« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

小樽運河・いまむかし

 きょうは「昭和の日」。連休はきょうからと言う所もあるようです。
連日の好天で、近くの桜も散り始めました。
大型連休中は葉桜になってしまいそうです。

4月25日(土)から、市立小樽美術館で「小樽運河・いまむかし」の
特別展を7月5日(日)迄、開催中です。

懐かしい画家の水彩画や油絵、版画。小樽運河の活気のあった頃の
様子が描かれています。
小樽運河には艀・・・懐かしい風景に、この運河で働いた大勢の
労働者を忍ひと時でした。

  4/29(水) 市立小樽美術館で
   絵画は「パンフレット」からお借りいたしました。

            きょうの小樽運河

Dscn3382_2
          「小樽運河・いまむかし」のパンフレット
          元になっている絵画は「小樽運河保存」に貢献なさった
          藤森 茂男氏(故人)による。

Img044

          大和屋 巌   「運河暮色」 1985   水彩
          中学校時代の美術の先生。2012 にお亡くなりになっていて
          驚いております。

Img045

          石塚常男 「小樽運河(夏)」   1975 油彩

Img046

2015年4月28日 (火)

春の花々

 きょうは、気温16℃、風も穏やかな1日でした。
昨日は、道内でも31℃にもなった地域もあり、これからの天気模様が心配です。
夕方になりましたら、寒くてストーブを使っていますが、年のせいかなぁ・・・。

この頃は遠出が億劫で、近くで「春の花々」を探しています。
花壇に咲く花よりも、山野の自然に咲く花に魅力がありますが、27年も前に
移り住んだ頃と違って、随分と野の花が少なくなりました。
特に「エゾエンゴサク」の群落があったのですが、花も小さく群落にはもう
程遠い・・・残念です。エンレイソウも何故か色褪せた感じ。
まだ、雪の下にあって、もう少ししましたらもう1度、近くの野山を覗く予定です。

  4/28(火) 小樽市桜町で・・・

         これは昨日朝、今年最初に寄港のクルーズ客船・・・
        船籍:アメリカ  クリスタル・シンホニー(51、044t)小樽初寄港。
                 小樽駅前から写す。

Dscn3338

          少なくなった「エゾエンゴサク」

Dscn3340

          エゾエンゴサク

Dscn3347

          エゾエンゴサクとエンレイソウ・・・咲いているままに。

Dscn3354

         ご近所の梅の花

Dscn3357

         梅の花

Dscn3359

         エゾヤマザクラ

Dscn3364

          この花は春1番に咲くけれど・・・ユキノシタと聞きましたが・・・

Dscn3379

2015年4月26日 (日)

さいた さいた

 昨日から近所でも桜の花を観られるようになりました。
小樽は、22日にソメイヨシノの開花宣言。
きょうは風が強くて、ちょっと心配ですが、これから手宮公園、花園公園、
長橋なえぼ公園、天上寺・・・と「小樽の桜名所めぐり」も楽しみになります。
きょうは、近くの桜です。驚くほどの早さで桜は海側から山側へと上るように
咲きだします。辛夷も梅も桜も、いっぺんに咲きだします。

  4/26(日) 小樽市桜町にて

         辛夷咲くあぁ!北国の春♪

Dscn3323

         H社宅の桜

Dscn3324

         熊碓川のほとりで。

Dscn3329

         梅の花

Dscn3336


2015年4月25日 (土)

黄昏の小樽運河

 お天気が好いので、夕飯後、所用もかねて、小樽運河まで足を延ばした。
統一地方選挙の喧騒を背後で受けながら、明日は結果が出るだろうと・・・
どうか小樽市の行く末をしっかり守ってくれる人!入りますようにと、
祈りながら、急ぎ足の散策だった。

夕暮れ時とあって、観光客と思われる人々も少なくて、静かな運河界隈。
それでも観光ボートには大勢の人が乗っていた。小樽にもようやく春の訪れ。
桜も咲き始めたようだ。日当たり好いところの桜は、3分咲き。
間も無く満開となるだろう。例年より9日は早いとのこと。好天が続きますように。
夜8時頃家への坂道で空を仰ぐと月と星が綺麗だった。
明日(26日)は上弦の月。市長、市議会議員の選挙の日。私は
期日前投票で済ませた。

  4/25(土) 黄昏の小樽運河

         残雪も見える、黄昏の小樽運河。

Dscn3299

         運河に灯が点る。

Dscn3304

     エゾムラサキツツジが咲きだしたのに、囲いもとかず・・・

Dscn3306

         まだ遠くの山々は残雪。観光ボートには観光客。

Dscn3307


         黄昏の空に月が美しい。明日(26日)は上弦の月

Dscn3315

2015年4月23日 (木)

幻の滝

 昨日きょうと、暖かな日和です。
松前町でソメイヨシノが咲いたと報じられて、次の日の22日、札幌市でも
開花宣言。1週間から9日は早い「桜開花宣言」です。
5月初めに「桜めぐり」を予定していますが、この分ですと散ってしまうのでは・・・
とても気にかかります。

小樽・手宮公園の雪解けになりますと、公園からの雪解け水が崖から、
下の道道に落ちて、手宮の「幻の滝」として出現します。
丁度、手宮・古代文字のある辺り。
新聞に出ていましたので、昨日行って見ましたら、崖上からちょろちょろと・・・
少し遅かったのか、「滝」とは言えません。

この「幻の滝」は、明治15年(1882)に明治天皇のご行幸のために確保された
ご前水井から溢れる水で「ご前水の滝」とも呼ばれているそうです。
今年は雪解けも早く、この「滝」は3月初めから現れていたらしい。
知っている者しか、多分、気にも留め無くなってしまっているようです。

 「幻の滝」 4/22(水)

                 何年か前に写した写真。頂いた写真です。

Cid_image002_jpg01d07b53

            水はちょろちょろと・・・4月22日撮影。

Dscn3293

2015年4月21日 (火)

坂路を歩いて・・・

 風が少し強いものの、久し振りの晴れ模様。
きょうは函館で昭和28年の観測以来2番目に早い桜開花宣言をしていました。
この調子ですと5月の連休には少し散りかかっているかも知れないと心配です。

きょう市役所へ行く用事があり市長と市議会議員の期日前投票をして来ました。
身近な選挙だけに、候補者も応援者も声を張り上げての応援。町内からも
市長候補、市議会議員、立候補しています。夕方には、ある市議会議員候補の
演説も聞いて来ました。もう50年位も前になりますが、選挙好きな伯父の
手伝いをしましたが、まぁ~!大変でした。勝か負けるか・・・
勝った時の喜びは一入!幸いにも負けたことは無かったけれど、訳も判らず
手伝っていたものだなぁと、つくづく今になって思うのです。

市役所と勤労女性センターで用事を済ませ、2カ月毎の健康検診には
予約時間に少し間があり、近くの「地獄坂」を上り、カトリック富岡教会の
写真を撮って来ました。
「地獄坂」・・・小樽は坂の街、いろいろな名前の付いた坂があります。
小樽商大へ上る坂路が「地獄坂」です。
今は、この坂路も商大行きのバスが通る様になりました。
この路の途中には私の知っているだけで教会3軒、小樽市総合福祉センター、
小学校、商業高校、病院など・・・近くには図書館、保健所もと市の中心部です。

 4/21 地獄坂を上って

            ここから地獄坂

Dscn3286

            坂路へ上る途中に坂道の看板あり。

Dscn3287

             カトリック富岡教会

Dscn3289

         素敵な構えの美容室まえで。

Dscn3292

2015年4月18日 (土)

水面はまだ凍っているダム

 日が照るとやはり暖かい。きょうは、雪囲いの窓枠を外した。
途中から投げ出してしまった家の裏の除雪、残雪は今月中には消えるでしょう。
と、のんきに構えていますが、窓の雪囲いは何となくみすぼらしい。
雪のある方が、柱が倒れても衝撃が少ないので、のこのこ始めた。
くぎ抜きは明日にしよう。

家の周りや近くの道端に「蕗の薹」があって、採って「蕗の薹味噌」を
作りたいけれど、もっと山奥へ入って、綺麗な環境の「蕗の薹」をみつけようと、
友人と朝里川温泉を越えて、朝里ダム近くまで車まで行ってみた。
ひや~!ダムの水面はまだ、氷に覆われているではないか。
所々、水面を覗かせていた。目的の「蕗の薹」などまだ先のこと。
朝里ダムを越えて、朝里峠に向かい定山渓への路は19時から7時まで
通行止め。

早春、春夏秋、初冬と物好きに訪れて、ダムを写真に収めているけれど、
この辺の春はこれから、遠くの山々の稜線を眺めながらのドライブだった。

  4/18 小樽・朝里ダム(おたるない湖)

         山々には残雪。湖面は氷に覆われて春待ち遠しい朝里ダム。

Dscn3281

          朝里ダムの早春。

Dscn3282

          山々の稜線がはっきりしている。

Dscn3283

          ダムはまだ氷に覆われていた。

Dscn3284

          岸辺に近い所だけ、水面を覗かせていた。

Dscn3285

2015年4月15日 (水)

食改善総会

 春のうららかな日差しに桜もそろそろお目覚めかなぁ・・・と思っていましたら、
きょうは生憎の雨。所用で出掛けましたが気温も低く、寒く感じました。
この雨が、山間部では雪に変わるとか・・・

昨日は好天に恵まれて、小樽食生活改善協議会総会も無事終了しました。
平成27年度の催事予定も決まり、又、地味ながらも、健康のために活動を
始めましょう。「私達の健康は私たちの手で」。

研修に保健師渋間朋子様の講義、高齢者も多く、みんな真剣に聴講しました。
「老人のもの忘れ」と「認知症のもの忘れ」の違いなど興味深く聞き入りました。

 4/14(火) 小樽食生活改善協議会(食改善)総会

         小樽食改善会長の挨拶。スローガン「私たちの健康は私たちの手で」。

Dscn3278

          渋間朋子保健師の「認知症について」のお話を聴く会員。

Dscn3279

          小樽市医療保健部介護保健課保健師 渋間朋子様の講演。

 

Dscn3280


2015年4月13日 (月)

ヨット・ハーバー

 近くの商業施設へ行きますと、すぐ傍がヨット・ハーバー。
昔の小樽築港駅の裏と言ったら、石炭が山になっていて、滅多に行くことなど
無かったけれど、小樽臨海公園も出来て、これから賑やかになるでしょう。
すっかり変わっていて、昔の面影はない。

きょうは暖かく、のんびり海岸線を歩いた。
心地よい春風にのって、磯の香りが・・・
シートで覆われていたヨットも、久し振りにエンジン始動。

候補者の声も聞かぬうちに選挙は終わってしまった。

 4/13(月)

          ようやく冬期間覆われていたシートを外して・・・

Dscf6870

          遠くの山々にはまだ、残雪が・・・

Dscf6871

          係留しているヨット

Dscf6872

          ヨットハーバーの近くには、グランド・パークホテル

Dscf6873

          ヨットの手入れに余念がない若者。

Dscf6874

          ヨット始動!

Dscf6876

          小樽築港駅裏・・・高台には「鰊御殿・銀鱗荘」

Dscf6889

2015年4月10日 (金)

迷い・・・

 昨日、テンプレートを変更したのですが、どうもしっくりしないですねぇ。
それでまた元に戻しました。しばらく、いろいろとテストいたします。私の
心の迷いそのままに・・・お見苦しいでしょうがお許し下さい。

きょうは晴れ!久し振りに暖かな日差しです。

 4/5 祝津にて鰊御殿へ上る途中。

          いつもとは反対側、右からホテルノイシュロス小樽、
                    おたる水族館・・・画面下は「海獣館」を望む。
         まだ残雪あり、寒々としていた。

S11

 

2015年4月 7日 (火)

寒の戻り

 今朝の気温、1.2℃。ストーブはまだ点けっぱなしの生活が続きます。
外へ出ましたら、雪がちらちらと・・・
もう、葉桜の便りも聞きますが、小樽はこれから春の訪れ、時季が来ましたら
桜も満開になるでしょう。この春は、桜の開花も4月末と報じられていますが、
この分ですと、5月初めかなぁ・・・と、空を眺めてしまいます。
「寒の戻り」、広辞苑で調べましたら、晩春や初夏に一時異常に冷気をもよおす
現象と載っています。私は、「寒(かん)」が明けて、2月頃、再び寒中のごとく
寒さに見舞われることを言うのかと・・・この年齢まで思っていました。

小学校の入学式も終わり、可愛い入学記念写真が送られて来ました。
どんなにか親子共々嬉しいことでしょう。
ご近所に暮らしたことのあるSちゃん。おめでとう

きょう4月7日は私にとっても記念すべき日。ナイショ。
久し振りにスーパーでお花を買いました。
寒の戻り、まだまだ春には遠いようですが、心は春気分。

 4/7(火)

          スーパーでも安価で綺麗なお花が豊富。うれしいですね。

Dscf6785_2

          妹からの贈り物

Dscn3270

 

 

2015年4月 5日 (日)

小樽・鰊御殿

 魚屋さんの店頭に鰊が並びますと、立派な鰊御殿を思い出します。
かっては浜に鰊漁場に繁栄をもたらし、網元の親方は、競って立派な
住み家として御殿のような家を建築「鰊御殿」と言われて残っています。

その多くは、積丹半島にありましたが、昭和29年を境に鰊漁はすたれ、
御殿も売りに出されたり、そのまま朽ちてしまったようです。

小樽市・祝津3丁目に建つ「鰊御殿」は、道指定有形文化財になっていて、
現存する鰊漁場建築として道内最大級。後志管内泊村にあったものを
当時の北炭が買い取り、現在の祝津に移築(昭和33年・1958)。
後に小樽市へ寄贈されました。
網元の田中福松が(明治30年・1897)建てた御殿です。
小樽市・桜1丁目の「銀鱗荘」も余市から移築したものです。

他に祝津には網元・白鳥家も残っています。
近年、小樽市熊碓や忍路に群来がみられ、幻の魚「鰊」への夢がまたまた
膨らんでいるようです。

きょうは午前中晴れていましたが、午後からは急に気温が下がり、
雪のマークは当りかなぁ・・・と、思いました。
4月4日(土)から祝津・鰊御殿は営業開始。11月23日迄。
バスでひと足早い観光客をしてきました。

  4/5(日)小樽市祝津にて

     かっての鰊漁場網元・白鳥家

S1

    鰊御殿と日和山灯台

S2

     小樽祝津に建つ「鰊御殿」。左側に紅白で見えるのは「日和山灯台」。

S3

     鰊御殿2階の広間。

S4

    目の前に広がる祝津の浜

S5

    鰊御殿2階から祝津の浜を望む。

S6

     鰊御殿内部に陳列の、昔のモッコ(運搬用の木製具)など・・・

S7

     上は「鰊御殿」。下もかっては漁場建築で賑やかだったことでしょう。

S8


2015年4月 2日 (木)

便利だったものが・・・

 きょう夕方、渡島・福島の知人から電話があった。
もう、35年か前に隣人のHさんの訃報。
「しばらくだね~、元気?今朝の新聞見た?」・・・そう言えば今日は新聞を
開いていない。こういう日に限って・・・
夫の元上司の「おくやみ」が載っていた。

長いこと、奥様のことも判らない状態で、病に伏していた。隣家であったから
何かとお世話になった方。また悲しい知らせであった。

この頃思うのだけれど・・・民営になっての郵便局、とても不便になったと思う。
電信為替が無くなったこと。遠方で直ぐに行かれず、お悔やみの電報と
心ばかりのお香典を送るのにとても重宝だったのだけれどねぇ。

レタックスで、お悔やみの言葉、現金送金でお香典・・・。又は、弔電とお香典
現金送金。

メモをして自分の電話番号と名前、宛名住所と受け取りの方の名前。
お悔やみの言葉・・・予め自分で考えた言葉を伝える。
「お亡くなりになったかたは、どういうご関係ですか?」
「夫の元、上司のかたですが・・・」
「それでは、ご主人様ではなくて、H・I様か、元の役職になさったほうが・・・」
いろいろ文章を直されて、電文が出来上がり、文字は横書きか縦書きか、
台紙の種類と値段を決める。
前なら、郵便局で、電文にお香典も添えて送れたのに。
便利な世の中というけれど、電話局へは電話で弔電、郵便局へ送金を頼み
随分不便になったと思う。

キクサキイチゲ

Dscn1530

2015年4月 1日 (水)

卯月

 愈々4月。何か新鮮な年を迎えた様な・・・
孫たちも、高校、大学進学、大学学部進学と、ようやく落ち着いた。
親たちはさぞかし、経済的にも大変な時期・・・。健康に気をつけて
頑張って欲しいと思う。振り返ってみれば、私共もこの時季、転勤・引っ越し、
子供の進学、何やら大変だったけれど、後ろは振り向かぬ。

きょうは選抜高校野球で北海道人?としては東海大四の準優勝本当に残念!
そういえば52年も前に、地元出身者が北海高校監督で、今日の様なことが
あったなぁ・・・と、海辺に近い町で応援したことを思い出した。まだ、ラジオで
聴いていた気がする。

あぁ、ようやく春が来た!
もう先の知れた人生、毎日を大切に過ごそう。と言うことで、
午後から美容室へ。
2月3月休講していた「パソコン」も週一回、毎金曜日に始まる。
画像処理ソフトを使っての学習。楽しみにしている。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »