« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

日ハム日本一

 勝つか負けるかの勝負の世界。勝負ごとに、はまってはいけない!と常に
舅も実家の父も良く言っていた。祖先には身を滅ぼした人もいたらしい。
最近は女性の麻雀人口も増えて、私も覚えたかったなぁと、これからでも
始めようかなどと思うことあり。時間がないなぁ~。

さて、昨夜は、いつもは興味の無い私もすっかり日ハム対広島の野球観戦に
はまってしまった。はらはらして観ていたけれど、あっけなく広島は負けてしまった。
「日ハム日本一」今朝の北海道新聞のトップを飾った。
広島カープも今年は随分頑張っていたので、日ハムと対戦することになって
少し残念に思って居た。

プロ野球北海道日本ハム、広島市のマツダスタジアムで、日本シリーズ
10対4で広島カープに勝ち、10年ぶり3度目の優勝!おめでとう!
camera テレビでの日ハム・栗山英樹監督

Dscn6198  

Dscn6196

 

            朝里川温泉の奥地では雪。明日から平地でも雪の予報。

Dscn6191






2016年10月27日 (木)

きょうの一日・・・

 きょうは毎年6月と11月に予定されている「小樽市身体障害者センター」の
パソコン教室が始まりました。私の所属するパソコン教室の講師が頼まれて
講座を開きますので、事務的なことで手伝っていて4年経ちました。とても
年月の過ぎるのは早いものです。11月は主に「年賀状作成」をいたしますが、
きょうは、Excelで、住所録の作成でした。これから後3回の開講です。
受講者は皆さん熱心です。午前10時から12時まで。
初心者にはちょっと難しいかなぁ。Excel 2010で学習しております。

野球・・・普段は野球放映などあまり観戦しないのですが、日本シリーズだけは
観ています。今年は広島カープと日本ハムの戦い!
今夜は日ハムの西川さんのホームランで、日ハム3連勝!戦いはまだ
ありますが、きょうの勝利は貴重ですねぇ。ワ~やった~!日ハム頑張れ!

 camera 10/27(木)   きょう想い出の映像・・・

          さよならホームランの西川 遥輝 ・・・いい男!頑張れ~!       

Dscn6190

            障害者センターのパソコン教室

Dscn6181

 

            小樽市立病院7階からの市内風景・・・秋も深まって。

Dscn6187





            黄葉美しいイチョウ並木(1)。

   Dscn6184


            一段と黄葉も進んで。イチョウ並木(2)         

Dscn6182



2016年10月25日 (火)

久しぶりの暖かさ

 一桁の気温が続きましたが、今日は久しぶりの二桁気温。
最高で13℃・・・それでも暖かくて、街へ出ましたら、こちらも久しぶりに
人出が多い感じでした。服装はすっかり冬まかない。

今年、花壇の造成で「特賞」だった小学校の傍を通りましたら、
冬の備えもよろしく、雪囲いもなかなか風情があると思いました。
PTAの方々のご協力なのでしょう。

明日朝はまた、冷えるらしい。

 camera 10/25(火) 小樽市立稲穂小学校の花壇・・・冬籠りに・・・

           花壇の傍を通り、小樽駅方向へ向かうと小樽警察署、ロース幼稚園がある。

Dscn6178

            「小樽市生涯学習プラザ(レピオ)」も併設されている稲穂小学校。

Dscn6179

          小学校に並んでいる「蔵」・・・傍の紅葉が美しかったのでパシャ!

