« 予防接種(インフルエンザ) | トップページ | 小樽の貴重な遺産 »

2010年10月14日 (木)

烏賊(イカ)のお刺身

 収穫の時期を迎えて野菜も果物も、地物が店頭を賑わせております。
まだ早いのでは・・・と思いますが漬物コーナーも見受けられます。

市場やスーパーでは、魚類も秋の味覚!出回って来ました。
中でも、烏賊(イカ)が目に付きます。今日、購入しましたが、3杯で
290円。夕飯時に「イカサシ」を作って食しました。

この「烏賊の刺身(イカサシ)」には、いろいろと薀蓄があって、
浜の人たちは朝食べるもので夕食には食べないようですね。
海から揚がったイカを新鮮なうちに食べます。朝食の「おかず」です。

函館近郊に住んで居た時、朝早く「イガ、イガ、イガー」の売声に、
起こされました。眠い目をこすりながら入れ物を持って買って来て
朝食のおかずでしたが、朝、お刺身はちょっと戸惑いました。
また、小樽市朝里温泉町の旅館でも朝、「イカサシ」が出て、泊り客に
喜ばれております。

わさび、赤とうがらし、大根おろし、生しょうが、と、家庭によって、
好みによって、食べ方がありまして・・・我が家では生しょうがを添えて
食します。赤とうがらしも美味しいと思います。

今年は、一般に不漁ということです。少しでも安く、活きの好いイカを
みつけたら購入して、イカの粕漬けや塩辛、スルメも作りたいと、
思います。
*写真は30センチの盆ザルに載せて撮った烏賊(イカ)。
 大きいでしょう?これで今日は290円。お刺身にして美味しかったです。
 2010_1014

« 予防接種(インフルエンザ) | トップページ | 小樽の貴重な遺産 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予防接種(インフルエンザ) | トップページ | 小樽の貴重な遺産 »