« 雑記帳(3) | トップページ | 冬を迎えた小樽運河 »

2011年11月19日 (土)

ひなげし

 きょう(11/19)は、時々小雨模様でしたが暖気でした。
所用で札幌まで出ましたが、小樽も札幌も昼間の気温
7℃近く。雪は街では溶けてしまいました。

短歌で読めない、書けない、漢字変換しても出てこない。
このような時、「I M E パッド」を使って「手書き」しますが、
よろよろして、上手く描けない文字があって画数の
多い程、何度もやり直しです。

先日は「雛罌粟(ひなげし)に悩まされました。
印刷した文字が小さいのと、目がはっきりしないから、
罌の文字がなかなか見付からなかったり、粟を栗と
打ってしまったり散々でした。

それで、ご丁寧にこの「雛罌粟」に寄せてメールを
頂きました。

*雛罌粟(ひなげし) 
 フランス語で コクリコ(coquelicot)
 英語では ポピー(poppy)
  日本では 虞美人草(ぐびじんそう)
        雛罌粟(ひなげし)と当てるそうです。
  
TOYOYAGOさん、ありがとうございました。

ポピーは、ケシ一般に使うようですね。
知らなかったのは私だけでしょう。
与謝野晶子の「コクリコ」の一首から、様々学んで
楽しいひと時でした。

Slide11 日本名で書きましょう「ひなげし」。

Slide2 与謝野晶子の「こくりこ」の一首。

        
       

« 雑記帳(3) | トップページ | 冬を迎えた小樽運河 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kiki さん こんばんは。
いつもお寄り下さって、嬉しいです。
近眼ですと眼鏡を外して、本や新聞の文字、それに、
総合写真の小さなお顔も判別できると思います。私も、
そうでしたのでね。ところが、最近は見えにくい。
年相応に目も老化してきているのでしょう。
近視も老眼も眼鏡は持っております。
眼鏡は眼科でしっかり調べてもらい、お買いになると
いいですよ、億劫ですけれどね。
パソコンは、目の乾燥?もあるらしい。気をつけましょうね。

こんばんは
私も眼が悪く困ってます。
中学くらいから近眼でした。今は近眼のメガネをかけていますが、
歳をとると新聞を見るとき パソコンを打つ時 メガネをはずしてますの。
老眼と近眼どっちがいいのかなー

yoko さん
あらまぁ!Sと8 私も間違います。
細かな字の伝票の書き込みには困ってしまいます。
yoko さんは、視力が良かったからねぇ。
お大事にして下さいね。

こんにちは。
ひなげし、かわいらしいですね。
この頃、小さい字が読みづらくなりました。
6と8などは、つながって見えて特に読みづらいです。


寅次郎様、こんにちは。
いつもご覧いただいて、ありがとうございます。私はこの頃、
細かい文字が読めなくて、大きくして書き込みます。やはり、
年には勝てませんねぇ。
広辞苑は大きなルーペを使います。
このブログでは、文字をもう1段、大きくできます。
コメントにも、使えるといいのですが、ちょっと、残念です。

hiroさん、こんにちは。
この歳になると、細かい字は読めませんね。
その点、貴女のブログは字が大きくて助かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑記帳(3) | トップページ | 冬を迎えた小樽運河 »