« もうすぐ立春 | トップページ | 節分 »

2011年2月 1日 (火)

ゴッコ汁

今日から2月。本州の日本海側の豪雪毎日テレビで放映される
雪の積もり具合をみていると、小樽はまだ楽な方だなぁとつくづく
思います。明日は最高気温3℃とか・・・3℃でルンルン気分に
なりそうです。

 このところ新聞の記事に「ゴッコ汁」のことが載っていました。
ゴッコ(ホテイウオ)は、見かけのびっくりする魚ですが、この頃は
スーパーでも捌いて販売していますから食しやすくなったのでしょう。
ジェラチン質がお肌によいとか・・・ひと頃は捨てられていた魚が
高級魚の感じです。

たっぷりとお腹に蓄えた子のプチプチと、プリンとした身、昆布だしで
お醤油味、お豆腐、長葱でサッパリとした汁は、今の時季でしか
食べられない汁物です。

道南では、捌いてさっと干して、炒めても食べているようです。
「ゴッコまつり」もあります(函館市恵山地区の催事2月)。
*JR函館本線・張碓近くの海とゴッコ(ホテイウオ)
Hariusu Gokko

« もうすぐ立春 | トップページ | 節分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

t.s さん、こんばんは。
ゴッコ汁、美味しかったそうで好かったですね。
熱湯をかけて皮のヌルヌルを洗うように綺麗にして
捌くのですが、子が入っていると美味しいですよ。
近くのスーパーで捌いて売っています。高級魚に
なって、ゴッコも驚いているでしょうね。

hiroさん ごっこ汁と聞くと1度頂いてとても美味しかったことが忘れられません。又食べたいです。ご馳走して下さった方はもうお亡くなりになったなーと思いだしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうすぐ立春 | トップページ | 節分 »