« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

おひなさま

 2月も後、1日になりました。今年は閏年。
3月と聞くだけで、一足飛びに春を迎えると思って
いる身には、1日が長いですねぇ。
昼間は幾分寒さも和らぎ、空にも海にも春の
兆しを感じます。

2月11日から3月4日まで、市内50余の参加店、施設で
「おたる雛めぐり」を開催中です。パンフレットを
広げますと、まぁ~、とても、高齢者には全部を観歩く
勇気はございません。坂道、雪のでこぼこ道路・・・・。
北国の「おひなさま」は、ちょっと寒過ぎます。
ご家庭によっては、ひと月遅れで楽しむようです。

毎年、観に行く「おひなさま」は決まっていて、今年も
市立文学館の「古今雛」に会って参りました。
今年は、飾り場所を変えていましたが光りが後ろからで
撮り難いと思いました。
もう1件は、おだんご屋さんの「おひなさま」。
可愛いので、お許し頂いてパチリ。

  2/28 「おたる雛めぐり」のなかから

Dscn0119
 古今雛

Dscn0116 雅な趣・・・

Dscn0125 可愛いのでパチリ。




2012年2月24日 (金)

春は名のみ・・・

 きょう(2/24)も朝早くから、融雪機のうなりが聞こえて
いますから、相当降った様子。
もう少し明るくなったら我が家も雪の片付けをしよう、と
思います。

いろいろな事があって、2月も後5日。
今年の2月は29日まで・・・1日長い。
3月の声を聞いてもまだ雪に埋もれての暮らしに
変わりはないけれど、やはり待ち遠しいですね。
春はすぐそこに・・・
気を入れ替えて元気をだしましょうか。

  小樽市桜で
Dscn0050 桜ふれあい広場での「雪灯り」
   (2/3 撮ったものです)。

Dscn0105 青空と屋根の雪・・・

 この雪が溶けたら
春風が吹く頃でしょうか・・・・
この上にまた、積もりました。(2/20)。



2012年2月16日 (木)

2月も半ば・・・

 早いもので、もう、2月も半ばを迎えてしまいました。
きょうも寒くて、朝は吹きだまりのある家の前の雪掻き、
いつになったら暖かくなるのだろう・・・と、独り言。

寒いと、頭の中も凍りついたように、「ブログ」も
話題に乏しくて・・・毎日寒い寒いでは困ったものです。

何か、心温まる話題はないかと、テレビを入れましたら、
フアン女優・淡島千景さんの訃報にまたまた寒くなりました。
このところ、惜しい女優さんが続いてお亡くなりになり
寂しいことです。、
やはり、寒さも影響しているのかと思ってしまいます。

季節は巡るもうすぐ暖かい春も訪れることでしょう。

 「小樽雪あかりの路」で

Dscn0060 小樽運河

Dscn0063_2 倉庫の名物「つらら」のライトアップ。

Dscn0069_2 凍てつく夜の「灯り」

Dscn0070_2 2月3日から12日迄の催事中、1日だけ
暖気になりましたが、他は毎日凍てつく寒さの
 「小樽雪あかりの路」でした。




2012年2月11日 (土)

時には演歌を口ずさみ・・・

 きょう(2/11)は「建国記念の日」です。寒い1日でした。
昔の「紀元節」ですねぇ。私の年代では「紀元節」の方が
ぴんと来ます。また、♪「紀元は2600年 アァ1億の~」
なんてつい口ずさんでしまいます。この「奉祝歌」は、
昭和15年にラジオでよく流れておりました。

先日小樽運河へ蓮氷を観に友人たちと行った帰り、私は、
初めて「カラオケ・ルーム」へついて参りました。
いい年をして、社会勉強?はたまた・・・世相探訪か?
驚ききました選曲方法、面白いですねぇ。
知らなかったのは、私だけか、今まで何してたのだろう。と
ふと思いました。

演歌を聴いていますと、時代の背景も思い出されて
懐かしいですね。若者なら流行の歌を元気に歌ったら
好いし、高齢者なら「ナツメロ」で楽しめますねぇ。
そのうち「デュエット」も楽しいでしょうね!

歌って、踊って、喧嘩して、泣いて、笑って・・・
みんな元気で、生きているうち・・・
時には演歌を口ずさみながら・・・
2/10   小樽運河

Dscn0091_2 凍てつく小樽運河。

Dscn0094_4 凍てつくなかの「灯り」。


2012年2月 7日 (火)

暖気で・・・

 2日続いた暖気で、気になっていた屋根の雪が
すっかり落ちました。北国も近年は、無落雪屋根の
住宅が多くなりましたが、余程、電力の力を借りなければ
溶けて流れて行かないようです。古い我が家は、暖気を
待って落雪です。ところが、うっかりしていると落ちた雪は
軒下まで積もり、屋根の雪の落ち場所が無くなると、
屋根の雪は動かなくなり、屋根に重みがかかります。

家の裏は、軒下1m は平らにして、雪の滑りをよくして
置きます。冬は毎日一仕事増えますねぇ。後1か月半・・・
長い冬です。

きょう(2/7)も暖気で、屋根からの落雪で、悲しい
事故がありました。雪国では、冬の催事たけなわです。
「小樽雪あかりの路」も「札幌雪まつり」も、無事に
寒さのなかで終わって欲しいものです。

  2/4  「小樽雪あかりの路」で

Dscn0049 小樽市・「ふれあい桜」前広場で

Dscn0072 ワックス・ボールの灯り

Dscn0075 上と同じに「小樽運河プラザ前で写す。

2012年2月 4日 (土)

灯り

 北国・小樽は「立春」と申しましても、どうもピンと
いたしません。夕方迄に20㎝も積もったでしょうか・・・
イナカでは、雪に埋もれての暮らしです。
昨日は節分、きょう(2/4)からは、気分だけでも春らしく、
明るく生活したいですね。

昨日から2月12日まで「小樽雪あかりの路」の催事が
小樽運河周辺を主会場として、市内48箇所で、様々な
「灯り」を楽しんでおります。
昨夜は町内会館前で、250個余りの「スノー・キャンドル」に
ローソクの火が点され綺麗でした。


きょう夕方、小樽運河迄行ってみましたが、観光のお客で
賑やかでした。人々の間を縫って覗いて来ただけ・・・
まだ開催期間もあることですし又行って見ようと思います。
帰宅しましたら、家の前に又どっさりの雪!
寄せただけですから明日の朝は「雪を燃やします」。

  2/3  2/4   灯り

Dscn0042 町内会・「ふれあい桜」会館前
 スノーキャンドル

Dscn0062 小樽運河・・浮き玉キャンドル

Dscn0066_3 小樽運河プラザ前で・・
 ワックス・ボール





Dscn0066_2


2012年2月 2日 (木)

私の「雪あかり・・・」

 2月・如月・・・・もうすぐ立春を迎えるのですが、
本州日本海側の豪雪、これ以上の被害の出ませぬように
祈るばかりです。テレビでの放映を見ておりますと、本当に
すごいですねぇ。
小樽も大雪をご心配いただいて恐縮しています。
2月1日は晴れていましたが、真冬日の気温。
朝は、-10.7℃と報じておりました。

真っ白に積もった雪・・・送電柱を頼りに雪の夜道を
雪のあかりに足元を確かめながら家の近くまで
たどり着くと、ほのかな電灯の明かりにほっとした頃。
もう、何年前のことでしょう。

小樽運河界隈で開催される「小樽雪あかりの路」私の
想う「雪あかり・・・」とは、随分かけ離れております。
今年は、第14回目なのだそうです。
ヘリクツ言わず、浮き玉に点るほのかな灯り、
小樽運河の雪あかりを観に行きましょうか・・・・

 1/30  いつもと違うカメラで「ISO感度」の自習?

* 追記(2/2) ISO感度を上げると、シャター速度が速くなり
3脚を使わなくても手振れが多少防止できると聞きまして
少しこだわって撮ってみました。

Dscn0020ISO感度(400)  小樽運河

Dscn0012_4凍てつく寒さ・・・静かな小樽運河

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »