« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月26日 (木)

年末・・・

きょうはもう12月26日、後5日で新年を迎えますねぇ。
毎年同じことなのですが、やり残し山積みで今年も年末になり、
いささか心苦しい限りです。

同じ市内に暮らす妹の連絡で、きょうは午後から街の喫茶店で
会うことにしました。お互いに気忙しいながらも年末のひと時、
楽しいおしゃべりで過ごしました。私とは14歳離れた妹で、
戦後生まれ。私が家を出るときまだ、小学校3年生でしたが、
今は3人の子供も結婚して独立、孫も2人いますからつくづく
年月の経つのは速いものだなぁ・・と思います。

今年も喜びも悲しみも様々あって、年末を迎えました。
まだ若いと思っていた妹も高齢者の仲間入りですから、少し
寂しい感じもいたします。私は?いよいよ「いい年」です。
来年は、せっせと片付けをして、と考えています。妹が・・・
「おねいちゃん、とにかく身辺のいらない物、元気なうちに
捨ててしまいなさいよ!」。はい、そういたします!
おしゃべりしてお腹が空いて来て、ホットケーキを頂きました。
妹と快い忘年会でした。

  12/26

Tea2 小樽・都通り喫茶店・エトワールにて。

2013年12月21日 (土)

テレビの話題

今日は昼中のひと時、気温2℃になったものの、殆ど-2℃の
寒さ。歩道は凍っていて滑るので外出から帰りますと、足が
痛くなってきます。今のところは雪が少ないのですが、明日から
40㎝も積もると言う予報ですが、さてどうなることでしょう。
クリスマスは、真っ白な雪で迎えられるでしょうか。

今夜21日(土)~23日(月)迄、夕方5時から小樽運河では、
「冬の流星」と題して直径8㎝程の青いガラス玉5000個が
浮かびます。
昨年も同時期に催されて観に行きましたが、今年は雪は無いと
言っても良いほど少ないのですが、足元が危なくて出掛けずに
テレビのニュースで観ておりました。

大晦日に、第64回「NHK紅白歌合戦」に小樽出身の
若者が出演。サカナクション5人のメンバーの2人。私は、
1度も歌を聴いたことがないので、楽しみにしています。
ボーカルの山口一郎さんとキーボードの岡崎英美さん。


来年の話ですが、NHK「朝の連続テレビ小説」で後志・余市町
ニッカウイスキー創業者の竹鶴政孝・リタ夫妻がモデルとなる
そうで、今から楽しみです。余市町は、隣町ですし、バスでも、
JR函館線に乗っても近いところで、ウイスキー工場内も何度か
見学したことがあります。
リタ夫人(英・スコットランド出身)。
60年も前のことですが私の知り合いが竹鶴夫妻と懇意で、
写真を見せて頂いたことがありますが、
リタ夫人は和服でした。日本画も描かれる親日家と伺いました。
テレビ小説では、余市や小樽他、近隣の美しい光景が
どの様に映し出されるか・・・今から楽しみです。

*竹鶴夫妻の物語の放映は来年後期の朝ドラです。
 9月29日から始まる予定です。

*大変な間違いをいたしました。訂正させていただきます。
 リタ夫人は「英・スコットランド出身」です。失礼いたしました。

  この画像は昨年の小樽運河「冬の流星」です。

C3

2013年12月18日 (水)

石狩湾雪景色

 関東甲信越で雪の予報ですねぇ。
北海道ですと気温4℃もありますと暖気ですが、東京辺りですと
寒中並みの寒さでしょうね。どうか風邪を引かないように、
お気をつけ下さいましように。

小樽は吹雪の後、雨になり、雪も積もったり溶けたり・・・
今年は今のところ雪は少ない様です。
朝は凍った道路に「すってんころりん」と転ばないように歩くには本当に疲れます。
でも、通学の子供たちは、元気に器用に歩きます。
若者に追い越されながら、つくづく年を感じております。

きょう札幌へ所用で出掛けました。
帰りのJR函館線、快速電車には珍しく窓側に席があり、隣の
乗客もおりませんでしたから、窓越しですが、冬の石狩湾沿岸を
撮ってみました。冬の海といっても穏やかでした。

  12/18 JR函館本線・銭函駅から小樽築港駅迄の海岸線。

Jrh1 車窓から~小樽高島方面を望む。

Jrh2 遠くに増毛連峰

Jrh3 張碓あたり・・

Jrh4 もうすぐ、小樽築港駅。平磯岬に銀鱗荘。

2013年12月14日 (土)

吹雪

 昨日(12/13)は、夕方から酷い吹雪になりました。
所用で出掛けての帰り、車からは進行先もはっきり見えない程、
風も強く車から降りての坂道では、コートには突き刺さるような
湿った雪がへばり付きました。
傘など逆さ!久しぶりの吹雪体験でした。

夜になって、雪が小降りになったので路肩に雪を寄せました。
朝起きての除雪を覚悟で休みましたが思いの他、雪は積もらず
吹き飛ばされたようです。吹雪ですものねぇ。

 (12/14) 家の近くで

Photoせっかく解けた後に、一度に降って・・・

2ご近所のみなさん、深夜の除雪でした。
12/14 早朝に写す。



 

2013年12月 8日 (日)

開戦の日

今日は12月8日、昭和16年のこの日戦争が始まったのです。
このことを思い出す人も少なくなったことでしょう。
もう、72年も前になったのですねぇ。

あの朝まだ32歳そこそこの父は、新聞を読みながらの不安な
様子、6歳の私でも悲しいほどにはっきり覚えているのです。
この頃の不安な社会情勢・・・どうなるのでしょう。
ブログに書き留めるのも、ちょっと「コワイ」ことになりますね。

あの戦時中、父も叔父たちも歓呼の声に送られて・・・母も子も
一途に戦勝を願った日々。でも叔父は4人の子供と、出征して
間もなく生まれた子の顔を見ることなく戦死。亡骸も戻らずに
いるのです。2度と戦争など起こさないように祈ります。

今朝起きましたら外は真っ白。昼間少し暖気でまた解けました。
ザクザクの道路。チラシを見て、日曜特売に出掛けました。
小樽築港駅近くの総合商業施設大勢の人出に賑やかでした。


  12/8 小樽築港駅界隈で。

Otaru1小樽築港駅前。ホームは左手に見える。

Otaru2駅前の「ナナカマド」

Otaru3小樽築港駅入り口。

Otaru4駅裏側へ。

Otaru5駅裏側で「銀鱗荘」を望む。

Otaru6小樽港の沖を望む。

Otaru7総合商業施設(ウィングベイ)内のステージ。

Otaru8_2土日には、色々な催事があって自由に観たり
聴いたり、お子さんのピアノ発表会もここで、
何度も聞きました。
「ウィングベイ」の噴水ある所、
待ち合わせにとても便利ですよ。














2013年12月 4日 (水)

はがき

 きょう(12/4)は、気温7℃もありましたので、
今の時季暖かでとても助かります。
道路の雪は解けていますが、シャーベット状態で、午後近くの
スーパー・マーケット迄、ゴム長靴を履きました。そう言えば、
小樽は、長靴生産の街でもありますね。安い外国産もありますが
国内産でおしゃれなゴム長靴出回っていて、悪路にはとても
助かります。東京へ引っ越した友人が
「小樽のゴム長と、
プラスチックのジョンバあれば、冬は助かったよ~」と
「はがき」を頂いたことがありました。

いつもご無沙汰ばかりのところへ、年賀状も投函するのですが、
1年に1回くらいは、友人へ「はがき」を書くのもこの季節。
同じ年代ですとパソコンも携帯電話も持たない友人が多いので
パソコンで作成の「はがき」を出します。
頂いたお花を写真に撮っておいたり、運河の写真を貰ったので
画像を使わせて頂いたり。
お蔭さまで綺麗な「はがき」を印刷いたしました。

  はがき

Post_card ポスト・カード

2013年12月 1日 (日)

きょうから12月

 今朝は寒くて目が覚めました。気温何度だったのでしょう。
きょうから12月、今年もまた沢山のことをやり残しての年末。
まぁ、焦らずに過ごそうと思いますが・・・
今年は思いも寄らないことばかりで、親戚でも大切な人を3人も
亡くしました。つい先日は、近所のご主人がまだ73歳で急逝。
喪中の「はがき」も何枚か・・・寂しくなりました。

また、今月は私の父や弟夫婦の祥月命日もあり、昭和16年の
太平洋戦争開戦の12月8日のこと。雪の小樽駅で出征の
父や叔父を見送って、叔父は帰らぬ人となった悲しい思い出。
何かしら様々なことが思い出される12月です。

今月の予定を書きだして、20日頃までに家の中も年末大掃除
と思っていますが、予定通り行くでしょうか。私のことだから、
予定は、あくまでも予定!なんてことになりましょう。
でも、今年の年末は頑張るぞ!!

  11月末 小樽築港駅界隈・・変わり行く街並み。

Otaru1ウィングベイ駐車場から天狗山を望む。

Otaru2同じく駐車場から・・ヨットハーバー。平磯岬。

Otaru3フエリー・ターミナル方面を望む。

Otaru4石原裕次郎メモリアルホールとヨットハーバー。






« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »