« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

友人とのおしゃべり

 昨日は、久しぶりに春の陽気。
かねてから約束の友人達4人集まっておしゃべりした。

鏡を覗かなければ、自分では若いと思っている「ワルばあさん」。
高校時代からの友達は、20~30歳代は手紙や年賀状のやり取りで
過ぎてしまったけれど、この頃は揃って80歳代に突入。
連れ合いも、みなまぁまぁ元気。

これからの老後をどう過ごすか・・・今はまだ「鏡を覗かなければ」、
まだまだ若いと思っている!(笑)

  3/29(火) オーセント・ホテル「入舟」で。

        お品書き:沢山写真を撮りたかったけれど、おしゃべりに花が咲き
        揚げ物、ちらしずし、味噌椀、水菓子・・・おまけのコーヒーは
        載せることはできなかった。
        

Dscn4866

          お造り:その他・・・

Dscn4867

          焼き物:サクラマスの葛みそ焼き ヤマウドのたまり漬
               ほんのり蕗の薹の香りがして美味しかった。

Dscn4870
 

 

2016年3月26日 (土)

久しぶり!

 久しぶりにきょうは暖かになりました。気温6℃。この気温で暖かいと
喜んでいましたら、何時でしたか・・・九州の寒中だ!と、友達に笑われました。

 北国には、この時季プラス気温はありがたく、積雪も随分と溶けました。
この冬、雪が少ないのをよいことに、屋根から落ちた雪をそのまま手をかけずに
おりましたら、雪囲いをしてあったにも関わらず、風呂場のガラスに氷が当たって
割れてしまいました。すぐガラスは入りましたが、積もった雪の溶けるのを待って
雪囲いを外してからでなければ、窓が収まらない。しかたなくダンボールで
一時しのぎで、きょうは久しぶりにお風呂を沸かして入りました。
このような時、銭湯が近くですと助かりますが、2軒もあった銭湯が無くなって久しく
温泉へ行きましたが、やはり自宅のお風呂はあずましい!(笑)。

 きょうは久しぶりに、稲子さんと朔久良ちゃんに、ようやく会えました。
元気だったので安心しました。相変わらず賢明な彼女!
子供が大きくなるにつれて、いろいろと難しいこともあるけれど、どうか
健康に気を付けて暮らしてくださいね。会えて本当に嬉しかった!

 奇数月に集まる小樽在住の中学時代の同期会、昭和26年卒業だから
26会が仁禄会。もう卒業から64年・・・
あの戦時中、戦後、一緒に過ごした同期生。
集まると一人ひとり愛おしく、懐かしい。
これからもみんな元気で生きていきましょう。この次は5月26日(木)。
体調を崩された方、一日も早い回復をと祈ります。

 平成28年3月26日、北海道新幹線開業。これから小樽新駅も出来て
札幌迄は15年もかかるとか・・・・・私は果たして生きているだろうか・・・

2016年3月22日 (火)

早春

 昨日の朝は、雪で真っ白!昼間は寒いと思っても、雪は融けました。
東京辺り、桜の開花宣言ということでお花見をして賑やかな光景がテレビに
映し出されておりました。こちらはゴールデン・ウイークには咲くでしょうか・・・

近くのスーパーへ行く途中、ようやく「フキノトウ」をみつけました。
辺りはまだ雪の壁ですから、とても寒く感じます。
近くの雑木林の「根開け」、子供の自転車、三輪車・・・いよいよ早春です。

  3/22(火) 早春

          フキノトウ・・・ようやく目覚めた!

Dscn4847

        道路が乾くと、子供達の歓声が・・・自転車うまくなったよ~!

Dscn4848

          「根開け」。樹木の周りが広がってくる。

Dscn4849

          これは「クロッカス」の芽だろうか・・・

Dscn4851

          冬の間、居間の片隅で越冬の植物。早く屋外で陽を浴びたい!

Dscn4865

2016年3月20日 (日)

お彼岸なのに・・・

 「暑さ寒さも彼岸まで」といいますから、これからはだんだんと暖かくなって
来るでしょうか。きょうは小雪がちらつきとても寒い1日でした。
それでも、雪解けは進んでいますから、冷たいのは風なのでしょう。

お寺やお墓へ先祖のお参りに行かなければならないのですが、
もう少し暖かくなってからと思い、きょうは小樽水族館へ行きました。
水族館のある小樽市祝津へは、まだ小学生のころ、父や弟たちと良く行きました。
長い道程・・・確か歩いて行ったと記憶しています。
まだ、水族館が出来る話等、聞かなかったころのことです。
浜へ着きますと父の知り合いなのか、漁網を繕う漁師とのんびり
談笑していたことを思い出します。

きょうは浜風が強くて寒くて寒くて、手も凍えました。家族連れが大勢!
水族館の中は大賑わいでした。水族館を出て、展望台の方へ向かいましたが
風と寒さで、写真もそこそこに逃げ出して来ました。
3月19日(土)から11月27日(日)迄、通常営業とのこと。
また今度、暖かくなったら行ってみよう・・・と思っています。

 3/20(日) 小樽水族館・界隈

          パノラマ展望台への途中で。

Dscf6945

        パノラマ展望台への途中で・・・祝津漁港

Dscf6946

            パノラマ展望台から、日和山灯台、鰊御殿、手前は怪獣公園。

Dscf6948

          日本海の波が畝っていた。

Dscf6952

          怪獣公園へ下るところにある立札。風が強く下るのを諦める。

S1

          色合いが珍しい。名前をどこかへ書き忘れ。

S2

           珍しい魚・3種なのですが・・・

S3

2016年3月18日 (金)

雪解け

 この冬は、幾分降雪が少なかったので、雪解けも早く進んでいます。
街へ出ますと、もう、スニーカーや革靴でよい状態ですが、我が家の近辺は
まだまだ雪があります。このごろは除雪のブルトーザーも地面すれすれに
雪をさらってくれるので、一足早く舗装道路が現れます。
路肩の雪は1mも積み上がる状態です。

氷割も春の風物詩・・・春のお彼岸を迎えるころに、ツルハシで割りますが、
年取ると腕が痛い、腰は痛い、ちょっとキツイですねぇ。
でも、綺麗に早く雪解けが進み、水仙など・・・ちょこっと頭を擡げる光景は
北国の春・・・嬉しいことです。

  氷割・・・3/17

            氷割・・・春の訪れを楽しみに・・・

Dscn4836

            氷を割って。

Dscn4837

          近くの林はまだ雪。エンレイソウやエゾエンゴサクが楽しみ。

Dscn4838

            クンシランも満開

Dscn4839

2016年3月12日 (土)

独り言・・・

 東日本大震災から5年、昨日きょうとテレビで放映の当時の映像を
視ていて、もしもこの事件が、我が家に・・・私に起きていたら・・・
どうなっていただろうかと考えていた。
大揺れの後、大津波・・・想像するだけでも恐ろしい。
小樽では大丈夫だろう、こんなことは多分無いだろうと、どこかで思っている。

もしもこのようなことが起こったら、蓄えは無し(お金、備蓄食料は無し・・・)。
全くの「キノミキノママ」。もしも深夜に起こったら・・・よれよれの寝間着姿。
思っても恐ろしい。
自然の驚異、何時どうなるか、自分の生死も分からないのだ。と、反省
このところ毎日寒い。異常気象なのか。日中小雪ちらつく・・・。

  クンシラン・・・叔父(父方の)の育てていたクンシラン。お彼岸も近づく。

Dscn4815

Dscn4819

Dscn4821

Dscn4827

2016年3月11日 (金)

あれから5年・・・

 東日本大震災から5年、関連死を含めて2万1千人を超える犠牲者、
改めて心からのご冥福を祈ります。未だ行方不明者も・・・。

また、仮設住宅や避難先の住まいで、不自由な暮らしを強いられている方々、
一日も早く日常の暮らしが戻りますように。

当日、我が家でも福島市で学寮で暮らす孫、埼玉や茨城で暮らす娘家族、
連絡がとれるまでの心痛は思い出しても恐ろしくなります。
埼玉で高校の卒業式だった孫は、北大の2次試験を受けるので、
式後、羽田から新千歳空港へ向かうはずだったのですが、連絡が取れず
心配で新千歳空港まで迎えに出ましたが、羽田へ向かう途中の電車に
閉じ込められているという。それでも最終便まで待って、最終ぎりぎりの
電車で小樽へ帰って来たことなど忘れることはありません。
幸いなことに、みんな無事だと知ったのは3日後。 

苫小牧港からフェリーで大船渡港へ向かった知り合いの安否も気にかかり、
3日後にお元気だと知りました。相馬市の知り合いは3年ほど行方知れず、
家財全部が流されて記憶にあった娘さんの電話番号だけが頼りとなったとか。
一言で言えば簡単ですが、当事者はどんな思いで過ごしたか・・・
5年は長いようで短く・・・
それにしてもテレビで視る当日の災害の様子、悲しいですねぇ。

2016年3月 6日 (日)

菜の花

 きょうは4月初旬から中旬並みの気温と報じています。
暖かくなるのはいいけれど、まだ雪のある北国、道路のグシャグシャには
閉口します。そういえば小樽はゴム長靴製造の街。
ミツウマゴム、ダイイチゴム・・・
素敵なデザインで売り出されているゴム長靴、一足新調しようかなぁ。

スーパーの野菜売り場で買い求めた「菜の花」の束。「おひたし」には多いので
口広の空き瓶に挿して置きましたら、綺麗な「菜の花」咲きました。
大好きな花!春らしくていいですねぇ。外はまだ雪の山・・・
春待ち遠しいこのごろです。

  3/6(日) 菜の花

          菜の花・・・3日に買った時には小さな蕾でしたが。

 

Dscn4787

           「トラチスカンチャ」も挿し芽で・・・やはり春ですねぇ。
          敷物は「ハンダーガー・ステッチ」のテーブル・センター・・刺繍・・

Dscn4788

2016年3月 3日 (木)

お雛まつり

 3月3日「お雛まつり」・・・幼い頃の「お雛まつり」想い出しておりました。
子供たちと暮らした当時のことよりも、自分の幼いころを想いかえして、
両親や弟妹を何故か、とても懐かしく思います。

裕福ではなかったけれど、私の初節句には「お雛さま」を求めてくれた両親、
高価な雛ではなかったけれど、母が元気だったころは毎年飾っていました。
その80年も前の「お雛様」私のそばにあります。

きょうは「ちらしずし」を作って、今まで元気に過ごしてきたことに感謝。ないしょ。

  自分のために楽しんだ「お雛まつり」。

          鱈で作った「そぼろ」。

Dscn4758

          ちらしずし

Dscn4771

            お雛まつりの和菓子。もったいなくて・・・

 

Dscn4767

2016年3月 2日 (水)

3月を迎えて。

 2月29日の夜から3月1日と、北海道全域に渡り、低気圧の影響で
大荒れに見舞われました。
暴風雪・・・毎年3月に入りましても、安心の出来ないもので、陸海空の
交通機関の乱れ、学校の臨時休校、高校卒業式延期等本当に困ったものです。
吹雪には外出を控える等できる者は良いのですが働き盛りが休む訳にもいかず、
大変な思いで出掛けたことでしょう。
小樽市内は、他の地域から比べますとまだ、被害は少なかったようですが、
吹雪によって出来た吹き溜まり、我が家は風の向きで、今回は良く溜りました。
除雪で右腕が痛くなってしまいました。早く、暖かくならないかなぁ~!

明日は「桃の節句」。鱈を買って来たので、「そぼろ」を作り、「ちらしずし」を
作って食べようと思います。
孫娘が来て手伝って貰ったので「お雛さま」も飾ったし。
きょうは、日差しが眩しいほどに・・・さぁ!3月だ!頑張ろう!(笑)。

  ひな祭りに・・・

              孫娘に手伝って貰って。我が家の「お雛さん」。
              ピンボケ!ごめんなさい。

Dscn4705_2

               明日までは間に合いそう!タペストリー作成。

Dscn4755_2

          手の平に乗るようなお雛さま。狸庵で求めたもの。

Dscn4747_2

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »