« 霜月 | トップページ | ほっと一息 »

2012年11月 5日 (月)

雨が止んで風も止んで

 きょう(11/5)は、久しぶりに晴れのお天気。
11月に入って、随分寒くなりました。
雨の日があり風の日も続きようやく少しお日様を見たような
1日でした。

紅葉をゆっくり眺める間もなく、枯葉の掃除に忙しく時間を
取られてしまいます。晴れ間にと思い、冬囲いなどしましたが、
まだ少し残っています。
来年の
「年賀はがき」も届き、気ぜわしい時季を迎えますね。

この頃は、塩分の取り過ぎが好くないことを理由に、
お漬物も少なく作ります。ひと頃は、大根120本や、蕪などを
どっさり漬けておりました。他に「いずし」も2種類・・・
とにかく秋は気ぜわしく過ごしていました。
この頃は、北海道弁で「からっぽねやんで」、手抜きをして
暮らしております。

 11月になって・・・
N ななかまど・・・青空に映えて。

T 
旧国鉄手宮線ですが、今年は
石炭を運ぶために幌内~小樽まで
鉄路は敷かれて132年・・・
小樽市市制施行90周年です。

« 霜月 | トップページ | ほっと一息 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kiki さん こんばんは。
冬に向かって、一番気ぜわしい季節です。
「雪が降り積もらないうちに・・・」、
「友達にも寒くならないうちに・・・」
「暮れの押し迫らぬうちに・・・」まぁ!この調子です。

「飯ずし(いずし)」と言っています。
材料の魚は、さけ はたはた ほっけ さんま にしんが主ですよ。 
秋に入りますと魚は捌いてきつく塩漬けにしておき、塩抜きしてから
コメ麹 ご飯 塩 大根と人参は千切り、全体の塩加減は
3%で樽に漬け込んでおきます。お正月近くに口を切ります。
地域によっては北海道でも「挟み漬け」を同じような材料で漬けますよ。
大根120本は少ない方でした。赤ん坊を背負って、大根洗いしていました。
糠漬けはいいですね。この頃はちょこちょこと、いろいろと漬けて
食べております。第一、歯が好くないとねぇ。お元気でね!

寅次郎様 こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
旧国鉄手宮線が幌内から小樽へ石炭を運ぶために
鉄道を敷設、完成してから今年で130年経つそうです。
それで、小樽総合博物館で記念展を開催していますから、
資料を調べて参ります。今年の12/27までの開催です。
映像にある辺りは、遊歩道になっていて整備されましたが、
昔使ったままで踏み切りや標識の残っているところもあり、
来年から数年かけて遊歩道へ整備されるそうです。
南小樽駅から色内駅・手宮駅・・・現存していましたら
どんなにか好かったことでしょう。とても残念に思う鉄路です。

野の花様 こんばんは。
綺麗に色付いた樹木の「葉っぱ」も風で飛ばされて
あっという間に、もう山々はこげ茶色です。
雪虫がひどいですよ。
気ぜわしいなか、どうぞお体おいとい下さいね。

こんばんは 
冬に向かって御忙しそうですね。いろんな準備がおありなんですね。
昔は大根120本つけたとは凄いですね。
私は漬けものは何十年ぬかづけです。朝晩かき回しているんですよ。
いずしは何のことかしら?
初めて聞く言葉です。今日も風蛾冷たかったです。

hiroさん、こんばんは。
ナナカマドが綺麗に咲いていますね。

手宮線跡地は遊歩道になっているのだと思いますが、どのくらいの距離が遺されているのでしょうかね。

hiroさま 私も 鰊漬けつけて 食べ頃をむかえています。
家の中が 同じ温度で置くところもなく、外の物置ときたら、12月は 冷凍保存食が適しています。 そこで 私も からっぽねやみで 越冬野菜も保存せず お漬けものも 省略しています。 お元気でね~懐かしいお写真ありがとう~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨が止んで風も止んで:

« 霜月 | トップページ | ほっと一息 »