« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月27日 (水)

余市「旧下ヨイチ・運上家」

 きょうは夕方にかけて、少しひと雨欲しいお天気模様でした。
今(午後8時半ですが)気温24℃。薄暗くなってから買い物で
近くのスーパー迄行きましたが、汗をかいてしまいました。
冷えた麦茶が美味しい!   ビールではない!ホント!

復元・北前船「みちのく丸」を観ましてから関連するパンフレットを
読んでいました。
この頃は、港町小樽でも死語となってしまったように、沖仲仕や
回船問屋の話は聞かれなくなりました。子供の頃、立派な邸宅が
近くに建っていましたが、「おきなかし」の家ということだけで、
どのような仕事をしていたのか・・・知りませんでした。
「小樽まつり」になりますと、高張提灯を揚げておりました。

おそらく北前船が港に入り荷移しに沢山の人夫を要したのでしょう。
采配をしていたのが沖仲仕だったのでしょうね。

隣り町「余市町」に国指定史蹟 重要文化財
「旧下ヨイチ運上家」あり、行って参りました。
松前藩が置かれ、農業に経済基盤をもてない藩でしたから商人が
交易に携わり、高い運上金を支払って力を得、漁業場所や商う
場所を拡大していったのです。交易船イコール北前船から得る
税金を松前藩に納める役どころが「旧下ヨイチ運上家」で担って
いたと推察しております。
上ヨイチ場所(運上屋)と下ヨイチ(運上屋)がありましたが、
現存する「旧下ヨイチ運上屋」が全国唯一の運上屋遺構です。

* パンプレットでは「旧下ヨイチ運上家」となっています。
嘉永6年(1865)に当時の場所請負人竹屋長左衛門が改築した
古図面を元に復元したものだそうです。
間口40M、奥行き16M、建築面積540㎡(164坪)。
運上屋を拠点にして、蝦夷地の開拓、道路の開発と、北海道も
アイヌの人々との交流も盛んになりますが、一方ではアイヌの
人々から、土地を奪うということも起きてしまいました。

余市~岩内間の山道は文化6年(1806)に余市・岩内・古宇の
場所請負人によって開かれ海の難所「神威岬」を通らずこの頃
すでに山道を通れたそうです。

  7/23 映像を少しご覧下さい。

Yoiti_1 旧下ヨイチ運上家・・・現存する部分

Yoiti_4 中へ入りますと慣れるまで真っ暗な感じ!
窓から入る自然の明りが面白い蔭を
映しています。

Yoiti_5 暗くて「フラッシュ!居間でしょうか・・・
階段(梯子のような・・・)を上ると寝床部屋

Yoiti_11 大切な「帳場」。

Yoiti_7 遠山の金さんの父上も、開拓に
携っていたそうです。
ちらり「その人らしきお人が・・・・

Yoiti_6_2  縁側から裏のお庭拝見・・・

Img_1470546_50874742_1 外へ出ると、ハマナスそっと咲いていた♪
*小樽から車ですと余市町に入り、
国道5号線、左に折れて余市駅方面へ向かわず
真っ直ぐ余市川に架かる「大川橋」を渡る。
余市マリーナを目指して進むと間もなくの所。
余市郡余市町入船町10   入場料 300円


2011年7月25日 (月)

北前船・みちのく丸(2)

 きょうは(7/25)薄曇り、涼しい風が吹いています。
今朝ご近所の奥様と話したのですが「この夏はこのままかしら」、
心配なほど夏の暑さが無いのです。
農作物に影響が出ませぬようにと心配です。

7/20入港、7/22~7/24迄、小樽築港臨海公園岸壁で一般公開の
「みちのく丸」は昨日夕方、次ぎの寄港地・松江市美保関港へ、
小樽港を出航しました。3日間の一般公開には3000人余りが道内
各地から見学に訪れました。
7/13日に青森港を出航し、第2寄港地が小樽港。美保関港には、
7/28到着予定。その後6寄港地を巡り8/29に青森港へ戻る予定。