Dscn6180_2

2016年10月22日 (土)

町内会の文化祭

 きょうの土曜日、雨模様。ひと雨ごとに秋は深まります。
10月22日(土)と23日(日)は、我が家の所属する町内会の文化祭。
町内会の文化青少年部が主催部です。

いつも思うのですが・・・文化祭ってなんだろう・・・。
まぁ、ここでは理屈へ理屈無にいたしましょう。

みんな生き甲斐を持って、好きなことに邁進することは好いことです。私も、
おこがましくも「写真3点」出展いたしました。

係りの方々が綺麗に展示してくださいました。
「東小樽町会・平成28年度・第6回文化祭」 会館も新しくなって先ずは
盛会です。お世話役のみなさま、ありがとうございます。

 camera 10/22(土) 町内会館で

Dscn6175_2

Dscn6174

Dscn6173

Dscn6172




Dscn6171

Dscn6170

Dscn6169

Dscn6168

Dscn6167

Dscn6166




2016年10月21日 (金)

紅葉!雪!

 秋の天候は本当に、面白い程に変化激しいですねぇ!
一昨日(19日)は、雲ひとつ無い秋晴れ。昨日は朝、雷に驚き、激しい雨。
この日(20日)は、小樽肢体障害者協会の「カメラ倶楽部」23名の方々とご一緒に
恵庭市の「恵庭渓谷・滝めぐり」に・・・福祉バス「しおかぜ」に乗って参加いたしました。

まぁ~!なんと嬉しいことでしょう。バスが障害者センターを出発する頃には
青空が見えてきて、途中、何度か雨に見舞われましたけれど、肝心なところでは
晴れてくれて、私は雨よけのコートで傘は1度も開かずに済みました。

帰り、遠くの山々を望みますと、なんと!うっすらと雪化粧!
きょう(21日)は、朝、外へ出ましたら雪がところどころに積もっていました。
北海道は10月15日ころには雪を心配しなくてはならないのですが、つい、
秋のお天気が続きますと忘れていて、慌てることになります。
まだこれから、小春日和もあるでしょうけれど、冬支度は急がなければ・・・
気の急くこのごろです。

camera 「恵庭渓谷・滝めぐり」と、うっすらと雪化粧の朝里ダム界隈。

          紅葉を眺めながら「滝」へと向かう。

Dscn1032

            ラルマナイの滝(1)

Dscn6109

            ラルマナイの滝(2)

Dscn6133

            白扇の滝(1)

Dscn6134

            白扇の滝(2)

Dscn6137

            小樽市銭函付近・国道5号線から遠く見える山々。雪!

Dscn6152

          美しい朝里ダムの紅葉と遠くの山々の雪。

Dscn6161

          遠くの山々に、うっすらと雪が!

Dscn6163

            今朝の雪

Dscn6164

2016年10月18日 (火)

豪華クルーズ客船

 昨日、今年最後の豪華クルーズ客船「コスタ・アトランチカの寄港。
年度初めの予定には入っていなかったので、路線バスから勝納埠頭方面を
眺めて驚いた。初寄港とのこと。なるほど、見かけない豪華クルーズ客船。
今年は25回の豪華客船寄港だったとのこと。

小樽に暮らしていて、時折、豪華な客船に出会うことは幸せなことで、すぐ近くで
眺められる。いつかは私も乗船しよう!何年この夢を抱いてきたことか。

昨日は、小樽市立病院へ行く用事あり、7階の食堂で無理して「かけそば」を注文、
窓越しではあったけれど、高所から「コスタ・アトランチカ」を撮った。
傍まで行きたかったけれど、勝納埠頭までは疲れるし・・・。

市内の紅葉もこの2~3日で随分進んだ。昨日は2つ手前のバス停で降りて、
龍徳寺や、市立病院通りの「イチョウ」をカメラに収めた。
我が家の「サラサドウダンツツジ」も綺麗に紅葉してきた。
秋も深まる。きょうは秋晴れ。

* コスタ・アトランチカ(総トン数 85,619t  全長・292,56m 幅 32,2m 喫水8m
    旅客定員2112名 乗組員920名  船籍イタリア)
  乗客 2000人のほとんどが、中国人。中国・天津からのチャーター便。
  韓国釜山を経て小樽港勝納埠頭へ朝8時寄港。50台もの観光バスに
  分乗、札幌や京極までも観光で訪れたという。夕方5時出航、函館へ。

 camera 10/17(月)豪華クルーズ客船。イチョウ並木など。

            龍徳寺(曹洞宗)のイチョウ。

Dscn6096

            市立病院前のイチョウ並木。

Dscn6097

           ガラス越しに撮った「コスタ・アトランチカ・・・岸壁の傍へ行きたかった!

