« 春の訪れ・・・ | トップページ | 芽吹く・・ »

2013年4月 7日 (日)

早春の小樽運河界隈

 きょう(4/7)は、全国各地、春の嵐に見舞われたようです。
被害に遭われた方々も居られて・・・お見舞い申し上げます。
小樽は午前中のひと時、弱い風が吹いておりましたが、午後は
静かな雨降り。雪解けが随分進みました。

昨日(4/6)はとても暖かく気温も12℃位迄上がり、土曜日とあって
街には、何時になく人出が目立ちました。私も所用で出掛けついでに、
小樽運河界隈迄足を延ばしました。
久しぶりに訪れた運河の辺り、雪も溶けて、観光のお客様も随分
お見受けいたしました。台湾からおいでかなぁ・・・

運河からほど近い堺町へも行ってみましたが、やはり春ですねぇ。
ガラス製品店内は「入学内祝い」「母の日のプレゼント」と、
華やかにグラスが並んでおりました。中に「万華鏡」という名前の
グラス、水を入れて覗くと何が見えるのか・・・とても興味がありました。
今度、お財布を少し重くして再度来てみようと思いました。

  4/6 小樽運河 堺町界隈。

89 早春の小樽運河

83_2 運河で記念撮影ですねぇ。

86_2 堺町通りには多くの「うだつ」を見ます。

87_2 こちらも「うだつ」・・・

88_2 妙見川の川下。柳の青い芽は・・・。

90_2 小樽運河から小樽駅方向を望む。
 「中央通り」別の名を新しく「セピア通り」。

4/7 私の誕生日。「hiro さん何年生まれ?」
「?、35年です」 「昭和?」 「まさか・・・」
これからも元気で暮らします。

 

« 春の訪れ・・・ | トップページ | 芽吹く・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

好好爺様
誕生日を迎えるたびに、この頃は健康で齢を重ねていることに
感謝しております。もう少し頑張ります。

「梲(うだつ)」は、小樽市内の旧い建築物ではよく見かけます。
先日歩いたところの堺町本通りに面して、何件かあり、多くは
小樽が商港・商都として繁栄していった頃の、木骨石造りの
商家に見られます。

写真には、建物全体を写したものもあったのですが、失敗していて、
「うだつ」だけ載せました。ブログへ載せたのは明治20年に建てられた
商家の「うだつ」です。

岐阜県美濃市は「うだつ」の街並みの美しいところと聞いておりますが、
本州の旧い「うだつ」と比べますと、小樽の「うだつ」は又、違った
趣を感じます。いつもヘタな写真で申し訳ございません。
今年は暖かくなりましたら、旧い商家を写したいと思います。
100年前に建築の商家もバルコニーがあったりして小樽には
面白い建築物がございます。コメントありがとうございます。


hiro さん
4月7日がお誕生日でしたか、
遅ればせながらおめでとうございます。
こちらでは春サクラの咲く時期ですが、
小樽はもう少し先ですね。
お写真を拝見していると
サクラはまだでも春の気配ですね。
珍しい”うだつ”ですが、
小樽独特のものでしょうか?
初めて拝見しました。

kiki さん
貴女も4月のお誕生日でしたね。私の母は、
6人の子供たちの誕生日をとても大事にして
祝ってくれました。私の時はいつも、進学祝いと一緒でしたけれど、
とても嬉しかった想い出があります。年を取りますと好い想い出の
ありがたいこと。先日、貴女のお誕生日のブログ拝読しましたが
お幸せですねぇ。お互いに健康に気をつけましょう。

小樽運河も所用ついでに1週間に1度は通りますが、まだ寒いのに、
観光で訪れて下さるお客様、随分お見受けいたします。
もこもこと厚い防寒着を着ないと、南からの方々は寒いと思います。
「うゎ~!熊本の寒中の気温!」と震えあがっていらっしゃいました。

hiroさん 遅れましたが お誕生日おめでとうございます。
同じ4月生まれ 何となく親しみを感じます。

小樽運河に足を運ばれたんですね。
冬の影は全然なしですね。さすが観光地って感じがします。
これからは観光客も多くなるでしょうね。

寅次郎様
コメントありがとうございます。
誕生日・・この頃1年経つのが随分早く感じます。私の年代
数え年で言うことが多く、来年はみんなで「傘」さして写真
撮ろうか、なんて話が出ます。
小樽運河の辺りも春らしくなって参りました。まだ、残雪が
所々にありますが水温む季節。気持ちも明るくなります。
春はいいですねぇ。でも、小樽のお花見にはまだひと月かかります。

hiroさん、昨日はお誕生日でしたか。おめでとうございます。
小樽運河の写真を拝見しましたが、すっかり春めいていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の訪れ・・・ | トップページ | 芽吹く・・ »