北前船の日本海沿岸での活躍は、詳しく述べたいところですが、
とても書ききれません。
明治36年頃の小樽港の写真が残っていますが、北前船で賑やかな
様子を伺うことが出来ます。関西からは反物などの絹織物、また、
瓦や蝋燭、陶磁器、お酒・・・小樽港へ運んでいたそうです。
帰りは、コンブ、ニシン身欠き、ニシン粕、数の子、アワビ、ナマコ
他、毛皮類・・・小樽に呉服物問屋が多かった理由も理解できます。

ひと時昔の賑やかな小樽商都を懐かしんだ人々も多かったことで
しょう。写真は、「みちのく丸」一般公開の最終日に撮ったものです。

*「北の紫陽花寺」・・こちらもご覧下さい。
http://homepage3.nifty.com/syaga-ayy350407/azisai/azisai.html

7/24
2011_0725_m1 見学者の列・・・

2011_0725_m2 1時間も待たねばならず・・・

2011_0725_m5 並んでみたものの・・・とりやめ残念。

2011_0725_m4 「ぼく、ここで観てるよ」・・・

2011_0725_m パンフレットからの切り抜きです。
残念ですが帆を揚げることは無かったようです。

「みちのく丸」の安全航海を祈ります。

2011年7月23日 (土)

「北の紫陽花寺」訪問

 このところ過ごしやすい日々が続いています。
暑くもなし、寒くもなし・・・年中このようなお天気だったらいいなぁ、
と思いますが、まだ7月。これから思いもしない暑さになるか・・・
毎年、夏休みが終わると猛暑ということもあり・・・
やはりお天気は判りません。
きょう夕方、我が家もようやく地デジテレビになりました。
経済的な事情もありましたが、何せ年寄り2人。操作が面倒では、
と言う不安もありました。
まぁ、取り付けて綺麗な画像に喜んで視ております。

昨日22日(金)後志管内・共和町の「北の紫陽花寺・明善寺」へ
行って参りました。こじんまりしたお寺の境内に300株、10種類の
紫陽花が見事でした。

前日、明善寺(メイゼンジ)へ紫陽花の咲き情報を電話でお聞き
しましたら8分咲きということでした。
小樽から路線バスに乗車しますと共和町役場下車。7分程
歩くと左側です。とお寺の若い女性の親切なご案内でした。
沢山写真に撮って参りましたが、ほんの少しご覧頂きましょう。

*明善寺・・浄土真宗本願寺派  
       小樽駅前バスターミナルから岩内行き乗車。約1時間。
       共和町役場前下車。バス進行方向へ歩いて7分。
 バス料金 小樽駅前バスターミナルから共和町役場前まで
        片道1200円。

  7/22
2 明善寺入口付近

3 境内で

4 鐘楼と紫陽花

6 手まり紫陽花

7 可愛い!手まり紫陽花 

2011年7月21日 (木)

北前船「みちのく丸」小樽へようこそ!

 この度の台風の影響もなく、きょうの小樽は晴れ。
風も無くとても静かで涼しいのですが、このまま秋になるのでは・・
と心配です。海水浴の出来る日はまだありません。困った夏です。

 「北前船日本海文化交流事業で10道県14港を巡る復元北前船
「みちのく丸」が20日午後0時半小樽港に入り小樽築港臨海公園に
接岸しました。
深浦港を19日朝に出航し30時間30分の航海を経て到着。
小樽停泊中の22~24の3日間、船内を一般公開します。」

みちにく丸:全長32m。全幅8.5m。帆柱を含めた高さ28m。
大船渡・函館・青森の船大工の方々、総勢16名で2005年に、
おおよそ1年がかりで建造。帆柱は樹齢200年の杉を伐採、
甲板に立つと木の香りがするそうです。
一般公開もありますから乗船したいものです。
小樽在港中に帆を揚げるといいですねぇ。
  7/21
2011_0721_3_2 小樽築港に停泊中の「みちのく丸」

2011_0721_2 少し近寄ってパチリ!

2011_0721_2_2 東屋に重なって失敗写真。

2011_0721_1 すぐ側の小樽築港界隈の
商業施設とホテル。

2011年7月18日 (月)

デジタルカメラ

 本州では毎日の猛暑、お見舞い申し上げます。小樽の
冷気をお贈りしたいと思う程の温度差です。
15℃~23℃・・・このところ雨も続き、きょうの「海の日」も
おそらく海水浴も難しいでしょう。

24日にテレビは「アナログ」から「地デジ」へ変換ということで、
まだ視ているテレビの画面左下に「あと何日・・・・」と邪魔文字が
出ています。我が家は「23日」にテレビが新しくなります。
まだ使えるものを!!・・・と悔しくなります。

初めて「デジタルカメラ」を持って6年経ちました。
何か・・・「古希」を迎えて後、新しいことに挑戦したくなって、
「デジタルカメラ」を手にしその後、パソコンを習い始めたのです。

2005/7/4 の日付で、初めて撮ったのが我が家の「バラ」や、
「ヒマワリ」の映像・・・。パソコンへ取り込みも出来ない頃でした。
あれから6年・・・さっぱり上達しません。でも、楽しんでおります。
先日、テレビ購入のため電気店へ参りましたら「カメラ」も
小ぶりながら好いのが沢山並んでいました。

その内、カメラも新種へ・・・となるかも知れません。
あぁ・・・その内わが身の方にガタが来るでしょう。

 2005/7/4 初めてデジタルカメラで撮った映像です。
Rose_1 DH000001  初めての映像。
毎年今頃になると懐かしく
引っ張り出してみます。

Himawari DH000005  ヒマワリ

2011年7月14日 (木)

雲丹・エゾバフンウニ

 きょうは朝からお昼頃まで雨が降りました。
久し振りの大雨で、石狩や後志の1部では大雨警報でした。
今夜から「小樽祭り住吉神社祭」ですから晴れにしてくれたらいいのに
神様もお天気は思うようにならないようですね。小6の孫もきょうから
修学旅行、旭川地方の空模様が気になります。

12日(火)NHK総合テレビ「ひるプラ」で南樽市場からのライブ。
旬の「エゾバフンウニ」「タコ」、他に、「サクランボ」も美味しそうに
紹介されておりました。

市場に「折」に並べられた「小樽産のウニ」、このように、綺麗に
並べて商品化したのは小樽が元祖ということです。
他に、カップ詰めもあります。1折、1,120円。カップ入りは 980円。
きょうのお値段です。今夜は宵祭りと自分に言い訳して購入

地元にいながら、なかなか高価な物として口にすることは無いのですが、
テレビを視ていて食べたくなりました。それで今夜の1品として食卓へ!
生ウニはそのままで美味しいのですが我が家では「雲丹潮汁」にします。
勝ってに付けた料理名。極めて簡単料理です。
小鍋にお湯煮立ったら、塩味加減をみて、ウニを入れ、小葱かニラを
刻んで散らすだけ。冷めても美味しいですよ。浜での食べ物ですね。

5月から海の状態を視ながら、1日4時間のウニ獲り。もうそろそろ
今年の漁も終わる様です。小樽から積丹、日本海沿岸の美味しい
「ウニ」。「エゾバフンウニ」は色も濃く通称「ガンゼ」。
他に「エゾムラサキウニ」は、棘が長く、色は薄め通称「ノナ」。
どちらも美味しいです。
 
7/14
Dscf5237_2 小樽産「エゾバフンウニ」

Dscf5238_2 写真の撮り方が色を悪くしています。ごめんなさい。

Dscf5243_2 ウニ潮汁・・ニラを刻んで散らしました。

Dscf5235 小樽産「甘エビ」。オマケ・・・
塩茹でしてビールのオツマミ。
夏ですから、お刺身は控えました。

2011年7月11日 (月)

山野草・・・

 梅雨が明けて、3女家族の暮らす埼玉の奥地でも、
気温36℃とメール届いておりました。
北国生まれの家族には、今までに経験の無い暑さでしょう。
小樽、昼の気温24℃。7日、31℃まで気温上昇しましたが
我が家は天然クーラーで助かりました。
夏は好いのですが、冬も・・天然クーラーが効き過ぎます。

毎日通る生活道路、坂道ですから時々休みながらの往復です。
その内、腰が曲がって、背筋を伸ばしながら歩くのでは・・・と
一人苦笑いたします。暑くなって来ると、上りで汗ばみます。

夏草が茂り、ひと休みの道端に見る「山野草」、身近なところで、
いろいろな草花が咲いています。今朝もちょっと珍しい
「チシマアザミ」を見付けました。
今まで、私だけが気が付かず通り過ぎていたのでしょう。

植物図鑑で、子供に戻った気分で調べてみますと面白い!
家事も山積みになっているのも忘れて、楽しいひと時です。

7/11   小樽市桜で採集・・・
Yamawasabi_3 ヤマワサビの花

2011_0711_3_3 桑の実

2011_0711_2_5 チシマアザミ(キク科)

2011_0711_5 ヒメジョオン(キク科)

             

2011年7月 9日 (土)

浜開き{東小樽海水浴場」

 ようやく小樽でも「浜開き」を迎えました。
きょうは、私の暮らす町からは歩いても近い浜辺、
「東小樽海水浴場」通称「熊碓(くまうす)の浜開きでした。
孫達の小さかった頃には、一緒に海へ入ったのですが・・
久し振りに、足を波にさらして参りました。

からりとした晴れではありませんが、近年、浜開きの日は
雨にたたられていた・・・記憶がありますから、海を待っていた
市民には嬉しい晴れの日です。昼間の気温22℃。
家族連れや友達、若い男女で、思っていた以上に賑わって
いました。

「寒くないかい?」「寒いけど、気持いいよ」。
小学生の男の子が元気に浜辺で浮き輪に息を吹き込んで
いました。

北海道小樽市は、道内1番の海水浴場の持ち主!
これから8月10日位までは、札幌方面からの海水浴客で、
小樽築港駅も賑わいます。

ドリームビーチ・銭函・はりうす・朝里・とよい・祝津・オタモイ
塩谷・忍路・蘭島・・・私の知る海水浴場・・・
これから海に関する催事も盛り沢山です。
7/9
2011_0709_3 東小樽海水浴場
通称:熊碓(くまうす)

2011_0709_4 浜辺のすぐ近くに国道5号線。
JR函館本線。小樽築港駅が間近。

2011_0709_5 熊碓は、かって「鰊漁」で賑わった浜。
今年の春も「群来」で話題となりました。

2011_0709_6 つかの間の夏!
寒くないかしら・・・・

2011_0709_2 浜辺に見つけた、
「ハマヒルガオ」ヒルガオ科
熊碓の浜で・・・

2011_0709_7 帰り道・・・
北防波堤と遠くに高島・祝津を望む。
商業施設「ウイングベィ」へ寄って
買い物。好い散歩コースです。
歩いて「東小樽海水浴場」へ行きましたが、
鉄路を跨ぎ浜へ行かれず遠回り。
でも、道路が整備されました。

2011年7月 6日 (水)

つかの間の夏

 本州で猛暑ということですが、こちらでは、昨日からようやく、
夏らしい日差しとなりました。でも日蔭に入りますとひんやり・・・
坂道の多い小樽では、上りに汗ばむ程度です。

昨日は、腕の(すりきず)が何時までも好くならず、皮膚科へ行って
診てもらいました。
腫れあがって醜いから包帯をしていたのですがそれが好くないとのこと。
きょうは、長袖で隠して出かけました。バスの中でつり革に掴まって
立っていた時、よろけた方に押されて前の方のカバンに擦ったのですが、
あのカバンの材質は何だったのか・・・私の手首の皮膚がよじれました。
段々と腫れて来たのです。
先生「あぁ、治りは年のせいもあるからねぇ」。
まぁ、つれないお話。でも、もう大分好くなりました。

長袖では見た目暑苦しい感じと思いましたが、少しお堅い「食改善」の
会議で市立保健所まで。秋に「食生活展」ありパネル1枚書かなければ
なりません。
弱音を吐いては87歳の会長S女史に笑われます。何せ、40年間も
「小樽食生活改善協議会」を引っ張って来られて、今年10月、
創立40周年を迎えます。
また、同じ月に旭川市でこの協議会の全国大会開催です。
何かと気忙しいけれど、まぁ、頑張りましょうか・・・

昨日、病院の帰り久し振りに「小樽運河」方面へ寄って観ました。
つかの間の夏。今年の運河界隈はとても静かです。
観光には震災の影響が、小樽にもかなり長引いているようです。
 7/5
2011_0705 「小樽運河」・・・雲が綺麗でした。
きっと今夜は「夕日」も素敵でしょうか。

2011_0705_1 7月末に「おたる潮まつり」です。

暑いなか、作業員が汗を流して、
環境整備をしていました。

2011_0705_2 海上保安庁(第1管区)などが入っている
新しい合同庁舎。
旧庁舎を解体処分したのでしょうが、
あれだけの大きな庁舎・・・
どこへ捨てられたのでしょう。

2011年7月 4日 (月)

小樽市歴史的建造物・カトリック富岡教会

 今日も猛暑と、東京の友人からメール届きました。
どうか熱中症に罹らないようにと思います。小樽は昨日、
暑いなぁ~と思いましたが26℃・・・きょうは最高気温で20℃。
7月2日~3日と、私の暮らす町のお祭り、熊碓神社祭でした。
丁度好い暑さのお祭りで町民は満足!終わって昨夜から雨。
慈雨となりました。

7月に入りますと夏の催事が目白押し。暑いときには暑く!と、
心から願うところです。
9日(土)には近くの「東小樽海水浴場」の浜開き。
14日から3日間は小樽祭り(住吉神社祭)。
月末は「おたる潮まつり」
他に小樽商大創立100周年記念行事、関連して様々な
催しが計画されています。私は商大グリークラブOB会の
公演を聴きに行く予定です。

昨日3日(日)、妹の通う「カトリック富岡教会」でバザーと
教会内部開放があり行って参りました。

この教会は、小樽市歴史的建造物で昭和4年(1929)に
現在地に建てられた観光の目玉にもなっております。
小樽商大や、旭展望台へ向かう途中に建っています。
  7/3
2011_0703_2 国道5号線から小樽商大へ向かう
地獄坂を上ります。
途中2軒の教会があり坂の途中から右へ
入るとゴシック様式の教会が見えて来ます。


2011_0703_1 教会2階の礼拝堂のステンドグラス。
 中世ヨーロッパ の教会をイメージ
 するような雰囲気に包まれています。

 この教会は82年の歴史を刻み続けて
 おります。

余談・・・教会の前広場でバザーがあり、ビールもありました。
地獄坂で汗をかきましたから、進められて一杯いただきました。
とても美味しかったのですが、帰り道、段々と酔いが廻り、
ようやく帰宅しました。

2011年7月 2日 (土)

札幌まで・・

 きょうは、札幌市に暮らす娘宅の「6年坊主」の修学旅行が
間近というので、ソックスでも買って届けようと出かけました。
朝、最寄のバス停から「小樽~札幌」までのバイパス道を通りますと
1時間ほどで札幌の中心部に到着します。

10時開店のデパートまで少し時間がありましたから、途中下車。
北海道庁前を通り、札幌駅方面へ抜けました。
この界隈は、かって12年半も仕事で通った道ですから、勝って知ったる
道すがら・・・懐かしい樹木にもお目にかかり、疲れも出ずにすたすたと
散策しました。

オシャレな「孫息子」のためにソックスではなくポロシャツとTシャツ、
上の子(高2男)にもTシャツ買って届けました。少し高い買い物!
修学旅行先は、旭川市の「旭山動物園」とのこと。7日~8日、
お天気になりますように。
  7/2

2011_0702_2 北海道庁。土曜日とあって
観光客の方々で賑やかでした。

2011_0702_1 道庁前並木の木漏れ日。
側の池を渡って流れ来る風、
心地よく感じます。

2011_0702_2_3 この大木は「ハリギリ」と言うそうです。
いつ眺めても、てっぺんが見えない。
木の説明は下へ・・・

2011_0702_3道庁前の樹木には「説明」の札があり、
助かります。又、近くには「北大植物園」も
あります。

2011_0702_4 札幌駅のステーションタワー。
日蔭でパチリ。
小樽はガスがかかり、かなり低温。
札幌は真夏日でした。

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »