« 年の瀬も押し迫って・・・ | トップページ | 穏やかなお正月 »

2015年1月 1日 (木)

元旦

 みなさま あけましておめでとうございます。
今年も、健康で佳いお年でありますように、心から祈念申し上げます。
拙いブログでございますが、今年もお付き合い頂けますように
宜しくお願い致します。                     管理人

*******************************************************
 お天気予報が気になりましたが、穏やかなお元日でございます。
除雪の無い朝、何よりも嬉しいです。

大晦日は、札幌にいる孫息子が来ましたので、何時もは高齢者だけの家も、
何かしら賑やかに過ごしました。
毎年、同じ「おせち料理」ですが、お蔭さまで美味しく頂きました。
今年は、私もいよいよ80代の仲間になります。
このブログも何時まで続けることが出来るか・・・と思いますが、
もう少し続けてみようと考えているところです。

新しい年を迎えて、今年の読書計画や行って観たい所など想像していますが、
せいぜい近くで日帰り・・・今から、まだまだ遠い春の訪れを
待ち焦がれております。
何よりも、雪路の事故を起こさぬように気をつけたいと思います。

camera 12/30 大安で住吉神社へお参りの折に撮った映像です。

          願い事か・・・参拝者の願いが結ばれていました。

1

          本殿は工事中か・・・昨年も同じ状態ですから長くかかっている。

2

          昭和9(1934)年。道内では最古の社務所です。

3

          社務所車寄せの入り口。

4

5
     *追記・・・社務所について。

 小樽市指定歴史的建造物 住吉神社社務所
 (昭和9年(1934) 構造:木造)

 住吉神社社務所は、整った和風建築で、木造の社務所としては、
道内で最大の規模です。
平面は中央に中庭を設ける「口」の字形で、本館、客殿、社務所の関係諸室
からなっています。
中央車寄せと社務所車寄せは、唐破風の屋根をかけ、母屋の千鳥破風と対に
なっています。

 設計は、旧小樽区公会堂の設計者としても知られる地元の加藤忠五郎で
大虎が施行しています。       小樽市

****************************************************************

 これは、社務所前に立ててある、説明板からお借りしております。

 

 

« 年の瀬も押し迫って・・・ | トップページ | 穏やかなお正月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hiroさん 新年おめでとうございます。

写真から やはり雪深くて 私のイメージをこわしません。
住吉神社は 長年「社が丘」に住んでいましたから・・懐かしいところです。

朝ドラもいよいよ 余市ですね~~

今年もどうぞよろしくお願い致します。 

野の花様
遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
道東も穏やかな新年をお迎えのようですね。小樽は
今朝、除雪のひと仕事がありましたけれど、朝早く起きて除雪なさる方が
ご近所にいらっしゃいまして、雪を寄せて下さいましたから助かりました。

住吉神社の階段、毎年上りながら、これでお終いにしよう…なんて思うのですが、
まだ、大丈夫でした。初詣には、押されて将棋倒しになったら困りますから、
何年も行っておりません。私の訪れました時はとても静かでした。
小樽も、色々変わっているのですが、良くなっているのかどうか・・・
除雪費節約なのか、年末に1回は入る除雪車もまだきません。
まぁ、すっぽりと雪に埋まって楽しく過ごします。・・・やせ我慢snowsnow

hiroさん 今年もよろしくお願いいたします。
お正月できませんので、神社への初詣はしませんでした。
でも大晦日から息子家族4人が泊まり、元旦には娘たちも来て
賑やかでした。
2,3日は箱根駅伝をゆっくり観て、主人の出身校を応援してました。
住吉神社の雪の多いこと、転ばず良かったですね。

kiki さん 今年もよろしくお願い致します。
お子様家族で、賑やかで何よりでしたね。我が家も孫息子が来ましたから
楽しく過ごしました。明日から授業で、きょう夕方札幌へ帰りました。
雪はまだまだ積もります。
kiki さんもお体に気をつけて、新しい年をお過ごし下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年の瀬も押し迫って・・・ | トップページ | 穏やかなお正月 »