« 雪あかりの路 | トップページ | 頭の体操 »

2013年2月10日 (日)

雪あかりの路(Ⅱ)

 2月8日(金)の夕方から「小樽雪あかりの路」の冬のイベントが
始まっております。初日は吹雪でしたが、それでも大勢の方々が
小樽運河会場に見物に集まったようです。
「小樽雪あかりに路」は、小樽で暮らした作家・伊藤整の詩集から
名前をいただいたものですが、まぁ、少し詩のイメージと離れては
おりますけれども、運河に点る「灯り」は静かに揺れて綺麗です。

きょう(2/10)は連休の中日。お昼から男性コーラスの演奏会があり
拝聴後、近くの小樽運河へ足を延ばしました。
ガラスの浮き玉に点された灯り、スノーキャンドル、アイスキャンドル
ワックスボール・・・それぞれ趣があります。
おおかた、ボランティアの方々が作成した灯りです。
2月17日(日)まで、市内の何処かで「灯り」を楽しんでおります。

  *男性コーラス・・・「小樽市役所グリーコール」
  創立50周年記念演奏会 小樽市民センター・マリンホール
  市役所男性職員 OB会員 他、有志で。
  40名ほどの方々の美しいハーモニーでした。
  丁度「雪あかり」のイベントの最中で、伊藤整の詩集から
  男性合唱組曲「吹雪の街を」の演奏もあり盛会でした。

  2/10 小樽市内で。

 48
 小樽運河の浮き玉のあかり。

49 小樽運河プラザ前で。ワックスボール

50 オーセント・ホテル(大黒屋デパート跡に建つ)
 都通りの一角を照らすショーウィンドー。

51ほのかに灯る・・・

« 雪あかりの路 | トップページ | 頭の体操 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

t.s さん こんにちは。
お久しぶりに、コメントありがとうございます。今朝、
HPどうなったかなぁ~と、多分載っているだろうと
K先生の方をクリックして拝見できました。
ブログにも「小樽雪あかり・・」「朝里川温泉の雪あかり・・」
載っていて、沢山の映像に驚いてしまいました。
小樽では17日まで、何処かで「灯り」を点しておりますね。
HP大丈夫ですよ。もう少し待ちましょう。
お元気でね。

hiro さん相変わらず御上手ですね。私もブログに一応載せましたがうまく写せないです、足元気を付けて歩くのにとても疲れました、HPどうしたの?と心配して電話が掛かって来ています、再出発出来るといいのですが悩んで居ます、とても悲しいです

好好爺様
いつもご覧頂いてありがとうございます。
好好爺様の関西方面の暖かな光景や「おひなさまめぐり」をブログで
拝見しておりますと、雪深い小樽は本当に殺風景です。
まだまだモノトーンの寒さのなかの暮らしです。
「雪あかり」のイベントは、夕方からですから足元を気にしながらも、
観てまいりました。
ワックス・ボールは、秋に落ち葉を集めてボランティアの方々の手で
造られますが、灯りを点しますと綺麗です。Ⅰ個造るのに45分程
かかるそうですが、期間中に造ってみたいと思っております。

小樽の冬のイベント「雪あかりの路」ですか ^^
浮き玉のあかりに小樽運河が綺麗ですね。
「ワックスボール」のあかりも
冷たい雪の台がとても暖かく感じます。

寅次郎様 こんばんは。
いつもお寄り下さいましてありがとうございます。
最後の「あかり」も「ワックス・ボール」です。
他に、バケツに水を入れて置いて凍らせたアイス・キャンドルや
シャーベット状の雪をバケツで凍らせて造る「スノー・キャンドル」も
あります。
最後の「ワックス・ボール」の「あかり」は、雪で作った台の上で
柔らかく灯っておりました。
大勢の観客の中をくぐって、ようやく撮りました。
おおかた、ボケていて失敗ばかりです。
足元が滑りますから年配者にはもう、無理だと・・・悟りました(笑)。

kiki さん いつもコメントありがとうございます。
こちらはまだ、冬!の最中です!。最高気温でも-2℃。
小樽運河に「浮き玉の灯り」ですが、もう少し暗がりですとねぇ。
綺麗なのですが、とても寒くて暮れるのを待っていられませんでした。

小樽市役所グリークラブは、50年の歴史があります。
全員で演奏ですと、もっと大勢ですけれど、昨日は40名近くの出演でした。
小樽商大グリークラブも長く続いております。
とても歌うのがお好きな方々で、演奏が終わってロビーでも、
美しい歌声を聴かせて下さいました。感激です。

hiroさん、最後の写真もワックスボールでしょうか。
淡い灯りがとてもよく撮れていますね。

hiroさん まだまだ寒いようですね。
雪明かりの路 その場にいたら感動することでしょうね。
浮き玉 綺麗に撮れてますね。
雪の中のイベントなのにきれいに雪の良さを演出されていますね。

男性コーラス 40名 珍しいですこと!長く続いているんでしょうか?
その会場で聞いたらさぞかし感動するでしょうね。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪あかりの路 | トップページ | 頭の体操 »