« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

躍動の季節

 新年を迎えたのが、つい先日と思っていましたが、
きょう(3/31)は年度末・・・正しくは4月1日が、
平成23年度末でしょうか。

この時季は入学進学就職また異動で忙しい
季節です。希望に燃える・・・・また、来年こそは!と
心奮い立たせる躍動の季節でしょうか・・・・
しばらくは、新入社員入社式、入学式、異動辞令などの
ニュースで賑やかな事でしょう。
厳しい社会情勢のなか、どうか心身健やかにと

願うばかりです。

今年こそは・・・今年度からは・・・
気持ちを入れ替えるにはよい季節!
「頑張るぞ~~!」と、大きく背伸びを!
もう何回繰り返して来たことでしょう。

 3/31 家の近くで。

Dscn0163樹木の周りの雪が窪んで
春の兆し。

Dscn0165道路脇の雪。雪が溶けて、、
エンレイソウ、
エゾエンゴサクが咲き出す。
何時のことか・・・・・





 居間の一隅で・・・
Dscn00532日程続いた暖かさに、
スーパーで購入のバラの
蕾も開きました。

2012年3月29日 (木)

認知症

 3月も、後2日となりました。

きょう(3/29)の天気予報では、もう少し気温が高く、
11℃にもなり、今年になって1番暖かい日のはずが、
風があり、相変らずの寒さでした。
雪解けが遅々として進まず、チューリップもスイセンの
芽も、まだ1mの雪の下。舗装道路が歩きやすくなり、
僅かに春の兆しを感じております。

ひとり暮らしの友人に、何回か連絡しても電話が
繋がらず、旅行でもしているのだろうか・・・と思って
おりました。余にも長く心配になりご兄弟の方へ
お聞きしましたら、元気なので連絡させます・・・・。
しかし、本人からは未だに音沙汰なし。
最近、認知症で入院中と判りました。食事も自分で
摂れないという・・・・。あぁ・・・・・

誰よりもしっかりして、活動的であった彼女。
認知症だなんて・・・どうなってしまったのでしょう。
同じ年齢の彼女!
しかしお医者にお聞きしましたら、もっと若い人も
いますよ。長生きしてますからいろいろ出てきます・・・
「人生僅か50年」時代がよろしいらしい。

 ゼラニュム・・・

Flower3

Flower4_2

2012年3月25日 (日)

早春賦・・・

 ♪春は名のみの風の寒さや~~
3月も末と言うのに毎日の雪空。
早春賦の歌詞さながらの風景です。
きょう(3/25)は、朝8時半の札樽高速バスで
札幌・月寒迄行って参りました。
高校野球・小樽北照高校の試合は観戦出来ずに
しまいましたが、相手も強い!残念でした。

孫も5人おりますとこの時季、何かと気ぜわしく、
1番小さいと思っていた孫(長女の次男)が
この春から中学生になります。
ついこの間誕生と思っていましたが、久しぶりに
会うと、びっくりするほど、大きく成っていて・・・
少しばかりの進学祝いを届けて参りました。
健やかに中学校生活を送りますように。

  3/25  北海道庁界隈で写す。

Dscn0152 未だ雪囲いもそのままに・・

Dscn0154_2 道庁前の池・・静かに春を待つ

Dscn0156 早春の銀杏並木・・・道庁前


2012年3月20日 (火)

同期会のハガキ

 暑さ寒さも彼岸まで・・・きょう(3/20)は「春分の日」。
いつになったら、暖かくなるのでしょうと、雪空を仰ぐ
この2~3日。今朝の気温は-5.7℃ですから
本当に寒いです。
ようやく、お彼岸を迎えましたので、
そろそろ暖かくなることでしょう。

気にやんでいた中学卒業同期会の案内ハガキ、
ようやく印刷。明日、各クラスの世話人へ郵送したり、
届けたりと思います。同期は300人余。
全員へ案内をするのが筋でしょうけれど出席する人は
大よそ決まっていて、今回は60人に案内ハガキを
投函することに話し合っております。

