« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

ミシン

 ひと時銀世界になった小樽市内、一昨日(11/28)の
気まぐれお天気で、すっかり雪は溶けてしまいました。
住まいは山に近いので、家の周りに少々の雪が
残りました。きょうからは寒くなるという予報です。

NHK総合朝の連続テレビ小説「カーネーション」、時折
視ています。小篠綾子さんをモデルにしたドラマですが、
日本のファッション・デザイナー「コシノヒロコ・コシノ
ジュンコ・コシノミチコ」3姉妹のお母様と言った方が
いいでしょう。3姉妹が、私が暮らして来た年代と
同じですから、とても興味深く視ています。

昭和10年代、家にミシンの有るのは珍しかった時代、
中古の「シンガー・ミシン」を母が使っておりました。
そのミシンは今、私の所にあります。私が生まれる
前から家にあったものです。母は、6人の子供の為に
使い、又、叔母達も使いました。

家事修業の名目で奉公に行った先の奥様がシドニー
からの帰国時持ち帰ったそうでミシンがあり、母も
手ほどきを受け、大方ミシンで仕事をしたそうです。
結婚後「ミシンがあったらどんなにいいだろう・・・」と、
いつも聞かされた父がある日、勤め帰りにリヤカーで
中古ミシンを運んで来たとのこと。
このミシンは、父から母への、たった一回の贈り物
だったそうです。

故障も無く私も使いましたし、娘達も学校の宿題などで
足踏みして使ったのです。ミシン屋さんに一度点検して
頂いたとき、手放す時は必ず、連絡して欲しいという
シロモノです。私も勤めていたとき、新しいミシンを
購入しましたが、そのミシンも53年程経ちました。
今も足踏みで使っております。

*映像と、記事は関係ありません。

  11/25・・・JR函館本線で札幌へ行った時写す。

1 朝里駅付近

2 張碓(はりうす)海岸のすぐ側を走る・・・

3 車窓から写す。時に波飛沫が窓に!

2011年11月25日 (金)

友達

 とうとう今朝(11/25)はスノー・ダンプを使って除雪。
12~13cmの積雪でした。まぁ、ちょっと寄せて置けば
よいのですが、ご近所の丁寧な除雪に合わせましてね。

きょうは、以前仕事関係の、気の合う友達2人に札幌で
落ち合う約束あり、電車で向かいました。
小樽築港駅から27分もすると札幌へ。
まぁ!何と札幌は積雪ナシ!
道庁界隈で雪景色を撮ろうと期待していたのに・・・・

11時半の約束までの少々の時間道庁界隈へ寄りました。

旧北海道拓殖銀行本店の跡地に建築された「北洋ビル」。
初めて入りましたが、オシャレな小さなレストラン。
いろいろとオシャベリ致しました。
病気で心配な友達も、きょう、会う約束していました。
また、春の同期会で来年もね!と別れた友達は、
先日(11/21)帰らぬ人となりました。

*札幌大通り公園の「イルミネィション」は、
きょう(11/25)夕刻から点灯です。


  11/25

S_1 道庁前の銀杏並木

S_2 道庁旧庁舎前の冬支度

S_3 庁舎前の「雪吊り」

S_4 落葉

S_5_2 池に映るビル・・・

S_7 すっかり葉も落ちて・・・

S_8 同じ日の午後。小樽市内で雪!

S_9 小樽市望洋台3丁目付近・・・
ずんずん積もる雪。

2011年11月22日 (火)

冬を迎えた小樽運河

 一昨日(11/20)降った雪は溶けずに、
きょう(11/22)も静かに少しづつ積もって辺り一面、
銀世界です。気まぐれお天気、もう一度、すっかり雪を
溶かしてしまうのでは・・・と、ノンキに構えております。
外仕事を少し残していますから、気にかかります。

雪が降って初めて「小樽運河」辺りを散策して来ました。
まぁ、近くまで所用で出たついでに足を伸ばしたのですが
すっかり冬の佇まい。先日まで赤く染まり、殺風景な
運河を彩っていた蔦(つた)の葉も、何処かへ飛んで
しまったようです。雪が降ると、景色はすっかり変貌
します。いつも、同じ場所に立ち、カメラを向けますが、
冬の景色も静かでとても好きです。

 11/22  小樽運河で

2011_1122_6 雪の降り続く運河。

2011_1122_10 さすがに寒い!人影もまばらに・・・

2011_1122_11 つい先日までは、蔦(つた)が赤く綺麗だった。

2011_1122_20 小樽北運河

2011_1122_21 「小樽運河プラザ」前のツリー。

2011_1122_23 「小樽運河プラザ」内部のツリー。
小樽は「ロング・クリスマス」の催事で、
このプラザ内でも、色々なクリスマスの
商品が並んでいる。
ガラスの小さなツリーを買おうかなぁ。

2011年11月19日 (土)

ひなげし

 きょう(11/19)は、時々小雨模様でしたが暖気でした。
所用で札幌まで出ましたが、小樽も札幌も昼間の気温
7℃近く。雪は街では溶けてしまいました。

短歌で読めない、書けない、漢字変換しても出てこない。
このような時、「I M E パッド」を使って「手書き」しますが、
よろよろして、上手く描けない文字があって画数の
多い程、何度もやり直しです。

先日は「雛罌粟(ひなげし)に悩まされました。
印刷した文字が小さいのと、目がはっきりしないから、
罌の文字がなかなか見付からなかったり、粟を栗と
打ってしまったり散々でした。

それで、ご丁寧にこの「雛罌粟」に寄せてメールを
頂きました。

*雛罌粟(ひなげし) 
 フランス語で コクリコ(coquelicot)
 英語では ポピー(poppy)
  日本では 虞美人草(ぐびじんそう)
        雛罌粟(ひなげし)と当てるそうです。
  
TOYOYAGOさん、ありがとうございました。

ポピーは、ケシ一般に使うようですね。
知らなかったのは私だけでしょう。
与謝野晶子の「コクリコ」の一首から、様々学んで
楽しいひと時でした。

Slide11 日本名で書きましょう「ひなげし」。

Slide2 与謝野晶子の「こくりこ」の一首。

        
       

2011年11月17日 (木)

雑記帳(3)

 今朝(11/17)も真っ白な冬景色。
昨日は、陽射しもあり、冷たい風でしたが、前日の雪は
すっかり溶けてしまったのですが、4cm程積もりました。
岩見沢市では30cmも!これからは段々と積もる雪に
除雪に汗する朝が始まります。いよいよ体力勝負です。

本棚の整理をしながら、雑記帳をめくっていましたが、ヘタな
自作の短歌・俳句・川柳もあって苦笑ものです。
とても、1首も1句も載せることは出来ないシロモノ・・・
毎年、歌集や句集を纏めて小冊子にして、贈って下さる
数人の友人に触発されてはいたものの、とうとう、
諦めてしまったのです。

パソコン塾でも、俳句や川柳をたしなむ方々にお会い出来て
又、食改善同グループの先輩に俳句をなさる
M
さんが、この度小樽市文化祭の「俳句部門」で最高賞を
受賞しました。好い環境のなかに恵まれていると感謝です。

先日、映像に文字を書き込む学習で、文字に間違いあり
訂正いたしました。与謝野晶子の「コクリコの歌」ですが、

「ああ皐月(さつき)
仏蘭西(フランス)の野は火の色す
君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟」

この「雛罌粟」でいいのか、ご存知でしたら教えてください。
 雑記帳をめくりながら、ようやく本棚の整理が済みました。

11/17 今朝の雪景色・・・家の近くで・・・

A 坂道・・小樽は坂が多い!

B 近くの林・・・

C これから、この上に2mは積もってきます。

 

2011年11月15日 (火)

いよいよ雪!

 今朝(11/15)は、肩の辺りが寒くて目が覚めました。
何と雪!! 例年より19日遅いそうですから、
北国の暮らしには、大助かりだったのです。

家の周りの初雪・・・・パチリ!  北海道弁ですと、
「寒いのに、少し、はんかくさいんでないかい?」。
母が存命だった時、雪が降ると喜んで走りまわっていたのは私。
下の弟は、寒がってメソメソしていたそうです。

きょうは「七・五・三」 でも、こちらでは「10/15」に
終えているところが多いようです。

寒がり屋さん!風邪に気をつけて下さい。

  11/15 家の周りで・・・

2011_1115_1 まだ紅葉が・・・囲いが遅れました。

2011_1115_21_4 雪を被った「いちい(おんこ)」。

2011_1115_18_3 轍(わだち)・・・積雪4cm

2011_1115_24_3 家のベランダから。

2011年11月13日 (日)

雑記帳(2)

 今朝の気温が11℃もあって、起床時温かいので驚きました。
しかし、今夜からの予報は「雪マーク」。明日の朝は真っ白に
なっているかも知れません。今も、膝頭が冷えてきて、
寒くなって参りました。

買い物へ出るのも億劫で、ひがな一日、雑然とした本棚の
整理。時おり、古い雑記帳をめくって過ごしました。
6年前初めて「メール・アドレス」を得て、戸惑いも!
また、嬉しかったことも書き込んであり苦笑です。
当時珍しかった高齢者も参加出来る「パソコン塾」。
大勢の受講者で行っても座席もなく、待っていても受講出来ず。
でも、今まで続けていましてね。

初めて講師にメール送信出来た時・・・
「何時かいつかと待っていました」とメールいただき、この時、
止めずにと決心したものです。未だに判らないことばかり、
でも、もう少し続けようかなと思い直しております。

雑記帳をめくりながら、以前、書き留めて置いた短歌や俳句
川柳、読み直すのも気が落ち着き好いものです。

11/10 小樽市住吉神社付近。「黄葉」

2011_1110_3

参道の銀杏の落ち葉を踏みながら。
下の映像も同じ。

2011_1110_4 

2011_1110_5 画像処理で明るさを調整したのですが・・・

2011_1110_10静かな参道。

2011_1110_12 画像処理で電線を消すとよいのですが、
小樽は駅前通り(中央通り)だけが、
地下埋設です。住吉神社を背にして。


2011年11月 9日 (水)

雑記帳

 昨日(11/8)は立冬。早朝は気温3℃でした。
今朝も全道の気温はかなり低く、道東の内陸ではマイナスの
気温となりました。
夕暮れも5時過ぎになりますと暗く小高い丘から、
市街を眺めますと、灯りがとても綺麗です。

時雨模様のきょうは、片付けや捜し物があって、本棚の隅から
古い「雑記帳」を取り出しました。1976年と記述されています。
何冊かある雑記帳ですが、何のことない、ホントの雑記帳。

改まって日記を書いてある訳でもナシ。
その日の買い物や来客のお名前、新聞を読んで、横文字で
意味の判らないところをメモしてあったり、真面目です。
例えば「キャプション」「イマジネィション」「ロゴス」「パトス」・・・
お天気快晴(心の中は闇・・・)とか、、

35~6年前のメモですから、私の年齢は40歳くらいか。
僻地暮らしで上2人の子供は離れて暮らして居た頃。

最近は「ブログ」ですから、日記なら「3日ぼうず」のところ、
まぁ、どうにか続いています。
後50日もすると新年を迎えるのですが、
雑誌のカタログで見つけた3年物の日記帳、挿絵入りで、
家事や家庭菜園や片付け予定もあるので、購入しようと、
思っているところです。来年はどうしようか・・・・
いろいろと思案中。

 11/9 家の周りで・・・

2011_1109_4 寒い北国では咲かないと思っていた
「ホトトギス」もうすぐ雪でも健気に咲いている。

2011_1109_2 今年も無事に雪囲い。
もう少し、細かに縄を掛けるのでした。
南側だまら「まっ!いいか」。

2011年11月 6日 (日)

小樽市民合唱祭

 11月に入り、続いていた小春日和も4日まで。昨日は雨。
きょう(11/6)は、午後から晴れ間もみえました。
後、もう少しと思っていた家の外回りの仕事は、昨日きょうと
お天気の悪さを理由に骨休み。それに、土日ですもの・・・・

小樽市文化祭の最後を飾る「第113回市民合唱祭」が
きょう午後、小樽駅下のマリンホールで開催。招待券を
頂きましたので妹と聴きに参りました。

夕時の支度もあり、全部聴くことは出来ませんでしたが、
「小樽市役所グリークラブ(28名)」や
「桂岡少年少女合唱団(19名)」の合唱は、特に聴きたいと
思っておりましたので、1部にあり幸いでした。
(映像に撮ること禁止)。

桂岡少年少女合唱団は、今年9月親善のためソウル訪問。
素敵な日本・小樽市の紹介や親善公演をして来たそうです。

可愛い子供達の合唱!非常に歌詞を大切にはっきり歌い、
オオブレネリ・・・スイス民謡
アリラン・・・朝鮮半島民謡
幸せなら手をたたこう・・・スペイン民謡
美しく碧きドナウ・・・ヨハンシュトラウス
難しい合唱曲を歌いこなしておりました。
小樽食生活改善協議会40周年記念催事にもお祝い出演して
下さいましてお世話になりました。
ちなみに、出演合唱団はこの日18団体。
小樽はかって、北海道では優秀な合唱団が数多く、
NHK学校合唱コンクールで日本一になった高校もございます。

  11/6 小樽駅から港へ下る地点で撮影。
       「小樽運河プラザ(旧小樽倉庫)」附近。

2011_1106_1_2 「運河プラザ」の鯱と蔦

2011_1106_6_2 近代建築マンションと、瓦屋根の旧倉庫、

2011_1106_7_2 小樽運河に面した「Nホテル」と樹木。

2011_1106_5_2 落ち葉が舞い上がり、清掃に忙しそうでした。

2011_1106_3_2 4~5日前まで真っ赤だった蔦の葉も落ちて晩秋。

2011年11月 3日 (木)

小春日和

 こんばんは。
きょうは「文化の日(11/3)」。この日が「文化の日」となって、
もう、随分経つはずですが私は「明治節」と思い出す年齢です。
昔からこの日は、お天気だということで、きょうの小樽は快晴。

今朝、NHK札幌のアナウンサーが、
「今日は小春日和です。行楽に好いですね」と話しておられましたが、
北海道ですと行楽と言うよりも、冬の支度に最適・・・と言う方が
いいのでは・・・などと、ビンボウニンの僻みでしょうか。私はきょう、
ツツジの雪囲いをしましたが、温かく仕事が進みました。

市内の紅葉も、落ち葉の綺麗なところも多くなりましたが、
11/1に訪れた、市内では北に当たる小高い丘の「手宮公園」
界隈はまだ、美しい秋の彩りを残しておりました。
11/4 からは、手宮公園に隣接の「緑化植物園」は冬季休園に
入ります。何枚か写真を撮って参りました。ホームページへ
載せていますのでご覧頂けましたら幸いでございます。

URL  http://homepage3.nifty.com/syaga-ayy350407/wind23/wind23.html

11/1 小樽市手宮公園&緑化植物園・・・

Dscf6140 緑化植物園の丘から、小樽港を望む。

Dscf6139 紅葉

Dscf6159 北限の栗林。

Dscf6165 ナナカマド

2011年11月 1日 (火)

霜月(しもつき)

 きょうから11月。霜の降りる月・・・北海道ですと雪ですね。
いよいよ寒い季節を迎えます。昨年は10/27に、初雪で
真っ白な朝でしたから、今年はまだ雪を見ず、助かります。

昨日は、薄曇りながらも、比較的暖かく風も無かったので
外仕事には丁度好いお天気でした。
少しばかりの菜園(??)や花壇の冬支度や、雪囲いの
材木などを物置から運び出しました。結構な労働です。

ウラナリの激辛青南蛮は、冷凍に。イタリアンパセリや
ミツバ、チャイブ等はプランターへ移し替えて、少しの間、
食卓の彩りの助けになります。
日当たり好い室内のベランダ側に置きました。

咲いている「小菊」も雪の当たらないうちに切花に。
家の中一杯に「菊」の香りに包まれています。

雪囲いの木材は、裏の窓を「がっちり」塞がなければ雪で
ひどい目に遭います。冬!考えるとマンション暮らしに
憧れます。そう思いながらも、毎年同じことを繰り返し
暮らしていますが、まぁ、これで好いのでしょう。
北国の暮らしを楽しむことに致しましょう。負け惜しみ・・・

 10/28 秋の彩り・・・

Photo3 家の「いちいの実」。通称「おんこの実」

Photo2 これは何の実?

Photo1 市内N町の一隅で。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »