« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

北海道のお天気

 11月26日夜半から27日、北海道は暴風雪に見舞われました。
特に、太平洋に面した室蘭市や登別市ほか、近隣市町では
大規模停電の発生、今夜も電気の点かない地域があり、この
寒さの中、本当にお気の毒です。
小樽市内も停電の地域もあったようですが、私のところは
何の被害も無く過ごしました。

 

最近はオール電化の家も多く、キッチンだけは電化のお宅も
ありますから、停電になりますと大変ですねぇ。
ストーブも灯油を使っていても、電気も使って風を送りますから
どうしても電気は必要です。
備えとしては「ポットストーブ」も、カセットコンロも・・・
この頃は何が起こるか本当に心配です。
あぁ~~選挙の行方も、今回は気がもめますね。
心寒い日々が続きます。

  11/23 小樽駅で撮った映像の続きです。

6ランプの灯りがとても綺麗です。

7小樽駅舎に灯る、ステンドガラス作品。

8駅舎内の柔らかな灯りです。

9ガラスのクリスマスツリー。

10ガラスのシンホニー♪
小さなガラスの音楽家。








2012年11月23日 (金)

寒い祝日

 今朝は10㎝程の積雪。日中も気温は上がらず1℃・・・
このように寒い「勤労感謝の日」も近年では珍しいと思います。
本当に寒い1日でした。
それでも連休とあって観光客も多いとお見受け致しました。
うんざりしているのは私だけのようで、結構人出も多く、
雪とクリスマスツリーを背景に写真に収めたり、雪玉を作って
楽しんでおりました。

所用の帰り寄り道して、小樽運河近くにある運河プラザと、
小樽駅舎内でガラスと浮き玉のツリーと申しましょうか・・・
それとも、クリスマスに因んだ、ガラス作品と言いましょうか、
映像に収めて参りました。
小樽は「ガラスの街」と観光で紹介しております。

  11/23

1運河プラザ(旧小樽倉庫)前で。

2浮き玉のツリー

3小樽駅舎内の「ガラスのツリー」

4ガラスで出来た「暖炉」面白いですね。

5小樽駅舎に飾られている作品は、ケースに
収められています。展示作品はまだ沢山
あります。











2012年11月19日 (月)

雪が降る・・・

 今朝(11/19)小樽は真っ白に雪。
3㎝ほど積もりましたが陽が射しますと溶けてしまいました。
でも1日中、ちらちらと時々降っていました。
いよいよ冬本番です。
旭川や札幌は、明治時代に観測を始めてから記録的に
遅い降雪なのだそうでテレビで市民の声を聞いていますと
どなたも「にこにこ」して「ようやく降って安心しました」と、
答えておりましたね。
雪国は雪国の楽しみもありますから冬を迎えて、
気を入れ替えて暮らすことにいたしましょう。

夕方、外へ出ましたら、溶けた所に薄氷!油断して歩くと
滑ります。もう、雪靴に換えなければなりません。
冬まかないで来年の春まで、防寒着です。
風邪をひかないように、気をつけて暮らします。
あぁ・・・やせ我慢!

  11/19 朝、家の周りで・・・

Snow朝の景色・・・窓から石狩湾を望む。

Snow1足跡や轍、モノトーンの模様を描く。

Snow2秋明菊の葉や、黄色く色づいたシャガの葉。

2012年11月17日 (土)

季節のはがき

 きょうは最高気温でも7℃、1日中雨の降る寒い日でした。
明日は内陸部で雪のマークがついています。
この時季で雪が降らず助かっていますが、これからドカッと
降るのでは・・・と、とても心配です。
近くのカラマツの落ち葉も、まだ降るように落ちてきます。
山主さんが、落ち葉でご迷惑をおかけしていてと、ゴミ袋を
近所へ配って下さいました。大袋5枚ですが助かります。

11月に入って、郵便受けに「喪中はがき」が入るようになり、
一足早い年末を感じます。
今年も、親しい方々のお別れがありましたが、この時季になって
訃報を知らずに失礼してしまったこともあり「喪中はがき」に
驚くことも多くなりました。
きょうは、私共が世帯を構えた頃お世話になった方の奥様が
お亡くなりになっていて、知らずにおりました。97歳。
昨年5月お会いしたのが最後です。

娘さん達が、昔の知り合いに会ったらお元気になられるかと
お招き頂いたのですが、思い出して下さったのかしら・・・と
近頃、気になっていたのですが・・・
もう1度、お会いしたかったと、とても残念です。

今朝新聞の「おくやみ欄」に中学卒業時同級の
「あきらさん」のお名前が・・・。
中3の2学期でしたか・・・転校して来て、近くの座席でした。
当時としては(昭和25年)極めて身なりのきちんとした方で、
友達が「ギャバジン」と「あだな」を付けたので、私は、
「アメリカ人」とか「イギリス人」などの人種のことかと
思いましたら、ズボンが「ギャバジン」という布地の名前で
後で知って笑われたことを、懐かしく思い出しました。

4年前札幌で同期会の折、何年振りかでお会いした時は、
奥様が車椅子でお連れ下さいました。
お幸せに暮らしておられたようです。
今年も同年の友人が何人か亡くなり、自分の年齢を、
しみじみ感じているところです。

 落ち葉の時季に・・・

Otiba掃いても掃いても落ち葉は積もる・・・

Otiba1木漏れ日

F1ある日の撮影学習(パソコン教室で)

F2さっぱり腕は上がらない。


2012年11月12日 (月)

ほっと一息

 きょう(11/12)は朝から雨模様。
この時期は時雨模様と言うのでしょうか。風が強かったので
朝、家の前は枯葉の吹き溜まりでした。近くの落葉松林の
細かな葉が道路を黄色に染めつくしておりました。
この時期の風物詩・・・と言えば詩的でしょうけれど、これは、
なかなか大変で、箱形住宅の多いこの頃は、
屋根に積もりますと雪降る前に清掃をしなければなりません。
今年は、紅葉も遅れましたが、雪も遅い年です。
何事もないようにと天候に関してはとても不安の多いこの頃です。

何かと気ぜわしく過ぎてしまいますが関わりある
「食改善」の催事も今年の予定は終了し、また私事ですが
眼科通いも終わりほっとしております。
ただ冬囲いは少し残っていて晴れた日に片付け予定。

まぁ、元気で動けるのがこの年になりますとありがたいことだと
しみじみ紅茶を飲みながら、ほっと一息ついております。
?お酒じゃないの?口で言うほどお酒は頂きませんよ(笑)

 11/9

1街の中の紅葉・眼科の庭で。

2_2目が明るくなって観た紅葉。

3_2糖尿病予防講座・・一般市民にご参加頂きました。
この頃は、男性もご協力下さいまして和やかな
調理実習でした。

4_3調理実習前の講義。
この日は、各自「味噌汁の持参」。
塩分の検査も実習しました。
*市総合福祉センター調理室。

5落葉松の落ち葉・・細かい葉が積もる。

7_3落葉松の葉が落ちると雪が降るか・・・
近くの落葉松の林・・・「カラマツ林」。

*昨夜画像挿入に失敗しました。
失礼をしてしまいました。


2012年11月 5日 (月)

雨が止んで風も止んで

 きょう(11/5)は、久しぶりに晴れのお天気。
11月に入って、随分寒くなりました。
雨の日があり風の日も続きようやく少しお日様を見たような
1日でした。

紅葉をゆっくり眺める間もなく、枯葉の掃除に忙しく時間を
取られてしまいます。晴れ間にと思い、冬囲いなどしましたが、
まだ少し残っています。
来年の
「年賀はがき」も届き、気ぜわしい時季を迎えますね。

この頃は、塩分の取り過ぎが好くないことを理由に、
お漬物も少なく作ります。ひと頃は、大根120本や、蕪などを
どっさり漬けておりました。他に「いずし」も2種類・・・
とにかく秋は気ぜわしく過ごしていました。
この頃は、北海道弁で「からっぽねやんで」、手抜きをして
暮らしております。

 11月になって・・・
N ななかまど・・・青空に映えて。

T 
旧国鉄手宮線ですが、今年は
石炭を運ぶために幌内~小樽まで
鉄路は敷かれて132年・・・
小樽市市制施行90周年です。

2012年11月 1日 (木)

霜月

 今日から11月。後2カ月で新しい年になりますねぇ。
まだ2カ月もある・・・と考えたほうがいいですね!
この秋は、残暑の長引きが影響して、山も里も遅い紅葉です。
小樽は今になって、とても綺麗な秋の彩りを見せております。

霜月・・・これからひと雨ごとに寒くなって参りましょう。
もう日中でもストーブを点けていますし着るものも冬まかない。
いつ、雪が舞い降りても好い状態ですが、家の周りは今一つ。
まだ休み休みの冬仕度です。
1日でも遅い雪を願っているところです。

昨日(10/31)夕方、いつもコメントをお寄せ下さる福島の
「kikiさん」に札幌でお会い致しました。お友達4人と北海道ヘ
ツァーで函館から札幌へ。きょうは
小樽を観光で回り夕方
福島空港へお帰りなのだそうです。私の都合で、札幌で
お会い致しましたが、皆様お元気で楽しそうでした。
お目にかかり、本当に嬉しゅうございました。

 家の周りで撮った映像です。

9 今頃狂い咲きの「しゃくなげ」

10 消えたと心配していた「ほととぎす」。

11 「さらさどうだんつつじ」などの紅葉。

12 先日小樽運河で。赤い紅葉は「にしきぎ」。

13 小樽運河から港へ。この橋の上を散歩する
お2人・・・なにを話しているのかしら・・・
 


 


« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »