« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

年の瀬も押し迫って・・・

 26日(金)27日(土)と2日間に渡り、小樽も大雪に見舞われました。
山手に位置する我が家の周りは、いっぺんに、すっぽりと雪に包まれて、
27日は、1日除雪に追われてしまいました。
除雪機も使いますが、灯油の目減りの酷いこと。大かた、家の周りに
積み重ねています。車の通る道筋はどうしても開けなければなりません。
ご近所総出の除雪。今年もみなさんにとても助けて頂きました。

28日(日)、この日は最高気温4℃。今度は屋根からの雪がどっと落ちました。
かちかちに凍った外の階段も、すっかり溶けて・・・お天道様の威力に感激。
この冬もこの様な事を繰り返しながら新年を迎え春の来るのを待つのでしょう。
平凡ながら兎に角、今年も年の瀬を迎えております。

  住吉神社で・・・28日大安、お札を頂きに。

Sumiyosi1_2



2014年12月24日 (水)

クリスマス

 今夜はクリスマス・イヴ、教会へお出かけの方達もいらっしゃるでしょう。私の
幼い頃には、現在のようなクリスマスで騒ぐことはありませんでしたし、プレゼントは
お正月のお年玉が何よりの楽しみでした。
それでも、暮れになりますと、メリヤスの下着や、母の手編みのセーターや、
手袋など楽しみでした。

我が家の娘達の子供のころになりますと、リカちゃんがプレゼントに。
おりこうさんしていると、サンタさんが届けてくれるよ、なんて言って、無理して
買っていたと思います。リカちゃんハウスも買いましたよ。
いつの時代も、子供のプレゼントには流行りがあって、この頃は孫達も大きくなって、私も
おもちゃ売り場へ行くことも無くなりました。

きょう次女から、以前私が刺しゅうしたクリスマスの小さな額を居間に飾っていると
メールが来ました。
それぞれに家庭を持ち、ささやかながらクリスマス・イヴも過ごしているようで、私には、
何よりのプレゼントです。

  次女からの画像。

Cid_image001_jpg01d01fa5

2014年12月23日 (火)

冬至も過ぎて・・・

 昨日は冬至。これから夏至に向かって畳の目程に段々と明るくなって来ると、
子供のころ、親から聞いていたのを思い出しました。
この日「あずきカボチャ」を食べて、風の予防、特に「ちゅうき」に当たらないと
真面目に毎年食べて来ました。

 

今年は「朔旦(さくたん)冬至」・・・(実際には2日程前なのだそうですが、)で、
おめでたい日なのだそうです。
「朔」は新月の意味、また「」は朝や夜明け、太陽が昇ってくるときという意味であり、
19年に1度だけ太陽の復活と月の復活が重なる「朔旦冬至」は、大昔より滅多に訪れることのない大変“おめでたい日”とされ、宮中などでも宴が催されていたといいます。

 

この次に訪れる「「朔旦冬至」に会うかどうか・・・
年を取りますと、どうも卑屈になって困ります。

ナナカマド 小樽運河で。

Nanakamado

 

2014年12月19日 (金)

暮れなずむ小樽運河

 昨日迄の嵐のざわつきが、ようやく治まって、きょうは静かな一日でした。
所用で出掛けたおりに、小樽運河まで行ってみました。

 

あと3日もすると冬至。まだ夕方5時ですが、辺りはもう薄暗く、25日まで
「青い運河」の催事に、イルミネーションが、暮れなずむ運河を照らし出して
綺麗でした。又、明日から荒れ模様とのこと。冬はこれから長いですねぇ。

 

  12/19(金) 小樽運河

          浅草橋付近

Dscn2807

Dscn2808

Dscn2809

2014年12月18日 (木)

冬の嵐・・・

 きょうで3日、毎日、冬の嵐の報道が吹き荒れました。まだ、続く様です。
北海道は道東、本州も・・・冬の嵐、心からお見舞い申し上げます。

テレビで視ていますと本当に酷いですね。同じ北海道にいて、地域によって
随分違いのあるもので驚きました。
きょうも外出を控えるようにと報道されますから、どうしようか迷いましたが、
様々用事があり出掛けました。この時季、観光のお客様が多くて、嵐も又、
ひとつのお土産話となることでしょう。小樽は積雪も少なく静かでしたが・・・

小樽駅で今、今年で4回目なのだそうですが、市内ガラス工房の展示会を
しております。
昼間見たので灯りはありませんが、夜見ますと、違った趣でしょう。
小樽駅を飾る沢山のランプ、この時季のガラス工房の素敵な小さな作品
これを視ますと、年の暮れを感じます。

 12/18(木) 小樽駅で・・・

          ケースに入っているガラス・アート

Dscn2795

          灯りを点すときれいでしょうねぇ。

Dscn2796

          ガラスのユキダルマ?

Dscn2797

          冬休み・・・・と言う題名

Dscn2798


Dscn2800

          ガラスの小物

Dscn2803

 

 

 

 

 

2014年12月13日 (土)

寒い一日

 きょうの寒いこと!日中でも-5℃、居間にいてストーブの火を高くしても
まぁ寒い。着膨れして過ごしています。

年中、休日のような暮らしでも、気忙しい年末。
若い頃はもっと忙しく過ごしていたと思うけれど・・・。家に電話無し、暖房は
石炭ストーブ、子供達の着る物は手作り、手編み・・・。自分の物だって編んだり、
縫ったり。漬け物、いずし・・・勿論、仕事もあって!頑張っていたものだ!
若かったからやって来れたのだと過ぎし日のあれこれを思い出してひとり笑い。

明日は衆議院議員総選挙投票日。雪の荒れ模様が気に掛かります。
1昨日の11日、夫の検診のあと、市役所で期日前投票を済ませました。
先ずは開票の結果を待つばかり。この先、どうなるのでしょう。心配です。

  12/13(土)

          手すさびに・・・アッシジ刺しゅうのテーブル・センターと、
        何時だったか、次女がテレビで視て作ったと言う「くまちゃん」。
         

Sisyu

A

 

2014年12月10日 (水)

12月に・・・

 先日降った雪は、そのまま根雪になりました。
これから4か月、雪との戦い!おおげさかな?でも年取る毎に憂鬱です。
明日は、夫の検診日ですから、せめて吹雪かないで欲しいのですが、
天気予報は良くありません。検診が終わったら、クリニックから近い
市役所へ寄って、期日前投票をして来ようと思っています。

 

12月は今までに、様々なことがあって・・実家の父、弟や義妹との別れ、
ずっと昔には8日は、大東亜戦争の開戦日で間もなく、まだ若かった
父(31歳)が兵隊に取られ終戦まで留守。それでも帰って来たから
良かったのですが・・・
叔父は4人の子供と身重の叔母と老父母を残して戦死しました。
この頃は、12月8日のことは、あまりマスコミに上がりませんね。私は
国民学校へ入学前のことですから、その朝、新聞を読んでいた父のことを
良く覚えています。もう73年も前のことです。

 

この頃は、写真も無くて・・・きょう友達に「はがき」を出そうと思い、
「はがき」を作成しましたから載せてみましょう。私の年齢ですと
友達はパソコンも携帯電話も使ってないので、手紙か「はがき」、
でも文字忘れに驚いています。

 

  12/10  はがき作成&印刷

 

Hagaki

2014年12月 6日 (土)

温泉旅館の火災

 この2~3日、寒い日が続き、降り積もった雪は根雪となりそうです。
昨日、所用で出掛けましたが街も歩き難く、足元に気を取られてまぁ、
疲れました。小樽は「坂の街」。これから転ばぬように、急がずに・・・
出掛ける時はバス停まで7分のところ、10分はみなくてはなりません。

4日、小樽市朝里川温泉の入り口にある温泉旅館「宏楽園」で火事、
昭和32年創業の旅館の内部全焼ということです。
何時もなら聴こえるサイレン、風の向きか・・・直ぐ近くながらテレビで
知りました。近所に知り合いもあり電話しましたら、無事でしたので
安心しました。この寒い暮れの火災、気をつけなければと思います。
泊まり客や従業員に1人も事故の無かった事は本当に良かったですね。

開業して間もないころ、お花見に行きましたり、実家の父や伯母の法事を
ここでしましたので、今度は何かお祝い事でもある時、宏楽園にしましょうと
初夏のころ妹と行って、温泉へ入り楽しんで来た所。

春のお花見、夏の薔薇の咲くころ、楽しみにしているのですから、きっと、
建て直して下さると思います。

2014年12月 3日 (水)

雪が降る~♪

 雪が降る~~あなたは来ない~♪なんて、のんびりと鼻歌まじりに
外へ出ましたらなんと!!30㎝近くの雪!わぁっ!驚きました。
昨夜は風も無い静かな夜でしたのに。

強い冬型の気圧配置は今夜までも続くそうで、日本海側や太平洋側で
荒れ模様、いよいよ雪の季節です。

12月1日から小樽運河では、夕暮れから「青い運河」の催事、
2日に衆院選公示、14日選挙・・・何やら気忙しい師走を迎えて、
雪将軍も応援にやって来ました。

  12/3(水) 家の近くで。

          家のベランダから雪を眺める。これからまだまだ、どんどん積もる。

Dscn2778

          いよいよ出番。毎日お世話になりますよ。

Dscn2779

          イチイ(オンコ)もすっぽりと綿帽子。

Dscn2783

          降りしきる雪・雪・雪

Dscn2785

          すっかり葉を落として冬の雑木林・・・

Dscn2786

          リンゴの木に採り残しか・・・小鳥のためか・・・

Dscn2787

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »