« 小樽・初冬の風物詩(2)  | トップページ | 同期の友人達 »

2013年11月22日 (金)

ナナカマド

 先日10cm位も1度に降った雪が、すっかり溶けてしまい、
今の時季としては暖かな日が続いております。
山々の木々の葉はもう落ちてしまいましたがナナカマドだけは、
赤い実を残しています。
小樽の街を歩きますと、ナナカマドの実がとても目立ちます。

きょう最寄りの総合商業施設(ウイングベィ)と新南小樽市場へ
買い物に出かけましたが、途中のナナカマドの赤い実が
とても目立ちましたのでカメラに収めました。
これから雪が積りナナカマドの赤い実は一層綺麗に
人の目を引きます。

  11/22 小樽築港駅界隈

N1 葉を落とし赤い実の綺麗なナナカマド

N2小樽築港駅前のナナカマド

N3新南小樽市場近くのナナカマド並木

N4赤い実をアップで。

N6ヨットも間もなく冬仕度。

N7新南小樽市場の一隅。

N8新築して北小樽から移転の済生会小樽病院前











« 小樽・初冬の風物詩(2)  | トップページ | 同期の友人達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寅次郎様 こんにちは。
ナナカマドの赤い実は9月末頃から見ることが出来ます。
その頃は緑の葉に映えて、それはまた綺麗です。
秋になって葉も色づいてやがて落ちてしまいますと、かなり
長い間、枝に残っております。これから雪が降って参りましても
1月でも残っています。餌の何も無くなった時季、小鳥も烏も啄んでいます。
「旭川市の木・ナナカマド」ですが、小樽も、市の木かと思うほどに
多く見られますが「小樽市の木」は「シラカバ」です。
北海道の並木としては、1番多く「ナナカマド」を植樹しているのではないか・・と、私は見ております。いつもコメントありがとうございます。

ナナカマドの実はこの季節に生りますか。
私が旭川で初めてナナカマドの並木を見たのは何時だったか思い出せませんが、北海道と言えばナナカマドの並木を思い出します。」
実が生っている期間は長いのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小樽・初冬の風物詩(2)  | トップページ | 同期の友人達 »