世話人の高齢化も進み、今回38回目をしおに、
最後にしようと言う声も多かったのですが、
「みんな役がイヤなら、わたし1人でも続けるよ」と言う
頼もしきN女史がおり、また、病気が治ったら、是非とも
みんなに会いたい、もう少し暮らしが楽になったら

行くよ・・・の声に押されて「最後に。。。」のひと言は
入れないことに致しました。

” みなさま、お元気でお過ごしのことゝ存じます。
今年38回目を迎え、故郷・小樽で開催致します。
新緑の時季、小樽のシンボル天狗山・山頂から、
海・街の眺望も予定しております。(雨天変更)
・・・・・・・”
  案内文の一部です。
5月末の中学卒業同期会は1泊2日小樽朝里川温泉で
開催します。
 
好天に恵まれますように。

 3/20

Dscn0139 居間で咲いている「クンシラン」。

2012年3月14日 (水)

気ままに・・・

 きょう(3/14)は、パソコンの受講日。
3ヶ月ぶりに冬靴を脱ぎ捨て、軽やかな革靴で
出かけました。道路脇にはまだ残雪はあるものゝ、
舗装道路はようやく歩き易くなりました。
雪解けの季節、昔の「泥んこ道」は懐かしくなりましたが、
汚れた残雪が、綺麗に消えて無くなるまで、まだまだ
寒い日が続きます。

あっ!そうそう!きょうは「ホワイト・デー」と言うことで、
パソコン先生からチョコレートを・・・女性全員へ!
申し訳ないことでした。ありがとうございます。

3月も半ば・・・5月末予定の中学校卒業同期会、
毎年続けてから38回目、卒業61周年。
先日、世話人会を開きましたが、これで最後と
けじめをつけて、案内はがきに書き込むと言うけれど、
この”最後・・・”と書く1行に拘って、1行も案内文は
進まず・・・・”最後・・・””これで最後・・・”
もう、3日も考え続けています。
きょうは、よしなしことを気ままに・・・失礼いたします。

  3/13 小樽運河で。

Dscn0142 まだ、このように雪景色です。

Dscn0144 水温む・・・カモメが遊ぶ

Dscn0146  「つらら」は消えて・・・
 5月の末、同期会の頃には
 新緑も美しくなるでしょう。、
 

2012年3月12日 (月)

震災から1年・・・

 東日本大震災から、昨日(3/11)で1年経ちました。
未だに、あれから1日も心休まることのない日々を
お過ごしの方々にお慰めの言葉もございません。
1日も早く、安心して暮らせますように
心から願うばかりです。

平成23年3月11日、午後2時過ぎ・・・私はクラリと、
めまいがしたと思いました。
夕方、埼玉から来る予定の孫息子を迎えに
新千歳空港へ行こうとしていましたので、確実な
時刻を知りたいとテレビのスイッチを入れて驚きました。
実にのんびりしていたもので、めまいか?と感じたのは
あの大地震だったのです。

それから、福島・埼玉・茨城に暮らす孫や娘家族に
電話、携帯電話で連絡してみましたが繋がらない!
少し経って福島と、埼玉の孫娘に携帯電話で2人の
無事を確認。他は・・・
連絡のつかないまま新千歳空港へ孫を迎えに
電車に乗りました。もしかして・・・・
違う飛行機に乗ったか・・・それとも・・・
最終便まで待って電車を乗り継ぎ帰宅しました。

みんなの無事を確認出来のは、次の日の午後。
船旅に出られたパソコンの先生、相馬市の知り合い、
時間が経つと心配がつのり・・・
遠く離れていても地震の困惑はひどいものでしたが、
現地で震災に遭われた方達の恐怖を思うと、今も
胸を締め付けられます。

福島原発事故の次々と知らされる恐ろしさ。
いつになったら安心して暮らせるのでしょうか。
先生のご無事は2日後判り、相馬市の方は
昨年暮れになってようやく連絡が付きました。
家財一切を津波にさらわれて、娘様の電話番号を
知っていただけだったそうです。

*映像は失礼させて下さいませ。

2012年3月 9日 (金)

春の風

 このところタイトルに「春・・・」が続きます。
きょう(3/9)は、春風の心地好い1日でした。
雪解けも進み街へ出ますと小路には残雪の小
山も
ありますが冬靴も重たく感じるようになりました。
でも我が家周辺の
雪は、いつになったら溶けるのか
おそらく4月中頃まで残ることでしょう。

3月は年度末で私の入会している「食改善」でも
昨日(3/8)今年度最後の「食生活講座」開催。
健康に暮らすための調理実習と、講話を拝聴
いたしました。人事異動、24年度の準備などで
名簿の書き換えなど気忙しくなりました。

北国では、まだ、ドカ雪の降る心配もありますが、
冷たいながらも「春の風」は嬉しいものです。

*「食生活講座」は小樽市保健所健康増進課主催。
 
  今回は、食改善・会員のための講習会でした。
*「食改善」:小樽食生活改善協議会の略。
* 会員は、保健所で毎年開催する「食生活改善
  推進員受講講座」を1年に渡り受講しています。
  保険所開催の事業にはボランティアで協力。
  又各自、地域や家庭で健康に努力しています。
* 昨年10月、小樽食生活改善協議会は、
  開設40周年を迎えました。
 
 
  3/8 小樽市総合福祉センターで

Dscn0137_2 調理実習後の楽しいひと時。

Dscn0136_4 「具沢山の汁物」と「ちらしずし」。
保健所の管理栄養士の皆様、
来年度も宜しくお願いいたします。

2012年3月 6日 (火)

春の足音・・・

 きょう(3/6)は、久しぶりのプラス気温。4℃。
家の前の歩道を、子供が靴音高く走って坂を下って
行きました。アスファルトが見えて少し歩きやすく
なりました。
もうすぐ冬靴から開放されて颯爽と歩くことが
出来るでしょう。本当に、待ち遠しいことです。

先日「おたる雛めぐり」を3箇所周りましたが、毎年見る
「おひなさま」も、場所(背景)が変わりますと随分違って
見えることに驚きました。飾り方のセンスでしょうか・・・

我が家の「おひなさま」も昨日しまいました。5人の孫の中に
孫娘(16才)ひとり。婚期が遅れたら・・・なんて言ったら、
これはセクハラでしょうか?
うっかりしたことは言えませんね。(笑)

「おたる雛まつり」から

2011_0227 こちらは、昨年のお内裏様(文学館)

Dscn0119 同じお内裏様・・背景が違うと・・・

Dscn0108_3 ウィングベィ内「昆布屋さん」の店内で。

Hina10小さな手芸品。生き生きしてますね。

Hina11 小さな市松人形ですが、丁寧に縫い上げた
「おたも」を着ています。
(上2点は、T酒造「亀甲蔵」で。

 

 




 

2012年3月 3日 (土)

おひなまつり

 きょうは3月3日「おひなまつり」でしたね。
静かな我が家も「おひなさま」の飾った部屋だけが
華やいでおります。飾る時も忙しいけれど、
しまうにも気ぜわしく、来年も無事に飾る事が
出来るだろうか・・・様々な想い出に浸りながらも
ふと、
齢のことが頭を過ぎります。

「おたる雛めぐり」昨年も行った酒蔵の
「ひな飾り」を見て参りました。
友人を誘って行きましたが、さすが「酒蔵」。
お酒に弱い(?)私は、お酒の芳香に酔ってしまい
ご覧のように、ちょっと、かすんでおりますが、
お許し下さいませ。
  3/1   3/2

Hina0 酒蔵で「雛めぐり」

Hina1 なかなかの「イケメン」

Hina2 古風なお顔立ちの「イケメン」

Hina3 お内裏様を撮るのは難しい!

Hina4 こちらは、ちょっと「ハス」に構えて。

Hina5 ガラス製。小樽はガラスも有名ですよ。

Hina6 つり飾りの中に・・5月人形も飾ってね

Hina8_2 酒蔵天井からのつり飾り。
来年も元気で訪れることが出来ます様に

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »