« 初夏を迎えた札幌 | トップページ | 初夏の日曜日 »

2013年6月20日 (木)

小樽港のお客様

 このところ俗に言う「蝦夷梅雨」お天気が続いています。
ガスと言うか、霧雨と言うか・・・気温も低く朝夕寒く、
時にはストーブを使います。傘をさしても全身が湿っぽくなりますし、
おしゃれしてセットしたお髪も崩れてしまい、困ったお天気です。
小樽へ観光で、修学旅行でいらっしゃるお客様泣かせ・・・
からりと晴れたお天気になって欲しいと思いますが、こればっかりは
どうにもなりませんねぇ。

6月1日から10月15日まで、小樽港には豪華客船が17回入港します。
今年は初めて、77.441t のバミューダ船籍「サン・プリンセス」、
75.166t のイタリア船籍「コスタビクトリア」他、外国の豪華客船が次々に
寄港致します。
小樽市民には、極めて身近なところで歓迎出来ますので嬉しく思います。
きょう(6/20)は、26.594t 日本船籍「ぱしふいっくびいなす」が
今年2回目、朝9時入港しました。
所用で出掛けついでに、少し早目に家を出て小樽港第3ふ頭へ。
「蝦夷梅雨」のなか、北海道観光に大勢のお客様が下船、
50人乗り観光バス5台に分乗して小樽市内、札幌方面へ観光へ
出かけました。「花と緑の利尻島・礼文島クルーズ」。
夕方5時の出航。6月の船旅は、波も1年中で1番穏やかですから
きっと、楽しいクルーズとなることでしょう。羨ましいわね~。。。

  6/20 小樽港第3ふ頭

71 ぱしふいっくびいなす の入港。

74 小樽港・合同庁舎前からの
  「ぱしふいっくびいなす」。

« 初夏を迎えた札幌 | トップページ | 初夏の日曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寅次郎様 こんにちは。
「蝦夷梅雨」・・・本州の梅雨のころ、蒸し暑いころに、
こちらではガスがかかり、とても肌寒いことがあります。
6月初めに「リラ」の花咲くころも寒くて、「リラ冷え」としゃれて
言いますが、たいてい、6月の何日か「リラ冷え」と言ったり
「蝦夷梅雨」と言っております。
豪華客船は、きょうも入港し歓迎いたしました。
何時かは船旅したいと・・・夢を追っております。
見るだけでも楽しいですよ。

蝦夷梅雨という時期があるのですね。期間は短いのでしょう?
豪華客船。見るだけでも観光気分になります。

kiki さん
朝早くにコメント頂いていて失礼致しました。
そちらは梅雨に入りましたか・・・しばらくは暑苦しいですね。
自転車・・・小樽は坂の町で自転車の不向きなところです。
滅多に、自転車に乗った人を見かけませんよ。
豪華客船、乗ってみたいですね。それで船内見学して
ため息ばかりついております。何時かはと、
夢に描くのも楽しいです。
梅雨に入り、ご健康にお気をつけなさいますように。。。。

hiroさん おはようございます。
こちらはようやく梅雨に入りました。昨日は暑くなり大変でした。
部屋の中は良いんですが、自転車でどこかに行こうとすると
暑さにこたえます。
小樽港に入港する豪華船 すばらしいですね。
大きくて1度乗ってどこかに行って見たいですね。
小樽の海も今の時期は穏やかなのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏を迎えた札幌 | トップページ | 初夏の日曜日 »