« 新緑 | トップページ | 好天続き・・・ »

2014年6月 1日 (日)

銀鱗荘

 きょうから6月。早いですねぇ。
ぼやぼやしていますと・・・すぐ寒くなりますsnow
このところお天気が好くて、植物に水やりが必要です。昨日は風が出て
いましたが、近くのS小学校の運動会、先ずは晴れの運動会でした。

 

家の中のことをしなくては、と思いながらも、青空に誘われて買い物途中
遠回りして「銀鱗荘」まで足を延ばしました。
同じ町内ですが、私の足で近道を通って、25分位かかります。家からは
見えているのですが・・・平磯岬。
途中には自然に生えている「エゾウツギ」や「オドリコソウ」等の野の花も
咲いていました。

 

きょうも猛暑のところもあるようですねぇ。小樽は今、20℃です。
座っているところからは、増毛連峰がはっきり見えますから、これから
お天気が崩れて来るようですね。
6月は海は穏やか・・・北海道観光には好い季節です。

 

* 銀鱗荘・・小樽市

              銀鱗荘入口・・平磯岬まで坂道ですよ~!

Ginrin2

            銀鱗荘は割烹旅館。レストランもある。営業中。

Ginrin3

          銀鱗荘・・明治33年(1900) 木造建築。

Ginrin4

              銀鱗荘母屋の望楼。ここから沖を眺めて居たのでしょう。

Ginrin5

              望楼の鯱鉾

Ginrin6

              銀鱗荘前から小樽港を望む。

Ginrin7

              遠くの山々には、まだ雪が!銀鱗荘から。

Ginrin9

              途中の「藤の花」

Hugi

 

      銀鱗荘・・小樽築港駅に近く、坂を上りますが閑静な割烹旅館です。
          明治33年(1900年)に余市町、猪俣安之丞の邸宅として
          建てられました。後、東小樽、宅地計画の一環として、
          昭和13年(1938年)、解体される前に小樽・平磯岬に移築。

 

          鰊漁で財をなした邸宅で、大きな神棚や床の間を備えた
          漁師宅は道内にも例をみないということです。

 

      
      

« 新緑 | トップページ | 好天続き・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小樽の素晴らしいところを見せていただき有り難うございます。
hiroさんのお宅からは岬がみえるなんて、素敵ですね。
海が見えるのに憧れてしまうんですよ。
福島は広いし、わたしのとこからは、海(相馬)まで1時間30分
かかります。
銀鱗荘 昔懐かしい木造りの割烹旅館なんですね。
美味しいお料理も沢山食べられる所なんでしょうね。
写真も大きくてはっきりしてみごたえがあります。
すばらしいですよ。どんな写真の入れ方をしてるのか聞きたくなりました。
今日も暑くなりそうです。   (^-^;

kiki さん いつもコメントありがとうございます。
家の修理の間、気忙しくブログも失礼していました。この頃、
ようやく落ち着きましたので、近くですが出掛けて写真も撮っております。

修理を始めた頃は、雪深く、作業の方たちも難儀しておりました。
何時の間にかもう初夏・・・きょうは蝉も賑やかでした。
これから6月7月と夏を感じますが、8月に入りますと残暑といいながらも、
どこか寂しい北の国となります。
道内、行ってみたいところも沢山あるのですが・・・なかなか遠出は出来ないで
暮らしておりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新緑 | トップページ | 好天続き・・・ »