で亡くなった弟の祥月命日。義妹も同じく亡くなった。
想い出すと・・・人生の内で、このようなこともあるかと悲しくなる。

7日、14日は、昭和18年、父と叔父が出征した。幸いにも父は終戦後帰って来たけれど、
まだ、33歳だった叔父は5人の子供を残して帰らぬ人となった。1番下の子は
叔母が身ごもっているとき出征、叔父と5番目の子供と顔を合わせることはなかった。
他に、親戚では戦死者が多く、特に、幼子を抱えてのその後の暮らし・・・
母親も子供の人生も根こそぎ・・・思わぬ生活を強いられてしまった。
戦争・・・どんなに惨いものか・・・12月は悲しい。

12月12日、父の祥月命日。昭和47年61歳で亡くなったけれど短く太く暮らした人と思う。
菩提寺で通夜のおり、こんなに沢山のお参りは珍しいと・・・。

camera シクラメン

Sikuramen

2016年12月 1日 (木)

きょうから12月。師走・・・

  1年の過ぎるのは早いですねぇ。年令のせいでそのように思うのかしら・・・。
今朝、カレンダーを捲りながら、つくづく思いました。
これから年末に向かって気ぜわしいですね。怠けて新年を迎えようかしら・・・。

下の写真は、昨日夕方小樽駅へ行ったついでに撮ったものです

 camera 11/30(水) 小樽駅・中央通り(セ ピア通り)。

            ランプの飾られた小樽駅。

Otaru1_3

            「小樽ゆき物語」「小樽雪あかりの路」の広告。

Otaru2_3



            拡大したものです。

Otaru3_3

            ガラスのリース

Otaru4_3
 

 小樽水族館をイメージしたものか・・・可愛いガラス作品。

Otaru5_3

             小樽駅前から港の方を望む。まだ6時前なのに暗い!

Otaru6_3

中央通り(セ ピア通り)沿いの花屋さん。クリスマス・ムード

Otaru7_3

             運河プラザ(旧小樽倉庫)前の「浮き球ツリー」。

Otaru8_3

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »