« 初夏 | トップページ | 慈雨 »

2012年6月14日 (木)

港・小樽

 日は照っていますが、このところ低温が続いています。

きょう(6/14)は、お昼の気温で14℃。ご昼時ストーブに
火を点けました。今夜から小樽水天宮のお祭りです。
20日からは竜宮神社祭。
6月初めには潮見が岡神社、9日10日は手宮稲荷の
お祭りと、小樽のお祭りは多いのです。
札幌も今夜は北海道神宮の宵宮祭ですねぇ。

所用で朝早く、通勤通学の人達と一緒にバスに乗り
時には、客船の入港時間も見合わせて出かけますが、
活気があって気持ちよいものです。
昨日は2隻の豪華客船が小樽港第3埠頭へ入港。
所用を済ませた後、埠頭へ向かいましたが1隻は
8時既に入港。10時入港予定の客船を埠頭で
待つことにしました。

小樽港はひと頃の賑わいは無く寂しい限りですが、
豪華客船の寄航は喜ばしいことです。


埠頭の寒さは格別で、初夏の装いでは身震いします。
沖合いに「ぱしふいっくびいなず」を見つけて
待つことにしました。港の「音」をお聞かせ出来ず残念。
磯の香りとは別の「港」の匂い。何か活気に溢れた
感じがしました。

  6/13 (水) 小樽港第3埠頭14番&16番ゲート

H2 14番ゲートから総合庁舎を望む

H02 ハンセアティック 

H1 同船の「艫(とも)」の部分。

H3 第3埠頭16番ゲート

H4 船影

P1 ぱしふいっくびいなす」が!

H5間もなく入港

P2 この日はバックからの入港。

P3  船上の乗客

ハンセアティック(総トン数;8.378t)船籍バハマ 
オホーツク海、サハリン、カムチャッカ半島クルーズ

ぱしふいっくびいなす(総トン数:26.561t)船籍日本
「花と緑の礼文島・利尻島クルーズ」

« 初夏 | トップページ | 慈雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kiki さん
小樽で「石原裕次郎記念館」の海側が勝納)かつない)埠頭で
先日7万t近い豪華客船が寄航しました。
港へは、いつでも、だれでも入るという訳には参りません。
検問あり、時間も限られていて要注意です。
入港はお天気に左右されますから、予定通りの時間には
いきませんから困りますよ。
フェリーも豪華ですし、小樽港発着しますから新潟や舞鶴へ
炒ってみたいのが夢です。

こんにちは
 小樽港の様子を見せていただきありがとうございます。
 本当に大きな船が入港する港なんですね。
 小樽運河 裕次郎記念館には行ったんですが、港まで行けば良かったわ。
 今度 行く機会あればいいんだけれど?
 でもhiroさんのお写真で当分満足出来そうです。

好好爺様
小樽・道南の旅、お疲れのご様子も見えず
驚いております。好好爺様の「ブログ」拝見いたしまして、
いつも通る「小樽運河」の佇まいも、素敵な映像で
構図の勉強をさせていただきました。
雨の中・・・三重からいらっしゃいますと寒かったことでしょう。
小樽港第3埠頭は、好好爺様の映像にある「笛吹く父と子」の
像の近くです。
コメントありがとうございます。

maho さん
あぁ、そうそう maho さんは山口と東京を行き来して
お暮らしでしたね。山口は海に近いのでしょうか。私は
居間から海が見えます・時々、遠出したヨットも見ます。
まぁ、穏やかな海は6月7月。8月に入りますともう、
波は荒くなります。
今年はいつまでも低温で海水浴はできるかどうか・・・
コメントありがとうございます。、

北海道から帰ったばかりですが、
小樽、
港には行けませんでしたが
もう見るだけで懐かしくなりました。
やはりまだ寒いようですね。
お体ご自愛ください。

hiroさん こんにちは

梅雨に入ったとはいえ此方でも肌寒く感じる日々ですよ
明日からは本格的な梅雨空になりそうです。
ストーブがいる気温、此方とは10℃違いますね

山口の我が家は海の近くですが今までに味わったことない
景色を楽しませて頂いています。

寅次郎様 こんばんは。
小樽は「お祭り」の多いところですが、私の子供の時代からしますと
とても静かです。「お祭り好き」の父に手を引かれて、良く
市内の「お祭り」を楽しんだ思い出があります。
客船のこと続きまして恐縮しております。
これから
「飛鳥Ⅱ」「にっぽん丸」も寄航します。
いつもコメントありがとうございます。

hiroさん、こんにちは。
そうですか小樽はお祭が多いのですね。それだけ歴史のある都市なのでしょう。
豪華客船、写真で見るだけでも楽しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏 | トップページ | 慈雨 »