Dscn6100

            総合商業施設内のハロウインの飾りつけ。

Dscn6101

             我が家の「サラサドウダンツツジ」の紅葉。

Dscn6102

2016年10月17日 (月)

携帯電話(ガラケー)・・・

 昨日もきょうも、気温20℃少し。今の時季に暖かいのは助かります。
紅葉も日毎に進み、我が家のサラサドウダンも綺麗になってきました。
道内の紅葉状態情報もこれから11月初めまで。ゆっくり「紅葉狩り」にでも
出掛けたいものです。

 日中、出かけることも多いので、携帯電話は大変に重宝です。
周りは大方、スマホやアイパット。買い換えたら?と今までも考えましたけれど
又、新しいスマホで苦労するのも・・・・と思い止まっています。

ところが!携帯電話で自分のブログを開くことがありますが、
12月14日限りで携帯電話でのブログは終了とのこと。
「携帯電話(ガラケー)版 Yahoo!ブログ終了」のお知らせが出ています。
携帯電話の利用者が少ないという理由。そのうちに携帯電話も無くなるのかしら・・・

新しいものが出回って、大事にして使っていても使い捨ての時代。
頭を切り替えて、スマホに買い替えようかと、お財布の中身も考えながら
心配。パソコンも近いうちに替えなければならないし・・・。
面倒だ!何もなくても暮らせるのだ!と思ったところで、今更抜け出せないし(笑)。

 camera この頃写真も撮らないで・・・

   きょうの3点は、町内会の文化祭に出展予定。お恥ずかしい作品ですが。

              * コラージュ・・・エレメントで。

1_011_2

            * 定山渓温泉街「白糸の滝」

Dscn2504_3

 

         * 北大構内の紅葉。昨年撮ったもの。

Dscn4327_2

2016年10月15日 (土)

深まり行く秋

 今夜は旧暦で9月15日、秋晴れの夜「満月」が美しい。
十三夜も綺麗でしたねぇ。深まり行く秋は、お天気が好いと本当に気持ち良い。

 午後1時30分から、小樽市男女共同参画推進協議会の主催で、
講師:社会活動家・法政大学教授 湯浅 誠氏
演題:「元気な町の条件
      ~つながりの中で安心して暮らす~」の講演へ参加。

様々な社会問題の資料をいただいたので、これからゆっくり読ませていただこう。
まだ48歳のお若い講師。柔らかな口調の話しぶりに好感。
会場:小樽市経済センター 4階ホール・・・小樽駅近く。

*******************************************************************

      camera 市内の紅葉も大分進んできた。機会あって、高所から天狗山を望む。

Dscn6083

2016年10月11日 (火)

我が町

 きょうも慌ただしい一日。お昼前は町会での文化祭へ「写真3点」搬入。
昨年は「手芸品など」出展したが、今年は「写真」にした。
コンデジでの「写真」など、めったに「写真展」には出さないでしょうね。
でも、昨年撮った「北大の紅葉」は、色合いが綺麗に撮れたし、定山渓温泉街の
「白糸の滝」は、カメラの前へ、アクリル板を置いて写してみたら、滝の流れが
素敵だったし・・・。パソコン学習の折、画像処理学習の「コラージュ」も好きだったし、
コンデジでも、結構楽しめるのだ!と、年寄は言ってみたかったもので(笑)。

午後からは夫の検診付き添い。
検診結果は、信頼している先生にお任せしている。
考えてみると、もう、50年もの長い間、療養中ということになる。
まぁ良く、仕事も続けられたものと思う。

第6回町内会文化祭の「写真」を町内会館へ置いてから、久しぶりに我が町を
見渡せる坂を上った。高層マンションが建ち並び、戸建ての住宅も随分と
建ち並んだとつくづく思う。これからどうなって行くのだろう。
新幹線の延伸、札幌・余市間のバイパス工事。小樽・後志管内の人口減少の
はどめになるのでしょうか。

 camera 10/11(火) 我が町・・・

          国道5号線とJR函館線が並ぶ、張碓海岸近く。

Dscn6065

               高地にも住宅が・・・

Dscn6066

          銀鱗荘も我が町に。

Dscn6070

 

 JR函館線に電車・・・これは札幌方面へ向かう。下り

Dscn6071

 

       ウンラン(ゴマノハグサ科)。海蘭(ウンラン)蘭の仲間ではない。

Dscn6074

           薄紫の可憐な花花・・・

Dscn6072

            札樽バイパス・・・若竹トンネルの上から

Dscn6078

 

            エゾギク

Dscn6079

2016年10月10日 (月)

知らない町へ

 山の彼方の空遠く・・・同じく市内にありながら、知り合いもありながら、
65年ぶりに幸町を訪ねた。私の知っている幸町は、養弧場の傍の道を通ると、
間もなく左手に冬になると、小学校のスキー場になる斜面があり、同学年のK君の家、
ヨシコちゃんの家、中学になってタカシ君の家が点々としていて、周りは畑地であった。

きょう訪れて、本当に、ここが幸町かと驚いてしまった。住宅地とするために、土地持ちも
売ってしまったのか、買い取られたのか・・・・・。まったく想像もできなかった変貌ぶり。
新しい住宅が建ち並び、公務員宿舎、病院、歯科医院、市立幸小学校、幼稚園・・・
すっかり立派な町の佇まい。

私の暮らす町も、昔は熊碓・・・。近くの望洋台はこの30年程で、すっかり高級住宅地となってしまった。
驚くほどに高い場所にも住宅が建つ。
しかし・・・小樽の人口は減る一方・・・。今は121,590人程か。
最近のように、何かと災害の多い日本で小樽は災害が少ない。無いと言って良い程。
今年は今までに、颱風の影響を何も受けなかったと思う。幸いなことである。

きょうは、小樽駅前から「幸・おたもい入口」行の路線バスに乗った。
知らない町へ行くように、車窓からきょろきょろして・・・。終点オタモイ入口で降りて、
すぐ、又、同じ路線を引き返した。日中で12℃/6℃・・・。
10月下旬から11月初めの気温と言う。
それにしても紅葉は遅れている。冬期間、大雪にならないようにと切に思う。

2016年10月 9日 (日)

そろそろ冬支度

 今日の気温14℃/13℃・・・寒い1日だった。まだ暖かな日もあるだろうけれど
ふっと、冬支度のことが気にかかる。あの窓を塞ぐ雪・・・。窓の囲い、
少しばかりの樹木の冬囲い。まだ、紅葉もしていないけれど、早め早めにと夫は
急かせる。体が思うように動かない分、人を急かせる。

家の周りの花々も、もう、小菊とホトトギス、秋明菊だけになってしまった。
姫シャガは、6月頃、花が終わってもいつまでも緑濃く、このごろ少し黄色味を
帯びてきた。秋植えの球根も出回って来て、さて?来春はどうしようと考えている。
秋は何とも物寂しい。

明日は「体育の日」。お天気だったら「幸町」まで行ってみよう。
昔は畑ばかりだったけれど、住宅地になっているところ。
同じ市内に居ながら「知らない町」である。

 camera 小菊とホトトギス。キリンソウは部屋で年中咲いている。

            小菊とホトトギス

Dscn2688

            キリンソウ

Dscn2687

2016年10月 8日 (土)

