« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

平成23年大晦日

 今年も大晦日を迎えてしまいました。
3月11日の東日本大震災は衝撃的な事件。私共の
知り合いも福島県相馬市で災害に遭い、長く行方不明
でしたが、つい最近、ご夫婦共無事に避難しておられる
ことが判り安心致しました。この1年には親戚の不幸、
友人、中学同期生2名の他界など、悲しいことも多く、
ちょっと、しんみりした大晦日です。

きょうは久し振りに青空を仰ぎました。日中も+1℃。
この気温で暖かい好い大晦日!と嬉しく思いました。

今テレビではNHK総合で「紅白歌合戦」の最中ですが、
みなさまのお宅では、お年越しのお料理を召し上がって
楽しい団欒のことでしょう。我が家は早く終わって、
少し、のんびりタイムです。朝からヒトナミに忙しく
過ごしました。
それでも、家事の1部は来年に持ち越しです。

テーブルの上に、来年の楽しみに届いた手芸誌や
3年記入の日記、妹からの贈り物「カレンダー」を
広げ、又、作って食べてみたい料理の本をめくって、
来る年に思いを馳せております。
特に3年記入の日記には、これから3年、私にとっては
健康で過ごせるかどうか・・・気をつけて暮らそうと言う
思いがあります。

拙いブログ「花筐(はながたみ)」へ大勢ご訪問いただき、
又、コメントをお寄せ下さいましてありがとうございます。
みなさま、ご健康で佳いお年をお迎え下さいますように、
心から祈念申し上げます、
これからも宜しくお願い致します。

12/31 

2011_1231_3 久し振りの晴天。うっすらと増毛連峰。

2011_1231_14 散らかしているテーブルの上。
パソコンもカメラも上達したい・・・
夢一杯の「ひと時」に!

脚使用。

2011年12月28日 (水)

冬の「おたる水族館」

 毎日の雪空、お日様はぼんやり霞んでいます。
きょう(12/28)は朝の気温-2.7℃。お昼 0℃。
幾分暖気でした。昨日は家の前の市道に除雪車が
入り、助かりました。でも、その後がつるつる道路。

12/25(日)この日も大雪でしたが、所用で近くまで
行きましたので小樽市の北側・祝津町にある
「おたる水族館」へ寄り道して参りました。
この冬から冬期間も営業することにしたそうです。
昭和33年の夏開業。営業母体は変りましたが
かれこれ50年以上の歴史を刻み、
「海の怪獣・セイウチやトド」も身近に見られる
ユニークな水族館です。

今年は、水族館の上の展望台に夕日を観に何度か
友人と訪れましたが、冬は初めてで、上る階段の
両側には70cm程の雪が積もっておりました。

 12/25  小樽市祝津・「おたる水族館」

2011_1225_2 水族館の入口を背に眺めた「祝津漁港」。

2011_1225_55 開館当時(昭和33年)は、
海辺に近かったのですが、今は山の上に・・・

2011_1225_7 入管しますとすぐに「ゴマフアザラシ」が愛嬌を!

2011_1225_11 魚影は「マサバ」の大群

2011_1225_20 館内の1部.

2011_1225_50少しカメラに慣れてきて・・・

2011_1225_26_2 ピンボケですが彩りに。

2011_1225_27この名前?・・・面白いご面相

2011_1225_34 ミズクラゲ

2011_1225_44 カメさんです。

2011_1225_40 「ペンギン」雪中行進もするようです。

2011_1225_16

「ホテイウオ」冬期限定展示。
この魚は冬になると産卵のため浅瀬の
海岸へ寄ってくるそうです。
通称「ゴッコ」。味は淡白でとても美味。
捌き方は、ちょっと面白い!
ぅわー!! これ食べるの!!吸盤あり。
我が家でもこの時季、1度は食べます。
おすまし汁に捌いた「ゴッコ」の卵やお豆腐&長葱を
放しますが、ひと頃、小樽の老舗料亭でも冬の献立に
上りました。いまでは、高級魚です。

*「おたる水族館」
    小樽駅前バスターミナルから「おたる水族館行き」。
  海岸回りと赤岩回りあり。 バス料金片道210円。
  水族館入管料金。大人1000円。
  70歳以上の小樽市民は無料。照明出来るもの持参。

2011年12月25日 (日)

ホワイト・クリスマス

 小樽は、3日続いて「暴風雪」の警報が出され、
テレビ・ニュースでも小樽運河辺りや市内の様子が
何度も放映されましたので、すっかりご心配頂きました。
きょう(12/25)も、JR函館線も札幌から新千歳空港駅
の各線も列車の運休が出ております。

雪は少ないと思っていましたが、この3日間で60cmは
積もりました。また今夜「大雪警報」が出ております。

今朝は少し晴れ間もあり、辺り一面の雪!雪!雪!
まさに「ホワイト・クリスマス」。
家の前の雪を道路わきに寄せましたが、明日の朝は、
融雪機に入れなければと考えています。

お昼からは、祝津町に所用で出ましたので、近くの
{おたる水族館」へ回りました。
今年から冬期間も営業することになり、
きょうは日曜日で家族連れや若いカップルで賑わって
おりました。水族館の映像は後日「ブログ」へも
載せようと思います。

  12/25・・・ホワイト・クリスマスの朝
   家の近くの雪景色(小樽市桜・・・)

2011_1225_2_2 ご近所のお庭。

2011_1225_4_2 よく通る坂道

2011_1225_5_2 車庫あれど入口は雪で・・・

2011_1225_6_2 雪にすっぽりと暖かそうな?

2011_1225_7_2 ここも坂道

2011_1225_8_2 春になると「ヒトリシズカ」や「エゾエンゴサク」が
一面に咲き出します。好きな散歩路です。

2011年12月22日 (木)

冬至

 12月も20日を過ぎますと年末、特別な計画が
ある訳でもないのに、気忙しいですねぇ。
今夜(12/22)は、小樽地方に暴風雪並びに
波浪警報が出されております。

外はかなり荒れ模様。

予定していた2つの「望年会・お食事会」も昨日で
終わり、雑役係としては寂しくなりました。
どちらもお昼間のささやかな集まりですから
アルコール抜き。誠に健康的な会合でございました。

きょうは冬至。札幌で日の出が 7時3分、日の入り
16時3分。明日から、畳の目ほどに明るくなって
来ることでしょう、
小樽の日の出・日の入りをと思い購読している新聞と、
気象庁のHPで調べましたが、みつからず・・・・。
まぁ、札幌は近いから同じ位なものでしょう。

ところで、冬至に「あずきカボチャ」を食べる風習は
東北・北海道だけでしょうか・・・・。

「カボチャ」を冬至まで大切に保存し、脳卒中の予防
また、学校給食では「風邪の予防」として児童生徒の
献立に入れますね。私の子供の頃には大人達が
「チュウキに当たらないように」とか「チュウブ予防」と
言って、呑んべいさんが、甘い「あずきカボチャ」を
食べていました。お酒を呑み過ぎない方が、よっぽど
いいのに・・・と思ったものです。

今夜、我が家でも献立の1品に入れました。
カボチャは年中、スーパーに並ぶ平和な時代ですね。

 凍てつく日の小樽運河界隈

Canal1 今年の12月は10日間程真冬日続き。

Canal_2_2 つらら

Canal_3 中ほどに見えるのは、天狗山

2011年12月18日 (日)

望年会?

 きょう(12/18)も真冬並の寒さで、今朝の気温-5.7℃。
昼間も-3℃でした。道東ですとマイナス2桁ですから、まだ
暖かな方でしょう。網走市に暮らした折、3女を背負い、
2女を幼稚園へ送った朝は、-21℃の記憶があります。
銭湯の帰りに洗った子供の髪がパリパリに凍りまして
驚いたものです。
よくもまぁ、これまで元気で暮らして来たものです。
そんなことは、普通だったのですよねぇ。

12月もあと12日ほど・・・・
親戚や友達の不幸があり、この暮れは静かにと思って
おりました。しかし、お断りの出来ない「忘年会」もあって
ある新聞に出ていた「望年会」と決め、心新たに
出席と決めて楽しみにしております。

1つは、長年お世話になっている「パソコン教室」で、
ホームページ受講の8名全員が、ホームページ開設。
そのお祝いと、ボランティアで長いことご指導下さった
先生のご苦労をねぎらう「お食事会」を致します。
これから、受講生各自、楽しみなホームページを
作成して行くことでしょう。来る年に希望を持って
「望年会」です。

もう1つは、2~3日前「hiroちゃん、忘年会しよう!」と
古くからの友達から電話が入りました。
国民学校時代からの友達で彼女は独身。もうひとりは
第2の独身。親兄弟姉妹共に知っている仲。
あぁ、のんびりオシャベリの出来る友達。
それで、近くの商業施設で待ち合わせの約束。
これから何回会っていっしょに食事出来るだろうか・・・
来年も共に元気で暮らそうと「望年会」。

今年もあと12日。みんな無事に良い年を迎えることが
出来ますように・・・・・切に願います。

  12/18(日)

2009_1203july70007 我が町を横切る「札樽バイパス」。

2011_1218 我が家の1階ベランダから石狩湾を望む。
晴れていると増毛の山々も見えるけれど
はっきりしない風景。夕焼けが彩りを添えて・・・
もうすぐ冬至。午後3時半の映像。

2011年12月14日 (水)

 きょう(12/14)も寒い日です。
午前中は屋根に積もった雪の
落ちる音が 聴こえて
いたのですが、風の向き具合でしょうか・・・
少しストーブの火を大きくしても寒く感じます。

雪も積もっていて、買い物も億劫になり、足元が
危ないことを口実に、冷蔵庫にあるもので、どうにか
食事の支度。体の動きも鈍ってきます。

高校時代、国語の時間に「きょうは何の日かわかる者」
と言う質問。あれこれ考えても思い当たらぬ、
結局、誰も答えられずにいましたら・・・
「きょうは討ち入りの日・・・江戸も雪だったのだなぁ~」
それで今朝も、ふと、このことを思い出しました。
ちなみに、この厳しいけれど面白い男の先生は
1月17日になると「きょうは何の日か?」と質問。
その頃のことは、良く覚えているものです。

日本は狭いと言うけれど、この時季まだ紅葉の
観られる地域もあり、小樽のようにスキー場の営業を
始めたところあり、北から南へ飛んで空から観たら
変化に富んだ日本列島を眺められるだろうと・・・・
窓外の雪をみながら思い描いておりました。

 雪を踏みしめながら・・・小樽市桜で。

Sakura_2 すっぽりと雪に包まれて。

Sakura 近道ですが、雪が深くなり散歩道には・・・

Sakura_1 桜並木も雪の花

Sakura_6 熊碓海岸(東小樽海水浴場)を望む。

Sakura_4 平磯岬に建つ「銀鱗荘」。

Sakura_5  「銀鱗荘」を背にして眺めた小樽港方向。
雪が振り出しました。おお~手が冷たい!

2011年12月11日 (日)

クリスマスを前に・・・・

 連日寒い日が続いています。
小樽市内の「天狗山&朝里川温泉スキー場」は
昨日(12/10)から営業を始めました。
ロング・クリスマスと言う催事で、日本銀行旧小樽支店
など、歴史的建造物がライト・アップされて、小樽も
冬の観光シーズンを迎えております。

そのような折、昨日(12/10)仕事や趣味で30年来の
友人が天国へ召されました。
一昨年の今頃「肩が張り、背中も時々痛いの」と言って
診てもらったら即入院。「乳がん」の
 手術を受けました。
頑張り屋の彼女は、抗がん剤にもめげず、つい、
11月初めまで仕事を続けていたのです。
しかし、転移していて緩和治療を受けていましたが
あっけなく亡くなりました。

とにかく彼女の手は魔術師!編み物や刺しゅうなどを
教えながら自営業の毛糸他手芸材料・企業の制服や
作業服などを扱う商店を切り盛りしておりました。

同じ年齢の子供達のいたこともあって、進学や就職、
結婚、その後、孫達のこと、随分と話したり愚痴たり
励まされたり・・・・
亡くなってすっかり気落ちしてしまいました。
11月19日、室蘭から札幌の病院へ転院していた折
お見舞いに行きましたが、しっかりしていました。
その後、室蘭へ帰りたいという要望でまた転院しましたが
ついに帰らぬ人となりました。彼女はクリスチャン。
天国でもお幸せに。

 手芸作品は、亡くなったK子さんと一緒に、指導者講習
受講中の思い出のもの。K子さんを偲んで。

S 「ばら」のクッション

S_2 ビーズ刺しゅうのポーチ

S_5 小さな額「サンタクロース」

S_7jpg 小さな額「トナカイ」

2010_1103july70001 刺しゅうの「リース」

S_3 アッシジ刺しゅう

 4人の仲間で刺しゅうサークル「四葉のクロバー」を
2ヶ月ごとに開いて作品の情報交換など、楽しく
過ごしました。一番頼りになる人を失い寂しくなります。


2011年12月 8日 (木)

北の街から(2)

 今夜(12/8)は、とても冷え込んで参りました。
月と星がとても綺麗です。午後から所用で出かけ、夕方、
帰宅しましたが、道路は滑ってつるつるでした、
月と星に気を取られて天空を仰ぎますと、足元はツルリ!
危険な冬道です。

小樽運河近くにも用事があり通りましたが冬の運河、
寒いながらも、回りの灯りが川面に映り、とても綺麗です。
小樽も厳しい年末、街の灯りも少し控えめですが、
平和で暮らせることに感謝です。70年前の朝、
新聞を読んでいた父が「いよいよ始まったか・・」と、
一人呟いていた姿が思い出されます。きょうは12月8日。

 12/8 小樽運河界隈で。

Canal 間もなく冬至。まだ午後3時55分なのに・・・・

Canal_4 運河の倉庫と月と・・・

Canal_1とても目につくガラス浮き玉のツリー。

Canal_2jpg 小樽運河プラザ内のツリー。

2011年12月 4日 (日)

北の街から

 友人から届くメールで映像を観ていますと、
ところによっては、まだ紅葉の美しい暖かな光景を
拝見いたします。
今朝(12/4)の小樽は一面真っ白。今は雨が降っています。
大荒れの予報が出て心配しましたが、落ち着いたようです。
日中は新千歳空港からの便は欠航も相次ぎ電車の遅れも
あって、いよいよ北の街の冬の生活が始まっています。

雪は降ったり、溶けたり、凍ったり・・・・
雪に包まれた景色はとても綺麗でつい、寒いのも忘れて
カメラを持ち出します。
いつも同じような光景に少々うんざりしていますが、
ブログへ載せる映像も底をつきました。
ストーブを背にして、古い映像を持ち出して眺めるのも、
寒い北の暮らしには楽しみのひとつです。

 ある雪の日に・・・

Snow1_4 モミジも真っ白に雪化粧。

Snow2_4 鰊御殿「銀鱗荘」・・・小樽市桜1丁目。

 ・ガラス浮き玉ツリーSnow4_4(小樽)&札幌テレビ塔  Snow3_5

2011年12月 1日 (木)

札幌地下歩道

 今朝(12/1)6時の気温-3.9℃。雪も降っていて
寒い師走を迎えました。午前中、ストーブの火を消して
出かけましたら、帰宅後、部屋の温まるまでの寒いこと!
一面真っ白な光景はとても綺麗で、空気中の塵&芥を
拭い去ったような清々しい感じでもあります。でも寒い!

今年の3月、札幌駅地下道から地下鉄大通公園駅までの
地下歩道が出来て、便利になりました。
(全長約520m 幅員20m)。
お天気が好ければ地上を歩きますが、天候に左右されず、
地下歩道はとても便利です。雨の日や雪降りの日、
JRで最寄駅から電車に乗りますと札幌では傘も差さずに、
地下歩道界隈にある目的の場所まで移動出来ます。

札幌駅の地下道へ入りますとすぐのところに、太い柱が
並んでいますが柱の白い壁を利用して「アイヌ刺しゅう」の
壁掛けが展示されています。かって、アイヌの女性から
「刺しゅう」を教わったことがあり懐かしく写真に撮りました。
お若いのに故人となられましたが、教わった作品は
大切に使っております。

  札幌駅地下歩道で

6 柱を利用、素敵な展示。

Ainusisyu_1 アイヌ文様の壁掛け。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »