« 迎春 | トップページ | 松の内も終わり・・・ »

2013年1月 4日 (金)

テネシイ ワルツ

 お正月3日も過ぎて今日から仕事始めの方も
多いことでしょう。今年も元気で頑張りましょう!
大雪と吹雪、シバレ・・・寒くて足元の滑りを気にして、
初詣にも出かけずにおりました。
小樽は昼間も零下の気温が続きます。

 昨日NHKテレビで「パテイ ページ」が死亡と
報じておりました。この人の名前は知らなくても
「テネシイ・ワルツ」はご存じでしょう。

高校へ入学した当時(昭和26年)ですがクラスで
原語で歌うグループがいて私のように片田舎からの出は
驚いたものです。

I was dancing with my darling  to the tennessy waltz ♪

ノートに男性クラスメートに書いてもらい、しばらく大事にしておりました。
パテイ ページ 享年84歳。
「テネシイ・ワルツ」は1948年に発売され今も世界中で愛され歌われているようです。
大事な方が、段々消えてしまいますね。新年早々ごねんなさい。

 近くで

33 ピラカンサス・・・
 赤い実が雪の下でも生き生きと!

« 迎春 | トップページ | 松の内も終わり・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kikiさん こんばんは。
もう4日ですね。早いものです。
そうですね。「テネシーワルツ」は、kikiさんのようにお若い方は、江里チエミ、綾戸知恵など親しみあるでしょうねぇ。
英語の時間に、津田塾出身の先生が歌って下さって、今でも
印象深い想い出です。その頃に覚えた英語の歌が、つい、口に出ます。

孫はとても福島が好きで、あちらこちら部活(テニス)で回ったようです。
離れがたいと言っております。4年の学生生活もあっという間ですね。

早いものでもう4日になりました。
テネシーワルツと言えば私は江里 チエミさんを想い出します。

雪の中での赤い実は目につきますね。
雪があってこそきれいに映るのかしら?

お孫さんは卒業で横浜にお勤めなんですね。 
おめでとうございます。
 もう まじか 頑張って下さいね。とお伝えくださいね。

野の花様
貴女のブログ読ませていただいて、
えぞをさんのことがとても気がかりです。
ご心配ですね。お大事になさっているのでしょうけれど、
手の届かない、行き届かないところがありますねぇ。
じれったいばっかりです。
我が家もお人ごととは思えず・・・様々あります。
貴女も、お疲れでしょうけれど・・・
どうか賢明にお過ごし下さいね。

赤い実をみますと「ほっ」といたします。
まだ、ナナカマドの実も残っております。
ヒレンジャクが来ますよ。まぁなんと山に住んでいるのでしょう。
雪に埋もれております。

hiroさま 赤い実が鮮烈ですね~~ゆきがあってのことですね~~キレンジャクや
ヒレンジャクが来ますか? 道東は寒さが厳しく、木々の実は全部おちてしまいますね~~夫の具合が今ひとつです。 冬の間は 冬ごもり余儀なくされそうです。
入院を回避すべく 頑張りの日々がつづきそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迎春 | トップページ | 松の内も終わり・・・ »