« 灯り | トップページ | 時には演歌を口ずさみ・・・ »

2012年2月 7日 (火)

暖気で・・・

 2日続いた暖気で、気になっていた屋根の雪が
すっかり落ちました。北国も近年は、無落雪屋根の
住宅が多くなりましたが、余程、電力の力を借りなければ
溶けて流れて行かないようです。古い我が家は、暖気を
待って落雪です。ところが、うっかりしていると落ちた雪は
軒下まで積もり、屋根の雪の落ち場所が無くなると、
屋根の雪は動かなくなり、屋根に重みがかかります。

家の裏は、軒下1m は平らにして、雪の滑りをよくして
置きます。冬は毎日一仕事増えますねぇ。後1か月半・・・
長い冬です。

きょう(2/7)も暖気で、屋根からの落雪で、悲しい
事故がありました。雪国では、冬の催事たけなわです。
「小樽雪あかりの路」も「札幌雪まつり」も、無事に
寒さのなかで終わって欲しいものです。

  2/4  「小樽雪あかりの路」で

Dscn0049 小樽市・「ふれあい桜」前広場で

Dscn0072 ワックス・ボールの灯り

Dscn0075 上と同じに「小樽運河プラザ前で写す。

« 灯り | トップページ | 時には演歌を口ずさみ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kiki さん
いつもコメント、ありがとうございます。
寒さがぶり返し、昨夕、小樽運河の傍を通りましたら、
気温-7℃、今はもっと下がっています。
こちらはまだ、真冬ですよ。
立春も過ぎましたから、♪「早春賦」でも口ずさみたいところですが、
とてもとても・・・・「雪の降る街を・・・・」とぼとぼと歩いて帰宅しました。
貴女の素敵な「ブログ」楽しみにしております。よろしくね。

おはようございます
小樽の様子をいつも見せていただきありがとうございます。
お写真も綺麗に撮られてすてきですよ。
今年は雪が多いせいか雪の事故が多いですね。
お互い気をつけましょう。
 今日は雪が降りましたが以外と暖かいです。

 凜太郎様 こんばんは。
いつもご覧いただいて、ありがとうございます。
彼岸”七雪”・・・春彼岸が過ぎましても、こちらでは降ります。
七雪・・・名残り雪・・・何かよいムードを感じますね。でもいつまでも
寒くて困ります。
新学期の始まった頃、どろんこ道に長靴、小樽の春の
訪れでした。この頃は除雪の車が入りますから、道路は一足早く
春らしくなります。
屋根からの雪は、暖気ですと「ざぁ~っ」と音を立てて落ちます。
今夜はかなりの「しばれ」です。
そちらもお寒いでしょうか。お大事にお過ごし下さいませ。

 寅次郎様 こんばんは。
いつもおいでいただき、コメントありがとうございます。
屋根から落ちて積み重なる雪、目測では、この冬の
積雪量は少ないです。雪の滑り落ちる屋根を時には、
「お宅は、自然に落ちていいですねぇ」と言われることもありますよ。
まぁ、道路に向かって落ちるのでなければ、暖気に自然に
落ちてくれると、助かります。雪のある間、大変だ!大変だ!と
思いながら、春になりますと、けろっと忘れますから不思議です。
寅次郎様の温かな「ブログ」楽しみにして冬を過ごしております。

hiroさんこんにちは
落雪事故や雪まつりの事故を新聞報道で知りましたが、降り積もった雪が
急な暖気に、屋根から雪崩のように音を立てて落ちるのでしょうね。
怖いですね。
 暦の上では立春を迎えましたが、北海道の春はよく彼岸”七雪”と言われ
春彼岸から七度ほどの雪を見なければ本当の春を迎えることはなく、4月の入学式にも名残雪が・・・・
マダマダ雪が降ります。除雪には怪我のない様十分注意をしてください。
 「吹雪やみ 雪の多さに 背を伝う」

hiroさん、
雪国の冬は大変ですね。
事故のないようにお気をつけください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 灯り | トップページ | 時には演歌を口ずさみ・・・ »