つれづれなるままに・・・

 朝からどんよりとしたお天気模様。久しぶりに出かけることも無く、冷蔵庫に
買い置きの肉や魚、野菜で昼と夜の食事支度。買い物へ出かけなくても結構、
間に合う。賞味期限を見ると、きょうがぎりぎり。

ところが、その場に無いものを食べたがったり、肉は嫌い、野菜物炒めは嫌いという
我が家の主。こちらも今更買い物にも億劫で、つい、面白くない雰囲気に・・・・・。
自分一人なら、インスタント・ラーメンでもすすりたいなぁ・・・なんて思うことしばしば。
よくもまぁ、これで58年も一緒に暮らして来たもんだ!とつくづく思う (笑)。

若い時と同じように「機械で編めばすぐに出来るだろ!」と言うのはいつもの事。
「わたしだってもう、81歳過ぎたのよ!いつまでも若くないわ!」と腹立たしく思う。
本当に、長生きもいいのか悪いのか・・・・・。88歳と81歳のもめごとは、
傍から聞いていたら、なんでもう少し仲良く暮らせないのかと、不思議でしょうね (笑)。

きょうも、あたふたとした一日が暮れる。

camera 家の周りで見つけた「秋」

 

            ご近所のお宅の「りんご」。袋をかけて丁寧に育てての宝物!。

Dscn0744

           ようやく咲きだした。鳥の名前よねぇ。「ほととぎす」・・・

Dscn0748

            何の種か分からず、撒いて置いたら今頃咲いた「ひなげし」。

Dscn0749

2016年10月 5日 (水)

子供服

 寒い北海道では、大方のところで10月15日を七五三としています。
バス路線で通る住吉神社でも「七五三」お祝いを10月15日から11月
15日としているようです。最近は子供服の既製品も好いものが出回って、
可愛いのが札幌のデパートのウインドウにも飾られていますねぇ。

 こんなことを言い出しますと、イヤミなばあさんの僻みでしょうけれど・・・
子育て時代、殆どの子供の着るものは自分で賄っていましたねぇ。
縫う、編む、リサイクルはお手の物でした。

初めての孫が生まれたころも、産着は勿論、おむつも縫って、母親になる娘を
随分手伝いました。
自分でいうのもなんですが・・・とても可愛く出来上がっていたと思って居ます。

昭和34年の夏に長女が生まれましたが、その時は、姑がとても元気でしたので、
子供布団から、子供の丹前、綿入りの産着・・・張り切って縫ってくれて助かりました。
自分の家の孫と言うことで、実家へ帰ってお産も「ダメ」でしたねぇ。

今月からNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」が始まりました。
主婦4人で始めた子供服造り・・・創業者の一人「坂野惇子(ばんのあつこ)」の
物語で楽しみです。ヒロインは「すみれさん」。今、子役が可愛いですねぇ。
このところ、女性の創業者物語続きますね。

ちょっとした刺繍や、スモック刺繍・・・の女児服など好きで今でも憧れです。
久しぶりにスモック刺繍のエプロンでも作ってみようかぁ・・・。

 camera  1人のパパになった孫の写真ですが、産着は私の作品。
   薄い黄色のネルで縫ってあります。孫達にせっせと頑張りました。

          今はもう、26歳になった孫の赤ん坊時代。生後30日。

Ryou

           生後30日位。すやすやとお休み。

Ryou2

2016年10月 4日 (火)

お悔やみへ

 朝夕は10℃を割る日もあって、きょうは日中でも13℃・・・・・
熊谷市では30℃の真夏並みの気温。気象はどうなっているのでしょう。

 

職場で独身時代に同僚だったという夫の知り合いの方がお亡くなりになり、
お通夜で余市迄行って来ました。転勤で同じようなところを渡り歩いた方ですが、
ご健康で退職後も、地域のために何かと奉仕活動をされておいでだったそうで、
通夜の客も大勢でした。私も何度かお会いしたことがありましたが、お互いに、
年を取ったものだと、今夜改めてつくづく思いました。我が家とは反対で、
ご子息様3人。みなさま立派になられて。心からご冥福を祈ります。
知り合いが少なくなって・・・・・寂しいです。

2016年10月 2日 (日)

娘と天狗山へ

 きょうの日曜日、晴れ! 度々小樽・天狗山へ行くけれど、まだ、頂上まで
行ったことは無いという娘と行って来た。山ですから登ったというのでしょうけれど、
532.4mそこそこの天狗山へ、バスで中腹まで、それからロープウエイで
頂上ですから、登るというには、ちょっと気が引ける。

シマリスもすぐそばで・・・手のひらに餌をのせると、近くへ寄ってきますから
可愛いしぐさ!幼い子供も怖がらずにはしゃいでいた。。
市民にも外国からの観光客にも人気スポットらしい。大勢散策を楽しんでいた。


 camera 10/2(日) 天狗山で・・・今年はもう、何回頂上まで行っただろうか。
    いつも同じ景色ですが、季節の移ろいがはっきりしていて好きなところ。

            ロープウエイに乗って、頂上へ・・・

Dscn6039

            すれ違い。10~15分置きにロープウエイはフル回転。

Dscn6040

            ロープウエイの窓越しに。

Dscn6041

            この景色は、日本海・・・余市に近いと思う。ススキが揺れて。

Dscn6043

            これは何の実?

Dscn6047

            第3展望台から札幌~余市バイパスの工事状況がみえる。

Dscn6048

            天狗桜。来年又、満開の桜を仰ぎ見ることが出来るかしら・・・

Dscn6054

            鼻なで天狗さん。なでるところによってご利益あるらし。

Dscn6056

            屋上の展望台から

Dscn6060

          好く晴れていたので遠くの日和山灯台や鰊御殿もみえる。

Dscn6061

2016年10月 1日 (土)

ガラクタの整理

 なかなか手つかずにいた「物置の整理」を始めた。
物置と言っても、屋根裏部屋で、元は漁師の住んでいた家なので、網などの
漁具を入れていたところだったのでしょう。明り取りの天窓でも取り付けたら
一部屋出来そうな広さ。

そこへ、引っ越し癖がついていて何時までも、見れば折り畳んでためこんだ
ダンボールや空き箱。まぁ、今度引っ越すような時には運送屋で箱持って来てくれるし・・・
ということで、思い切って整理することにした。資源ごみの「紙」の日に出そう。
ついでにガラクタも・・・・・。

旧い本もあるけれど、これは、ゆっくり調べて整理しよう。昭和8年出版の、
「バイエル教則本」なんてあるし・・・叔母が大切に使って、私に残したものですしね。

片付け中に「サザエさんのうちあけ話(姉妹社・1979/5出版)」が出てきて
ひと休み。読み出したら最後まで!きょうの予定は途中までになった。
そういえば、長谷川町子の漫画が好きで、連載の新聞をそのために
購読していた。「暮らしの手帳」の大橋鎭子さんも長谷川町子さんも
3姉妹。頑張屋さんですねぇ。我が家の3姉妹、育て方が間違ったなぁ。
今ごろ言っても遅いか!!(笑)。
「いじわるばあさん」も面白かった。ときどき思い出してひとり笑をする。
これも楽しや!!

*間を取って打っているのですが、どうしてもくっついてしまいます。
お読み辛いでしょうがお許し下さい

 camera 10/1 (土)

            姉妹社・出版 1979年5月15日 印刷。
             「サザエさんのうちあけ話」。

Dscn6037_2

          町子さんの母上がお世話好きで、植木屋と大工が京都へ
         行ったことがないと聞いて、自腹を切って連れて行ったそうな。
         国宝級の建物や名庭園を見ずして、なんでひとかどの腕に
         なれようか!とね。

         帰ってきてからの感想「京都は、何と言ってもご婦人が
         1番よかった」とのたもう。 

Dscn6038

 

            萩の花が綺麗に咲いている。

Dscn4098

 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »