« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

寒い一日

 朝方、霰。小樽も雪が降るかなぁ・・・と思うくらいの寒さ。気温高くて6℃。
道東・弟子屈町では39㎝の積雪とか。テレビに映し出される根室地方は
大荒れに。桜の咲き具合に影響が出ないと好いのですが・・・。
まぁ、6月初めでも雪は降りますから、まだ、4月ですものね。

明日からは5月。ゴールデンウイーク中の悪天候は本当に困ります。
寒いことをよいことに買い物に出るのも億劫で、冷蔵庫の中のあるもので、
済ませようかと思いましたが、冷蔵庫も空っぽ。仕方なしに近くのスーパーへ。

いつも持ち歩くコンデジで、健気に咲くチューリップや、レンギョウ等パチリ。
寒いながらも、やはり春!家々の庭先にも、可愛い花々が咲きだしました。

 4/30(土) 熊碓川の近くで

Dscn4995

Dscn4997

Dscn4998

2016年4月29日 (金)

桜情報・・・

 4/29(金)小樽は朝から雨。昨日、小樽市入船・天上寺へ行きましたが、
まだ咲いていない。手宮公園も一昨日聞いたところによると、3本くらいが
3分咲き。桜町の桜、ロータリーから桜中学校への坂道、熊碓川のほとり、
ここが満開。しかし、橋を挟んで山側はまだ蕾。市内の桜、満開はまだまだです。

 ゴールデン・ウィーク、雨のお天気で幕開け・・・。残念ですね~。
今日は町内会の地域清掃の日でもありますが、中止になるのかどうか。

 

桜町は暖かい地域なのか、熊碓川の下流から咲き始めて山側へ開花は進む。
丁度毎日通る川縁に桜は今年も美しく咲きました。
天気予報では、道東中心に雪のマーク。開花に障りのないように祈ります。

 

  4/28(木) 桜町の桜

          小樽市桜・熊碓川(くまうすがわ)の辺。札樽バイパスも見える。

Sakura3

Sakura4

2016年4月27日 (水)

桜が咲いて・・・

 少し気温は低いものの、桜が咲いて風も穏やかな昼下がり、街へ出て、
美術館で開催中の女性カメラマンとフォート光友会の写真展を観て来ました。


新聞などでお名前を見かける方々の写真、やはり・・・目の付け所というのか、
一瞬の捉えどころが違うのだなぁ・・・。私の鑑賞力はこれくらいのもの・・・・・。

毎日何かを撮っているのだけれどカメラを開けてみるとピンボケばかり。
コンデジだもの。と言って高価なカメラを持ったとしても結果は同じだろうなぁ~。

小樽市内桜マップを手にして、有名な桜名所を回ってみようと思うのですが、
きょうは、美術館の写真を観て疲れ、帰宅途中に我が家の近くに咲きだした
桜町の桜をパチリ。

手宮公園、長橋なえぼ公園、小樽公園、天上寺、水天宮、平磯公園、天狗山、
あっ!そうそう!朝里川温泉・宏楽園、火災に遭って1年4か月振りに
営業を開始の桜並木も観て来なくては・・・。桜が咲いて何か落ち着かず(笑)。

  4/27(水)小樽市桜・熊碓川のほとりで。

            ヤマザクラ

Sakura2

Sakura1

2016年4月25日 (月)

♪ 春がきた

 気温が2日ほど15℃、16℃と続きましたら、いっぺんに春が来ました。
陽当たりの好い所では、エゾムラサキツツジ、キレンギョウ、スイセン・・・
小樽公園の近くでは、エゾエンゴサクも・・・・・いよいよ春が!

 

小樽市龍徳寺の向かいの旧いお家の傍に、梅の花がほころび、瓦屋根に
とても似合うのです。歩道橋から失礼して写しました。

 

桜もわが町の川縁に、ほんの少し・・・。
後、2~3日しましたら満開になるでしょう。お天気続くといいなぁ~!

 

♪春が来た 春が来た!

  4/25(月) 小樽市内・・・

         ほころび始めた梅の花・・・龍徳寺前

Dscn4981

          梅の花

Dscn4982

         咲きだしたヤマザクラ・・・桜町

Dscn4985

          キクサキイチゲ・・・桜町

Dscn4987

2016年4月23日 (土)

蕗の薹

 朝から、どんよりとしたお天気模様。ようやく春らしくなってきて、土・日に
お天気が悪いとうんざりですね。それでも草木には慈雨というべきか・・・
チューリップやスイセンの芽が伸びてきてまだ青く堅いけれど蕾も持っています。

朝里川温泉の施設に入っている知り合いに届け物あり、オタルナイ湖まで
行きました。まだ雪が残り、寒々としたなかに、蕗の薹。
芽を出したばかりらしいのを4~5個、摘んできて「「蕗の薹味噌」を作りました。
温かいご飯に食しましたら、塩分なんか何のその・・・ご飯を食べすぎました。

  4/23(土) オタルナイ湖・・・小樽市朝里川温泉・朝里ダム

Otarunaiko

Otarunaiko1

          蕗の薹味噌

Hukimiso


2016年4月21日 (木)

旧友旅立つ

 今朝は焦りました。何故か分からないけれど20日の朝刊に目を通しました。
「おくやみ」に旧友のお名前が・・・まさか?でも、美恵ちゃんのお名前。
病気とも聞いていないし、入院しているとも聞いたこともないけれど・・・。
どうして昨日の「おくやみ」を読まなかったのか、お通夜は昨夜ではないか・・・。

きょうの葬儀には間に合うようにと、急いでバスの時刻を調べ、隣町の余市へ。
バスで30分で余市駅前には着いたので、近くの葬儀場へ。
主婦のお手本のような彼女。今の遺影はカラーですから綺麗ですねぇ。
あぁ・・・やっぱり。彼女は早生まれだから、私より若いのに・・・。
近所でしたから一緒に通学もしたけれど、ちょっと大人な彼女とは、時々
意見のかみ合わないところもあったけれど、お互い結婚してからも、何かと
縁あってお世話になりました。3年ほど前でしたか、同期会で朝里川温泉で会い
帰りに小樽駅前でお別れしたのが最後でした。
5月に小樽在住者で開く、同期会にお誘いの電話してみようかな・・・。と、
ふと考えての矢先。もう1度、お会いしたかった・・・後悔先に立たずです。
ご主人を残して先立たれました。

美恵ちゃん、いろいろお世話になりました。ご冥福を祈ります。

  彼女は今年の桜を観ずに・・・

         ようやく春の花が咲きだしましたのに・・・

Dscn4916

Dscn4917

 

2016年4月20日 (水)

久しぶりの晴天。

 毎日はっきりしないお天気、それに長引く地震。当地の方々のご心労は
いかばかりか・・・思っても何もできずにおります。
長崎には義弟家族がおります。
電話しましたら「こちらは大丈夫」ということですが、
震度2~3が毎日となりますと心配です。

 

昨日は食改善の総会。近所の方も一緒なので終わっての帰り三幸レストランで
「中華焼きそば」を食しながら、おしゃべりをして帰宅。みなさん先輩ですから、
お話しを伺うにも熱が入ります。普段のうやむやも忘れて楽しいひと時でした。

 

きょうは久しぶりに晴天。気温も16℃と暖か。
今年2回目の豪華客船の寄港で、勝納埠頭まで行って来ました。

 

 ** フォーレンダム(60.906t) **

  • 総トン数 - 60,906トン(最終改装)
  • 全長 - 238m(最終改装)
  • 全幅 - 32.2m
  • 喫水 - 7.8m
  • デッキ - 10層
  • 客室数 - 720室
  • 乗客定員 - 1,440名
  • 乗組員数 - 647名
  • 就航年 - 1999年7月
  • 客船会社 - ホランド・アメリカ・ライン
  • 巡航速力 - 23ノット
  • 主エンジン - Diesel-electric(37,500kw)
  • レーティング - プレミアム
  • 船籍国 - オランダ船籍

  小樽市勝納埠頭界隈にて

         早朝のヨット・ハーバー

Dscn4950

         観覧車が無くなって寂しい。

Dscn4951

         フォーレンダム

Dscn4954

Dscn4957

Dscn4958

Dscn4961


Dscn4959

Dscn4962

Dscn4963

Dscn4971

2016年4月17日 (日)

クリスタル・セレニティ・・小樽へ寄港

 熊本県の地震が3日目のきょうも続いています。
  これ以上の被害が起きないように・・・。
  心からお見舞い申し上げます。

**************************************************

 小樽港へ、今年も豪華客船の寄港が始まりました。
きょうは、初寄港の「クリスタル・セレニティ」。

勝納埠頭へ午前8時入港の予定が、私が埠頭に着いた時間には既に
入港していました。午前7時40分には到着したのだのだけれど・・・。
生憎の小雨模様。酷い寒さ。

*クリスタル・セレニティ*

姉妹船のクリスタル・シンフォニーよりも大型ながら、乗客数を抑えて
ゆったりとした船内となっている。
キャビンはすべて海側で、うち85%がプライベートバルコニー付き。

  • 総トン数:68,870トン
  • 全長:250m
  • 全幅:32.2m
  • 航海速力:20ノット
  • 乗客定員:1,070名
  • 乗組員:約655人
  • 客室数:545室
  • 船籍:バハマ

4/17(日) 小樽市勝納埠頭で

Dscn4922

Dscn4925

Dscn4926

Dscn4927

Dscn4930

Dscn4931

Dscn4934


Dscn4932

Dscn4949

2016年4月14日 (木)

春の野の花

 きょうは、近くの原っぱで「キクサキイチゲ」をみつけました。春1番の野の花!
子供のころ過ごした家の近く池のほとりに、温かな日差しを浴びて沢山咲いていました。
ごく最近まで、この野の花の名前を知らなかったのです。
今、住んでいる町には、わざわざ探しに出なくても、様々な「野の花」が咲きだします。
雪の時季には逃げ出したい土地なのに「野の花」に出会うと、冬の苦しさもいっぺんに
吹き飛んで、過ぎたことは忘れてしまうのですから、単純人間ですねぇ。

北海道は明日から天候が悪くなり、所によっては吹雪くというのですから心配です。
春の嵐が何事もなく過ぎますように。

小樽運河界隈も、きょうは15℃と暖かでした。所要で出掛けますが、何時ものことながら
観光のお客様が大勢です。遠くに見える山々にはまだ雪が残っています。

  4/14(木) 歩く途中で・・・

         春の「野の花・キクサキイチゲ」

Kikusakiitige

     鯉のぼり・・・時代も変わったものですねぇ。南樽市場の近く・勝納川

Koinobori

Dscn4908

Dscn4909

Dscn4910

Dscn4911

Dscn4912

Dscn4915


2016年4月11日 (月)

なごり雪

 朝、カーテンを開けると雪がちらついていた。
「なごり雪」・・・。思わず「いるか」の歌っていたメロディを思い出した。
せっかく芽を出したというのに・・・でも、植物は強い。
きょうは全国的に低温の予報。小樽も最高気温で5℃。

昨日は夫の学生時代の友人が函館から札幌へ出ていて小樽へ寄りたいとのこと。
最寄の駅では、駅構内に喫茶店もなくて、すぐに休むところもないので、小樽駅へ
来ていただいた。駅中の喫茶店でお会いした。

もう二人とも87歳という高齢。よく同期会も開いていたのだけれど、函館には
旧友も彼の地へ発った方が多く、昨日の友人が1人になったとのこと。
何か・・・段々と寂しくなる。

  4/11(月) なごり雪・・・家の周りで。

Dscn4897

Dscn4898

Dscn4899

Dscn4900

2016年4月 9日 (土)

銭函(ぜにばこ)

 風が強く、天気予報では「雪」のマークも付いた寒い1日でした。
桜も咲いて、春爛漫というところもあれば、札幌・小樽のように、まだまだ
桜の蕾の堅いところもあって、春さまざまですねぇ。
本当に、春待ち遠しいこのごろです。

きょうはJR最寄駅から12分、札幌寄りの小樽市銭函まで行って来ました。
先日、北海道新聞で「おさんぽ北海道」に載っていましたので、思い切って
出掛けました。

銭函地域は、かって漁師町として栄えたところであり、札幌・小樽の丁度
真ん中辺り。JR函館本線銭函駅界隈・・・。子供のころは良く父親と弟たちと
海水浴で行った懐かしいところです。
今は駅の周辺も随分変わっていて、昔の面影はありません。
駅へ降りますと「銭函」があり、駅の名前になっています。銭函という名前の
由来には諸説あるそうですが、鰊漁で賑やかなりしころ、どこの家にも
千両箱があったとか・・・。今ならどれほどのお札が入るのでしょう。

駅の近くに、大正末期に質屋の蔵として建てられた石倉の喫茶店あり、
札幌軟石で建てられて、質屋の店名そのままに残して、喫茶店と洋食店を
営業中。ナポリタンとコーヒーのセットで頂いたけれど美味しかった!

外へ出ると道路を挟んで銭函の海。
海水浴場へは少し歩かなければなりません。
暖かくなりましたら、ゴルフ場や銭函運河辺りまで行って観たいと思います。

  4/9(土)小樽市銭函・駅周辺。

         函館本線・銭函駅。1880年(明治13年)、道内初の鉄道として
        手宮・幌内間を走った幌内鉄道の開通に合わせて誕生した
        旧い駅です。

Zenibako

         「銭函」。大判小判がざっくざくだったのでしょうか。

Zenibako2

         札幌軟石で大正末期に建てられた質屋の蔵。
        現在は「喫茶店・大坂屋」。

Zenibako3

         「大坂屋」の入口。1階も2階も混んでいました。

Zenibako4

         スパゲテイ・ナポリタン。味が濃くて働き盛りの若者にピッタリ!
           手を付けてから思い出してカメラに収めて失礼いたします。

Zenibako5

2016年4月 6日 (水)

再建された老舗旅館「宏楽園」

 春らしい日差しと思い外へ出ますと、まだ冷たい風にたじろぎます。
きょうは、近くの小学校では午前中に、中学校では午後から、入学式でした。
小学1年生はどの子も可愛いですねぇ。両親に手を引かれて・・・
親も子も夢いっぱいでしよう。
中学生は真新しい制服がちょっぴり大きくて・・・
制服は決まっているけれど、制帽はないですねぇ。中学1年から受験でハッパを
かけられていることでしょう。健康第一に楽しい学校生活を送って欲しいものす。

 ちょっとタイトルから外れましたが・・・・
2014年12月に火災で本館が殆ど焼失した朝里川温泉・老舗旅館「宏楽園」が
再建されて、6日7日と午後1時から一般向けの内覧会が行われています。
この旅館(温泉)は、1957年開業、当時はまだ桜も幼木でしたが、職場で
お花見や、親戚の集まりなどで良く行きましたので、今回の再建は、他人事とは
思えずにとても嬉しいことです。明るくて落ち着いた雰囲気。
再建されたら、又、集まろうという声もあり、行って来ました。
我が家からは近いので、桜の花の咲くころが楽しみです。
小樽の桜の名所。火災で桜が傷められず安心しています。

 4/6 朝里川温泉・老舗旅館「宏楽園」。

Onsen

       桜はまだまだ。今年も満開のころが待ち遠しい。

Onsen1

        宏楽園入口近くの池。やがて「鯉」も姿を見せるでしょう。

Onsen2

       宏楽園の玄関。

 

Onsen3

       お花の贈り物がいっぱい。

Onsen4

       露天風呂付部屋の入口。内覧の客が多く、中は撮られず残念!

Onsen5

        露天風呂付きの個室で。お値段は高いでしょうねぇ。

Onsen6

        この画像は2014年春、宏楽園の桜です。満開の桜が楽しみです。

Sakura

2016年4月 3日 (日)

4月・・・

 雪解けが早く進んで、例年よりも早い春の訪れ・・・という感じです。
3月の初めころは「おたる雛めぐり」の催事があって、隣の町、新光町へ
出掛けた時は、まだ深い雪でしたが、溶けだすと本当に早いものです。

3月はいろいろなことがあって、道南で暮らした折に、大変お世話になり
お互いに離れ離れになってからも、親しくしていただいた方の
ご主人様がお亡くなりになり、この春こそはお会いするつもりで居りましたのに
とても残念でした。89歳でした。お孫さんのようなお嬢さんがいて、我が家の
末娘とも良く行ったり来たりで仲良しでした。道南の訛り言葉・・・今も懐かしく
想い出します。「せこちゃんのパパ」のご冥福を祈ります。

拙い私のブログを、度々訪れて、コメントをお寄せ下さっている六花さんの
ご主人様、えぞを様、きっとお元気になられると思っていたのですが、
六花さん、お子様達、お孫様の祈りも届かず・・・。私はお会いしたことは
ございませんでしたが大切な方にお別れしました。私の知らない小樽のことなど
お会いする機会があったら、お聞きしたいことが沢山ございました。
道東の遅い春、桜の咲くころには、皆様お元気を取り戻して下さいますように。

4月、この春は、姪のところの叶怜(かれん)が、小学校1年生!
学童保育にも早く慣れて、健康に気を付けて、車にも気を付けて、元気に
通学するように願っています。この子は生まれた当時、私のブログに
写真を載せたのです。私のブログ歴も長くなったものです。

  黄昏の小樽運河。観光のお客も少なくなる黄昏時、運河はとても静かです。

Canal

Canal1

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »