« 北の海 | トップページ | 暑い一日でした・小樽 »

2013年7月20日 (土)

夏・小樽

 小樽は、好天続きでさほど暑くも無く過ごしております。
東北・・・特に山形地方の雨による災害をテレビで視ておりますと
本当にどう申し上げてよいか・・・お慰めの言葉もありません。
心からお見舞い申し上げます。

もう、子供たちの夏休みに入ったところも多いことでしょう。
北海道は1週間程遅れて始まり、8月は15日過ぎると2学期です。
冬は長い冬休みです。
夏を迎えて、街へ出ますと何時もは静かな小樽も賑やかで
観光のお客様も多いようにお見受け致します。

小樽駅前には、若者のバイクや携帯用の自転車など並びます。
昨夕、出航の客船を見送りにフェリー乗り場へ寄りましたが、乗船を待つ
重たい荷物を背負った若者も随分おりました。深夜出航のフェリーを
待っている様子でした。

7月26日(金)から「第47回おたる潮まつり」。28日(日)まで、
賑やかです。特に街中を練り歩く「潮ねりこみ」には、梯団を組んで、
幼稚園児から、児童生徒、学生、職場、町内会とすこぶる華やかに
踊ります。
毎年、午後1時位から夜の9時位まで、車通行制限もあり大騒ぎです。
「どんどこざぶんとどんざぶん♪」が「どんどこどろんこどんざぶん」に
ならないように願っております。
明日は参院選挙、こんなのんきを言っていたらお叱り受けますね。

 小樽市内で

Otarueki 小樽駅前も賑やか・・・バイクもひと休み。

Otarumiyako小樽駅を背にして、右側にある都通り。

Hune7/19 朝、 勝納埠頭に、サン・プリンセス寄港。
(77.441t バミュウダ船籍)同日 午後7時出航。

5丁度、夕日を浴びて白い船体がオレンジ色に輝く。

6コルサコフから小樽へ寄港。これから函館へ。
北海道周遊とサハリンクルーズ9泊10日。

全長261.3m。岸壁から離れないと、
全船体を写せなかった。

Hamanasu勝納埠頭へ行く道の途中にある商業施設の
側に、「はまなす」が咲いていた。
浜で自然に咲くも好し、花壇でも「はまなす」の
香りが夏らしい。


 

« 北の海 | トップページ | 暑い一日でした・小樽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kiki さん
いつもご覧頂いてありがとうございます。
小樽の映像は、いつも同じ様な所ばかり撮っております。
豪華客船は、横浜から出航して、夏場は北を・・・
サン・プリンセス号も横浜からコルサコフ 小樽 函館 横浜と
9泊10日の航海ですね。送迎クラブに入っていますから、
寄港の埠頭へ参りますが、定年を迎えたばかりの方々が
乗船なさっているようにお見受け致します。10日間もの船旅、
楽しいのか、飽きるのか・・・乗ってみなけりゃ判りませんね。
いつか船旅!夢見て客船を眺めております(笑)。。。

トム爺様
きょう(7/21)は珍しく暑さを感じております。それでも小樽は26℃。
飛騨高山も、高原の涼を求めて観光客も多いでしょうね。
リュックを背負った記憶、貧しい戦時中を思い出しますから、現在、
幸せいっぱいリュックに詰めて若者達の旅行姿をみていますと
つくづく平和だなぁと思います。
小樽の映像、いつも同じようなところばかり撮っていますが、
又、ご覧下さいませ。コメント心からお礼申し上げます。
暑さ厳しいおり、どうぞご自愛なさいますように。

こんにちは
小樽の様子を堪能させていただきました。
小樽はこれからの季節 観光客も多くなるでしょうね。
大きな豪華船 ゆっくり のんびりと長旅をしたいものです。
10日間 今の私には無理のようですね。
自分だけが健康でも相手も健康でないと、長旅 海外は難しいですね。
夢だけを諦めないで、いつかは豪華船にのって・・・・

もう一度小樽へと、思いますが この年ではチョット・・・・・でも
写真を見せて頂き堪能しています。有難う御座いました又よろしくo(*^▽^*)o
季節柄御自愛の程

寅次郎様
まぁ!嬉しいコメント ありがとうございます。
夏、冬のことは考えないことにしております(笑)。
今、北海道は何処も一番好い季節です。
「おたる潮まつり」花火大会もあり、賑やかです。
この「おまつり」が終わりますと、こちらは8月の七夕。お盆。
今つかの間の「夏」です。
屋形船に乗る予定、未だかなわず・・・気忙しく暮らしておりますが、
お蔭さまで元気に過ごしております。

hiroさん、夏の北海道は素晴らしい。
小樽は由緒あるまつりも多くあるようですね。
さすがは歴史の街・小樽です。
素晴らしい街にお住まいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北の海 | トップページ | 暑い一日でした・小樽 »